トイレ詰まりを今すぐ溶かす方法を解説!まずは水とお湯を使おう

トイレ詰まりを今すぐ溶かす方法を解説!まずは水とお湯を使おう

トイレの詰まりはトイレトラブルの中でも一番多いものですが、実際に起こってしまうとどうやって対処すればいいのかわからない人の方が多いでしょう。

しかし、トイレットペーパーが詰まっていることが原因であれば、道具がなくても溶かすことができます。

今回はトイレの詰まりを自分で直す方法について説明します。原因を理解し、手順にそって詰まりを溶かすようにしましょう。

ただし、詰まっているものによっては道具がないと解決できない場合や業者に頼んだ方がよい可能性もあります。

まずは水とお湯を使って溶かす詰まっているものを溶かすようにしましょう。家に重曹やクエン酸がある人は、それを使うこともできるのでやってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

掃除のやり方。壁紙についたヤニの落とし方と有効な洗剤と注意点

自宅で喫煙する方がいる場合は、壁や家具にヤニがつくことが気になりませんか? 特に白い壁の場合は...

神棚の掃除は夜でもいいの?神棚掃除の時間帯と掃除ポイント

大掃除の際に神棚を綺麗にしたくても、神棚担当の旦那さんが仕事が忙しく、夜しか掃除する時間がないという...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

鏡の掃除・頑固な水垢を綺麗に掃除する方法と水垢汚れの予防方法

お風呂場の鏡に付着した頑固な水垢汚れは、なかなか綺麗に掃除することができません。 水垢汚れを綺麗に...

畳への正しい掃除機のかけ方を理解して畳を傷めないようにしよう

畳を掃除する場合に掃除機をかけるという人も多いでしょう。 しかし、正しいかけ方をしないと畳が傷...

便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

いつの間にか便器にできる黄ばみ。 この黄ばみの正体を知っていますか? この便器の黄ばみには、...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

書類整理に便利な100均グッズとおすすめアイデアをご紹介

子供がいると幼稚園や学校から毎日のようにプリントが来て、きちんと整理できないママも多いのではないでし...

玄関の掃除に重曹を使ってピカピカにする方法とキレイを保つコツ

玄関の掃除には重曹がオススメです。重曹なら小さなお子さんが居る家庭でも安心して使うことができます。 ...

タンスへの収納数がアップする洋服のたたみ方と収納術をご紹介

洋服がどんどん増えていくと、タンスに全部収納できなくなってくることもあるでしょう。 そんな時は...

【掃除手袋】のおすすめ。手荒れ防止だけじゃない手袋の使い方

掃除をする時に、ゴム手袋を使いますか? 最近の洗剤は洗浄力が高く、手の皮脂もすっかりキレイに落とし...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

畳の掃除に『重曹』は使えません!畳の正しい掃除方法について

畳を掃除するのに一番適しているのは『ホウキで掃く』ということです。 畳の目に沿って、ゆっくりと...

スポンサーリンク

トイレの詰まりの原因と今すぐそれを溶かす方法

明らかにトイレになにか異物を流してしまったわけでもないのに、急にトイレが詰まってしまった場合は、実はトイレを詰まらせている原因がトイレットペーパーであるケースが多いことをご存知でしたか?トイレットペーパーは水に溶けるハズなのに、どうしてトイレ詰まりを起こしてしまうのでしょうか?

その原因としては、節水タイプのトイレが増えてきたことが挙げられます。水道代の節約にはつながる反面、1度に流れる水の量が少ないので、流れきらず残ってしまった便がS字パイプの壁にこびりつき、そこに少しずつトイレットペーパーが引っかかることによって、やがてトイレ詰まりを引き起こしてしまうのです。

原因がわかったら、まずは自分で詰まりを解消できるかどうか試してみましょう。すぐにでもできる簡単な方法からご紹介します。ただし、排水口が完全に詰まってしまって、水が溢れそうになっている場合には、この方法はオススメできませんので、あくまでも詰まっているがゆっくりと水位は下がっているという状態の時に試してみてください。

水の勢いで流す

一番簡単な方法が、バケツに汲んだ水を高い位置から排水口めがけて、ピンポイントで流す方法です。ここで注意したいのは、大量の水を一度に流すのではなく、高い位置から水の太さが5センチ程度の状態で流すことで、その水の勢いを利用して詰まりを押し出すという点です。水で詰まりが解消できない場合は、さらにお湯を使って試してみましょう。ただし、熱湯は厳禁です。

お湯を使ってもトイレの詰まりを溶かすことができない場合の対処法

ラバーカップはトイレ詰まりの強い味方

水やお湯では詰まりを溶かすことができなかった場合は、ラバーカップの出番です。ラバーカップ、いわゆる「トイレ用すっぽん」がもしもお宅にあるのでしたら、これを使うことで驚くほど簡単にトイレ詰まりが解消されることがあります。100均にも小さめのラバーカップはありますので、いざという時のための保険として常備しておくのもオススメです。

  1. ラバーカップを排水口に密着させて、押したり引いたりを繰り返すことによって真空状態を作り、その力を利用して詰まりを解消させます。完全に詰まって水が溢れてきそうな時は、先にある程度バケツなどに水をよけておかないと、便器の周囲を汚してしまう可能性がありますのでご注意ください。また、水が下まで引いている場合は、ラバーカップの先端が完全に隠れる程の水を足してから行ってください。
  2. 何度か押したり引いたりを繰り返すことにより、排水口の奥からゴボゴボっという音が聞こえて水が勢いよく流れたら、詰まりが解消された合図です。

保険という意味合いでは100均のラバーカップでも十分ですが、問題はかなり柄の部分が短いという点です。便器内の水位によっては、手を水に浸けて作業を行うことになるため、それを避けたい場合にはやはり、柄が長めのタイプを選んだほうが良いでしょう。

トイレの詰まりを溶かすために「重曹」や「クエン酸」も使えます

お湯+重曹+クエン酸で溶かす!

硬くこびりついた便を柔らかくするには、水ではなくお湯で試してみるのも良い方法ですが、さらに重曹とクエン酸(もしくはお酢)を使うことにより、化学反応を起こして便を溶かしてくれるのです。トイレに50℃程度のお湯を流し入れ、カップ1杯程度の重曹とカップ1/3(お酢カップ半分)程度のクエン酸も一緒に入れて、1時間程放置します。アルカリ性の重曹と酸性の酢が反応して、泡が発生することにより、この泡の力で便を浮かせて取り除くのです。水が少しずつ流れている場合は途中でお湯が減ってしまいますので、様子を見ながら追加していきましょう。

トイレの詰まりが自然と直る場合もあります

一度に大量のトイレットペーパーを流してしまった時など、明らかにトイレ詰まりの原因がわかっている場合は、しばらく放置することでトイレットペーパーが溶けて、自然と直ることもあります。反対に、明らかに水には溶けない素材の物をトイレに流してしまった場合は、ただ放置していても詰まりが解消されることはまずありませんので、早めに対処する必要がでてきます。

とくに、生理用品や水に溶けないタイプのお掃除シートなどが詰まってしまった場合には、自力で詰まりを直すのは難しい場合もあります。詰まって水が流れにくくなった状態でそのまま放置すると、詰まりの原因がどんどん奥に押し込まれ、最終的には便器を取り外して詰まりを取り除く必要が出てくることも。そのような場合は、潔く業者に依頼したほうが懸命でしょう。

トイレ詰まりを予防するために注意すること

一度トイレ詰まりを経験すると、できればなるべく再び詰まらせるのは避けたいですよね。日頃からできる予防策もいくつかありますので、参考にしてみてください。

一度に大量のトイレットペーパーを流さない

トイレットペーパーは水に溶けやすいとは言え、さすがに一度に大量に流してしまうとトイレ詰まりを起こしてしまうこともありますのでご注意ください。

大の時は大の方で流す

トイレの水栓コックには、大と小の表示がありますよね。それぞれに水の流れる量が違うわけですが、すべて小で流してしまうと、知らず知らずのうちに流しきれなかった便が排水管に付着して、トイレが詰まる原因にもなりかねませんので、やはり大の時には小ではなく大の方で流すようにしましょう。

トイレに流すのはトイレットペーパーだけにする

トイレ掃除に流せるタイプのお掃除シートを使われている方も多いと思いますが、あれも単に「流せる」というだけで、やはりトイレットペーパーと比べるとどうしても詰まりやすいので、できることならトイレには流さないようにしましょう。

トイレが詰まらないようにするためにも、家族みんなで協力して実践していきたいものですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事