ゴミ箱の袋止めは手作りできる!誰でもできる手作りアイデア

ゴミ箱の袋止めは手作りできる!誰でもできる手作りアイデア

ゴミ箱の袋止めを手作りできるって知っていますか?

大きなゴミ箱の場合は袋止めがついているものですが、リビングに置くような小さなゴミ箱には袋止めがついていない場合がほとんど。
ゴミ箱に袋を被せると生活感丸出しになるため、袋止めがあったら…と感じることもあるのではないでしょうか。

そこで、材料費もほとんどかからず、誰でも簡単に手作りできる、袋止めの作り方についてご紹介します。
ぜひお試しを!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジの掃除にレモンを使うとピカピカになります

電子レンジは料理には欠かせないものですが、掃除はおろそかになってしまうことも多いのではないでしょうか...

下水臭いトイレをなんとかして!そのお悩みに答えます

トイレこそいつも清潔にしておきたい箇所なのに、そのトイレが下水臭いと、それだけで気が滅入ってしまいま...

鏡の掃除・頑固な水垢を綺麗に掃除する方法と水垢汚れの予防方法

お風呂場の鏡に付着した頑固な水垢汚れは、なかなか綺麗に掃除することができません。 水垢汚れを綺麗に...

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

車内掃除を業者に頼んだ場合の清掃の流れは?掃除方法も解説

車内は隙間も多く、ペットの臭いや子供たちの食べこぼしが車内に残り、自分たちではなかなか綺麗に掃除しに...

窓掃除に新聞紙がおすすめな理由と掃除方法について解説します

大掃除の時しか窓の掃除をしないという人も多いかもしれませんが、窓はホコリなどによって意外と汚れていま...

【バルコニー掃除のコツ】一戸建ての場合の掃除方法を徹底解説

バルコニー付きの一戸建てに住み始めたものの、いつの間にかバルコニーが汚れてしまっていませんか。 ...

タイルの掃除方法。お風呂場のタイル目地を掃除する手順と道具

タイルの掃除方法をご紹介します。 お風呂場のタイル目地って、掃除が面倒なんですよね。 タ...

【外壁の掃除方法】ブラシを使う場合のやり方と注意点について

家を建ててから数年絶つと、きれいだった外壁も汚れてきます。よく見ると、それはコケかもしれません。 ...

【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

子どもがいるといつの間にか学校からのプリントがたまっていたり、使うかもしれないとレシートをいつまでも...

風呂の大掃除をするのに必要な洗剤、道具について

風呂の大掃除に必要な洗剤や道具を紹介します。 浴室のパーツ別で汚れが違います。 お風呂場の掃...

流し台を掃除する時に便利な洗剤を汚れの種類別に紹介します

流し台はいつもピカピカにしていたいもの。しかし、気がつくと水垢が残ってしまって、輝きも失われてしまっ...

壁の掃除に重曹を使いたい!デイリーから大掃除まで。重曹大研究

壁の掃除も重曹におまかせ! 一般的な壁紙クロスなら、重曹スプレーで汚れを落とすことができます。...

庭の掃除で落ち葉を効率よく集める便利アイテムやコツと活用法

庭掃除で落ち葉を効率よく簡単にキレイに集めるには、自分に合った道具を使うことも大切です。 集めた落...

片付けベタでもすっきり収納できる方法!キッチンの収納ルール

キッチンにはたくさんのものがあり、収納にお困りの方も多いと思います。キッチンの限られたスペースを有効...

スポンサーリンク

ゴミ箱の袋を隠したい!ワイヤーで手作りした袋止めがおすすめ

ワイヤーをゴミ箱の形に合わせて袋止めにする

ゴミ箱は、部屋や場所ごとにいくつか置いてゴミ入れとして使っている人も多いのではないでしょうか。

すぐに出るゴミは、近くにゴミ箱があれば簡単に捨てることができて便利ですよね。

部屋に置くゴミ箱は、邪魔にならない程度の小さめサイズが多いですが、ゴミを受けるために袋を中に入れる時、ゴミ箱から袋がはみ出して見えてしまうことがあります。

インテリアの邪魔にならないゴミ箱ですが、レジ袋が飛び出していると、生活感が一気に出てしまいせっかくの見た目が台無しです。

このはみ出た袋を見えなくするために、わざわざ今あるゴミ箱を買い替えるのはもったいないですよね。

そんな時は、ワイヤーを使って「袋止め」を作るのがおすすめです。

100均やホームセンターに置いている細い針金や、弾力があって折り曲げられる棒を準備します。

このワイヤーをゴミ箱の形に合わせて留めるだけで袋止めの完成!

丸いゴミ箱なら、ただゴミ箱の円に合わせて留めるだけなので、あっという間にできます。

この袋止めに袋を被せたら、ゴミ箱に入れます。

はみ出ていた袋のフチも、しっかりゴミ箱内に収まって見た目もスッキリしますよ!

ゴミ箱の袋止めはクリアファイルでも手作りできる!

自宅に余っているクリアファイルを有効活用

ワイヤーを用意できない場合、自宅にあるもので袋止めを手作りすることもできます。

準備する物は、「クリアファイル」です。

クリアファイルと言えば、書類を整理するのに便利なアイテムですよね。

クリアファイルは、紙と違いプラスチックで出来ているので、丈夫で水に強いということも袋止めとして使うメリットです。

用意したA4サイズのクリアファイルは、留めている部分を切り開き、一枚の状態にします。

使いたいゴミ箱の高さより、少し短くカットし、ゴミ箱の面積に合わせてぐるっと丸め、テープで先端を留めます。

この時、ゴミ箱と袋止めの間に少し隙間が出来るように、クリアファイルの袋止めはごみ箱よりやや小さめに作るのがポイントです。

クリアファイルに袋を被せ、袋の先端を外側に出した状態で、ゴミ箱の中に入れると立派な袋止めになりますよ。

手作り不要!100均アイテムを使ったゴミ箱の袋止めも便利

100均のフックを使って袋止めにするアイディアも

袋止めを作るのにあまり手間をかけたくない、でもゴミ箱からはみ出す袋はなんとかしたい…こんな時おすすめしたいのが100均で売っているフックを使う方法です。

フックの形も色々ありますが、要は、ゴミ箱を袋をしっかり固定することがポイントです。
透明のカーテンフックや大きめのダブルクリップ、長押(なげし)フックなどが袋止めとして使えそうなフックです。

ゴミ箱の大きさや、フチの厚みなどによって、使える物や使えない物もあるので、あらかじめ確認してから購入すると良いでしょう。

例えば、長押フックを使ってゴミ箱と袋の間に余りが出てしまう時は、ダンボールでゴミ箱に合わせた輪を作り、袋と一緒に留めるということも出来ますよ。

工夫して、自分だけの使いやすい袋止めを見つけましょう。

大小のゴミ箱を重ねて使えば、袋止めが必要ないゴミ箱が完成する

「袋止め」を使わないで袋を見せない方法とは

あえて袋止めは使わずに、袋を見えなくする方法もあります。

それは、ゴミ箱を2つ重ねて使う方法です。

大きめのゴミ箱と、それにすっぽり入る小さめのゴミ箱の2つを用意します。

小さめのゴミ箱に袋をかけて、大きめのゴミ箱に入れることによって、袋が見えず、スッキリします。

ポイントは、ゴミ箱を重ねた時に多少余裕を持たせることです。

重ねた時に余裕がなくてキツイ状態では、袋の交換がしにくくなってしまいます。

2つのゴミ箱に余裕を持たせることで、交換用のゴミ袋を底に入れておくことも出来、便利です。

ゴミ箱は置く部屋のイメージや大きさが重要

ゴミ箱は部屋のイメージに合わせて選ぶ

部屋にゴミ箱を置いていると、その場で出たゴミをわざわざ捨てに歩かなくても、楽にゴミを捨てることが出来るというメリットがありますよね。

生活をする上で、ゴミ箱は必要不可欠なものですが、ゴミ箱があちこちにありすぎるのもゴチャゴチャと生活感が出て困り物です。

部屋に置くゴミ箱は、ゴミの一時的な置き場所です。

特に、リビングなど家族がくつろぐ場所に置くゴミ箱は、インテリア性も考慮して選ぶことがポイントです。

蓋付きのゴミ箱や、木製やブリキなど部屋のイメージとマッチする物を置くと、インテリアの邪魔をしませんし、インテリアの一部のように部屋をオシャレ見せてくれることもあります。

ソファの横やテーブルの脇など、ゴミが出しやすい場所や使い勝手を考えて置き場所を決めることも大切です。

家族の人数なども考えて、大きすぎない物を選ぶと良いでしょう。

たかがゴミ箱ではなく、インテリアを選ぶように適切なゴミ箱を選ぶことによって、快適で住みやすい家にすることが出来ます。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事