鏡の掃除には重曹!その効果と掃除方法について説明します

鏡の掃除には重曹!その効果と掃除方法について説明します

毎日の掃除に重曹を使っている人もたくさんいますが、実は鏡の掃除にも重曹が役に立ちます。中でも手垢などの汚れが多い鏡の掃除には特に効果的です。

今回は重曹を使った効果的な鏡の掃除方法について説明します。

もし重曹がない場合でも、身の回りにあるものを使って鏡をきれいにしましょう。

放っておくといつの間にか汚れてしまう鏡。毎日掃除した方がきれいなまま維持することはできますが、汚れがつかないように防止するグッズもあります。忙しい主婦の味方になってくれるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パソコン処分のための正しいデータ消去方法について理解しよう

古いパソコンを処分するときに必要なデータ消去。しかし、詳しい方法についてはよくわからない人も多いよう...

書類の基本の整理方法を理解して、仕事ができる人間になろう

営業の仕事をしていると、日中はデスクにいないので書類を整理する時間がないという人も多いでしょう。しか...

電子レンジの掃除にレモンを使うとピカピカになります

電子レンジは料理には欠かせないものですが、掃除はおろそかになってしまうことも多いのではないでしょうか...

風呂のシロッコファン換気扇の掃除方法や注意点・掃除頻度を解説

風呂のシロッコファン換気扇を掃除したいと思っても、手順がわからないと掃除をすることができません。 ...

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

久しぶりに車に乗ってみると、車内のダッシュボードの上などにホコリがたまっていて気になる人も多いのでは...

サーキュレーター掃除でカバーが外せない時の取り方と対処法

サーキュレーターはほこりが溜まりやすいため掃除が欠かせませんが、カバーを外して掃除をしたいのに、なか...

エタノールで掃除。専用スプレーボトルを使ってスッキリ掃除

エタノールで除菌。 聞いたことありますよね? アルコールとエタノールの違いや、掃除で使う...

部屋の換気扇はつけっぱなしに!電気代度外視のメリットとは

部屋の換気扇ってつけっぱなしにする方がいいってホント!? 室内の空気は循環させるほうが、建物に...

ダニ対策に『ダニ取り〇〇シート』3つの種類をご紹介

ダニ対策シート『忌避タイプ』と『誘引タイプ』についてご紹介します。 また、シートを敷いただけで...

便器の掃除に便利なトイレブラシの種類と選び方について解説

便器を掃除する時に効果的なトイレブラシ。しかし、いろいろな種類がありすぎて、選ぶ時に迷ってしまう人も...

便器の掃除に必要な洗剤はこれだけ!頑固な汚れも落とせます

便器に黄ばみや黒ずみがついたまま放置してしまうと、掃除してもなかなか落とせずイライラしてしまう人も多...

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

部屋の換気は何分する?冬の適切な換気時間と正しい換気方法

寒い冬は窓を開けたくないと考えがちですが、冬でも窓を開けて部屋の換気を行うことが大切です。ですが、一...

風呂の洗剤を手作りする。ナチュラル洗剤から代用品まで

風呂用の洗剤ってたくさんありますよね? 防カビ・抗菌・皮脂汚れや、水垢スッキリ!皆さんは、どのよう...

スポンサーリンク

鏡についた手垢は重曹を使って掃除しましょう

鏡の掃除をする際にはぜひ重曹を使って掃除をしてみましょう。

鏡についた手垢や化粧品、皮脂などの汚れを取る際に重曹は適しています。
なぜなら手垢や化粧品は酸性なのでアルカリ性である重曹を使うことは有効なのです。

使い方としては。重曹を水に溶かし、その水でキッチンぺーパーを濡らして拭き掃除をしましょう。
割合としては、重曹小さじ一杯に対して水100mlを基本にしてくださいね。

キッチンぺーパーを直接濡らしてもよいですし、スプレーなどで作った重曹の水溶液を吹きかけてから布で拭いてもよいでしょう。

最後に乾拭きすればより鏡はきれいになります。

洗面所の鏡やメイク用の鏡、姿見などの手垢や化粧品などの油汚れがつきやすい鏡を掃除する際にはぜひ重曹を使って掃除をしてみましょう。

お風呂の鏡の頑固な水垢には「重曹パック」が効果的です

お風呂場の鏡はかなり頑固で汚れを取り除くのが大変ですよね。

水垢がうろこ状について鏡が曇って見えなくなっているご家庭もあるのではないでしょうか。

こういった頑固な水垢を取り除くために重曹パックを行ってみてはどうでしょうか。

水垢の成分は主にカルシウムなので、酸性の洗剤を利用するのが好ましいです。
しかし、酸性の洗剤だけでは全ての汚れを取り除くのは難しいでしょう。

そこで、重曹でパックすることで、水垢の中に含まれている皮脂や垢などの油汚れをまず落としてしまいましょう。

ある程度アルカリ性の重曹で落とせる油よごれを落としてから、もう一度酸性の洗剤でパックするようにすると鏡の汚れを綺麗に落とすことができるのです。

重曹パックの仕方としては小さじ一杯の重曹に水100mlを基準にして水溶液を作ります。
その水溶液をスプレーなどで拭きかけたあと、ラップかキッチンペーパーでフタをしてパックしましょう。

以上の方法で酸性の洗剤とアルカリ性の重曹のどちらも使うことでそれぞれに合う汚れを取り除くことができるのです。

ここで注意していただきたいのが、酸性の洗剤とアルカリ性の重曹を混ぜることはやめてください。

洗剤を安易に混ぜると体に悪影響を及ぼすことがあります。
あくまでそれぞれ別々に使って掃除をすることを徹底してくださいね。

重曹がない場合は、新聞紙も鏡掃除に使えます

重曹がない場合、新聞紙を使って鏡掃除をしてみてはいかがでしょうか。
新聞紙は窓の掃除をする際にも効果があるということは多くの人が知っているのではないでしょうか。

新聞紙についている油分がガラス面に膜を張る効果があるようです。

新聞紙は重曹と同様、手垢や皮脂汚れ、化粧品の油汚れなどの掃除に適しています。

洗面所の鏡や化粧用の鏡、姿見などの皮脂汚れがつきやすい鏡の掃除をする際にはぜひ新聞紙を使って掃除してみましょう。

新聞紙以外の古紙の場合は皮脂汚れを取るのにはあまり効果はありませんがちょっとしたホコリやゴミを取る際には役立ちます。

もともと不要になったものなので拭いてそのままゴミ箱に捨ててしまえるのも楽でよいですよね。

雑巾などだとできやすい拭きムラもできにくいのでおすすめです。

鏡を掃除する時にやってはいけないこと

では、鏡掃除をする場合に気を付けてほしいことをお伝えします。

まず、クエン酸などの洗剤を使う場合はしっかり容量を守って使用するようにしましょう。
洗剤を混ぜて使う場合も混ぜても大丈夫なものなのかをしっかり確認してから行うようにしましょう。

そして、鏡を磨く強さにも注意が必要です。

鏡を磨く際、ついつい綺麗にしようとして力が入ってゴシゴシと強く擦ってしまってはいませんか。

あまり強い力で擦ってしまうと鏡に細かな傷ができてしまいます。
細かな傷ができると間にゴミが入り込んでしまったり曇る原因になってしまいます。

たわしやクレンザーを使用して掃除をする際も鏡に傷がついてしまうので注意してくださいね。

また、カビ取り剤などが鏡の裏側に流れると鏡の裏が腐敗する場合があります。
鏡だけでなく鏡周辺の掃除も気を付けて行いましょう。

お風呂の鏡を汚れないようにするための方法をご紹介します

お風呂の鏡は掃除をするのに一苦労ですよね。
鏡の掃除に苦労しないためには日ごろの手入れが重要なのです。

鏡の汚れを防止するためには、なるべく毎日お風呂上りには鏡を拭いて石鹸の付着などを取り除くようにしましょう。

また、スクイージーという水切りを使うようにすると頑固な水垢がつくことを防ぐことができるので鏡掃除が楽になります。

鏡の裏に水が入り込むとカビが発生してしまいますが、鏡の水切りをすることでカビ防止にもなります。

日ごろの掃除が大切とお伝えしましたが、なかなかこまめに掃除するのは難しいですよね。
そういった場合は鏡をスプレーやシートでコーティングする方法もあり、鏡が曇るのを防止することができますので自分に合った方法を試してみてくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事