鏡の掃除には重曹!その効果と掃除方法について説明します

鏡の掃除には重曹!その効果と掃除方法について説明します

毎日の掃除に重曹を使っている人もたくさんいますが、実は鏡の掃除にも重曹が役に立ちます。中でも手垢などの汚れが多い鏡の掃除には特に効果的です。

今回は重曹を使った効果的な鏡の掃除方法について説明します。

もし重曹がない場合でも、身の回りにあるものを使って鏡をきれいにしましょう。

放っておくといつの間にか汚れてしまう鏡。毎日掃除した方がきれいなまま維持することはできますが、汚れがつかないように防止するグッズもあります。忙しい主婦の味方になってくれるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの掃除機の頻度は?頻度が少なくてもOKな普段の掃除

一人暮らしで仕事が忙しいと、お家には帰って寝るだけ!掃除機をかける暇がない!そんな方もいらっしゃいま...

書類の整理術を身につけ仕事をスムーズに。できるオトコの整理術

書類の整理術を身につければ、頭の中がスッキリします。 そうすると、やるべき仕事が見えてきて、よ...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

【掃除のコツ】壁紙についた喫煙による黄ばみを落とすための方法

壁紙についてしまった黄ばみ。その原因は喫煙によるものが多いと言われています。 しかし、賃貸マン...

便器の掃除に必要な洗剤はこれだけ!頑固な汚れも落とせます

便器に黄ばみや黒ずみがついたまま放置してしまうと、掃除してもなかなか落とせずイライラしてしまう人も多...

流し台を掃除する時に便利な洗剤を汚れの種類別に紹介します

流し台はいつもピカピカにしていたいもの。しかし、気がつくと水垢が残ってしまって、輝きも失われてしまっ...

ダニ対策できてる?畳はカラッと清潔に保ちましょう

ダニ対策の基本は『除湿』です。 ダニは湿気がこもっている場所が大好きです。 寝具はもちろ...

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか? ...

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

下水臭いトイレをなんとかして!そのお悩みに答えます

トイレこそいつも清潔にしておきたい箇所なのに、そのトイレが下水臭いと、それだけで気が滅入ってしまいま...

壁の掃除に重曹を使いたい!デイリーから大掃除まで。重曹大研究

壁の掃除も重曹におまかせ! 一般的な壁紙クロスなら、重曹スプレーで汚れを落とすことができます。...

布団の処分費用を無料にする方法と注意点について解説します

新しい布団を買おうと思っても、古い布団をどうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。 ...

部屋のカビ対策に除湿機を使う場合の注意点と選び方について

梅雨の時期になると、部屋のカビ対策に悩む人も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが「...

スポンサーリンク

鏡についた手垢は重曹を使って掃除しましょう

鏡の掃除をする際にはぜひ重曹を使って掃除をしてみましょう。

鏡についた手垢や化粧品、皮脂などの汚れを取る際に重曹は適しています。
なぜなら手垢や化粧品は酸性なのでアルカリ性である重曹を使うことは有効なのです。

使い方としては。重曹を水に溶かし、その水でキッチンぺーパーを濡らして拭き掃除をしましょう。
割合としては、重曹小さじ一杯に対して水100mlを基本にしてくださいね。

キッチンぺーパーを直接濡らしてもよいですし、スプレーなどで作った重曹の水溶液を吹きかけてから布で拭いてもよいでしょう。

最後に乾拭きすればより鏡はきれいになります。

洗面所の鏡やメイク用の鏡、姿見などの手垢や化粧品などの油汚れがつきやすい鏡を掃除する際にはぜひ重曹を使って掃除をしてみましょう。

お風呂の鏡の頑固な水垢には「重曹パック」が効果的です

お風呂場の鏡はかなり頑固で汚れを取り除くのが大変ですよね。

水垢がうろこ状について鏡が曇って見えなくなっているご家庭もあるのではないでしょうか。

こういった頑固な水垢を取り除くために重曹パックを行ってみてはどうでしょうか。

水垢の成分は主にカルシウムなので、酸性の洗剤を利用するのが好ましいです。
しかし、酸性の洗剤だけでは全ての汚れを取り除くのは難しいでしょう。

そこで、重曹でパックすることで、水垢の中に含まれている皮脂や垢などの油汚れをまず落としてしまいましょう。

ある程度アルカリ性の重曹で落とせる油よごれを落としてから、もう一度酸性の洗剤でパックするようにすると鏡の汚れを綺麗に落とすことができるのです。

重曹パックの仕方としては小さじ一杯の重曹に水100mlを基準にして水溶液を作ります。
その水溶液をスプレーなどで拭きかけたあと、ラップかキッチンペーパーでフタをしてパックしましょう。

以上の方法で酸性の洗剤とアルカリ性の重曹のどちらも使うことでそれぞれに合う汚れを取り除くことができるのです。

ここで注意していただきたいのが、酸性の洗剤とアルカリ性の重曹を混ぜることはやめてください。

洗剤を安易に混ぜると体に悪影響を及ぼすことがあります。
あくまでそれぞれ別々に使って掃除をすることを徹底してくださいね。

重曹がない場合は、新聞紙も鏡掃除に使えます

重曹がない場合、新聞紙を使って鏡掃除をしてみてはいかがでしょうか。
新聞紙は窓の掃除をする際にも効果があるということは多くの人が知っているのではないでしょうか。

新聞紙についている油分がガラス面に膜を張る効果があるようです。

新聞紙は重曹と同様、手垢や皮脂汚れ、化粧品の油汚れなどの掃除に適しています。

洗面所の鏡や化粧用の鏡、姿見などの皮脂汚れがつきやすい鏡の掃除をする際にはぜひ新聞紙を使って掃除してみましょう。

新聞紙以外の古紙の場合は皮脂汚れを取るのにはあまり効果はありませんがちょっとしたホコリやゴミを取る際には役立ちます。

もともと不要になったものなので拭いてそのままゴミ箱に捨ててしまえるのも楽でよいですよね。

雑巾などだとできやすい拭きムラもできにくいのでおすすめです。

鏡を掃除する時にやってはいけないこと

では、鏡掃除をする場合に気を付けてほしいことをお伝えします。

まず、クエン酸などの洗剤を使う場合はしっかり容量を守って使用するようにしましょう。
洗剤を混ぜて使う場合も混ぜても大丈夫なものなのかをしっかり確認してから行うようにしましょう。

そして、鏡を磨く強さにも注意が必要です。

鏡を磨く際、ついつい綺麗にしようとして力が入ってゴシゴシと強く擦ってしまってはいませんか。

あまり強い力で擦ってしまうと鏡に細かな傷ができてしまいます。
細かな傷ができると間にゴミが入り込んでしまったり曇る原因になってしまいます。

たわしやクレンザーを使用して掃除をする際も鏡に傷がついてしまうので注意してくださいね。

また、カビ取り剤などが鏡の裏側に流れると鏡の裏が腐敗する場合があります。
鏡だけでなく鏡周辺の掃除も気を付けて行いましょう。

お風呂の鏡を汚れないようにするための方法をご紹介します

お風呂の鏡は掃除をするのに一苦労ですよね。
鏡の掃除に苦労しないためには日ごろの手入れが重要なのです。

鏡の汚れを防止するためには、なるべく毎日お風呂上りには鏡を拭いて石鹸の付着などを取り除くようにしましょう。

また、スクイージーという水切りを使うようにすると頑固な水垢がつくことを防ぐことができるので鏡掃除が楽になります。

鏡の裏に水が入り込むとカビが発生してしまいますが、鏡の水切りをすることでカビ防止にもなります。

日ごろの掃除が大切とお伝えしましたが、なかなかこまめに掃除するのは難しいですよね。
そういった場合は鏡をスプレーやシートでコーティングする方法もあり、鏡が曇るのを防止することができますので自分に合った方法を試してみてくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事