掃除の順番。掃除機をかける順番とホコリを出さない掃除方法

掃除の順番。掃除機をかける順番とホコリを出さない掃除方法

掃除には順番があります。

床を掃除するアイテムといえば
・掃除機
・ホウキ
・フロアモップ、フロアーワイパー
・雑巾
が、主な道具でしょうか?

これらを、いつどのように使用するかで掃除の質が変わってきます。

また、床に落ちているホコリだけを掃除していてはすぐにホコリが発生します。

床に落ちる前のホコリを掃除することも、重要なポイントとなります。

それでは、掃除の順番やホコリ掃除のノウハウをご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

お風呂の水垢をクエン酸で落とす方法と落ちない場合の対処法

お風呂の汚れと言えば「水垢」が代表的ですが、掃除しても取れない場合もあります。 そんな時は「ク...

埃掃除の秀逸アイテムといえば?床の埃から隙間の埃まで

埃にもいろいろな種類があります。 ホコリの種類と存在する場所によって、掃除に使うアイテムが変わ...

網戸掃除に100均アイテムを使えば簡単にきれいになります

窓ガラスだけではなく、網戸も掃除した方がいいと聞いても何を使ってどのように掃除してよいのかわからない...

布団の処分費用を無料にする方法と注意点について解説します

新しい布団を買おうと思っても、古い布団をどうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。 ...

おもちゃ収納は100均グッズを組み合わせて使うことがポイント

子供のおもちゃはいつの間にかどんどん増えていってしまい、どうやって収納した方がいいのか悩むママも多い...

風呂の水垢掃除【床編】お風呂の床の水垢はクエン酸で綺麗に掃除

お風呂の床の水垢汚れがなかなか綺麗にならないことにお悩みの方もいるのではないでしょうか。お風呂の床に...

お風呂の大掃除はエプロンまでしっかりと!そのやり方を解説

年末の大掃除の時は、お風呂も徹底的にきれいにしようと考える人も多いのではないでしょうか。 しか...

壁のヤニ汚れには「セスキ」!その効果と掃除方法について解説

気になる壁のヤニ汚れによる黄ばみ。 元の白い壁に戻したいと掃除をしても、なかなか落ちないことに悩ん...

便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

いつの間にか便器にできる黄ばみ。 この黄ばみの正体を知っていますか? この便器の黄ばみには、...

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

重曹をかけて掃除機で吸うと故障の原因にもなるため注意が必要!

子供が絨毯に嘔吐してしまうと、嘔吐処理はもちろん、処理した後の臭いも気になります。 臭いの除去方法...

掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けはどんな違いがあるの?どちらも同じことでは?その気持ちよくわかります。どちらも部屋を綺麗...

電子レンジの掃除を重曹を使って汚れを楽に落とす方法

毎日一度は使用する便利アイテムの電子レンジ。 しかし気がつくとレンジの内側が、汚れがひどくなってい...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

スポンサーリンク

掃除の順番。掃除機はいつかけるの正解なのか

掃除機をかける目的とは、床に溜まったホコリやゴミを取り除くことにあります。とは言え始めから掃除機をかけてしまうと、床に溜まったホコリを吸い込むどころか、掃除機の排気でホコリを巻き上げてしまうことになるのです。では、いったい掃除機はいつかければ良いのでしょうか?

ホコリは空気の動きがある日中ではなく、夜間から朝にかけての人の出入りがない時間帯に、ゆっくりと時間をかけて溜まっていきます。

効率よく掃除するためには、まずは朝起きてすぐに床に溜まったホコリを取り除くのが一番

ここで登場するのは掃除機ではありません。できるだけホコリを巻き上げずに掃除を行うには、フロアモップやフロアワイパーを使ってホコリを取り除くのが有効です。

毎朝まだ家族が起きて来る前に、ササッと床のホコリを取り除いておきます。たとえ前日掃除をしていても、これだけでもすでにかなりの量のホコリが溜まっているのを実感できると思います。
ホコリを取り除いてしまえば、掃除機をかける必要はないと思われるかもしれませんが、これだけでは髪の毛や細かいゴミまでは取りきることができませんので、時間のある時にはやはり掃除機も併用する必要があります。掃除する順番さえ守れば、ムダにホコリを撒き散らさずに済みますよ。

掃除の順番。床の掃除を丁寧に行うなら

毎日とりあえず床のホコリを取るだけでしたら、フロアモップやフロアワイパーでも十分でしょう。しかし、フローリングのキレイな状態を保つためには、それに加えてきちんと拭き掃除も行うのが理想です。ただし、フローリングに使われている材質によっては、毎日水拭きをしてしまうと床材を痛めたりワックスが剥がれてしまう原因にもなりますのでご注意ください。

毎日のお掃除はサッとモップがけで済まし、週末などの時間のある時に丁寧に床掃除を行いましょう。

正しい床掃除の順番

  1. フロアモップやフロアワイパーをかける
  2. 水拭き
  3. 掃除機

ホコリを取ってから丁寧に水拭きをしたら、水分を残さないように乾拭きします。
そして、最後に掃除機を隅々までかけることで、ホコリを巻き上げずにしっかりとキレイにすることができるのです。

掃除の順番を知れば掃除機を毎日掛けずに済みます

本来であれば、毎日掃除機までかけるのが理想でしょうが、忙しい生活の中で毎日のように掃除機をかけるのは大変ですよね。

フローリング部分だけに関して言えば、フロアモップなどで毎日ホコリを取り除いておけば、掃除機は週に1~2回程度でも良いのではないでしょうか?

実際、我が家ではよほどひどい食べこぼしなどがない限り、掃除機は週末と週の半ばあたりにかけるだけにしています。仕事を始めてからは、カーペット部分も平日は粘着ローラーでコロコロと掃除するだけにしたかったので、毛足の短いタイプを敷くようにしました。小さなお子さんのいるご家庭であれば、ハンディタイプの掃除機があるだけで、汚すたびにわざわざ重たい掃除機を出してくる手間がなくて便利ですよ。

ただし、掃除機をかける頻度を減らすには、やはり毎日キチンとフロアモップなどでホコリを取り除いておくこともお忘れなく。

床のホコリが気になるなら布団に掃除機をかけてみよう

ホコリが発生する原因としては、室内にある布製品が挙げられます。カーテンやソファー・クッションなどのさまざまな布製品の中でも、とくにホコリが出やすいのが布団です。毎日寝起きするだけでも、布団からはかなりの量のホコリが発生します。お部屋に溜まるホコリの量を減らすためには、布団に掃除機をかけることも有効です。

布団はダニの温床にもなりやすく、布団にダニの死骸やフンが溜まることによって、喘息などを引き起こす要因となる恐れもあります。定期的に布団に掃除機をかけることによって、ホコリだけでなくこれらのアレルゲンも除去できるというメリットもあります。

布団に掃除機をかけるコツ

なるべくゆっくりと掃除機をかける

掃除機の吸引性能を最大にするためには、強くゴシゴシとヘッドを押し付けながらかけるのではなく、なるべくゆっくりと時間をかけてヘッドを動かすようにしてください。何度も同じ場所を往復するよりも、一ヶ所を長時間吸引したほうが、より多くのホコリを吸い込むことができます。

掃除したあとはこまめにゴミを捨てる

ホコリやダニを吸引したあとに掃除機の中にゴミを放置してしまうと、ホコリと一緒に吸い込んだダニが増殖を続けてしまいます。次に掃除機をかけた際に、それらを排気と一緒に室内へ撒き散らしてしまう恐れもありますので、布団に掃除機をかけたあとはこまめにゴミを捨てるようにしましょう。

掃除をするときには上から下に向かって順番に行いましょう

掃除機を使っても掃除をしづらい場所にこそ、ホコリは溜まるものです。家具と壁の間やコンセント周りなどはとくに、知らず知らずのうちにホコリが溜まるものです。床に溜まるくらいですから、それ以外の場所にも当然ホコリは溜まるわけですが、なんとなくそのまま放置してしまっているという方も多いのではないでしょうか。

ホコリは上から下に向かって落ちてきますので、お部屋の掃除をする際には、なるべく上から下に向かって順番に行うようにしましょう。体調不良などで掃除をできなかった日は、せめて窓を開けて換気を行いましょう。

他にも、ちょっとしたことでなるべくホコリが溜まりづらい空間にすることはできます。カーテンを定期的に洗濯したり、クッションなどの布製品を少なくするだけでも、確実にホコリを減らすことが可能です。また、掃除しやすい環境にするために、棚などに小物を置かないようにしたり、家具の配置を見直してみるのも良い方法です。

掃除機以外にも上手に掃除グッズを活用して、ラクして快適な生活を手に入れてみませんか?

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事