掃除の順番。掃除機をかける順番とホコリを出さない掃除方法

掃除の順番。掃除機をかける順番とホコリを出さない掃除方法

掃除には順番があります。

床を掃除するアイテムといえば
・掃除機
・ホウキ
・フロアモップ、フロアーワイパー
・雑巾
が、主な道具でしょうか?

これらを、いつどのように使用するかで掃除の質が変わってきます。

また、床に落ちているホコリだけを掃除していてはすぐにホコリが発生します。

床に落ちる前のホコリを掃除することも、重要なポイントとなります。

それでは、掃除の順番やホコリ掃除のノウハウをご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除頻度で悩む共働き夫婦へアドバイス!平日のサッと掃除がコツ

子供が小学校へ上がったタイミングで働きに出る女性も多いですが、共働きとなった今でも夫が全く掃除を手伝...

畳掃除にはクエン酸が効果的!その掃除方法と注意点について

エコな掃除洗剤として人気のクエン酸ですが、実はカビ防止にもなるため畳の掃除にも使えます。 しか...

箒掃除のコツ!掃除場所や箒の種類によって掃除方法も変わります

店頭には最新式の掃除機が並んでいますが、あえて箒での掃除をおすすめします。 コツさえつかめば掃...

手袋を使って掃除しよう!便利な使い方とメリットについて解説

「ゴム手袋は食器洗いの時にするもの」と思っている人が多いかもしれませんが、実は掃除にも便利なグッズで...

浴室の掃除を業者に依頼する場合の費用相場やメリットを徹底解説

仕事していると、浴室の掃除をしっかりとする時間がないという、主婦の人も多いのではないでしょうか。 ...

正月に掃除や洗濯をするのはダメ?意外と知らない正月のタブー

「掃除や洗濯は正月にしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか? 特に掃除は毎日行うことが...

風呂の水垢掃除【床編】お風呂の床の水垢はクエン酸で綺麗に掃除

お風呂の床の水垢汚れがなかなか綺麗にならないことにお悩みの方もいるのではないでしょうか。お風呂の床に...

電子レンジの掃除方法を一挙紹介!頑固な汚れも簡単に落とせます

毎日使う電子レンジですが、掃除はあまりしていないという人の方が多いのではないでしょうか。 しか...

お風呂の水垢に重曹が効果的な理由と具体的な掃除方法について

お風呂の水垢はアルカリ性の汚れですが、実は同じアルカリ性の重曹を使って掃除することができます。それは...

雨戸掃除は自宅にある洗剤一滴垂らすだけで汚れ落ちがアップ

雨戸を掃除する際、どんな洗剤を使おうかで悩んでしまいますが、特別な洗剤は必要ありません。自宅にある洗...

自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

古くなった自転車を処分する場合、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人の方が多いでしょう。 しか...

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか? ...

掃除が苦手な主婦に朗報!苦手な掃除もこれで克服できる

主婦なら掃除が得意、とは限りません。 当然掃除が苦手で、いつもしようしようとは思っているのになかな...

電子レンジ掃除で厄介な焦げ付きをしっかり綺麗に落とす方法

電子レンジ掃除で厄介なのが、なんといっても「焦げ付き」です。 布巾でこすってもなかなか落ちませんし...

一人暮らしの掃除機の頻度は?頻度が少なくてもOKな普段の掃除

一人暮らしで仕事が忙しいと、お家には帰って寝るだけ!掃除機をかける暇がない!そんな方もいらっしゃいま...

スポンサーリンク

掃除の順番。掃除機はいつかけるの正解なのか

掃除機をかける目的とは、床に溜まったホコリやゴミを取り除くことにあります。とは言え始めから掃除機をかけてしまうと、床に溜まったホコリを吸い込むどころか、掃除機の排気でホコリを巻き上げてしまうことになるのです。では、いったい掃除機はいつかければ良いのでしょうか?

ホコリは空気の動きがある日中ではなく、夜間から朝にかけての人の出入りがない時間帯に、ゆっくりと時間をかけて溜まっていきます。

効率よく掃除するためには、まずは朝起きてすぐに床に溜まったホコリを取り除くのが一番

ここで登場するのは掃除機ではありません。できるだけホコリを巻き上げずに掃除を行うには、フロアモップやフロアワイパーを使ってホコリを取り除くのが有効です。

毎朝まだ家族が起きて来る前に、ササッと床のホコリを取り除いておきます。たとえ前日掃除をしていても、これだけでもすでにかなりの量のホコリが溜まっているのを実感できると思います。
ホコリを取り除いてしまえば、掃除機をかける必要はないと思われるかもしれませんが、これだけでは髪の毛や細かいゴミまでは取りきることができませんので、時間のある時にはやはり掃除機も併用する必要があります。掃除する順番さえ守れば、ムダにホコリを撒き散らさずに済みますよ。

掃除の順番。床の掃除を丁寧に行うなら

毎日とりあえず床のホコリを取るだけでしたら、フロアモップやフロアワイパーでも十分でしょう。しかし、フローリングのキレイな状態を保つためには、それに加えてきちんと拭き掃除も行うのが理想です。ただし、フローリングに使われている材質によっては、毎日水拭きをしてしまうと床材を痛めたりワックスが剥がれてしまう原因にもなりますのでご注意ください。

毎日のお掃除はサッとモップがけで済まし、週末などの時間のある時に丁寧に床掃除を行いましょう。

正しい床掃除の順番

  1. フロアモップやフロアワイパーをかける
  2. 水拭き
  3. 掃除機

ホコリを取ってから丁寧に水拭きをしたら、水分を残さないように乾拭きします。
そして、最後に掃除機を隅々までかけることで、ホコリを巻き上げずにしっかりとキレイにすることができるのです。

掃除の順番を知れば掃除機を毎日掛けずに済みます

本来であれば、毎日掃除機までかけるのが理想でしょうが、忙しい生活の中で毎日のように掃除機をかけるのは大変ですよね。

フローリング部分だけに関して言えば、フロアモップなどで毎日ホコリを取り除いておけば、掃除機は週に1~2回程度でも良いのではないでしょうか?

実際、我が家ではよほどひどい食べこぼしなどがない限り、掃除機は週末と週の半ばあたりにかけるだけにしています。仕事を始めてからは、カーペット部分も平日は粘着ローラーでコロコロと掃除するだけにしたかったので、毛足の短いタイプを敷くようにしました。小さなお子さんのいるご家庭であれば、ハンディタイプの掃除機があるだけで、汚すたびにわざわざ重たい掃除機を出してくる手間がなくて便利ですよ。

ただし、掃除機をかける頻度を減らすには、やはり毎日キチンとフロアモップなどでホコリを取り除いておくこともお忘れなく。

床のホコリが気になるなら布団に掃除機をかけてみよう

ホコリが発生する原因としては、室内にある布製品が挙げられます。カーテンやソファー・クッションなどのさまざまな布製品の中でも、とくにホコリが出やすいのが布団です。毎日寝起きするだけでも、布団からはかなりの量のホコリが発生します。お部屋に溜まるホコリの量を減らすためには、布団に掃除機をかけることも有効です。

布団はダニの温床にもなりやすく、布団にダニの死骸やフンが溜まることによって、喘息などを引き起こす要因となる恐れもあります。定期的に布団に掃除機をかけることによって、ホコリだけでなくこれらのアレルゲンも除去できるというメリットもあります。

布団に掃除機をかけるコツ

なるべくゆっくりと掃除機をかける

掃除機の吸引性能を最大にするためには、強くゴシゴシとヘッドを押し付けながらかけるのではなく、なるべくゆっくりと時間をかけてヘッドを動かすようにしてください。何度も同じ場所を往復するよりも、一ヶ所を長時間吸引したほうが、より多くのホコリを吸い込むことができます。

掃除したあとはこまめにゴミを捨てる

ホコリやダニを吸引したあとに掃除機の中にゴミを放置してしまうと、ホコリと一緒に吸い込んだダニが増殖を続けてしまいます。次に掃除機をかけた際に、それらを排気と一緒に室内へ撒き散らしてしまう恐れもありますので、布団に掃除機をかけたあとはこまめにゴミを捨てるようにしましょう。

掃除をするときには上から下に向かって順番に行いましょう

掃除機を使っても掃除をしづらい場所にこそ、ホコリは溜まるものです。家具と壁の間やコンセント周りなどはとくに、知らず知らずのうちにホコリが溜まるものです。床に溜まるくらいですから、それ以外の場所にも当然ホコリは溜まるわけですが、なんとなくそのまま放置してしまっているという方も多いのではないでしょうか。

ホコリは上から下に向かって落ちてきますので、お部屋の掃除をする際には、なるべく上から下に向かって順番に行うようにしましょう。体調不良などで掃除をできなかった日は、せめて窓を開けて換気を行いましょう。

他にも、ちょっとしたことでなるべくホコリが溜まりづらい空間にすることはできます。カーテンを定期的に洗濯したり、クッションなどの布製品を少なくするだけでも、確実にホコリを減らすことが可能です。また、掃除しやすい環境にするために、棚などに小物を置かないようにしたり、家具の配置を見直してみるのも良い方法です。

掃除機以外にも上手に掃除グッズを活用して、ラクして快適な生活を手に入れてみませんか?

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事