便器の黒ずみはナゼできる?原因と対処方法をご紹介します

便器の黒ずみはナゼできる?原因と対処方法をご紹介します

いつの間にかついてしまう便器の黒ずみ・・この黒ずみの原因はいったいなんでしょうか?

気になるこのトイレの黒ずみの原因と対処方法を紹介します。こまめに掃除をしようと思ってはいてもなかなか忙しくてできない人には、このような予防方法がおすすめです。

すぐに落ちる黒ずみの掃除方法、頑固な黒ずみを落とす方法どちらもきっと役に立ちそうですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車内の掃除のやり方と手順を徹底解説!女性でも簡単にできます

車内が汚いと、ドライブしていても気になってしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時は、夫...

重曹をかけて掃除機で吸うと故障の原因にもなるため注意が必要!

子供が絨毯に嘔吐してしまうと、嘔吐処理はもちろん、処理した後の臭いも気になります。 臭いの除去方法...

スポンジにつけた洗剤はそのままでOK?スポンジの除菌方法

食器用洗剤の中には、スポンジの除菌もできるという洗剤もあります。それを聞くと、食器を洗ったあとのスポ...

【便器掃除のコツ】しつこい尿石を簡単に落とす方法を教えます

掃除してもなかなか取れない便器についた尿石。特に男の子のいるママの悩みの一つではないでしょうか。 ...

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できな...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

部屋の換気は何分する?冬の適切な換気時間と正しい換気方法

寒い冬は窓を開けたくないと考えがちですが、冬でも窓を開けて部屋の換気を行うことが大切です。ですが、一...

掃除の決定版!ホコリ取りの裏技を知れば室内がスッキリします

掃除をしているのに、たまりますよねホコリって。 床に落ちているホコリを掃除しているだけでは、ホ...

【部屋の片付け方】どこから始めるかその決め方について徹底解説

いつの間にか汚くなってしまった自分の部屋。片付けた方が良いとわかってはいても、どこから片付ければいい...

レンジ掃除はレモン汁の力で!レモンを使ったレンジ掃除のコツ

レンジ掃除にレモン汁が効果的だって知っていますか? 料理の温めや食材の解凍など、何かと使うこと...

ベッドを処分する場合にかかる費用の相場と正しい処分方法

子供の成長によって古いベッドを処分しようと考えた場合、費用がとのくらいかかるのか気になる人の方が多い...

机を整理して仕事の効アップ!会社のデスクを整理整頓する方法

あなたの会社の机が散らかっているのなら、きちんと整理をしましょう。整理整頓されている机だと、仕事の効...

流し台を掃除する時に便利な洗剤を汚れの種類別に紹介します

流し台はいつもピカピカにしていたいもの。しかし、気がつくと水垢が残ってしまって、輝きも失われてしまっ...

下水臭いアパートをなんとかしたい!臭いの原因と対処法

結婚を機に二人で住むアパートを選びに選んだのに、いつもどこからともなく下水の臭いが漂うのはとても不快...

電子レンジの掃除はセスキ炭酸ソーダ1つで簡単キレイに!

セスキ炭酸ソーダを知っていますか? 100均でも手に入るこのセスキ炭酸ソーダですが、電子レンジを掃...

スポンサーリンク

便器の黒ずみの原因はホコリやカビ

便器掃除の悩みは多々ありますが、「黒ずみ」もその一つですよね。
黒ずみを退治するためには、どのようにして出来るのかを知る必要があります。

 

黒ずみは便器の水が溜まる部分の上部によくできますが、原因はホコリやカビなどの微生物です。

ホコリやカビなどの微生物だけならサッと掃除できそうですよね?
しかし、いざ掃除を始めると簡単には落とせないことも多いです。
それは、ホコリやカビなどの微生物の汚れが、水垢などと結合して頑固な汚れに変わってしまったからです。

水垢は水道水に含まれる成分が固まったものですが、同じく水道水に含まれる鉄分が酸化して黒ずんで見えることもあります。

トイレでは排泄物を流すために水を使いますから、水垢を切り離すことは不可能です。
重要なのは頑固になってしまう前に掃除すること、そして予防です。

便器の黒ずみを落とすには?掃除のやり方

便器の黒ずみを落とす時には、洗剤を使って洗い落とします。

しかし黒ずみは、便器に溜まっている水の上部に出来ることが多いですよね?
そのまま洗剤をかけても水に流れてしまいあまり効果を得られません。

ですから、まずは水抜きを行いましょう。

水抜きにはいくつか方法がありますが、以下方法が手軽なのでおすすめです。

 

  1. 灯油ポンプを使って吸い取る。(注:灯油と兼用では使うのはやめましょう。)
  2. つまり取り用のラバーカップを使って、水を押し流す。
  3. 雑巾に吸わせて、バケツなどに絞って水を移す。
  4. 紙コップを使って、バケツなどに水を移す。

 

便器に溜まっている水には、悪臭が上がってくるのを止める役割もありますから、完全に抜いてしまうと臭いが気になるかもしれません。
黒ずみ部分よりも少し下まで水を抜けば、十分です。

水を抜いて露わになった黒ずみに、トイレ用洗剤をかけていきます。
トイレブラシやスポンジで擦って、洗い落としたら完成です。
軽く擦って落ちない場合には、少し時間を置いて洗剤を浸透させると取れやすくなります。

洗剤はカビを分解漂白するのに効果のある、塩素系洗剤がおすすめです。

便器についた黒ずみ原因が手強いときの対処方法

便器の黒ずみが頑固な時もありますよね。
先程御紹介したように、水を抜いて直接洗剤をかけて掃除しても黒ずみが落ちない場合には、パックする方法がおすすめです。

まずは黒ずみに少し洗剤をかけます。
その上にトイレットペーパーを張り付けて、上からたっぷりと洗剤をかけましょう。

便器の縁などの部分なら、丸めたトイレットペーパーに洗剤を染み込ませて、溝の中に詰めるのも効果的です。

トイレットペーパーでパックしたまま30分ほど待ちましょう。
汚れを分解してくれます。
30分経過したら、トイレットペーパーを剥がして、汚れを擦り洗いします。

それでもまだ落ちない場合には、もう一度洗剤をかけて少し時間を置いてからこすり洗いしてみてください。
洗剤が乾いてしまうと効果が得られないので、待っている間は時々チェックしてくださいね。

パックして汚れを分解する時には、必ず換気を良くして行いましょう。
また、複数の洗剤を使うと組み合わせによっては有害なガスを発生させるので、必ず1種類だけを使うようにしましょう。

便器の黒ずみが落ちない・・そんなときには

便器の黒ずみは早い段階なら、上記の方法で十分綺麗になるはずです。
しかし、長期間放置していて頑固になってしまった汚れなら、まだ取れずに残っていることもありますよね。

洗剤を使っても黒ずみが落ちないなら、物理的な方法で退治するしかありません。
まずは、粒子の細かいクレンザーで試してみてくだい。

古い歯ブラシなどにクレンザーをつけて、汚れを優しく擦ります。
汚れが落ちたら、クレンザーを洗い流して終了です。

クレンザーでも落ちない場合、最終手段は耐水性のサンドペーパーで削り落とします。
目の細かい1200~1500番あたりを用意しましょう。

耐水性のサンドペーパーを濡らして、少し石鹸をつけてから、汚れを擦ります。
優しく擦ってくださいね。
最後は石鹸を洗い流して終了です。

これら物理的な方法を使う場合には、かならず「優しく擦って」ください。
強くこすると便器の表面に傷がついてしまいます。
便器の表面に傷がつくと、そこに汚れが付着しやすくなりますから、その後の手入れが大変になってしまうのです。

汚れの程度によっては、数回に分けて洗剤で掃除することで汚れが落ちることもあります。
物理的な方法はとても効果的ですが、傷つける可能性もあることをきちんと認識して、そこまで必要なのかを検討してから行ってくださいね。

便器の黒ずみの原因を予防する方法

便器の黒ずみは、頑固になってしまうと落とすのがとても大変です。
ですから、便器の汚れは予防がとても大切になるのです。

トイレの汚れの予防は、「こまめな掃除」、これに尽きます。
曜日を決めて、トイレ掃除を習慣化するのがベストです。

しかし、忙しくてなかなか難しいと言う方もいらっしゃることでしょう。
その様な方は、自分がトイレを使った後にサッと掃除する習慣をつけると良いでしょう。
私は掃除嫌いなので、掃除を習慣化させるのがなかなか難しいのですが、「掃除」となると気が重くても、「ついで」なら思いのほか楽に継続出来ます。

最近では洗剤を染み込ませたウェットティッシュタイプのクリーナーなどもありますし、置くだけ、スタンプするだけで便器をコーティングしてくれる便利な商品もあります。

また、特別な商品を用意しなくても、中性洗剤を便器にかけておくだけも便器をコーティングできますよ。
重曹が自宅にある方なら、便器に振りかけるというのもおすすめです。
弱アルカリ性なので、カビを予防する効果が期待できます。

便器の汚れは、黒ずみだけではなく、黄ばみや臭いといった悩みもつきものですよね。
どれも、放置すると掃除が大変になってしまいますから、気づいたらすぐに取り除くようにしましょう。
予防することで黒ずみなどの汚れとさよならできますから、ぜひ、こまめな掃除を習慣化してくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事