車内の掃除のやり方と手順を徹底解説!女性でも簡単にできます

車内の掃除のやり方と手順を徹底解説!女性でも簡単にできます

車内が汚いと、ドライブしていても気になってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、夫に代わって掃除のプロである「主婦」が車内を徹底的に掃除してきれいにしましょう。

今回は車内の掃除のやり方や手順について説明します。車といっても、お部屋の掃除のやり方と同じです。「上から下」に行うようにしましょう。

シートの近くはお菓子の食べ残しなどで汚れているので、掃除機や粘着クリーナーを使うことがコツ。フロアマットも洗って、今度のお休みはきれいになった車で家族でドライブに出かけましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

書類の整理術を身につけ仕事をスムーズに。できるオトコの整理術

書類の整理術を身につければ、頭の中がスッキリします。 そうすると、やるべき仕事が見えてきて、よ...

レンジ掃除にはクエン酸を使おう!その効果と注意点について

いろいろな掃除に使用できるクエン酸ですが、レンジを掃除する時でも活躍します。 中でも水垢などの...

【タイル掃除のコツ】キッチンタイルについた汚れの落とし方

タイルは掃除しやすい素材だと言われていますが、キッチンのタイルは油や水垢などいろいろな汚れがつく場所...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

部屋を片付けられない女性必見!誰でも片付け上手になるポイント

「どうしていつも部屋が片付けられないんだろう」と悩んでいる女性はたくさんいます。 綺麗な部屋にした...

畳の掃除に『重曹』は使えません!畳の正しい掃除方法について

畳を掃除するのに一番適しているのは『ホウキで掃く』ということです。 畳の目に沿って、ゆっくりと...

浴槽のカビの落とし方で大切なのは?やり方と予防方法をご紹介

浴槽のカビを掃除するのは大変ですよね。しかし、一度気になってしまうとお風呂に入るたびに掃除をしていな...

カーペットには掃除機&スチームクリーナー!ニオイ汚れダニ対策

カーペットの掃除には、正直掃除機だけでは不十分な面があります。 じゃぶじゃぶ洗うことができない...

流し台を掃除する時に便利な洗剤を汚れの種類別に紹介します

流し台はいつもピカピカにしていたいもの。しかし、気がつくと水垢が残ってしまって、輝きも失われてしまっ...

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

サーキュレーター掃除で分解できない時の掃除方法とそのポイント

サーキュレーターを分解して掃除をしようと思ってもなかなか分解できないし、どこまで分解していいのかわか...

【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

子どもがいるといつの間にか学校からのプリントがたまっていたり、使うかもしれないとレシートをいつまでも...

浴槽に生えたカビ取り方法!塩素系の洗剤でカビを綺麗に掃除

お風呂の浴槽にカビが生えてしまうと、不衛生な環境で入浴しなくてはなりません。健康面や衛生面を考えても...

網戸掃除に100均アイテムを使えば簡単にきれいになります

窓ガラスだけではなく、網戸も掃除した方がいいと聞いても何を使ってどのように掃除してよいのかわからない...

文房具の寄付は使いかけもできる?寄付できるものできないもの

使いかけの文房具は寄付できるものなのでしょうか?寄付できるかできないかはこのような目安で判断するとい...

スポンサーリンク

車内の掃除のやり方は「上から下に」が基本です

たとえば急に誰かを車に乗せることになった時に、車内が汚くて恥ずかしい思いをした経験はありませんか?車の外側の汚れは気になっても、車内の掃除はあまり頻繁にはしないという方も多いと思います。確かに、車の外側に比べるとそれほど汚れていないようにも感じますし、少しくらい汚くても、よく見なければわからないので、結局そのまま放置してしまったり。

ですがやはり、車内がキレイだと乗っていても気持ちが良いものです。正しい掃除のやり方を覚えて、こまめにお掃除しましょう。

車内の掃除に関しても、お部屋と同様に上から下に向かって順番に掃除をしていくのが鉄則です。順番を考えずに適当にやるよりも、上から順々に掃除していったほうが、短時間で効率よくキレイになりますよ。

車内の掃除を始める前に、まずは車内にあるすべての荷物を外へ出します。フロアマットも外しておきましょう。掃除する場所を大まかに5ヶ所に分けたのがこちらです。

  • 天井
  • 窓ガラス
  • ダッシュボード
  • ハンドルなどの内装シート

車内の天井とガラス・内装の掃除のやり方について

  • 天井
    車内の天井はそんなに汚れていないのでは?と思われるかもしれませんが、天井にもホコリやカビは付着しています。さらに車内でタバコを吸われる方は、天井にもヤニ汚れが付いていますので、やはりここから始めたいと思います。
    車内の拭き掃除は、水を浸して硬く絞った雑巾を使います。汚れの程度に合わせて、中性洗剤も使用しましょう。その際はまず、シートが濡れないように、大きめのゴミ袋やシートで全体をカバーしておきます。住居用中性洗剤1に対してぬるま湯5~10の割合で薄めたものをスプレー容器に入れ、天井にかけていきます。数分経ったら、硬めに絞ったキレイな雑巾で、天井の素材を傷つけないように優しく拭き取ります。
  • 窓ガラス
    まずはフロントガラスから。こちらも基本的にやり方は同じで、硬く絞った雑巾で水拭きするだけでもOKですが、手垢や油汚れが気になる場合は、ガラス専用のクリーナーを使用してください。マイクロファイバークロスで拭き取ると、よりキレイな仕上がりになります。
  • 内装
    ダッシュボードなどの内装にはホコリが溜まりやすいので、始めにホコリをサッと取り除いておきます。あとは、硬く絞った雑巾で水拭きをし、エアコンの吹出口などの細かい部分は、綿棒を使って掃除します。
    汗や手垢汚れが付きやすいハンドルは、中性洗剤を使ってキレイにします。先ほど天井を掃除する時に作った洗剤スプレーを雑巾に吹き掛け、ハンドルを念入りに拭いていきます。最後にキレイな雑巾で水拭きして、洗剤を拭き取ります。

車内のシートの掃除は粘着クリーナーで仕上げましょう

とくに小さなお子さんのいるご家庭では、お菓子食べこぼしなどで車内のシートもかなり汚れている場合があります。シートを掃除する際には、ハンディタイプの掃除機があると便利です。まずは窓を少し開けて、換気しながら行います。一番汚れている場所(お子さんの定位置)からスタートして、ノズルを付け替えながら細かい隙間のゴミもしっかりと掃除しましょう。

掃除機だけでは吸いきれなかった髪の毛は、コロコロと転がせる粘着クリーナーを使ってキレイにします。最初にシートを倒しておいたほうが、コロコロがけがしやすいです。シートの背面から座面まで、しっかりと念入りにコロコロしましょう。

車内の掃除に掃除機を使う場合は、砂などを吸い込んでしまう可能性があるため、室内で使っているものではなく、できれば車内掃除専用の掃除機を用意した方が良いでしょう。

車内のフロアマットの掃除のやり方

フロアマットは主に2種類あります。雨や雪、泥汚れに強いゴムマットと、純正タイプに多い布製のマットです。どちらも汚れがひどくない場合は、ブラシなどを使って汚れを叩き落とすだけでも十分ですが、どうせなら念入りに掃除したいという場合には、やはり水洗いをした方が確実にキレイになります。ホイール洗い用のブラシやタワシなどを使って、ゴシゴシと水洗いをします。それでも取れないようなひどい汚れがついている時は、洗剤を使って洗いましょう。
洗い終わったら、日当たりのよい場所で十分に乾かしてから車内に戻します。

乾かしているあいだに、フロアマットを取り除いた状態で、床にも掃除機をかけておきます。

車内の掃除回数を減らすためにできること

せっかく車内を掃除してキレイな状態になったら、今度はなるべく汚さないようにしたいものですよね。ほんのちょっとしたことを気をつけるだけで、車内をキレイなままキープすることができます。

車内での飲食は極力控える

車内で飲食すると、どうしても食べこぼしなどで汚れやすくなりますので、なるべく車内では飲食しないようにするのが理想です。小さなお子さんのいる場合は、どうしても長距離移動の際にお菓子や飲み物ナシというわけにもいきませんので、なるべく食べこぼさなくて済むような一口サイズのお菓子にしたり、ジュースではなくお茶やお水を飲ませるようにするのもオススメです。

靴裏の泥汚れを落としてから乗る

靴に泥汚れが付いたままだと、車内にもそれを持ち込むことになりますので、どうしてもそれだけ汚れやすくなります。なるべく意識して靴の汚れを落としてから乗り込むようにしましょう。

子供の着替えを常備しておく

外遊びなどで服が汚れたまま車に乗ってしまうと、当然シートが汚れてしまいますので、常に着替えを車に積んでおいて、いつでも着替えられるようにしておきましょう。

車内を清潔に保つことで、快適にドライブが楽しめるのはもちろん、いざ車を手放す際には査定額にも影響してきますので、ぜひ定期的に掃除をして、キレイな状態を維持しましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事