フローリングの掃除に重曹を使用する場合には注意が必要です

フローリングの掃除に重曹を使用する場合には注意が必要です

いろいろな場所の掃除に使える万能洗剤「重曹」ですが、フローリングの掃除にも使用することもできます。

しかし、フローリングに使う場合は注意が必要です。そうしないと、フローリングを傷めてしまうことにもなってしまうのです。

今回は、重曹を使ってフローリングの掃除をする場合の注意点と掃除方法について説明します。失敗しないように正しい方法で掃除するようにしましょう。

また、フローリングを長持ちさせるための秘訣についてもご紹介します。肌に触れる場所だからこそ、注意して掃除するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴槽に生えたカビ取り方法!塩素系の洗剤でカビを綺麗に掃除

お風呂の浴槽にカビが生えてしまうと、不衛生な環境で入浴しなくてはなりません。健康面や衛生面を考えても...

パソコンの掃除について。ホコリ取り方法や注意点

パソコンの掃除をしよう! パソコンは内部の熱を逃すのに『ファン』が回っています。 その『...

電子レンジの掃除を重曹を使って汚れを楽に落とす方法

毎日一度は使用する便利アイテムの電子レンジ。 しかし気がつくとレンジの内側が、汚れがひどくなってい...

部屋の換気時間はどのくらい?換気時間と正しい換気の方法

部屋の換気をしようと思っても、寒い冬場はあまり長い時間窓を開けておきたくないものです。 換気の効果...

お掃除バケツこそおしゃれな物に!おしゃれバケツでやる気アップ

インテリア性の高いおしゃれバケツが今人気となっています。 あなたの家にはどんなバケツがありますか?...

酸性とアルカリ性を混ぜる効果とは?掃除に使う時のコツと注意点

掃除でよく使われる成分に「酸性」と「アルカリ性」がありますが、この2つの成分を混ぜるとどうなるのか、...

掃除の頻度。どこまでを掃除とするの?主婦の家事について

掃除の頻度とか、掃除の時間とか、掃除の工程とか… 主婦(結婚している女性)なら、掃除をしないと...

リモコン掃除にボンドを使用する方法と注意点について解説

家族みんなが触るリモコンは、気が付かないうちに手垢などの汚れがついてしまっています。そのため、リモコ...

ガスコンロは掃除方法が重要!頑固な汚れも綺麗になる掃除方法

油汚れで困るガスコンロは、掃除方法や掃除グッズ、手順だけでなく、汚れの箇所や材質に合わせた洗剤、お掃...

風呂のブラシの収納の仕方はこれで解決。いつまでも清潔で長持ち

毎日使うお風呂の掃除ブラシ。どんな収納の仕方をしていますか? 床や棚の上にポンと置いた状態で、いつ...

机を整理して仕事の効アップ!会社のデスクを整理整頓する方法

あなたの会社の机が散らかっているのなら、きちんと整理をしましょう。整理整頓されている机だと、仕事の効...

文房具の寄付は使いかけもできる?寄付できるものできないもの

使いかけの文房具は寄付できるものなのでしょうか?寄付できるかできないかはこのような目安で判断するとい...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

壁紙掃除は重曹を上手く使うことで簡単に汚れを落とせる!

年末の大掃除やアパートやマンションの退去時など、壁紙の掃除をして綺麗にしたいなら、重曹を使ってみては...

庭の草むしりを業者に依頼する場合の費用や注意点について解説

せっかく庭があっても、雑草はいつの間にか伸びてくるもの。 ちょっと草むしりをしていないと庭が雑草で...

スポンサーリンク

フローリングの掃除に重曹を使う場合には注意が必要です

家の中の色々な掃除に使える重曹は、常備していると大変便利な洗剤です。

重曹は、水に溶かすことでアルカリ性を示すので、アルカリ性洗剤として使うことが出来ます。
アルカリ性洗剤は、酸性の汚れに効果がありますので、特に油汚れなどを落とすのに活躍する洗剤です。

そのため、フローリングの床が皮脂や食べ物のこぼした跡などの油汚れでベタベタしている時は、重曹水を使って拭くと、ベタベタが取れてキレイな床になります。

重曹水の濃度と手荒れに注意

重曹は、天然成分から出来ているので、直接皮膚に付いたりしても安心して使えるというメリットがあります。

このように、油汚れに大きな効果を発揮する重曹ですが、使用時には注意しなくてはいけないこともあります。

フローリングに重曹を使う時には、濃い濃度の重曹水で何度も雑巾がけを繰り返していると、フローリングの表面に加工しているワックスが剥がれてしまう恐れがあります。

普段の雑巾がけは、薄めに作った重曹水を使うか、中性洗剤を使い、こすらずにさっと拭くようにしましょう。

また、重曹が油汚れに効果があるということは、手の皮脂も落としてしまうということです。

特に、重曹水の濃度が濃いものを頻繁に使ったり、長く触れていると手荒れを起こすこともありますので、手荒れを防止するために、手袋をはめるなどの事前の準備がおすすめです。

重曹を使った正しいフローリングの掃除方法について

どんな汚れも、付いたらすぐに掃除すれば取るのは比較的容易ですが、すぐに処置せず放置していると、時間が経つごとに固まり取れにくい汚れへと変化してしまいます。

濃度の濃い重曹がフローリング掃除に向かない理由

特に、毎日使う家のフローリングは、汚れをそのままにしておくと不衛生ということだけではなく、傷んでしまうことにもなります。

フローリングは、日頃から掃除をして、キレイに保ちたいですよね。

フローリングは、一般的には表面にツヤを出すためにワックスやコーティングで加工されています。

ワックスやコーティングの成分はおもに油から出来ているため、重曹を使ってフローリングを掃除することによって油汚れは落ちますが、同時にワックスやコーティングまで削ってしまい、加工が剥がれてしまう恐れがあります。

また、重曹は基本的に水に溶けにくいという性質があります。

濃度の濃い重曹水で掃除すると、水が蒸発した後に重曹の粉が残り、それがフローリングの細かな隙間に入り込んで白くさせることも。

つまり、フローリング掃除に重曹を使う時には、重曹水を薄めに作ること、そして、重曹をしっかりと水に溶かしきってから使うことが大切です。

フローリングの日常の掃除には重曹は不要です

ベタつきが気になる時や汚れがある時を除き、日常的なフローリングの掃除は、掃除機でホコリを吸い取ったり、拭き掃除で充分です。

逆に、毎日重曹を使って掃除すると、フローリングを傷めてしまうことになりますので、重曹を使うのは、汚れがひどい時や床のベタつきが気になる時にしぼって掃除するようにしましょう。

日頃のフローリング掃除は掃除機で

フローリングには、板と板をつなぐ「継ぎ目」がありますが、その細かい隙間にホコリが入り込んだり、洗剤の残りカスが溜まってしまうこともあります。

このような継ぎ目に入ったホコリは、軽く掃除機をかけた程度では取れないことがほとんどです。

特に、ホコリが固まったり、水分を持っている場合は、ヘラや細い爪楊枝などで掻き出さなくては取れないこともあります。

このような手間をかけないためにも、日頃からフローリングは掃除機でホコリを残さないように心がけましょう。

仕上げに、雑巾で乾拭きを行えば完璧です。

ピカピカでキレイな床は、家全体のイメージを明るく快適なものにしてくれます。

フローリングを長持ちさせるための秘訣について

現代の住宅は、おもにフローリングの床材が主流です。

フローリングは、材質が木なので、自然の質感や見た目を活かした風合いと、メンテナンス性が高いことがメリットのひとつです。

特に、掃除のしやすさは他の床材に比べると圧倒的に高く、ホコリがあっても掃除機で吸い込めばキレイになるので掃除が楽ということが言えます。

フローリングは、天然の木が主成分なので、使用年数とともに劣化は避けられませんが、日頃からフローリングの正しいお手入れを行っていれば、劣化を遅らせて長持ちさせることもできます。

フローリングは生きている

フローリングが劣化するのは、木が生きているからです。

木は、フローリングの床となっても呼吸して生きています。

冬の寒い時期は縮み、夏の暑い時期には膨張するということを繰り返すため、この伸縮によってフローリングに隙間が出来たり、日が当たることによって変色することもありますが、これは木が本来持つ特性です。

普段の掃除は、フローリングのほこりを掃除機で吸い取り、フローリングワイパーなどで乾拭きするだけで充分です。

フローリングは、水に強くはないので、水拭きも頻繁にするのはおすすめできません。

高温スチーム洗浄機などは、フローリングには使えませんので、覚えておきましょう。

フローリングの掃除で失敗しないためのポイント

フローリングの部屋を始めて使った人は、なんと言ってもフローリングの掃除のしやすさを感じることが多いのではないでしょうか。

カーペットや畳ではちゃんとホコリが取れているのかが見えにくいですが、フローリングではホコリが目立つので、わかりやすく、掃除がしやすいという特徴があります。

フローリングが傷む要因とは

掃除がしやすいからといっても、フローリングの特性に合った掃除方法をしないと、フローリングを傷めてしまうこともありますので、注意が必要です。

フローリングの主成分は木なので、木の素材が持つ特性に合った掃除方法を選ぶことが大切です。

重曹水を濃く作ってしまったことが原因で、ワックスを剥がしてしまったという例もあれば、アルコール除菌スプレーを使ってフローリングが変質してしまったということもあります。

特に小さなお子さんやペットのいる家庭では、アルコール除菌スプレーを頻繁に使うこともありますよね。

でも、このアルコール除菌スプレーに含まれるアルコールは、ワックスの成分と反応すると、変色させたり、剥がされたりもします。

フローリングと相性が悪い洗剤もありますので、床の特性を知り、正しい掃除方法でフローリングをキレイに保ちたいですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事