車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

久しぶりに車に乗ってみると、車内のダッシュボードの上などにホコリがたまっていて気になる人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、便利なホコリ取りを使って車内をきれいにしましょう。

今回は車内のホコリ取りの選び方や使い方について詳しく説明します。自分に合ったホコリ取りを選ぶようにしましょう。

また、ホコリ発生の原因は車内の静電気。その静電気を防ぐための方法についてもご紹介します。

ホコリが発生しないきれいな車でドライブを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

電子レンジの掃除と臭い取り。同時におこなうなら『クエン酸』

電子レンジの掃除には、やっぱり重曹なんですよね。 でも、イヤな臭いがするレンジには、掃除と臭い...

庭の草むしりをする時に必要な道具について知りたい

庭付きの一戸建てやマンションは、みんなの憧れの対象ですが、それに伴って、草むしりも必要になってきます...

押入れの掃除。最低年に1度は行いましょう。カビ対策と片付け

押入れの掃除、してますか? 押し入れにモノを収納しっぱなしにしておくと、いつの間にやらカビが発生し...

トイレタンクの掃除を業者に依頼する場合の費用の相場とメリット

トイレタンクの中も掃除した方がいいとはわかっていても、自分で掃除するのは自信がないという人も多いでし...

風呂のブラシの収納の仕方はこれで解決。いつまでも清潔で長持ち

毎日使うお風呂の掃除ブラシ。どんな収納の仕方をしていますか? 床や棚の上にポンと置いた状態で、いつ...

家庭の書類の整理が苦手な人のために収納のコツを解説します

どんどん増えていくレシートや取扱説明書などの書類。あとでゆっくり整理して収納しようと思っていても、な...

掃除しても発生するほこり。毎日イライラしないで過ごしたい

掃除をきちんとしているのに、どうしてほこりって毎日毎日アチラコチラに発生するのでしょうか? 部...

部屋のカビを防止する方法。カビを知って発生させないようにする

部屋に発生するカビ。 見つけては掃除するの繰り返しではなく、カビを発生させない環境づくりをしましょ...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

レンジ掃除にみかんの皮が効果的な理由とそのやり方をご紹介

レンジ庫内についた頑固な油汚れ。なかなか取れないと悩む人が多いのではないでしょうか。 そんな時...

掃除が苦手な主婦に朗報!苦手な掃除もこれで克服できる

主婦なら掃除が得意、とは限りません。 当然掃除が苦手で、いつもしようしようとは思っているのになかな...

重曹をかけて掃除機で吸うと故障の原因にもなるため注意が必要!

子供が絨毯に嘔吐してしまうと、嘔吐処理はもちろん、処理した後の臭いも気になります。 臭いの除去方法...

書類の整理術!100均アイテムを賢く使ってスッキリ収納

書類の整理術を知れば、毎日のちょっとしたストレスから開放されます! あれ、どこだっけ? あれ...

【掃除手袋】のおすすめ。手荒れ防止だけじゃない手袋の使い方

掃除をする時に、ゴム手袋を使いますか? 最近の洗剤は洗浄力が高く、手の皮脂もすっかりキレイに落とし...

スポンサーリンク

車の車内のホコリ取りにはいろいろな種類があります

車に乗るたびに車内のホコリが気になりませんか。
車の周りが綺麗でも車内に入ればホコリがついてスッキリしないですよね。
車に乗る頻度に関係なくホコリはすぐに溜まっていきます。
原因は車の車内の静電気によるものです。
ホコリだけに重点をおいて掃除しても静電気がホコリを呼び寄せてしまうので静電気を抑えるホコリ取りアイテムが必要です。

車の車内のホコリ取りアイテム

何度も使用して使えるモップタイプ

モップタイプは何度も繰り返し利用できますが収納する場所を確保しなければいけません。
家の保管しておくのか常時車に保管しておくのか、車に保管しておくならぐちゃぐちゃに見えないような保管対策をしなくてはいけませんね。
家に保管する場合であれば、ズボラな方でしたらその都度アイテムの持ち運びが面倒だったり忘れたりでベンチなホコリ取りアイテムだけ持っていて宝の持ち腐れになってしまう可能性があるでしょう。
またモップタイプは楽に掃除をすることができますが返ってホコリを舞わせてしまうことがあります。

布巾タイプ

モップのような柄がついていない布巾タイプのものがあります。
布巾タイプには専用布巾に艶出し剤が含まれていることがありますのでよりピカピカな仕上がりになります。
汚れるまで使用できるものと、使い捨てのものがあります。

ホコリ取りアイテムは様々なタイプがあります。
あまり掃除が得意ではない方は使い捨てシートが便利そうですし、小まめに念入りに掃除したい方は何度も使用でき、なおかつ艶出し効果がある布巾タイプが合っていますね。
また、モップタイプでササッと楽に掃除を済ませたい方などどこを重視するかは人それぞれ異なります。
あなたの性格に合ったアイテムを選ぶと良いですね。

車の車内掃除にホコリ取りシートを使う場合の注意点

車の車内のホコリ取りに便利なホコリ取りシート使う場合

車にあまり興味ない方ですと気が付かない方が多いですが、車のホコリをホコリシートでとる場合に、目立たない細かな傷がついてしまいます。
日に当たった時などに目立ちやすく、車好きな方にとってはそれも大きな傷と変わらないくらい嫌なものです。
汚れた上からシートで拭くと、汚れを綺麗に拭き取ろうとついつい力が入り擦ってしまいますよね。
そうすると傷は余計につきやすいです。

ズボラな方にとっては面倒ですがホコリが多くかぶっている時は先にモップタイプのホコリ取りでホコリを取る一手間を加えて掃除を行いましょう。
そしてシートで更に細かなホコリ取りとツヤ出しとしていくとより綺麗になります。

車の車内のホコリ取りで一番おすすめなものはパソコン用掃除グッズ

車の車内のホコリ取りにはパソコンアイテムを活用すると簡単にホコリ取りを行うことができます。

モップのホコリ取りがありますが、ササッと楽に簡単にホコリ取りを行えてとても便利なアイテムです。
ですが、ホコリが一時的に取り除けてもモップをバサバサすることにより取れたホコリが舞ってしまうのです。
舞ってしまったホコリもやがて散り、また車内のあちこちに付着してしまいます。

ホコリを確実にキャッチしてくれるパソコンアイテムと言えば「サイバークリーン」です。
スライム状のお掃除アイテムですのでホコリが舞ってしまうことなく確実にキャッチします。
パソコンのキーボードの隙間のホコリ取りやゴミ取り掃除に便利な掃除アイテムです。

このアイテムを車の車内にも利用してホコリ取りをしていきましょう。
ただし、サイバークリーンは車内全体に対しては小さめですので疲れてしまいそうですが、手の空いた時に部分的にコロコロ、ペタペタとホコリ取りをするにはとても便利ですよ。

車内にホコリがたまらないようにするための予防法について

車内のホコリを溜めないようにするためには、小まめにホコリを拭き取ることが大切です。
ホコリが付着してしまう原因は静電気によるものですが、静電気対策があります。
静電気対策でホコリを現象させることができても、人が出入りする以上ホコリは舞ってしまいます。

使い捨てのホコリシートや、コンパクトサイズのホコリ取りモップを車内に常備しておくだけでいつでもすぐにホコリ取りを行えるので便利です。

それに加え静電気対策を行うとホコリをよるストレスが減少するでしょう。
静電気対策は以下を参考にしてください。

車のホコリの原因である静電気。除去に効果的なグッズをご紹介

車の車内に溜まるホコリですが多くの原因は静電気によるものです。

静電気は摩擦によって起きます。
人が車に乗り降りする際、シートに乗っている際、シートと服、そして服と服が多く擦れあうことで電気を発します。
その電気を持ったまま金属部などに触れると「ピリッ」と一瞬放電します。
一瞬だとわかっていても、あの感覚嫌ですよね。
その静電気がホコリを呼び寄せてしまうのです。
そのため車の車内のホコリを予防するためには静電気を予防する必要があります。

  • 静電気除去用のアースベルト
    これは車専用用品で車内の静電気を外(地面)へと放出させてくれる効果があります。
    ホコリが車内に溜まることがないのでホコリも溜まりづらくなります。
  • 静電気防止スプレー
    ホコリ取り後に静電気防止スプレーをかけて仕上げるとホコリが溜まりづらくなります。
    静電気防止はホコリ取りと同時に「パチっ」となるあの感覚も味合わなくて良いですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事