車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

久しぶりに車に乗ってみると、車内のダッシュボードの上などにホコリがたまっていて気になる人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、便利なホコリ取りを使って車内をきれいにしましょう。

今回は車内のホコリ取りの選び方や使い方について詳しく説明します。自分に合ったホコリ取りを選ぶようにしましょう。

また、ホコリ発生の原因は車内の静電気。その静電気を防ぐための方法についてもご紹介します。

ホコリが発生しないきれいな車でドライブを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴槽に生えたカビ取り方法!塩素系の洗剤でカビを綺麗に掃除

お風呂の浴槽にカビが生えてしまうと、不衛生な環境で入浴しなくてはなりません。健康面や衛生面を考えても...

床の拭き掃除で役立つグッズやおすすめ掃除方法を紹介

床を拭き掃除するときにはどんなグッズがあれば、楽にできるのでしょうか?床を拭き掃除となると、とても大...

居間を掃除する方法。散らからず掃除しやすい空間を作る仕組み

居間の掃除ってやってもやっても、散らかるし、汚れるんですよね。 だから、声を大にして言います。...

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

面倒な窓掃除!外側の窓を上手に掃除する方法やおすすめアイテム

掃除の中でも特に億劫と感じる窓の掃除。 特に外側の窓ガラスを掃除する時には、重い腰を上げて取り...

机整理!ゴチャつく引き出しは指定席を決めて用途別にまとめよう

職場の机の引き出し、ちゃんと整理整頓できていますか? 机の引き出しがゴチャゴチャしていると、必...

書類の基本の整理方法を理解して、仕事ができる人間になろう

営業の仕事をしていると、日中はデスクにいないので書類を整理する時間がないという人も多いでしょう。しか...

自転車の処分を無料でしたい!お金をかけないで処分する方法

自転車を処分したい!できれば無料で。 自転車を処分するのに、お金を掛けたくない場合、 1...

タンス掃除の仕方!掃除の手順と材質に合わせた掃除方法

タンスは定期的に掃除をしないと、ホコリが溜まりカビが生えてしまいます。タンスはいつも綺麗な状態にした...

サッシの掃除は意外と簡単!サッシの掃除を日常に取り入れて

サッのシ掃除をしようとする時には、凸凹している部分がありカビも生えやすいし、砂埃や土汚れなど外の汚れ...

窓の掃除で使う洗剤。内側と外側の汚れの違いと掃除方法について

窓の掃除にはどんな洗剤を使うとよいのでしょうか? 窓ガラスは、室内と外側で汚れが違います。 ...

便器の黒ずみに効果のある洗剤とそれを使用した掃除方法を解説

掃除してもなかなか取れない便器の黒ずみ。どんな洗剤を使えば黒ずみを落とすことができるのか悩んでしまう...

電子レンジ掃除で厄介な焦げ付きをしっかり綺麗に落とす方法

電子レンジ掃除で厄介なのが、なんといっても「焦げ付き」です。 布巾でこすってもなかなか落ちませんし...

五徳掃除に適した洗剤とは?洗剤を使い分けていつも綺麗に!

キッチン掃除で手を付けたくない箇所のひとつに「五徳」があります。 五徳を掃除する時は、汚れ具合によ...

落ち葉掃除の強い味方ブロワー!ブロワーの特徴や使用上の注意点

紅葉が終わった頃に庭を埋め尽くしてしまう落ち葉ですが、そのまま放置していては見た目が良くないし、かと...

スポンサーリンク

車の車内のホコリ取りにはいろいろな種類があります

車に乗るたびに車内のホコリが気になりませんか。
車の周りが綺麗でも車内に入ればホコリがついてスッキリしないですよね。
車に乗る頻度に関係なくホコリはすぐに溜まっていきます。
原因は車の車内の静電気によるものです。
ホコリだけに重点をおいて掃除しても静電気がホコリを呼び寄せてしまうので静電気を抑えるホコリ取りアイテムが必要です。

車の車内のホコリ取りアイテム

何度も使用して使えるモップタイプ

モップタイプは何度も繰り返し利用できますが収納する場所を確保しなければいけません。
家の保管しておくのか常時車に保管しておくのか、車に保管しておくならぐちゃぐちゃに見えないような保管対策をしなくてはいけませんね。
家に保管する場合であれば、ズボラな方でしたらその都度アイテムの持ち運びが面倒だったり忘れたりでベンチなホコリ取りアイテムだけ持っていて宝の持ち腐れになってしまう可能性があるでしょう。
またモップタイプは楽に掃除をすることができますが返ってホコリを舞わせてしまうことがあります。

布巾タイプ

モップのような柄がついていない布巾タイプのものがあります。
布巾タイプには専用布巾に艶出し剤が含まれていることがありますのでよりピカピカな仕上がりになります。
汚れるまで使用できるものと、使い捨てのものがあります。

ホコリ取りアイテムは様々なタイプがあります。
あまり掃除が得意ではない方は使い捨てシートが便利そうですし、小まめに念入りに掃除したい方は何度も使用でき、なおかつ艶出し効果がある布巾タイプが合っていますね。
また、モップタイプでササッと楽に掃除を済ませたい方などどこを重視するかは人それぞれ異なります。
あなたの性格に合ったアイテムを選ぶと良いですね。

車の車内掃除にホコリ取りシートを使う場合の注意点

車の車内のホコリ取りに便利なホコリ取りシート使う場合

車にあまり興味ない方ですと気が付かない方が多いですが、車のホコリをホコリシートでとる場合に、目立たない細かな傷がついてしまいます。
日に当たった時などに目立ちやすく、車好きな方にとってはそれも大きな傷と変わらないくらい嫌なものです。
汚れた上からシートで拭くと、汚れを綺麗に拭き取ろうとついつい力が入り擦ってしまいますよね。
そうすると傷は余計につきやすいです。

ズボラな方にとっては面倒ですがホコリが多くかぶっている時は先にモップタイプのホコリ取りでホコリを取る一手間を加えて掃除を行いましょう。
そしてシートで更に細かなホコリ取りとツヤ出しとしていくとより綺麗になります。

車の車内のホコリ取りで一番おすすめなものはパソコン用掃除グッズ

車の車内のホコリ取りにはパソコンアイテムを活用すると簡単にホコリ取りを行うことができます。

モップのホコリ取りがありますが、ササッと楽に簡単にホコリ取りを行えてとても便利なアイテムです。
ですが、ホコリが一時的に取り除けてもモップをバサバサすることにより取れたホコリが舞ってしまうのです。
舞ってしまったホコリもやがて散り、また車内のあちこちに付着してしまいます。

ホコリを確実にキャッチしてくれるパソコンアイテムと言えば「サイバークリーン」です。
スライム状のお掃除アイテムですのでホコリが舞ってしまうことなく確実にキャッチします。
パソコンのキーボードの隙間のホコリ取りやゴミ取り掃除に便利な掃除アイテムです。

このアイテムを車の車内にも利用してホコリ取りをしていきましょう。
ただし、サイバークリーンは車内全体に対しては小さめですので疲れてしまいそうですが、手の空いた時に部分的にコロコロ、ペタペタとホコリ取りをするにはとても便利ですよ。

車内にホコリがたまらないようにするための予防法について

車内のホコリを溜めないようにするためには、小まめにホコリを拭き取ることが大切です。
ホコリが付着してしまう原因は静電気によるものですが、静電気対策があります。
静電気対策でホコリを現象させることができても、人が出入りする以上ホコリは舞ってしまいます。

使い捨てのホコリシートや、コンパクトサイズのホコリ取りモップを車内に常備しておくだけでいつでもすぐにホコリ取りを行えるので便利です。

それに加え静電気対策を行うとホコリをよるストレスが減少するでしょう。
静電気対策は以下を参考にしてください。

車のホコリの原因である静電気。除去に効果的なグッズをご紹介

車の車内に溜まるホコリですが多くの原因は静電気によるものです。

静電気は摩擦によって起きます。
人が車に乗り降りする際、シートに乗っている際、シートと服、そして服と服が多く擦れあうことで電気を発します。
その電気を持ったまま金属部などに触れると「ピリッ」と一瞬放電します。
一瞬だとわかっていても、あの感覚嫌ですよね。
その静電気がホコリを呼び寄せてしまうのです。
そのため車の車内のホコリを予防するためには静電気を予防する必要があります。

  • 静電気除去用のアースベルト
    これは車専用用品で車内の静電気を外(地面)へと放出させてくれる効果があります。
    ホコリが車内に溜まることがないのでホコリも溜まりづらくなります。
  • 静電気防止スプレー
    ホコリ取り後に静電気防止スプレーをかけて仕上げるとホコリが溜まりづらくなります。
    静電気防止はホコリ取りと同時に「パチっ」となるあの感覚も味合わなくて良いですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事