髪の毛の掃除。カーペットに落ちた髪の毛は掃除機では吸いにくい

髪の毛の掃除。カーペットに落ちた髪の毛は掃除機では吸いにくい

髪の毛の掃除って、ホントに厄介なんですよね。
掃除をしても、必ずどこかに落ちている髪の毛。

特にカーペットの上に落ちた髪の毛は、掃除機では吸い取りにくく、残ってしまいます。
今回は、カーペットの上に落ちている髪の毛をキレイに掃除する方法をご紹介します。

また、効果的な掃除機の掛け方もご紹介しますので併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋のカビを除去したい!エタノール・重曹・クエン酸で綺麗に

部屋の中にカビが生えてしまったら、見た目も悪い上に体にも良くありません。しっかりと除去をして、お部屋...

部屋のカビを防止する方法。カビを知って発生させないようにする

部屋に発生するカビ。 見つけては掃除するの繰り返しではなく、カビを発生させない環境づくりをしましょ...

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

部屋の換気扇はつけっぱなしに!電気代度外視のメリットとは

部屋の換気扇ってつけっぱなしにする方がいいってホント!? 室内の空気は循環させるほうが、建物に...

車内掃除の時はシートの頑固な汚れも落とすことがポイントです

週末くらいしか車に乗ることがない人も多いかもしれませんが、思ったよりもシートは汚れています。そのため...

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

洋服の収納術!タンスに収納する時のコツを知って収納上手に

「たくさんある洋服をうまくタンスに収納したい!」こんなお悩みを抱えている人もいますよね。 収納術が...

リモコン掃除は裏技を使ってキレイにしよう!やり方とコツを解説

毎日使っているテレビなどのリモコン。気がつくと、チャンネルボタンの隙間にゴミなどが入っていたり、手垢...

掃除で面倒な床はモップで解決!モップの選び方、使い方のコツ

フローリングの床を掃除する時に役立つのが「モップ」です。 立ったまま床掃除ができますし、最近は様々...

部屋のカビ対策に除湿機を使う場合の注意点と選び方について

梅雨の時期になると、部屋のカビ対策に悩む人も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが「...

お風呂の洗剤がなくても代用できるものとその掃除方法

お風呂の掃除をしようと思った時に専用の洗剤を切らしていることに気づくと、掃除することをあきらめてしま...

押入れに掃除機を収納するのもありだが一番は手に取りやすい場所

掃除機を押入れに収納しているご家庭も多いと思いますが、出し入れしづらいなど、不便なこともあるのではな...

スポンジにつけた洗剤はそのままでOK?スポンジの除菌方法

食器用洗剤の中には、スポンジの除菌もできるという洗剤もあります。それを聞くと、食器を洗ったあとのスポ...

おもちゃ収納は100均グッズを組み合わせて使うことがポイント

子供のおもちゃはいつの間にかどんどん増えていってしまい、どうやって収納した方がいいのか悩むママも多い...

部屋が綺麗だとなぜ落ち着かないのか、その裏に隠された心理

部屋が綺麗じゃないと落ち着かない!という人がいる一方で、部屋が綺麗だと落ち着かない!という人もいます...

スポンサーリンク

カーペットに絡みつく髪の毛の掃除は『ゴム手袋』にお任せ!

掃除機をかけ終わった後にカーペットをチェックすると、髪の毛が絡みついて残っていませんか?カーペットによっては掃除機の吸引力だけでは、髪の毛を綺麗にすることができません。

そのため、掃除機をかける前にカーペットは何か別の方法で髪の毛を集めておかなければいけませんね。
そんな時はゴム手袋を用意して下さい。古いゴム手袋や普段掃除に使っているもの、勿論新品でも効果は変わりません。

髪の毛を集める方法、カーペットの表面を撫でる

ゴム手袋をしてカーペットの髪の毛を一箇所に集める様に撫でましょう。
撫で方としては、”円を描くように”動かすのが効果的です。

この方法は毛足の短いカーペットには特におすすめです。
髪の毛だけではなく、ペットの毛も同様に集める事が出来ますので、どのように集めることが出来るのか、一度実際に試して見て下さい。

カーペットの髪の毛は掃除機よりも〇〇

掃除機をかける前に、カーペットの髪の毛を集めておくのがおすすめ。髪の毛を集める時に使うものを紹介します。

カーペットの髪の毛を取る時には、ガムテープや回転式粘着クリーナーなどを使うと思います。

ですが、こういったグッズは確かに綺麗に取れますが、頻繁に掃除に使う場合は消費が激しく不経済ですね。

掃除に使うグッズとしては、繰り返し使えるものであればより便利だと感じるのではないでしょうか。

何度も使えるカーペッット用エチケットブラシ

エチケットブラシと言えば、洋服の埃を取るものを想像すると思います。

そのエチケットブラシの効果と同じ様に、カーペット用に開発されている商品があります。

ハンディタイプで電池も不要、カーペットの上を転がす事で、ゴミや髪の毛を集めてくれる優れものです。

中には水洗いが出来るタイプもあります。部屋を綺麗にする掃除用具を、洗って清潔な状態で何度も使うことが出来るのは魅力的ですね。

こちらのカーペット用エチケットブラシも、毛足が短めのカーペットの髪の毛を集めるのに使いやすいです。

髪の毛の掃除。掃除機でカーペットを掃除する時のコツとは

掃除機では髪の毛を取り切れない場合があります。それでも髪の毛を掃除機で吸い取りたい時には、以下の点に重点をおいて掃除機をかけていきましょう。

カーペットの掃除機のかけ方

掃除機のヘッドをゆっくり動かす

髪の毛を取り除きたい時は、同じ場所に数秒留まるイメージでゆっくりかけていきます。掃除はパッと終わらせたいものですが、髪の毛の場合はカーペットの繊維に絡んでいて取れにくいです。

それを吸引力で引き剥がすには、時間をかける必要が出てきます。

一定方向だけでは足りない

絡んだ髪の毛を根こそぎ吸い取るなら、同じ方向だけではなく別方向からもアプローチしましょう。縦にヘッドを動かしたなら、次は横方向に動かす事も大切です。

また、カーペットの毛に埋もれている髪の毛を吸い取るためにも、毛の流れとは反対の方向に動かし吸い取る事も大切です。

忙しい時には、掃除機だけで済ませたいと思いますね。掃除機一本で掃除する時は時間を少しいつもより多めにかけてみて下さい。

髪の毛と共に、いつもより数倍埃も綺麗になることでしょう。

髪の毛の掃除ってホントに厄介!

カーペットの髪の毛を取り除くのに、粘着テープを使う人も多いでしょう。
カーペットの表面についている髪の毛を取るのに向いている方法で、手軽に出来る掃除ですね。

カーペットクリーナーを選ぶポイント

カーペットクリーナー、コロコロと言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。
こちらのようなタイプのクリーナーは、実に様々なメーカーから販売されています。

カーペットに使う時は以下の2点に重視したクリーナーを用意しましょう。

  • 粘着力がそこそこ強め
  • とにかくはがしやすい

ものによって、粘着力には差があります。カーペットの場合、髪の毛はただ落ちているだけではなく繊維に絡んでいますので、粘着力がそこそこあるタイプを選びましょう。
粘着力が強力すぎるタイプですと、髪の毛は取れるかもしれませんがカーペットの毛も一緒に剥がれてしまう可能性が高いので、注意して下さい。

また、剥がしやすさも重要なポイントです。
クリーナーは何度も繰り返し使います。長い髪の毛の場合、クリーナーにぐるりと巻き付いてしまうので、通常のゴミを掃除する時よりもさらにカットしにくくなります。

カットする部分に太い目印の線が付いているタイプは使いやすいです。

テープが真っ白で切れ目がわかりにくいタイプは、繰り返しの掃除にはストレスの一因となってしまいます。

カーペットについた髪の毛はこまめに掃除するのが一番手っ取り早い

人間の髪の毛は1日に100本程度抜け落ちると言われています。

住んでいる家族の人数が多ければ、それだけ抜ける髪の毛も多く、掃除をしてもカーペットに絡みついてしまうのは、避けられない事でしょう。

髪の毛も落ちて間もない頃であれば、まだカーペットの表面にある状態ですので、上記で紹介した掃除機で吸う方法やゴム手袋や粘着テープで綺麗にする方法で掃除する事も可能です。

ですが髪の毛が落ちたままのカーペットで過ごせば、髪の毛は繊維の奥へ入り込んでしまいます。

何を試しても髪の毛を取り除けないとなると、最終的にカーペットを買い換えるといった事態になってしまいます。

そうならないために、落ちた髪の毛がカーペットに溜まる前に取り除くことが大切になってきます。

お気に入りのカーペットであれば、なおさら良い状態を保ちたいと思うのではないでしょうか。

髪の毛は早いうちに取り除く事を心がけ過ごしましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事