便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

いつの間にか便器にできる黄ばみ。
この黄ばみの正体を知っていますか?

この便器の黄ばみには、クエン酸を使ってお掃除しましょう。

悪臭を放つ黄ばみの正体とは?
こすっても取れない黄ばみへの最終手段とは?

トイレの黄ばみをスッキリ除去して、清潔キレイなトイレ空間を作りましょう。

便器の黄ばみにクエン酸を使って掃除する方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口は掃除しないとぬめりができてしまい、触りたくないと考える人も多いでしょう。 しか...

玄関の掃除の仕方【タイル】ザラザラ・デコボコの汚れをキレイに

玄関の掃き掃除、毎日していますか? 玄関の掃除の仕方は意外と知らないものですよね。 ましてやタイ...

下水臭いアパートをなんとかしたい!臭いの原因と対処法

結婚を機に二人で住むアパートを選びに選んだのに、いつもどこからともなく下水の臭いが漂うのはとても不快...

鏡の掃除・頑固な水垢を綺麗に掃除する方法と水垢汚れの予防方法

お風呂場の鏡に付着した頑固な水垢汚れは、なかなか綺麗に掃除することができません。 水垢汚れを綺麗に...

酸性とアルカリ性を混ぜる効果とは?掃除に使う時のコツと注意点

掃除でよく使われる成分に「酸性」と「アルカリ性」がありますが、この2つの成分を混ぜるとどうなるのか、...

机の整理には100均グッズ!おしゃれな机に変身させましょう

追われるように仕事していると、いつの間にか机の上はごちゃごちゃになっていませんか。しかし、そのままに...

カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペットにいきなり掃除機をかけるのはNGなんですって! まずは、フローリングをドライシートで...

掃除のほこり取りにおすすめなのは?グッズと使い方について

掃除はほこりにはじまりほこりに終わります。 ほこり取りをしなければ、いくら掃除機を掛けても、拭...

【タイル掃除のコツ】トイレの床や壁についた汚れを落とす方法

トイレの便器の掃除は毎日していても、タイルの床や壁の掃除まではしない人の方が多いのでないでしょうか。...

下水臭いトイレをなんとかして!そのお悩みに答えます

トイレこそいつも清潔にしておきたい箇所なのに、そのトイレが下水臭いと、それだけで気が滅入ってしまいま...

【引き出し整理のコツ】文房具は定位置を決めて収納しよう

オフィスのデスクの引き出しの中は、整理できていない文房具でいっぱいになっている人の方が多いのではない...

鍋の焦げは重曹で綺麗に!ステンレス鍋の焦げを綺麗にする方法

ステンレスの鍋で料理をしているとき、うっかり鍋を焦げつかせてしまった経験がある人もいるのではないでし...

風呂の換気扇が寒い!24時間換気のもどかしさについて

風呂の換気扇をつけて入浴すると寒い! でも、24時間換気なので切ることができない…。 温...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

風呂の換気扇から異音がする原因と対処法!換気扇の掃除方法

風呂の換気扇から異音がしたら、一体何が原因なのか不安になる人もいるのではないでしょうか。異音がする時...

スポンサーリンク

便器の気になる黄ばみの正体

トイレ掃除がサボりがちだったり、トイレを長年使っていると、いつの間にか便器に黄ばみが出来ていることってありますよね。
そんな便器の気になる黄ばみの正体とは一体何なのでしょうか?

黄ばみの色はオシッコの色だと思いますが、オシッコは液体ですから、水で流せばなくなるはずですよね。
しかし、いくら流しても落ちなくなってしまったこれは、オシッコとは少し違うものなのです。

黄ばみは「尿石」

尿石はオシッコに含まれるカルシウムが固まって出来たものです。
カルシウム自体は白色ですが、そこにオシッコが何度もかかったり、時間の経過によって変質することで黄色くなってしまいます。

尿石によって出来た黄ばみは、見た目が汚いだけではなく、雑菌が繁殖して嫌な臭いも出してしまいますので、出来るだけ早い段階で退治するようにしましょう。

便器の黄ばみをクエン酸で浮かせる

便器についてしまった黄ばみの原因である尿石は、トイレブラシでこするだけで落とすことが出来れば良いのですが、この頑固な汚れは簡単に落とすことが出来ません。

黄ばみに効果的なのが、「酸性の洗剤」

尿石の主な成分であるカルシウムはアルカリ性ですので、逆の性質を持つ酸性のものをかけると、効率的に落とすことが出来ます。

「掃除に役に立つ重曹をかけると落とせるかな?」と考える方もいると思いますが、残念ながら、重曹の成分はアルカリ性です。
便器の黄ばみを落とすなら、酸性のクエン酸を水に溶かして黄ばみにかけ、汚れを浮かせるようにしましょう。

クエン酸の成分は酸性ですし、酸性の強力な洗剤よりも手肌に優しいので、子供やペットがいる家でも安心して使うことが出来ます。
といっても、クエン酸の効果が優しいとは言え、肌に付着したまま長い時間放置しますと手荒れの原因になりますので、手などに付いた場合は、水で洗い流すようにしましょう。

便器のしつこい黄ばみにはクエン酸パック

便器のしつこい黄ばみにはクエン酸パックを行ってみましょう。

必要な物は以下の通りです。

 

  • クエン酸
  • スプレーボトル
  • ゴム手袋
  • トイレットペーパー
  • ラップ
  • 小さなゴミ袋
  • 重曹
  • トイレ用ブラシ、またはスポンジ

最初に準備するのは、クエン酸を水に溶かしたスプレーボトル
クエン酸を水に溶かす割合は、水200mlに対して、クエン酸は小さじ2杯ほどです。
作り方は、スプレーボトルに水とクエン酸の粉を入れて、シャバシャバと混ぜて溶かすだけで完成です。

次にゴム手袋をする
クエン酸はそれほど手肌に影響があるものではありませんが、トイレの中に素手を入れるのは抵抗があるでしょうからゴム手袋の着用をおすすめします。

黄ばみを綺麗にする手順

  1. 黄ばみが気になるところを中心にクエン酸水を吹きかけましょう。
  2. このままではクエン酸が流れ落ちてしまいますので、トイレットペーパーを貼り付けます。
  3. その上にさらにクエン酸水をたっぷり吹き付けます。
  4. 最後にラップでトイレットペーパーを覆えばクエン酸パックの完成です。
  5. 2時間以上置いて、黄ばみの原因の尿石を柔らかくしましょう。
  6. 時間が経ったら、ラップを外して小さなゴミ袋に捨てましょう。
  7. トイレットペーパーはそのまま流してください。
  8. これで黄ばみがスッキリ取れていれば完了です。

汚れが頑固だった場合は、まだ残っているはずです。そんな時は、重曹の粉を残っている黄ばみにかけて、ブラシかスポンジでこすり落としましょう。
これで頑固な黄ばみも綺麗に落とせるはずです。

トイレの臭いは『アンモニア臭』

臭いの原因だった黄ばみを落としたはずなのに、なんだかまだトイレが臭い時はどうしたら良いのでしょうか?

トイレの主な臭いの原因は『アンモニア臭』です。
アンモニア臭は、黄ばみの場所以外にも付着しますので、クエン酸水で退治しましょう。
拭き取る主な場所は、以下の通りです。

  • 便座の裏
  • 便器の外側

他にも気になるところがあれば、クエン酸水をスプレーして拭き掃除をしましょう。
トイレットペーパーを拭き掃除に使うと、後片付けが楽ですのでおすすめです。
クエン酸パックをしている間に綺麗に拭き取りをしましょう。

最後の仕上げにトイレ用の消臭剤を置けば完璧です。
ちなみに、お皿に入れた重曹の粉でも消臭剤の代わりになりますので、余った重曹の粉を是非ご活用ください。

便器の黄ばみ。クエン酸でも落とせなかった場合には

便器の黄ばみをクエン酸でも落とせなかった場合にはこういった方法も試してみてください。

市販の酸性洗剤で黄ばみ除去

「汚れを落とすためならナチュラル志向だなんて言ってられない!」と言う方は、市販の酸性洗剤を使ってみましょう。
ドロリとして粘度が高いものの方が、便器に張り付きますのでおすすめです。
ただし、効果が強力ですので、上から塩素などの別の成分の洗剤をかけると、有毒なガスが出ますので、絶対に一緒に混ぜ合わせないようにしましょう。

耐水性のサンドペーパーで黄ばみをこする

頑固な尿石はサンドペーパーで落とすことも出来ます。
使用する場合は、耐水性のサンドペーパーの1,000番か、600から800番くらいの物を使うと良いでしょう。
しかし、サンドペーパーは、尿石と一緒に便器も削り取ってしまいます。
あくまでも最終手段として考えてください。
こすった後は、便器に付いた傷に汚れがつかないようにマメに掃除をするようにしましょう。

このように、一度便器についてしまった黄ばみ汚れも落とす方法はいくつかありますので、自分に合った掃除の方法を選んで、トイレを綺麗に保つようにしましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事