庭の草むしりを業者に依頼する場合の費用や注意点について解説

庭の草むしりを業者に依頼する場合の費用や注意点について解説

せっかく庭があっても、雑草はいつの間にか伸びてくるもの。
ちょっと草むしりをしていないと庭が雑草でいっぱいになっているという家もあるのではないでしょうか。

しかし、草むしりの作業はとても大変。仕事をしている人は、草むしりの時間も確保できないでしょう。

そんな時には業者に草むしりを依頼しましょう。今回は草むしりを業者に依頼する場合の費用の相場や業者の選び方について説明します

草むしりをしてくれる業者の種類についてもご紹介しますので、自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

押入れの掃除。最低年に1度は行いましょう。カビ対策と片付け

押入れの掃除、してますか? 押し入れにモノを収納しっぱなしにしておくと、いつの間にやらカビが発生し...

壁のヤニ汚れには「セスキ」!その効果と掃除方法について解説

気になる壁のヤニ汚れによる黄ばみ。 元の白い壁に戻したいと掃除をしても、なかなか落ちないことに悩ん...

掃除頻度は一人暮らしだとどのくらいが理想?お風呂編

就職を機に一人暮らしを始めて掃除をする機会も増えますが、お風呂好きな人にとって気になるのが、お風呂掃...

畳掃除にはクエン酸が効果的!その掃除方法と注意点について

エコな掃除洗剤として人気のクエン酸ですが、実はカビ防止にもなるため畳の掃除にも使えます。 しか...

車内掃除を業者に頼んだ場合の清掃の流れは?掃除方法も解説

車内は隙間も多く、ペットの臭いや子供たちの食べこぼしが車内に残り、自分たちではなかなか綺麗に掃除しに...

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できな...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

コードの収納は壁をうまく使うのがコツ!そのアイデアをご紹介

部屋をすっきりと見せたいのに、どうしてもじゃまになるのがテレビなどのコードではないでしょうか。 ...

部屋がカビ臭いと感じた時にできる簡単な掃除方法や対策

外から帰ってきたときなど、家のリビングや自分の部屋に入ると、なんだかカビ臭い?と感じることはありませ...

押入れに掃除機を収納するのもありだが一番は手に取りやすい場所

掃除機を押入れに収納しているご家庭も多いと思いますが、出し入れしづらいなど、不便なこともあるのではな...

下水臭いアパートをなんとかしたい!臭いの原因と対処法

結婚を機に二人で住むアパートを選びに選んだのに、いつもどこからともなく下水の臭いが漂うのはとても不快...

風呂の換気扇が寒い!24時間換気のもどかしさについて

風呂の換気扇をつけて入浴すると寒い! でも、24時間換気なので切ることができない…。 温...

家庭の書類の整理が苦手な人のために収納のコツを解説します

どんどん増えていくレシートや取扱説明書などの書類。あとでゆっくり整理して収納しようと思っていても、な...

掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けはどんな違いがあるの?どちらも同じことでは?その気持ちよくわかります。どちらも部屋を綺麗...

外壁掃除!コケがついて緑色になった外壁をキレイにする方法

家の外壁にコケが生えてしまい、外壁の一部が緑色になってしまうことがあります。 見た目も悪いです...

スポンサーリンク

庭の草むしりをしてくれる業者の種類について

取っても取っても生えてくる庭の雑草は、草むしりにも労力を使うため、嫌になってしまうこともありますよね。

かと言って、草むしりをせずに雑草を放置すると、たちまち繁殖してあたり一面が雑草だらけになってしまいます。

雑草はなぜ強いのか

人の手で植える花や作物とは違い、雑草は自ら生きる場所を選び、そこに根を張り元気よく育ちます。

よく、農業は雑草との戦いと言われますが、それは雑草の方が作物よりも強い生命力を持っているからなのです。

草むしりを行う業者

草むしりを自分で行うためには、草むしりに適した道具と根気が必要です。

雑草が庭一面に生えている場合、中腰の体勢で庭一面に広がった雑草を取り除くのは、かなりの労力と時間が必要です。

草むしりを行ってくれる業者もありますので、自分では自信がないという場合は業者にお願いするという方法もあります。

草むしりを業者に頼むと、草むしりの作業をしてくれるのはもちろんですが、抜き終わった雑草の後始末までしてくれるところが多いので、片付けの心配をしなくて良いという点もメリットです。

自宅の庭の草むしりを行ってくれる業者は、ハウスクリーニング業者が有名ですが、その他にも地域の造園業者でも草むしりを行ってくれるところもありますし、シルバー人材センターに依頼するという方法もあります。

庭の草むしりを業者に依頼する場合の費用の相場について

草むしりを業者に依頼する時に、気になるのが「費用」ですよね。

草むしりの費用は面積による

草むしりを業者にしてもらう場合、費用の相場は、大体草むしりをする面積に関わることが多いようです。

地域差などはありますが、10平方メートルにつき、約1万円くらいが平均的な価格です。

ただ注意しなくてはいけないのが、この価格には雑草の処理までは含まれていないこともあるということです。

草むしりの料金を払った後に、ゴミの処分料として追加で費用が発生するというケースもあります。

業者に見積りを取る際には、何社かに見積もりを取って比較したり、細かい配分までが費用に含まれているかなどを確認することがおすすめです。

でも、プロに草むしりを依頼するということは、料金はかかるものの、庭に生えた草を根こそぎ取り除いてくれるので、キレイな状態がある程度の期間保たれるというメリットがあります。

庭の草むしりの業者を選ぶ時のポイント

草むしりと一言で言っても、庭の広さや地域により、費用には違いがあります。

一般的には、作業者1名で草むしりを行う場合、1万円ほどを見ておくと良いでしょう。

草むしり業者の作業内容を確認する

費用面だけで見ると、比較的安いのがシルバー人材センターに依頼する方法です。

シルバー人材センターに登録している、地域の高齢者が作業に来てくれるため、比較的安く作業してもらえます。

しかし、これも地域によっては1時間あたりで費用が決まるところもあれば、庭の広さで料金が決まっているというケースもありますので、まずはお近くのシルバー人材センターに確認しておくと良いでしょう。

また、造園業者に草むしりを頼むと、庭木に関するプロである庭師が作業に当たってくれます。

草むしりの作業と一緒に庭木の剪定などを頼むことで料金が割引になることも多いようです。

草むしり業者を決める際には、どこまでの作業が草むしりの費用に含まれているのか、他に頼めるサービスがあるのかなどをしっかり確認しておくことが大切です。

草むしりなどの仕事をシルバー人材センターへ依頼する方法

シルバー人材センターには、色々な種類の仕事を依頼することが出来ます。

庭の草むしりはもちろん、部屋の片付けや買い物などと言った日常生活に密着した仕事を依頼でき、それもプロの業者に頼むよりも安く行ってもらえるということで、需要率も高いようです。

まずは電話してから無料見積もりを

シルバー人材センターに登録している高齢者の数にも限りがありますので、他の業者のように、作業を依頼したら即日来てもらえるということは少なく、まず作業員を確保してから作業日を決めることになるので、夏場などに草むしりを頼むと1ヶ月先まで空きがないということもあるようです。

総合的に見て費用が安く済むというのは良いですが、作業してくれるのは一般的な高齢者で、その道のプロではないため、プロ並みの仕上がりを期待するのは酷と言えるでしょう。

シルバー人材センターに作業を依頼する場合、いきなり作業者が訪問して作業費を請求されるということはありません。

まず、電話でどのような作業を依頼するのかを相談し、作業内容や作業時間により平均的な見積もりを提示されます。

依頼者が、その見積もりに納得して始めて作業を契約するという形になります。

併せて頼みたい作業などもあれば、電話で細かく教えてもらえるので、一緒に検討してみるのも良いのではないでしょうか。

草むしり以外の雑草対策の方法について

雑草が、本領を発揮して伸びるのは夏です。

それも、真夏の炎天下では、雑草も生き生きと空を目指すかのように上に伸びるので、夏の草むしりには苦労するという人が多いのです。

除草剤を使う方法

抜いてもすぐに生えてくる雑草には、「除草剤」を使うこともおすすめです。

除草剤は、文字通り草を取り除く薬剤です。

生命力が強い雑草を根こそぎ取るためには、それなりの薬剤が必要なので、除草剤を使う時には、注意をしなくてはいけないこともあります。

除草剤には、液体タイプと粒状タイプの2種類があります。

液体タイプは即効性があり、粒状タイプは雑草が生い茂る前に散布することで、雑草の成長を止めることができます。

そのため、粒状タイプの除草剤を雑草が生える前に使うことで、これから生えてくる雑草を食い止める効果が半年から一年ほど効果が持続します。

すでに伸びて成長してしまった雑草には、即効性のある液状タイプの除草剤を使うことで、草の葉を枯らせて取り除くことができます。

除草剤は、強力な薬剤なので、使う時には皮膚に直接除草剤が触れないように手袋や作業着を着るなどの準備をしっかりしましょう。

ペットを庭で遊ばせたり、子どもが入る庭には、間違って除草剤を食べてしまったりする恐れもありますので、除草剤は使わないことがおすすめですが、どうしても除草剤を撒く時には柵などで覆い、入らないようにするなどの工夫も大切です。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事