まな板漂白する時は大きな袋を用意!袋を使った漂白方法とコツ

まな板漂白する時は大きな袋を用意!袋を使った漂白方法とコツ

まな板全体を漂白したい時は、まな板がすっぽり入る袋1つあれば大丈夫!
大きなバケツは必要ありません。
袋があれば、まな板全体を綺麗に浸け置きすることができます。

これからご説明する方法を試して、まな板を綺麗にしませんか?

まな板だけでなく、ふきんなどのキッチングッズも全て袋に入れてしまえば、簡単に漂白することができます。ぜひお試しを!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

風呂の水垢を綺麗に掃除!お風呂をピカピカにする掃除方法を解説

風呂の中の代表的な汚れが「水垢」です。綺麗に掃除をして、お風呂場を衛生的に保ちたいと考えている人もた...

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

クロスの掃除には【セスキ】正しい掃除方法について解説します

いろいろな場所の掃除に使えるエコな洗剤「セスキ」ですが、クロスについた汚れにも効果的です。 中...

書類整理に便利な100均グッズとおすすめアイデアをご紹介

子供がいると幼稚園や学校から毎日のようにプリントが来て、きちんと整理できないママも多いのではないでし...

落ち葉掃除の強い味方ブロワー!ブロワーの特徴や使用上の注意点

紅葉が終わった頃に庭を埋め尽くしてしまう落ち葉ですが、そのまま放置していては見た目が良くないし、かと...

掃除の基本。部屋を掃除する順番とキレイを保つコツについて

掃除の基本。 部屋を掃除するのに順番ってあるのでしょうか? 掃除をしても、キレイになった、片...

鍋の焦げは重曹で綺麗に!ステンレス鍋の焦げを綺麗にする方法

ステンレスの鍋で料理をしているとき、うっかり鍋を焦げつかせてしまった経験がある人もいるのではないでし...

布団の掃除頻度は?羽毛布団の掃除・クリーニング・打ち直し頻度

羽毛布団を使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのかわからない人もいるのでは...

机整理!ゴチャつく引き出しは指定席を決めて用途別にまとめよう

職場の机の引き出し、ちゃんと整理整頓できていますか? 机の引き出しがゴチャゴチャしていると、必...

下水臭いアパートをなんとかしたい!臭いの原因と対処法

結婚を機に二人で住むアパートを選びに選んだのに、いつもどこからともなく下水の臭いが漂うのはとても不快...

クローゼットの収納術!すぐ試したいアレコレ100均アイテム!

クローゼットの収納術! あの、100均アイテムを使えば、クローゼットの中がスッキリしますよ! ...

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

窓掃除を簡単にするためのおすすめの方法とグッズをご紹介します

窓の掃除は年に1回大掃除の時にしかしないという人も多いかもしれませんが、ガスコンロのようなやっかいな...

レンジ掃除にはクエン酸を使おう!その効果と注意点について

いろいろな掃除に使用できるクエン酸ですが、レンジを掃除する時でも活躍します。 中でも水垢などの...

一人暮らしの掃除機の頻度は?頻度が少なくてもOKな普段の掃除

一人暮らしで仕事が忙しいと、お家には帰って寝るだけ!掃除機をかける暇がない!そんな方もいらっしゃいま...

スポンサーリンク

まな板を漂白する時はまな板がすっぽり入る袋を用意!

毎日の料理に欠かさず使う「まな板」ですが、皆さんは、まな板の漂白はどのようにされていますか?
「まな板がすっぽりと入るような大きなバケツ等を用意して漂白している」という方と多いのではないでしょうか。

しかし、「袋」があればそういった大きなものを用意する必要なく、まな板全体の漂白をすることができます。

そこで、こちらでは袋を使ってまな板を漂白する方法をご紹介します。

用意するものは、まな板が入る大きさの袋と漂白剤、重曹の3つ。
それでは手順をご紹介します。

  1. まずは重曹ペーストを作ります。
    水、漂白剤、重曹の3つを1:1:1の分量で混ぜ合わせます。
  2. 1で作った重曹ペーストをまな板の汚れている箇所に塗っていきます。
  3. 塗り終えたら袋の中にまな板を入れて、乾燥しないように袋を密着させます。
    こうすることで、ペーストが汚れにより密着し汚れが落ちやすくなります。
  4. 1時間程度放置したら、水でしっかりと洗い流して漂白完了です。
    汚れの具合によっては、放置する時間を調整するようにしましょう。

また、漂白剤は「塩素系漂白剤」と「酸素系漂白剤」のどちらでも問題ありません。

塩素系の方が漂白力は強力なため強い漂白効果を得たい場合にはオススメですが、小さなお子様のいるご家庭だとニオイや成分が強く、気になるという方もいらっしゃると思います。

そういった場合には、安全性の高い酸素系漂白剤を使用して、漂白をするようにしましょう。

まな板やふきん全て袋に入れて一緒に漂白すれば一石二鳥

まな板の漂白に袋を使う方法には、以下のような様々なメリットがあります。

  • 漂白に使った袋はゴミとしてすぐに処理できる
  • 袋と洗剤をより密着させて汚れを落としやすくできる
  • 大きなバケツ等のように場所を取らずに漂白ができる
  • バケツを買い足す必要が無い

まな板の漂白に袋を使えば、このように気軽にまな板の漂白を行うことができるのです。

また、袋でまな板の漂白を行う際には、まな板のほか「ふきん」なども合わせて漂白するのがオススメです。

一緒に漂白をしてしまえば別に漂白する手間も省けて、時間を他の料理を作る時間や子育て、掃除などに有効的に使うことができます。

袋1つあれば、大きいバケツがなくてもまな板漂白が可能

まな板の汚れや雑菌を取り除くためには「浸け置き」が欠かせません。

しかし、浸け置き漂白をするとなるとやっぱり大きめのバケツが必要…?と思うかもしれませんが、袋の場合でも同様に浸け置き効果はありますので問題ありません。

もしも「袋を使ってより浸け置き効果を高めたい!」という場合には、キッチンペーパー等に漂白剤を染みこませたものでまな板を覆ってから袋に入れましょう。
こうすることで、漂白剤を汚れにより密着させることができ、漂白効果を高めることができます。

まな板漂白で袋がない場合は、まな板全体をふきんで覆うのもおすすめ

これまでは袋を使うまな板の漂白方法についてご紹介してきましたが、ご自宅に袋が無い!という場合には「ふきん」を使って漂白をすることも可能です。

ふきんを使った漂白方法もとても簡単に行うことができますので、ふきんを用意の上、以下の手順を参考に進めて行きましょう。

ふきんを使ったまな板の漂白方法

  1. まずは漂白剤を水で薄めたものに、ふきんを浸します。
  2. 1で浸したふきんでまな板を覆います。
    この状態で30分~1時間程度時間をおきます。
  3. また、裏面も漂白したい場合には、同様に漂白剤を水で薄めたものにふきんを浸して覆います。
  4. 最後に水でしっかりとすすいだら漂白完了です。

ふきんを使う漂白方法は、袋を使う方法同様にとても簡単にできます。
また、ふきんを使って漂白すれば同時にふきんの漂白もできるためオススメです。

まな板の汚れは、こすり落とすよりも浸け置き漂白がベスト

まな板の汚れを落とそうとタワシで一生懸命、力を込めて擦ったことないでしょうか。

まな板の汚れは、雑菌等がまな板の奥深くへと染み込んでいます。
そのため、まな板の汚れを落とすためには、漂白剤を使って「浸け置き」をするのが最も効果的です。

浸け置きの方法には様々な方法がありますが、これまでご紹介したような「袋を使う方法」や「ふきんを使う方法」は、仕事や家事、子育てで忙しい主婦の方でも時間をかけずに簡単に行うことができます。

「まな板を漂白したいけどバケツが無い」
「日々忙しく簡単にまな板の漂白をしたい」

そんな方はぜひ一度「袋を使った漂白」を試してみてはいかがでしょうか。

また、まな板を定期的に漂白することは食中毒の予防にも繋がります。

安心して料理を作るためにも「袋を使った漂白」をうまく活用し、まな板の漂白を習慣化しましょう!

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事