掃除をしよう!壁のクロスを掃除すると部屋全体がスッキリ

掃除をしよう!壁のクロスを掃除すると部屋全体がスッキリ

掃除の勉強。

壁を掃除する方法をレクチャーします。

掃除したい壁の『クロス』をチェックしてください。

クロスではなく、土壁・珪藻土などを使用した壁の掃除方法はクロス張りの壁とは異なりますので注意してくださいね。

今回は一般的なクロス張りの壁を掃除する方法をご紹介します。

・くすみ汚れ
・手垢汚れ
・カビ汚れ
・ヤニ汚れ

どれも自分で汚れをキレイにすることはできます。

それでは、壁のクロス汚れを自分で掃除する方法を御覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サーキュレーター掃除でカバーが外せない時の取り方と対処法

サーキュレーターはほこりが溜まりやすいため掃除が欠かせませんが、カバーを外して掃除をしたいのに、なか...

オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除で困ってしまうのが、レンジ内の焦げつきです。 特に長年放置してしまった焦げはちょっとや...

【バルコニー掃除のコツ】一戸建ての場合の掃除方法を徹底解説

バルコニー付きの一戸建てに住み始めたものの、いつの間にかバルコニーが汚れてしまっていませんか。 ...

カビの掃除には注意が必要。壁に発生したカビを安全に掃除する方法

カビの掃除には注意が必要です。 カビを拭く時に、カビの胞子を吸い込んでしまったり、空気中に撒き...

床掃除はスチームクリーナーにお任せ!汚れを浮かせてピカピカに

大掃除を前に床掃除で困っていませんか?その悩みを解決するのが「スチームクリーナー」です。 スチ...

壁紙の掃除に使用する洗剤の選び方と掃除する時の注意点について

大掃除の時に壁紙の掃除をしようと思っても、どんな洗剤を使えばよいのか迷ってしまう人も多いのではないで...

ガスコンロは掃除方法が重要!頑固な汚れも綺麗になる掃除方法

油汚れで困るガスコンロは、掃除方法や掃除グッズ、手順だけでなく、汚れの箇所や材質に合わせた洗剤、お掃...

掃除頻度で悩む共働き夫婦へアドバイス!平日のサッと掃除がコツ

子供が小学校へ上がったタイミングで働きに出る女性も多いですが、共働きとなった今でも夫が全く掃除を手伝...

自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

古くなった自転車を処分する場合、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人の方が多いでしょう。 しか...

パソコンの掃除について。ホコリ取り方法や注意点

パソコンの掃除をしよう! パソコンは内部の熱を逃すのに『ファン』が回っています。 その『...

風呂の水垢を綺麗に掃除!お風呂をピカピカにする掃除方法を解説

風呂の中の代表的な汚れが「水垢」です。綺麗に掃除をして、お風呂場を衛生的に保ちたいと考えている人もた...

仏壇の掃除の仕方を知りたい。仏壇を掃除してご先祖様に感謝を

仏壇とどのように付き合えばよいのか。 急に、仏壇との暮らしが始まると、仏壇に対して抵抗感を抱いてし...

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

部屋の換気扇はつけっぱなしに!電気代度外視のメリットとは

部屋の換気扇ってつけっぱなしにする方がいいってホント!? 室内の空気は循環させるほうが、建物に...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

スポンサーリンク

壁の掃除を始める前に。壁のクロスが汚れる原因を知ろう

掃除をしているのに何だか部屋がすっきりしない、そう感じる時は壁やクロスが汚れているせいかもしれません。

では、なぜ壁やクロスは汚れてしまうのでしょうか。

もちろん小さなお子さんがいる家庭では、汚れた手で壁を触ってしまうので汚くなってしまいます。

しかし小さなお子さんがいないお家でも、自然とクロスは汚れていきます。

クロスが汚れるのは空気が関係している

空気中に漂っている汚れが壁に付着して、汚れとして表れるのです。

よくわかるのがタバコのヤニ汚れ、ただの煙のようでありながら、明らかに壁に付着をして目に見えるヤニ汚れとなりますよね。

タバコを吸わないお家でも、同じように空気中の汚れは壁に付着するので、換気扇をかけていても料理に伴って出る煙や空気中に漂うホコリやチリ、カビの胞子や砂埃など、舞っている最中には目に留まることは少ないですが、確実に空気中に散乱しています。

これこそが壁につく汚れの原因なのです。

掃除でキレイになるの?壁紙クロスのくすみをキレイにする方法

クロスにハッキリとした汚れがついているのではなく、くすんでいるように見える場合はホコリが原因かもしれません。

もしそうなら、壁を水拭きしてしまったりすると、ホコリがダマになりさらに壁に付着して取りづらくなってしまいます。

このような場合は、まずホコリを取り除くことが重要なポイントです。

壁の埃を落としてから拭き掃除をする

掃除機を使ってホコリを吸い取る、はたきを使って払い落とすなど、クロスについたホコリをキレイにしましょう。

そしてビニールクロスなら、中性洗剤を水に適量入れて雑巾を浸し、きつく絞ったら拭いて汚れをさらに落としていきます。

クロスにも種類がある

クロスを自分で選んだ方なら知っていますよね。クロスは大きく分けると2つの種類があり、ビニールクロスと布クロスに分かれます。ビニールクロスだと水の染み込みが悪いので、雑巾などを使って水で拭いて汚れを落とすことが可能です。

もし布クロスだと水の染み込みが早いので、雑巾の汚れがそのままクロスに染み込んでしまったり、クロスが膨れ上がってしまうこともあります。

水を使った汚れの落とし方はビニールクロスに適した方法なので、布クロスには向いていません。注意をしてくださいね。

布クロスの場合は多少の汚れは消しゴムで落とすことが出来ます。部分的な汚れならこの方法がおすすめです。

壁の手垢汚れの掃除方法。クロスを真っ白にするには

クロスの汚れや、いつも触るスイッチ部分などが汚れている場合、ビニールクロスなら洗剤を使ってキレイにすることが出来ますよ。

クロス掃除に重曹を使う

重曹は弱アルカリ性で皮脂汚れなどの油汚れに効果があります。手垢の汚れも皮脂汚れですから、重曹を使って落とすことが可能です。

お掃除用の重曹をお湯で溶かし洗剤として使用します。落としにくい汚れであれば少量だけ手垢部分に直接吹きかけて雑巾ですぐに拭き取ります。

ビニールクロスの場合でも、洗剤を付けたままにしておくとふやけてしまう可能性があるので、漬け置きはやめましょう。

これでも落ちない場合は、ビニールクロスに凹凸が合って、その部分に汚れが入り込んでしまっている時、私は歯ブラシを使って汚れを取り除きます。

歯ブラシに重曹を付けて、気になる部分を力を入れすぎないように注意をしながら、軽くこすります。

大体の手垢汚れはこれでキレイになります。後はきれいな水で固く絞った雑巾で、洗剤残りがないようクロスの拭いたら終了です。

クロスを掃除する時は、どの様な汚れでも一度掃除機をかけてホコリを取り除いてから行ってください。

目に見えてなくても掃除をしていくうちにホコリが表れ、掃除がしにくくなってしまうことが多々あるので、ここもクロス掃除のポイントです。

壁に黒カビが!クロスを白く掃除する方法

壁にカビが発生してしまう事も少なくありません。例えば脱衣所、お風呂からの温かい空気や洗濯物の湿度などが原因となり、換気が上手くいっていないとクロスにカビが発生してしまうことがあります。

本来ならカビに一番よく聞くのは塩素系漂白剤ですよね。

塩素系洗剤をクロスに使用してしまうと壁紙がふやけて剥がれてきてしまう

私はお風呂掃除の扉部分に塩素系漂白剤を使用していたのですが、脱衣所の床のクロス部分にも付着してしまい、その事を知らずにいたので、時間を置いていざ掃除をしようと思ったら見事に床のクロスが剥がれ上がってしまいました。

クロスのカビ取りを行うならば塩素系漂白剤は避け、重曹やクエン酸を使用して黒ずみ落としを行ってください。

重曹もクエン酸も体に害のない洗剤なので、赤ちゃんやペットがいるお家でも安心して使用できるのが良い点です。

重曹とクエン酸水を合わせると発泡、クロスのカビ汚れを落とすのに役立つ

泡が汚れを包んで落としやすくしてくれるので、どちらか片方で落ちないときには、合わせ技で黒カビをキレイにしましょう。

この場合も汚れが落ちたら、重曹やクエン酸がクロスに残らないように、必ず拭き取ることを忘れずに行ッてくださいね。

掃除でキレイにしたい!ヤニ汚れを自分で掃除する方法

タバコを吸う方がお家にいると、ヤニ汚れが気になります。ガッチリとついてしまったヤニ汚れは業者さんにお願いするか、クロスの張替えをするのが一番ですが、少しだけ付いた汚れなら自分で落とすことも可能です。

この時の洗剤は、スーパーやドラッグストアなどで販売されている、住居用の中性洗剤でOKです。

洗剤を汚れていない布巾に吹き付けて、壁をこすってみます。これで落ちない場合は直接クロスに吹きかけて、歯ブラシを利用して軽くこすって汚れを浮き上がらせてください。

後は水拭きで汚れと洗剤を取り除くようにして、拭き上げれば終了です。

このときのポイントも洗剤を長時間壁につけることはNGです。いくらビニールクロスでもクロスが浮き上がってきてしまったり、ふやけてしまうことがあり、そうなると汚れが中に浸透してしまう恐れもあります。

洗剤を吹き付けたらすぐに掃除をして拭き取ることを心がけてください。

またこすり過ぎも同じようにクロスをいためてしまう原因になります。ブラシを使う場合も布巾で拭き取る場合も、優しく行いましょう。

壁の掃除のコツカテゴリの最新記事