網戸掃除に100均アイテムを使えば簡単にきれいになります

網戸掃除に100均アイテムを使えば簡単にきれいになります

窓ガラスだけではなく、網戸も掃除した方がいいと聞いても何を使ってどのように掃除してよいのかわからない人の方が多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが100均アイテムを使った掃除方法です。100均なのでコスパもよく、さらに簡単にきれいにすることもできます。

網戸の掃除グッズはいろいろありますが、今回はその中でもおすすめの商品の特徴をご紹介します。

また、網戸掃除に適した時期や掃除頻度についても説明します。きれいな網戸で快適に過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴槽のカビが取れないときの対処法やカビ取りのコツと予防対策

浴槽のカビが取れないときは、つい洗剤をつけてはゴシゴシとこすってしまいませんか? しかし、カビ取り...

ダニ対策できてる?畳はカラッと清潔に保ちましょう

ダニ対策の基本は『除湿』です。 ダニは湿気がこもっている場所が大好きです。 寝具はもちろ...

便器の黄ばみの落とし方とトイレの黄ばみ汚れを予防する方法

便器の黄ばみ汚れが目立つようになると、不潔な感じがしてとても嫌なものです。こびりついてしまった汚れは...

冷蔵庫の臭いの取り方について。掃除方法から驚きの方法まで

冷蔵庫を開けた時に臭いがすると、がっかりしてしまいますよね。 臭いの取り方として、まずは、冷蔵...

畳の掃除方法。正しい掃除でダニを発生させないようにするには

畳の掃除方法は、フローリングとは異なります。 掃除機の掛け方や、拭き掃除の方法をフローリングと...

便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

いつの間にか便器にできる黄ばみ。 この黄ばみの正体を知っていますか? この便器の黄ばみには、...

押入れの掃除。最低年に1度は行いましょう。カビ対策と片付け

押入れの掃除、してますか? 押し入れにモノを収納しっぱなしにしておくと、いつの間にやらカビが発生し...

【掃除のコツ】フローリング掃除におすすめの掃除方法と洗剤

フローリングの掃除にはワイパーが便利ですが、ドライシートだけではなかなか汚れをとることもできないでし...

部屋の換気扇はつけっぱなしに!電気代度外視のメリットとは

部屋の換気扇ってつけっぱなしにする方がいいってホント!? 室内の空気は循環させるほうが、建物に...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

掃除するならほこり取り!楽しく手作りマイホコリ取りの作り方

掃除はまず、ほこり取りから始めましょう。 一生懸命掃除機を掛けていても、どこからかふわふわと、...

車内掃除を業者に頼んだ場合の清掃の流れは?掃除方法も解説

車内は隙間も多く、ペットの臭いや子供たちの食べこぼしが車内に残り、自分たちではなかなか綺麗に掃除しに...

カルキ掃除をして加湿器を綺麗に!カルキにはクエン酸が効果的

加湿器の掃除は普段していますか? 掃除をしていない加湿器の場合、おそらく白いカルキがこびりついてい...

壁の掃除に重曹を使いたい!デイリーから大掃除まで。重曹大研究

壁の掃除も重曹におまかせ! 一般的な壁紙クロスなら、重曹スプレーで汚れを落とすことができます。...

鍋の焦げは重曹で綺麗に!ステンレス鍋の焦げを綺麗にする方法

ステンレスの鍋で料理をしているとき、うっかり鍋を焦げつかせてしまった経験がある人もいるのではないでし...

スポンサーリンク

網戸の掃除に最適な100均アイテムは「網戸洗い用スポンジ」

皆さんは掃除は得意なほうですか?
私は苦手です。特に窓ふきや網戸掃除は、なかなか億劫で、やり始めるまでにどうしても時間がかかってしまいます。

面倒な網戸掃除はどんなふうに行えば楽にできるのでしょう。

我が家では、網戸用のワイパーを使っているのですが、100均のアイテムでもできるなら、ぜひ試してみたいです。

そこでここでは網戸掃除ができる100均のアイテムをご紹介します。

100均には網戸洗い専用の商品があります。
これは、スポンジ部分に洗剤を含ませ、さらにそのスポンジを握って、表面のブラシで網戸の網目から汚れをかき出すという仕組みの商品です。

使い方は簡単です。スポンジに中性洗剤をつけて泡立て、網戸をこするだけなのです!

実際にやってみると、軽くなでただけで汚れが落ちていきます。

力を入れなくてもぐんぐん汚れが落ちていくので、網戸はあっという間にきれいになります。

汚れがひどい場合には、外側からも内側からもぜひ掃除してみてください。
両側からやると、さらにきれいになりますよ。

ワイパーも汚れが落ちていることがきちんと感じられるので、嫌いじゃないのですが、専用シートを買うのにもちょっとお値段がはります。100均のアイテムなら気軽に試すところから始められるのでおすすめです。

100均のマイクロファイバー布巾も網戸掃除に使えます

先ほど紹介した網戸洗い用スポンジ以外にもマイクロファイバー布巾もおすすめです。

マイクロファイバー布巾はどこの100均でも買うことができます。

お皿を拭いたり、ちょっとした食べこぼしを拭くのにもとても便利ですよね。

この布巾を2枚使って網戸掃除をしていくのです。
まずは布巾を水で濡らしてから、固く絞ります。
そして、布巾1枚ずつを表と裏から網戸を挟むようにセットします。
2枚同時に動かしながら網戸を拭いていきます。

布巾2枚を同時に使う掃除は、やったことがないという人が多いと思いますが、キレイになるとテレビでも紹介され、話題になっている掃除方法なので、ぜひ試してみてください。

100均アイテムを使う前に網戸についたホコリを新聞紙で取ろう

ここまで、100均のアイテムを使った網戸掃除の方法をご紹介してきましたが、もっと効果的に網戸掃除をするためにはコツがあるのでプラスして紹介しておきます。

実は、網戸の拭き掃除をする前に、新聞紙を使ってホコリをとっておいた方がさらにきれいに仕上がるのです。

新聞紙はどのご家庭にもありますよね。私は窓拭きにも利用していますが、網戸掃除にも利用できるなんで、ますます便利ですよね。

まず網戸の内側の掃除をする前には外側に新聞紙を貼り付けるのです。

できるだけ隙間なく新聞紙を網戸に貼り付けたら、あとは内側から掃除機をかけます。

ここで新聞紙の威力が発揮されます。

新聞紙があることで掃除機の吸引力が発揮され、表面についたほこりが良く取れるのです。

外側も同様に行ってください。

ちょっとしたひと手間で掃除の仕上がりが劇的に変わりますので、試さない手はありません。

かんたんに網戸の掃除ができる100均アイテムもあります

面倒に思っていた網戸掃除も、ご家庭にあるものをプラスすることで、簡単にできることがわかりました。

便利な網戸掃除アイテムも、ほかにも100均でそろえることができます。

さらに手軽に網戸を掃除したいのであれば、ミトンタイプの掃除アイテムもおすすめです。

ミトンタイプの掃除グッズはその名の通り、手袋のように手にはめて使います。

水を含ませて固く絞ってから、手にはめて網戸の表面をこするだけ。
表面のボア素材が網目につまったほこりをかきだしてくれます。

ただし、一点だけ注意があります。

内側を掃除するときは、ほこりはどんどん外に出していくことができますが、同じように、外側を掃除してしまうと、家の中にほこりが入ってしまうので、掃除をするときには窓をしっかりしめて行いましょう。

こちらもこれまで紹介してきたアイテム同様に、ただ撫でながら拭くだけで汚れがしっかり落ちていきますし、手が真っ黒に汚れるなんてこともありません。
また、洗って繰り返し使えるのも嬉しいですよね。

網戸掃除に向いている時期と理想の掃除頻度について

最後にここでは、網戸掃除に向いている時期とおすすめの掃除頻度についてご紹介します。

ちなみに私は年に数回程度です。

我が家はリビングが2階にあり、そこにベランダがあるため、常に大きな窓が目に入ります。余りにも汚れが目立ってきたら、重い腰を上げて掃除をするのですが、適切な頻度を私も知りたいものです。

網戸掃除のおすすめの時期と言えば、やはり屋外で作業しても苦痛にならない、極端に寒かったり暑かったりしない時期がおすすめです。具体的には春や秋がベストですが、花粉の飛散が少ない6~8月、11~2月もおすすめです。

雨が降った翌日や曇りの日を選びましょう。

空気が乾いたカラリと晴れた日はホコリが落ちにくいのであまりお勧めできません。

また網戸掃除の頻度というと、少なくても年に1、2回、多くでも3、4回で十分なようです。

我が家のやり方でちょうど良かったようです。

ということは、先ほどオススメした時期にしっかりと掃除をして、あとは気になったときに軽く掃除する程度でOKなようです。
これならそんなに苦痛にならずにできるのではないでしょうか。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事