【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できなくて悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

洋服の収納術にもいろいろありますが、おすすめなのはたたみかたを工夫することです。そうすることによって、収納力をアップさせることもできます。

今回はいろいろな洋服のたたみかたと収納のコツについて説明します。Tシャツだけではなく、スカートやスーツもたたんで収納することができるのです。

また、洋服は場所を決めてから収納することも大切です。使いやすい収納術を身につけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

便器の黒ずみはナゼできる?原因と対処方法をご紹介します

いつの間にかついてしまう便器の黒ずみ・・この黒ずみの原因はいったいなんでしょうか? 気になるこ...

箒掃除のコツ!掃除場所や箒の種類によって掃除方法も変わります

店頭には最新式の掃除機が並んでいますが、あえて箒での掃除をおすすめします。 コツさえつかめば掃...

【洋服の収納術】クローゼットを上手に活用するコツを教えます

クローゼットはあるのに、ただ洋服をかけているだけだともっと上手に収納したいと思うこともあるでしょう。...

雨戸の掃除を簡単にする方法と注意点について徹底解説

ホコリなどによって意外と汚れている雨戸ですが、掃除するとなると面倒に感じる人も多いのではないでしょう...

壁のヤニの落とし方は?効果的な洗剤と掃除方法・ポイントを解説

壁についてしまった厄介なヤニを、綺麗に掃除したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 ヤニ汚...

【バルコニー掃除のコツ】一戸建ての場合の掃除方法を徹底解説

バルコニー付きの一戸建てに住み始めたものの、いつの間にかバルコニーが汚れてしまっていませんか。 ...

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

【掃除のコツ】壁紙についた喫煙による黄ばみを落とすための方法

壁紙についてしまった黄ばみ。その原因は喫煙によるものが多いと言われています。 しかし、賃貸マン...

ベッドを処分する場合にかかる費用の相場と正しい処分方法

子供の成長によって古いベッドを処分しようと考えた場合、費用がとのくらいかかるのか気になる人の方が多い...

掃除が楽になるホコリ対策!ホコリを減らす方法と掃除のコツ

毎日部屋を掃除しているのに、なぜだか減らないホコリ。 ホコリを減らすためには、どのような対策が効果...

鍋の焦げは重曹で綺麗に!ステンレス鍋の焦げを綺麗にする方法

ステンレスの鍋で料理をしているとき、うっかり鍋を焦げつかせてしまった経験がある人もいるのではないでし...

掃除で面倒な床はモップで解決!モップの選び方、使い方のコツ

フローリングの床を掃除する時に役立つのが「モップ」です。 立ったまま床掃除ができますし、最近は様々...

クローゼットの収納術【一人暮らし】狭くても大丈夫!

クローゼットの収納術を身につければ、一人暮らしの狭い空間でも使い勝手がよく快適に過ごすことができます...

机を整理する収納術以外のアイデアを提案します

机の整理は必要ありません。 あなたの机にあるもので、毎日使うものだけを椅子の上にのせてみてくだ...

クリーナースタンドを手作りするポイントやオススメ簡単アイデア

クリーナースタンドを手作りすることはできないかとお悩みのあなた。 スティック型のコードレス掃除機を...

スポンサーリンク

基本の洋服収納術は「たたみかた」にあります

まずは服のたたみ方を見直してみよう

洋服は、長年の癖で無意識に服によってたたみ方を変えている人は多いのではないでしょうか。

例えば、上着なら四角くたたみ、ズボンなら折ってからたたむなど。

でも、きれいにたたんでタンスに収納しても、使っている内にタンスの中でぐちゃぐちゃになってしまうということもありませんか。

その原因は、取り出す時にあります。

服をたたんでタンスに入れる時、重ねて入れるだけでは、探している服が見つけにくく、「これじゃない、あれじゃない」と探しているうちに他の服がグチャグチャになってしまうのです。

このような時は、服のたたみ方を見直してみると、問題が解決する可能性があります。

タンスに収納されている服を取り出す場合、大切なことは服の見やすさです。

引き出しを開けた時に、服の面が上を向くように洋服は「立てて」収納しましょう。

こうすることで、目的の服がひと目で分かり、使い勝手が格段に良くなりますよ。

洋服を小さくたたむことも洋服収納術の一つです

Tシャツはくるくる巻いてコンパクトにたたむのが便利な収納術

いくらコンパクトと言っても、布の面積は変わらないんだから、そんなに変わらないのでは?と思った人もいるでしょう。

でも、次にご紹介するたたみ方は、本当にコンパクトになるたたみ方です。

ポイントは「くるくる巻き」です。

まず、Tシャツの裾を10cm程度めくります。
この部分が、最後Tシャツを入れ込む部分になります。

次に、両袖を中心まで折り、上からまっすぐにくるくると巻いていきます。

巻終わりを最初にめくった裾部分に入れると、きれいにたたむことができます。

裾で服を包む方法は、Tシャツ以外にズボンなどでもできます。

ズボンの場合は、片方に折りたたんだら、一番下になっている生地だけ残してまくることで、きれいに巻くことができます。

このたたみ方は、旅行へ行く時などにも荷物のスペースを減らせることができるので、便利ですよ。

ズボンもたたみかたを工夫すると立てて収納できます

洋服のたたみかたは基本同じで大きさを揃えよう

Tシャツなどは左右対象の形がほとんどなので、同じたたみ方にすれば、大きさを揃えることができますが、ズボンをたたむ時にネックとなるのが、お尻の部分です。

そのまま折ってたたむと、お尻の部分だけが出っ張ってしまうので、その分が邪魔になることもあります。

そこで、おすすめのズボンのたたみ方をご紹介します。

まず、ズボンを半分に折ったら、出っ張りの部分をまっすぐになるように内側に折りたたみます。

幅の広いワイドパンツなども、均一の太さになるように、他のズボンと合わせて内側に折込みましょう。

最終的には、同じ長方形の形になるようにズボンの種類に合わせて、3つ折りや4つ折りにして形を揃えるということがポイントです。

ズボンの収納はブックエンドを活用

たたんだズボンをタンスに収納するためには、折りたたんだ面を上に向けて立てて収納すると、きれいに収納できます。

ズボンのような面積が大きな物は、立てて収納する場合、スペースがあると倒れてしまうこともあります。

そこで、活躍するグッズが「ブックエンド」です。

ブックエンドをズボンの端に置くことで、引き出しに余裕があっても崩れる心配がありません。

他にも、カゴや仕切りを利用するのもおすすめです。

スカートやスーツにもたたみかたがあります

スカートのたたみ方

女性の場合、スカートをたたんでしまうと、シワがついてしまう心配があるので、ハンガーにかけて収納しているという人も多いのではないでしょうか。

でも、出張や旅行へ行く時などは、スカートをたたで入れる必要がありますよね。

スカートもポイントを押さえることで、たたんで収納することができます。

スカートをたたむ時、プリーツの入ったスカートは、プリーツを内側にしてたたむとプリーツにしわが入りません。

プリーツをきれいに整えたら、両端を内側に折り、上下に2つ折りすればきれいにたたむことができます。

スーツのたたみ方

出張先で使うスーツは、シワ厳禁。
できるだけ、きれいな状態でスーツを持って行かなくては行けないので、荷物の中でも気を遣う物ですよね。

スーツは、専用のガーメント等の収納袋を使う人も多いと思いますが、荷物が多いと、かさばってしまいます。

そこで、スーツをシワなくたたむ方法をご紹介します。

ポイントは、他の服をクッションにすることです。

ジャケットは、半身ごろになるように縦に半分に折り、肩パッドなどをしっかり整えます。

左右対称になるようにきれいに整えたら、身ごろを3つ折りにしますが、この時、ジャケットの間にたたんだ服を入れ、クッションにします。

こうすることによって、ジャケットにシワが入りにくくなり、きれいな状態で持ち運びすることができます。

【洋服収納術のまとめ】収納する場所を決めよう

洋服の賢い収納術は、「たたむ」ことと「吊るす」こと

「今日はあの服を着よう」と思って探しても、どこにしまったか思い出せないということはありませんか。

それは、服の定位置を自分の中で決めていないことが原因のひとつです。

服は、定位置を決め、バラバラに収納するのではなく、どこか1箇所にまとめて収納することが大切です。

服の収納の基本は、たたむか吊るすかのどちらかです。

たたんで収納すると、量を多く収納するというメリットがありますが、タンスの中にたたんだものを収納する場合は、服の場所を決めておかないと、どこにしまったのか分からなくなってしまうこともあります。

自分が着替える場所で、探しやすい位置に服を収納することがポイントです。

吊るす収納に向いている服は、丈が長い物やシワになる素材などです。

吊るして収納すると、目的の服が探しやすいというメリットがありますが、見やすい分、何も考えずに吊るしてしまうと、ゴチャゴチャして見えるため、服の長さや色合いによって分けるなど、見た目も考えて収納するのがおすすめですよ。

収納のコツカテゴリの最新記事