【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できなくて悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

洋服の収納術にもいろいろありますが、おすすめなのはたたみかたを工夫することです。そうすることによって、収納力をアップさせることもできます。

今回はいろいろな洋服のたたみかたと収納のコツについて説明します。Tシャツだけではなく、スカートやスーツもたたんで収納することができるのです。

また、洋服は場所を決めてから収納することも大切です。使いやすい収納術を身につけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガラス掃除に使うワイパー『スクイジー』を使うコツについて

ガラス掃除に使う、あのT字のワイパー、今『スクイジー』って呼ばれているそうです。 あなたの家に...

シンク下の片付けや収納に絶対おすすめの100均グッズをご紹介

キッチンのシンクの下には、すぐに取り出せるようにと何でも入れてしまっている人も多いでしょう。しかし、...

部屋が綺麗な女性は魅力的!部屋が綺麗な女性がモテる理由

部屋が綺麗な女性ほど男性を惹きつけ、仕事も恋もスムーズだという話。 部屋を片付けられない女性に...

ダニ対策できてる?畳はカラッと清潔に保ちましょう

ダニ対策の基本は『除湿』です。 ダニは湿気がこもっている場所が大好きです。 寝具はもちろ...

壁紙掃除は重曹を上手く使うことで簡単に汚れを落とせる!

年末の大掃除やアパートやマンションの退去時など、壁紙の掃除をして綺麗にしたいなら、重曹を使ってみては...

掃除をしよう!壁のクロスを掃除すると部屋全体がスッキリ

掃除の勉強。 壁を掃除する方法をレクチャーします。 掃除したい壁の『クロス』をチェックし...

家庭の書類の整理が苦手な人のために収納のコツを解説します

どんどん増えていくレシートや取扱説明書などの書類。あとでゆっくり整理して収納しようと思っていても、な...

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか? ...

掃除の頻度。どこまでを掃除とするの?主婦の家事について

掃除の頻度とか、掃除の時間とか、掃除の工程とか… 主婦(結婚している女性)なら、掃除をしないと...

掃除をして部屋を片付ける方法!まずは物を捨てる勇気をもとう

掃除が苦手で上手く片付けられないという人は、片付けの方法を知らないからです。 片付けの方法を知って...

【掃除のコツ】壁紙についた喫煙による黄ばみを落とすための方法

壁紙についてしまった黄ばみ。その原因は喫煙によるものが多いと言われています。 しかし、賃貸マン...

壁掃除はほこりを取ってから始めよう!簡単な掃除方法をご紹介

普段あまり掃除しない壁。しかし、気がつくとほこりがついていることも多いのではないでしょうか。 ...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

タンスの収納に役に立つおすすめ厳選アイデアをご紹介します

タンスにきれいに畳んだ洋服を収納しても、気がつくとぐちゃぐちゃになってしまうことはありませんか。 ...

大掃除を始める前の道具リストの作り方とコツを徹底解説

年に一度のイベント「大掃除」。今年は家族全員で行うという人も多いのではないでしょうか。 そこで...

スポンサーリンク

基本の洋服収納術は「たたみかた」にあります

まずは服のたたみ方を見直してみよう

洋服は、長年の癖で無意識に服によってたたみ方を変えている人は多いのではないでしょうか。

例えば、上着なら四角くたたみ、ズボンなら折ってからたたむなど。

でも、きれいにたたんでタンスに収納しても、使っている内にタンスの中でぐちゃぐちゃになってしまうということもありませんか。

その原因は、取り出す時にあります。

服をたたんでタンスに入れる時、重ねて入れるだけでは、探している服が見つけにくく、「これじゃない、あれじゃない」と探しているうちに他の服がグチャグチャになってしまうのです。

このような時は、服のたたみ方を見直してみると、問題が解決する可能性があります。

タンスに収納されている服を取り出す場合、大切なことは服の見やすさです。

引き出しを開けた時に、服の面が上を向くように洋服は「立てて」収納しましょう。

こうすることで、目的の服がひと目で分かり、使い勝手が格段に良くなりますよ。

洋服を小さくたたむことも洋服収納術の一つです

Tシャツはくるくる巻いてコンパクトにたたむのが便利な収納術

いくらコンパクトと言っても、布の面積は変わらないんだから、そんなに変わらないのでは?と思った人もいるでしょう。

でも、次にご紹介するたたみ方は、本当にコンパクトになるたたみ方です。

ポイントは「くるくる巻き」です。

まず、Tシャツの裾を10cm程度めくります。
この部分が、最後Tシャツを入れ込む部分になります。

次に、両袖を中心まで折り、上からまっすぐにくるくると巻いていきます。

巻終わりを最初にめくった裾部分に入れると、きれいにたたむことができます。

裾で服を包む方法は、Tシャツ以外にズボンなどでもできます。

ズボンの場合は、片方に折りたたんだら、一番下になっている生地だけ残してまくることで、きれいに巻くことができます。

このたたみ方は、旅行へ行く時などにも荷物のスペースを減らせることができるので、便利ですよ。

ズボンもたたみかたを工夫すると立てて収納できます

洋服のたたみかたは基本同じで大きさを揃えよう

Tシャツなどは左右対象の形がほとんどなので、同じたたみ方にすれば、大きさを揃えることができますが、ズボンをたたむ時にネックとなるのが、お尻の部分です。

そのまま折ってたたむと、お尻の部分だけが出っ張ってしまうので、その分が邪魔になることもあります。

そこで、おすすめのズボンのたたみ方をご紹介します。

まず、ズボンを半分に折ったら、出っ張りの部分をまっすぐになるように内側に折りたたみます。

幅の広いワイドパンツなども、均一の太さになるように、他のズボンと合わせて内側に折込みましょう。

最終的には、同じ長方形の形になるようにズボンの種類に合わせて、3つ折りや4つ折りにして形を揃えるということがポイントです。

ズボンの収納はブックエンドを活用

たたんだズボンをタンスに収納するためには、折りたたんだ面を上に向けて立てて収納すると、きれいに収納できます。

ズボンのような面積が大きな物は、立てて収納する場合、スペースがあると倒れてしまうこともあります。

そこで、活躍するグッズが「ブックエンド」です。

ブックエンドをズボンの端に置くことで、引き出しに余裕があっても崩れる心配がありません。

他にも、カゴや仕切りを利用するのもおすすめです。

スカートやスーツにもたたみかたがあります

スカートのたたみ方

女性の場合、スカートをたたんでしまうと、シワがついてしまう心配があるので、ハンガーにかけて収納しているという人も多いのではないでしょうか。

でも、出張や旅行へ行く時などは、スカートをたたで入れる必要がありますよね。

スカートもポイントを押さえることで、たたんで収納することができます。

スカートをたたむ時、プリーツの入ったスカートは、プリーツを内側にしてたたむとプリーツにしわが入りません。

プリーツをきれいに整えたら、両端を内側に折り、上下に2つ折りすればきれいにたたむことができます。

スーツのたたみ方

出張先で使うスーツは、シワ厳禁。
できるだけ、きれいな状態でスーツを持って行かなくては行けないので、荷物の中でも気を遣う物ですよね。

スーツは、専用のガーメント等の収納袋を使う人も多いと思いますが、荷物が多いと、かさばってしまいます。

そこで、スーツをシワなくたたむ方法をご紹介します。

ポイントは、他の服をクッションにすることです。

ジャケットは、半身ごろになるように縦に半分に折り、肩パッドなどをしっかり整えます。

左右対称になるようにきれいに整えたら、身ごろを3つ折りにしますが、この時、ジャケットの間にたたんだ服を入れ、クッションにします。

こうすることによって、ジャケットにシワが入りにくくなり、きれいな状態で持ち運びすることができます。

【洋服収納術のまとめ】収納する場所を決めよう

洋服の賢い収納術は、「たたむ」ことと「吊るす」こと

「今日はあの服を着よう」と思って探しても、どこにしまったか思い出せないということはありませんか。

それは、服の定位置を自分の中で決めていないことが原因のひとつです。

服は、定位置を決め、バラバラに収納するのではなく、どこか1箇所にまとめて収納することが大切です。

服の収納の基本は、たたむか吊るすかのどちらかです。

たたんで収納すると、量を多く収納するというメリットがありますが、タンスの中にたたんだものを収納する場合は、服の場所を決めておかないと、どこにしまったのか分からなくなってしまうこともあります。

自分が着替える場所で、探しやすい位置に服を収納することがポイントです。

吊るす収納に向いている服は、丈が長い物やシワになる素材などです。

吊るして収納すると、目的の服が探しやすいというメリットがありますが、見やすい分、何も考えずに吊るしてしまうと、ゴチャゴチャして見えるため、服の長さや色合いによって分けるなど、見た目も考えて収納するのがおすすめですよ。

収納のコツカテゴリの最新記事