クローゼットの収納におすすめの100均グッズを大特集

クローゼットの収納におすすめの100均グッズを大特集

100均には収納に便利なグッズもたくさん販売されていますが、クローゼットの収納にはどんなものが役に立つのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

今回はクローゼットの収納におすすめの100均グッズとそれらを使った収納方法について説明します。まずはグッズの種類と使い方について理解し、それから収納場所の大きさに合った100均グッズを購入するようすれば失敗することはありません。

また、収納する洋服の数が多すぎる人は、洋服の整理整頓も必要になります。その方法についてもご紹介します。参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おもちゃの収納をDIYしたい!年齢に合わせた片付け方を提案

増え続けるおもちゃ。 散らかるおもちゃ。 親が片付けやすい収納ではなく、子供が片付けやすい収...

タンスへの収納数がアップする洋服のたたみ方と収納術をご紹介

洋服がどんどん増えていくと、タンスに全部収納できなくなってくることもあるでしょう。 そんな時は...

コードの収納は壁をうまく使うのがコツ!そのアイデアをご紹介

部屋をすっきりと見せたいのに、どうしてもじゃまになるのがテレビなどのコードではないでしょうか。 ...

整理整頓のコツ!キッチンは使いやすさを考えてスッキリと収納

キッチンにはたくさんの物がありますよね。 調味料や食料品のストック、調理に使うアイテムも引き出しを...

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

洋服を収納するアイデア3つ。使いやすいタンスとクローゼット

洋服を収納する時のアイデアはたくさんあります。 ですから、今回は絶対におさえるべき3つの収納方...

【洋服収納のコツ】クローゼットは三段に分けて収納しよう

クローゼットはあるものの、なんとなく洋服をかけて使っているという人も多いのではないでしょうか? ...

おもちゃの収納をリビングでするときのアイディアとコツを紹介

おもちゃの収納をリビングでする時、親と子供のストレスがたまらないように工夫しなければなりません。 ...

冷蔵庫が劇的に使いやすくなる収納アイデアをご紹介します

買い物した後とりあえず冷蔵庫に収納すると、後でどこに入れたのかわからなくなってしまうということはあり...

おもちゃの収納ボックス。蓋付き?蓋なし?片付けやすいのは

おもちゃって、どんどん増えていきますよね。 キチンと、キレイに、しっかり分別して片付けられれば良い...

【洋服の収納術】衣装ケースを使ってたくさん収納するコツ

新しい洋服を見るとつい買ってしまうものの、どんどん増えていく洋服をどう収納していいのか悩む人も多いの...

クローゼットの収納術【一人暮らし】狭くても大丈夫!

クローゼットの収納術を身につければ、一人暮らしの狭い空間でも使い勝手がよく快適に過ごすことができます...

一人暮らしのお部屋を広く見せるコツとインテリアの配置方法

初めての一人暮らし。 狭い部屋でもおしゃれなインテリアで揃えたいですよね。 友達を招くもの楽しみ...

おもちゃ収納は100均グッズを組み合わせて使うことがポイント

子供のおもちゃはいつの間にかどんどん増えていってしまい、どうやって収納した方がいいのか悩むママも多い...

布や生地の収納アイデア!シワになりにくく見やすい収納方法

ハンドメイドが趣味という方は多いと思いますが、どんどん溜まっていく手芸の資材の収納にお困りの方はいま...

スポンサーリンク

クローゼットの収納におすすめの100均グッズを紹介します

収納が広い家であれば、自分の取りやすい場所に物を収納することができます。
しかし収納が限られたスペースしかない場合には物が溢れかえってしまい、収納ができないと言う状態になってしまうかもしれません。
その状態を防ぐためにクローゼット収納を増やす必要があります。
クローゼット収納を増築する訳にはいきませんので、100円ショップのグッズを使って収納する場所を増やしていきます。

クローゼットの中に収納ケースやタンスをそのまま入れてしまうと、逆に収納が少なくなってしまう場合があります。
また自分に適している棚の大きさがない場合には、収納ケースなどは不向きかもしれません。
そこで100円ショップのワイヤーネットが活躍します。
ワイヤーネットを結束バンドを使って固定させることで自分オリジナルの棚が作れるのです。
大きさも自分の好みに合わせることができますし、クローゼット収納に合わせたサイズにすることも可能です。

他にも突っ張り棒を利用して収納を増やすこともオススメです。
クローゼットに色々なものを収納していきますが、どうしてもデッドスペース存在します。
デッドスペース部分に突っ張り棒とワイヤーネットを使えば1つの棚が完成します。
普段使わないものをこの部分に収納することができます。

100均の書類ケースやプラスチックケースを収納に使う場合のコツ

自分で棚を作るなど面倒なことをせずにスッキリと収納させたい人もいるでしょう。
そのような場合、書類をまとめる時に使う書類ケースが活躍してくれます。
書類ケースには厚みがあるものや細みのものまで厚さや色が違う多くの種類があるでしょう。
そのどれが自分の収納に合うのかは実際にサイズを図らなければいけません。
クローゼットから少しはみ出てしまうと収納はスッキリと見えないでしょう。
そのようなことがないようにサイズを計ってから購入するようにしてください。
同じく購入の際のポイントになるのは、書類ケースは同じケースを選ぶようにすることです。
同じ種類のものにすることによって収納に統一感が出てスッキリとした印象になります。同じ種類の書類ケースになると、どこに何が入っているか分からなくなると思っている方は、目に付きやすい部分に何が入っているケースなのか明確化させるシールを貼り付けておきましょう。
シールがあることによって洋服選びの時間も短縮することができるかもしれません。

書類ケースは縦でも横でも自分のクローゼットの形に合わせて使うと良いでしょう。
例えば横に置くことによってシャツなどを畳んで入れることができますし、どのシャツがどこに収納されているのかを見分けることができます。

クローゼットに収納できない洋服は処分しよう

クローゼットを改めて良く見てみると最近着ていないと思う洋服があることがあります。
毎日見ていると気づきませんが、改めて自分がいつも着る洋服を調べてみると着る洋服の枚数が少ないことに気づくでしょう。
クローゼット収納には限られたスペースしかありません。
あまり着ていない洋服は処分したりリサイクルするなど考えた方がいいかもしれません。
年齡が上がってくると今まで着ていた洋服を着なくなったと言うことがあります。
また流行がくるかもしれないと洋服を取っておくことは、物を大事にしているという観点から言うと良いことかもしれません。
しかし3年を経過して一度も着ていない洋服は、一度今後も着るかどうかを判断しましょう。
もし着ないと言う洋服であれば処分やリサイクルを考えてもいいかもしれません。
今後着るかどうかを悩んでいる洋服であれば、ハンガーにかけてクローゼットに保管するのではなく衣装ケースに入れるなど別の場所に保管しておきましょう。
もし別の場所に保管して年月が経過した洋服であれば、無くても困らない洋服かもしれません。
その場合はまた処分するか悩んでみるとクローゼットの収納スペースは今まで以上に広くなるはずです。

クローゼットの正しい収納術とは

クローゼットに一から洋服などを収納する場合、多くの人が綺麗に収納したいと思うことでしょう。
しかし収納の方法を理解していないとデッドスペースが多くできてしまい無駄の多いクローゼットになってしまいます。
そこで注目したいのが収納する場所です。
クローゼット収納には基本的な考え方があります。
それはクローゼットの上、中、下の場所によって収納に適した物が違うのです。

クローゼットの上部分の収納術

クローゼットの上の部分は自分の身長よりも高い場合がほとんどで、取り出しにくいと感じたことはないでしょうか。
上の段に使用する回数が高いものを収納してしまうと、台に乗って物を取り出したり不便さを感じてしまいます。
クローゼットの上部分は使用する回数が低いものにしましょう。
例えば今の季節には着ない洋服やイベントに使うようなものがオススメです。
上の部分はほとんど使わないためホコリがついてしまう場合があります。
ホコリが収納している物についてしまうことを防ぐために、蓋のついた収納ケースがオススメです。

 

クローゼットの中部分

一番取り出しやすい部分のため、日常的によく使うものを収納します。
ワンピースなどのシワになりやすいものや、カーディガンやコートなどよく使うものを収納します。
収納のポイントは洋服の違う洋服をかける場合には長さに合わせてかけたり、長さが同じものは色でハンガーをかける位置を工夫するとスッキリとします。

 

クローゼットの下部分

クローゼットの下の収納は上の収納よりも手が届きやすいです。
そのためクローゼットの中段で収納できない洋服を収納するといいでしょう。

100均グッズを使ったクローゼット収納をおしゃれに見せるポイントとは

収納に便利なグッズを揃えたいと思っても出来るだけ安価で済ませたいと思う人もいます。
安価で済ませるためには100円ショップのグッズが必要不可欠です。
100円には見えない便利グッズが沢山あります。

便利なグッズは突っ張り棒です。
お店に行くと太さや長さに違いがありますので、どんな用途で使うのか、どんな場所に使うのかを予め決めておいて購入すると失敗しません。
クローゼット収納の中にはハンガーをかける場所がない場合もあります。
突っ張り棒をクローゼットに取り付けるだけで完成します。
ハンガーラックを購入するよりも安価に突っ張り棒を使えば、クローゼットにハンガーをかけることができるのです。

女性の場合洋服の中にスカートをお持ちの人も多いでしょう。
スカートをハンガーに全てかけていると場所を取ってしまいます。
そこでおすすめなのは数段になっているハンガーです。
2段のものや3段のものがあり、1つのハンガーに釣り下げる部分が数個あるのでクローゼットをスカートで占領することを防いでくれるのです。

このように収納に便利なグッズは多くありますが、可愛さを収納にプラスするためにはクローゼットに統一感をプラスしていきます。
例えばハンガーの色を揃えるとスッキリした印象にまとまります。
ハンガーにマスキングテープを貼り付けると個性的な自分だけのクローゼットになるでしょう。
ハンガーだけではなく、書類ケースを取り入れている場合には書類ケースにもマスキングテープを貼ることによって更に華やかな印象になります。

収納のコツカテゴリの最新記事