洋服の収納ケースでおすすめなのは頑丈で使い勝手のいいもの

洋服の収納ケースでおすすめなのは頑丈で使い勝手のいいもの

洋服の収納ケースはどんなものがおすすめなのでしょうか?持っている服や収納するスペースは人それぞれです。

あなたにとって一番いい収納ケースとは?一番売れているものが必ずしもあなたに合うものとは限りません。

どんなものをどのように収納するのがいいのかをまずは考えてみましょう。あなたに合う収納ケースがどのようなものなのかを見極めるコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

片付け、収納、整理整頓の正しい順番とやり方について徹底解説

物があふれている我が家をすっきりさせたいと思っている人は、話題になっている収納術を試したいと考えてい...

一人暮らしのお部屋を広く見せるコツとインテリアの配置方法

初めての一人暮らし。 狭い部屋でもおしゃれなインテリアで揃えたいですよね。 友達を招くもの楽しみ...

【洋服の収納術】クローゼットを上手に活用するコツを教えます

クローゼットはあるのに、ただ洋服をかけているだけだともっと上手に収納したいと思うこともあるでしょう。...

コードの収納は壁をうまく使うのがコツ!そのアイデアをご紹介

部屋をすっきりと見せたいのに、どうしてもじゃまになるのがテレビなどのコードではないでしょうか。 ...

冷蔵庫をスッキリさせる!収納をおしゃれで便利にするアイディア

冷蔵庫の扉を開けた時に、嬉しくなるようなおしゃれな収納空間を作りたい! 冷蔵庫内でも、温度差が...

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

片付け・収納のメソッドに共通して言えることとは

『片付け』たい! キレイに『収納』したい! モノがあるべき場所にあると、生活空間は散らかりま...

洋服の収納ケースを布製にするメリット・デメリットと選び方

洋服の収納ケースを、布製にするかプラスチックかにするかで悩んでいないでしょうか。子供が兄弟姉妹で上の...

クローゼット収納術!布団をクローゼットにしまうアイディア

クローゼットの収納術! かさばる布団を押し入れに収納する。 と、言っても今の家は押し入れがな...

洋服の収納はたたみ方を変えるだけで収納量がアップします

家族が多いと、洋服の数も多くて収納に悩む人も多いのではないでしょうか。 そんな時はたたみ方を工...

クローゼットの収納術!奥行きを徹底的に活用する裏技とは

奥行きがあるクローゼットだと、どうしても使いにくいと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。 ...

洋服を収納するアイデア3つ。使いやすいタンスとクローゼット

洋服を収納する時のアイデアはたくさんあります。 ですから、今回は絶対におさえるべき3つの収納方...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

部屋の片付けのコツ!スッキリきれいに片付く収納術

部屋の中がたくさんの物で溢れ、床やテーブルの上にはいつも物が出ている…。そんな方はいませんか? ...

おもちゃの収納ボックス。蓋付き?蓋なし?片付けやすいのは

おもちゃって、どんどん増えていきますよね。 キチンと、キレイに、しっかり分別して片付けられれば良い...

スポンサーリンク

このように収納ケースを買うのはおすすめしません

家にある洋服を片付けてクローゼットをスッキリさせたいと思っている方は、意外とたくさんいらっしゃいます。
ついつい流行りの洋服を買ってしまうことはあっても、意識していないと捨てることはほとんど無いのが洋服ですよね。
十何年も前の服が、片付けたら出てくるかも知れませんよ。実際、私のクローゼットの奥にも20年以上前のセーターが眠っていました。

クローゼットを整理する時には、収納についても考えますよね。そこで頭に浮かぶのが収納ケースです。
しかし、スッキリしたいあまりに衝動的に購入したり、できるだけ手頃値段で済ませたいと値段だけで決めてしまうと、あとで後悔することになってしまいます。

収納場所からはみ出してしまったり、入れたいものが入らなかったり、使い勝手が悪かったり…。
もしも毎日使うなら、こういったことはとてもストレスとなってしまいますよね。

収納ケースは一度購入すると、なかなか買い換える機会は巡ってきません。
ですから、収納ケースは慎重に選んでから購入するようにしましょう。

収納ケースでおすすめなのは?選び方について

クローゼットの収納ケースを選ぶ時には、まず自分のライフスタイルを思い出して、どの様に使いたいのか、どの様なクローゼットが必要なのかを明確にしましょう。

転勤や部屋替えなどで、収納ケースを別な場所に移動することがあるか?

  • 毎日使うのか、衣替えなど半年に一度などの低頻度なのか?
  • インテリア性は必要なのか?
  • 中身は見えた方が良いのか?
  • 収納する洋服は何なのか?

収納ケースを移動する予定がある場合におすすめなのは、1段タイプのスタッキング可能な収納ケースです。
汎用性を更に求めるなら、同じシリーズに2段や3段になっている収納ケースがあり、それらの商品ともスタッキング出来るケースがおすすめです。

できるだけ仕様が変わらない商品を選ぶこともポイントです。
「数年後に更に1段追加」ということが考えられるなら、全替えを回避するためにも仕様変更の少ないメーカーで選ぶと良いでしょう。

収納ケースの使用頻度はが高い場合には、使い心地も重要になります。
引き出しにくかったり、引き出しが抜けてしまうタイプは、やはりイラッとする時が出てきてしまいますよね。
レール付き、ストッパー付きにすればこれらは解消されます。
店頭で色々なメーカーの物を試してみると良いですよ。

ウォークインクローゼットなど、来客からは見られない場所に設置するなら、中身の見えるタイプもおすすめです。

どの引き出しに何が入っているのか一目瞭然ですし、畳んだ洋服を立てて前面から洋服の側面が見えるように収納すれば、パット見ただけでお気に入りの一枚を見つけることが出来るはずです。

来客者の目に触れるような場所に置くなら、もっとインテリア性が高く中の見えないタイプの方がおすすめです。

残念ながら、こういったことを考慮すると低価格で済ますというのは難しくなってきます。
しかし、一度買ったらなかなか買い換える機会が無いものですから、多少高くても納得の行くものを購入するほうがおすすめです。

収納ケースは洋服で分けるのがおすすめ!高さや奥行きを確認しましょう

洋服の収納ケースを選ぶ時には、デザインや使い勝手はもちろん重要ですが、サイズの確認も忘れないようにしましょう。
収納スペースに収まるタイプで無くては、残念なことになってしまいますよね。

一般的な収納ケースは、クローゼット用と押入れ用、他にリビングなどに設置できるタンス仕様の3タイプに別れていることが多い

クローゼット用は奥行55cm前後、押入れ用は70cm前後であることがほとんどです。
タンス仕様の場合の奥行は40cm前後でしょう。
商品によって多少誤差はありますが、クローゼットを置きたい場所を明確にすることで選びやすくなります。

また、高さも必ず確認しましょう。
クローゼットの場合にはあまり気にしない方も多いかも知れませんが、上部には洋服をかけて、床には収納ケースを置く場合、高すぎると洋服の裾にシワがよってしまいます。
些細なことですが、何年も続くと思うと意外とストレスですよね。

半分は高めにして、もう半分は低めにしたいというような時には、同じシリーズで揃えるのがおすすめです。
1段タイプと3段タイプをスタッキング出来たりする商品もあるので、上手に高さを調整してスペースを無駄なく使うことが出来ますよ。

洋服の収納ケースの上手な使い方とは

洋服の収納ケースを使いこなすには、洋服の入れ方が重要です。
収納ケースは引き出しタイプが多いので、重ねるように洋服を入れてしまうと、底の服は何十年も使われないことになってしまうかも知れません。

手持ちの洋服が見渡せるような収納がベスト、立てる収納がおすすめ

重ねるのは、ワンピースなどどうしても無理なものだけにしましょう。

立てる収納のためには、仕切りは必須です。
また、靴下は全て黒系だから選ぶ必要はないと言うような方は、仕切ったスペースに放り込むだけ良いのでとても使い勝手が良くなるはずです。

忘れがちなのは、収納ケースの上部です。
そのままにしておけばただの空きスペース、しかし、カゴをなどを活用すれば立派な収納スペースに変身します。

空いている空間を上手に活用すると、収納スペースを広げることができますよ。

洋服の収納は使いやすいが一番!あなたに合わせた収納方法を見つけてください

洋服の収納ケースを購入する時には、「これからはいつも綺麗に使おう!」と気持ちを新たに用意することでしょう。
そういう時には、たいてい綺麗に畳まれた洋服が整然と並んでいるような収納をイメージされている方が多いです。

しかし、実際にその想像どおりに生活出来ますか?

靴下などを細かく仕切って一つずつ収納する方法などを、よく目にします。ですが、正直なところ私には絶対に真似できない収納です。

不精な私は、整然と並べることより、収納の手間を極力省くことに力を注いでいます。
靴下などはどんな服装でも使えそうな物を買うようにして、仕切ったスペースに放り込むだけにしていますし、ハンガーにかけたままで問題のない洋服は、洗濯後もハンガーのまま収納しています。これは、不精な私でもストレス無く継続できる収納方法です。

この方法は私にとってはベストだと思っていますが、皆さんにとってもベストとは限りません。
収納スペースも違いますし、性格も違います。
きっと几帳面な方が私のクローゼットを見たら卒倒してしまうでしょう。

収納方法は、「これだけが正解」というものはありません。
ですから、自分のライフスタイルや性格、収納スペースにあわせて、最もストレス無く継続できる収納方法を模索してみてくださいね。

収納のコツカテゴリの最新記事