【クローゼット収納術】バッグは立てて上手に収納しよう

【クローゼット収納術】バッグは立てて上手に収納しよう

通勤用バッグやトートバッグなどバッグも数が増えてくると置き場所に困ることもあるでしょう。

収納する場所としてはクローゼットが一番なのですが、洋服と一緒にどのように収納すればいいのかよくわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解決するために、今回はバッグのクローゼット収納術をご紹介します。これを読んでいただければ、すっきりと収納することができるでしょう。

また、収納する前にバッグの整理をすることも大切です。使っていないバッグがないかどうかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

レンジ掃除にみかんの皮が効果的な理由とそのやり方をご紹介

レンジ庫内についた頑固な油汚れ。なかなか取れないと悩む人が多いのではないでしょうか。 そんな時...

シンク下の片付けや収納に絶対おすすめの100均グッズをご紹介

キッチンのシンクの下には、すぐに取り出せるようにと何でも入れてしまっている人も多いでしょう。しかし、...

鏡の掃除を簡単に!汚れの種類に合わせた掃除で簡単に鏡の掃除を

「鏡についた手垢や水垢汚れを綺麗に掃除したい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。簡単に掃除...

掃除で面倒な床はモップで解決!モップの選び方、使い方のコツ

フローリングの床を掃除する時に役立つのが「モップ」です。 立ったまま床掃除ができますし、最近は様々...

部屋を片付けるコツ!片付けが苦手な人でも上手に片付をする方法

部屋の片付けが苦手で、いつも部屋が散らかっている人もいるのではないでしょうか。そんな片付け下手の人で...

冷蔵庫の収納におすすめの100均グッズとその使い方を徹底解説

冷蔵庫の中がいつもぐちゃぐちゃになっていると、どこに何があるかわからず使いにくくなってしまっているの...

ほうきと掃除機どっちをメインにするかで迷っている方へのヒント

最近注目されている、ほうきを使ったお掃除生活。 気にはなっていても、掃除機を使い慣れている人に...

お風呂の洗剤がなくても代用できるものとその掃除方法

お風呂の掃除をしようと思った時に専用の洗剤を切らしていることに気づくと、掃除することをあきらめてしま...

洋服の収納ケースを布製にするメリット・デメリットと選び方

洋服の収納ケースを、布製にするかプラスチックかにするかで悩んでいないでしょうか。子供が兄弟姉妹で上の...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

部屋の換気時間はどのくらい?換気時間と正しい換気の方法

部屋の換気をしようと思っても、寒い冬場はあまり長い時間窓を開けておきたくないものです。 換気の効果...

クロスの掃除には【セスキ】正しい掃除方法について解説します

いろいろな場所の掃除に使えるエコな洗剤「セスキ」ですが、クロスについた汚れにも効果的です。 中...

風呂の水垢掃除【床編】お風呂の床の水垢はクエン酸で綺麗に掃除

お風呂の床の水垢汚れがなかなか綺麗にならないことにお悩みの方もいるのではないでしょうか。お風呂の床に...

玄関の掃除には新聞紙が使える。掃除の仕方や画期的な使い方

この前掃除したばかりなのに、もう汚れていると感じるのが玄関ではないでしょうか。 玄関はドロ汚れがあ...

スポンサーリンク

【クローゼット収納術】バッグを収納する場合のコツを教えます

衣類は畳んでコンパクトに収納することができますが、バッグは型崩れしてしまうので、畳むことが出来ず、収納する時に場所を取りますよね。

そして、通勤時や普段の買い物など、使用シーンごとに使うバッグをたくさん持っている人は、バッグの収納に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

バッグは壁にフックでおしゃれに収納

毎日使うバッグはクローゼットよりも、壁にフックを取り付けてすぐ取れるように収納することがおすすめです。

玄関に近いスペースに壁面収納を作ると、便利ですね。

ポイントは、よく使うバッグだけにするということです。

たくさんのバッグをかけてしまうと、取り出しにくく、見た目も良くありません。

お店のインテリアのように、見せる収納を心がけましょう。

一緒に、インテリアグリーンなどを飾っても素敵です。

賃貸物件などで壁に穴をあけたくなければ、突っ張り棒などを上手く使い、棚を取り付けたり、穴がたくさんあいた有孔ボードを使い、フックをつけることもできます。

バッグ収納のために、クローゼットの隙間を有効活用しよう

バッグを収納するにはクローゼットの棚を利用

クローゼットに備え付けの棚があれば、そこにバッグを立てて収納にすると、バッグも型崩れせず、取り出しやすくて便利です。

クローゼットに棚がない場合や、棚をすでに別の収納に使っている場合は、S字フックを使ってバッグを吊り下げて収納しましょう。

クローゼットの両端の壁も、フックを使えばバッグをかける場所として有効に利用できます。

革製のバッグは傷つかないように収納

革でできたバッグは、爪で引っ掻いたり、物同士でこすれると傷が付きやすいので、傷防止のために、布製のボックスを使い、収納すると便利です。

隙間にオープンラックを使う

キャスター付きのオープンラックをクローゼットの隙間に使って、バッグの収納場所にするのもおすすめです。

棚の高さを自分で変えることができるラックにすれば、手持ちのバッグの大きさによって高さを自在に変えることができます。

バッグの型崩れを防ぐための収納術とは

毎日使うバッグは収納ボックスにイン

普段よく使うバッグは、クローゼットからいちいち取り出すよりも、すぐに取り出せる場所にあることがベストですよね。

そんな時には、インテリアに合った収納ボックスを使い、帰宅したらバッグはそこへ入れるだけにしておく方法もおすすめですよ。

バッグを床に直置きすると、片付いていないイメージですが、収納ボックスに入れるだけでインテリアに馴染みますし、片付ける際もボックスをしまうだけなので楽で、部屋もキレイに見えます。

自立しないバッグはブックエンドを活用

布製のトートバッグや小さめのバッグなどは、そのまま置いても自立しないので、クタッと倒れてしまいます。
バッグの間にブックエンドを入れるだけで、ブックエンドが支えになり、バッグの形をそのままにしっかり収納することができます。

書類整理に使うファイルボックスや仕切りスタンドをバッグの収納に

幅広タイプのファイルボックスやアクリルタイプの仕切りスタンドを並べて、バッグ収納に使うこともできます。
中身が見えるので、取り出しやすく、便利です。

収納する前に、バッグの整理をしよう

バッグにも寿命があります

これからバッグの収納をしたいと考えている人は、まず今持っているバッグを見直してみましょう。

何十個もバッグがある人は、その中で使うバッグと使っていないバッグを仕分けてみてください。

意外と存在を忘れていたり、同じようなバッグがいくつもあったり、カビやシミがあるバッグなどもあるかもしれません。

どんなバッグにも寿命はあるので、この際不要なバッグは処分して、自分が適量と考える数に減らしてみることをおすすめします。

女性が持っているバッグの数は10個前後が平均のようです。

もし捨てるかどうか迷うバッグがあれば、一度写真に撮り、時間を置いてから改めて必要かどうかを決めてみるのも良いでしょう。

バッグを自分の必要数に整理することが出来たら、バッグを収納しましょう。

【バッグのおすすめ収納術】使用頻度の高いバッグはクローゼットの壁にかけよう

バッグの収納にはクローゼットの壁をうまく使おう

バッグは手に持ったり、型にかけて使うものなので、置いて収納するよりも吊り下げて収納する方がバッグには適した収納です。

置いて収納する際には、どうしても場所をとってしまいますし、そのまま置いておくと型崩れしてしまう可能性があります。

そこで、「壁」を使ってバッグを収納してみることをおすすめします。

バッグを複数個かけるなら、バッグの重さに耐えられるように太めのフックを使いましょう。

長さのある板にフックを取り付けると、たくさんのバッグを並べてかけることができますよ。

よく使うバッグは、壁にかけておくことで使用する時に取り出しやすく便利です。

バッグを見せる収納にする

壁に、フックを縦に取り付け、バッグ同士が重ならないように縦に取り付けることでインテリアにもなる収納にすることができます。

ブランドのバッグやお気に入りのバッグをかけたり、色ごとに並べるのもおすすめです

収納のコツカテゴリの最新記事