大掃除の窓拭きは簡単に済ませる事が出来るやり方とアイテム

大掃除の窓拭きは簡単に済ませる事が出来るやり方とアイテム

大掃除する場所リストには、窓の掃除も入っていますか?

窓が何枚もあったり、大きな窓の場合はちょっと面倒になってしまいますし、寒い季節の窓掃除は何とか手早く簡単に済ませたいものです。

そこで今回は簡単な窓掃除の方法を紹介します。
窓用の洗剤を使わないエコな方法があります。家庭にある物を使って綺麗にする方法や手順をご覧ください。

新聞紙などがない場合には便利な掃除道具を使うのはいかがでしょう。
一発で水をしっかりと掻き取ってくれる簡単で便利な道具も紹介します。
我が家もこの道具を使って、外側の窓の汚れを一気に落としています。

また窓掃除の時のポイントも確認しておくことをオススメします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

机を整理して仕事の効アップ!会社のデスクを整理整頓する方法

あなたの会社の机が散らかっているのなら、きちんと整理をしましょう。整理整頓されている机だと、仕事の効...

床掃除はスチームクリーナーにお任せ!汚れを浮かせてピカピカに

大掃除を前に床掃除で困っていませんか?その悩みを解決するのが「スチームクリーナー」です。 スチ...

掃除を毎日続けることで得られる効果と続けるためのコツを解説

部屋はきれいにしておきたいと思ってはいても、毎日の掃除は面倒だと思っている人の方が多いでしょう。 ...

部屋がカビ臭いのを消臭する方法やコツと臭わせない予防対策

部屋がカビ臭いときはまずはその臭いを消臭する方法を考えるでしょう。しかし、部屋のカビの臭いを消臭する...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

風呂の大掃除をするのに必要な洗剤、道具について

風呂の大掃除に必要な洗剤や道具を紹介します。 浴室のパーツ別で汚れが違います。 お風呂場の掃...

洋服の収納術!タンスに収納する時のコツを知って収納上手に

「たくさんある洋服をうまくタンスに収納したい!」こんなお悩みを抱えている人もいますよね。 収納術が...

居間を掃除する方法。散らからず掃除しやすい空間を作る仕組み

居間の掃除ってやってもやっても、散らかるし、汚れるんですよね。 だから、声を大にして言います。...

掃除のやり方。壁紙についたヤニの落とし方と有効な洗剤と注意点

自宅で喫煙する方がいる場合は、壁や家具にヤニがつくことが気になりませんか? 特に白い壁の場合は...

庭の草むしりを簡単にしたい!草むしりのコツややり方を解説

庭に生えた雑草の草むしりを簡単に済ませる方法はないか、頭を悩ませている人もいますよね。 特に忙しく...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

リモコン掃除は裏技を使ってキレイにしよう!やり方とコツを解説

毎日使っているテレビなどのリモコン。気がつくと、チャンネルボタンの隙間にゴミなどが入っていたり、手垢...

マウスを掃除!手垢を簡単綺麗に落とす方法と掃除する際の注意点

パソコンのマウスにこびりついた手垢。 掃除をして綺麗にしたいものですが、マウスも精密機械ですし、ど...

玄関のインテリアの邪魔にならない!掃除道具の収納方法

玄関の掃除道具は玄関にあると、汚れに気がついた時にすぐに掃除ができて便利ですよね。 しかし掃除...

まな板漂白する時は大きな袋を用意!袋を使った漂白方法とコツ

まな板全体を漂白したい時は、まな板がすっぽり入る袋1つあれば大丈夫! 大きなバケツは必要ありません...

スポンサーリンク

大掃除の窓拭きは新聞紙だけで簡単キレイ

窓の掃除はなかなか日常的には出来ず、大掃除のときにようやくという家庭も少なくはないようです。

他の部分の比べると汚れが気になりにくいという理由もあるようですが、やはり窓にも汚れは蓄積されています。
窓が綺麗になると、陽の光が今まで以上に差し込んで、部屋の中が明るくなります。

簡単に窓を大掃除していきましょう。

まずは新聞紙を使った掃除を紹介していきます。

新聞紙があれば掃除を始めることが出来、終わった新聞紙は処分するだけなので、洗ったりする手間もかかりません。

  1. 新聞紙を見開き半分くらいの大きさに切ります。
  2. あとはひたすらぐしゃぐしゃに丸めて、掃除用の新聞紙を用意しておきます。
  3. 丸めた新聞紙に水分を含ませ、上側から下に向かって磨いていきます。
  4. 乾いている新聞紙ですぐに水分を拭き取るように乾拭きすると、跡も残らずツヤも出ます。

洗剤を使わないので、小さなお子さんがいる家庭でも安心して掃除が出来るのでおすすめです。

窓の大掃除には使い古しのストッキングで簡単掃除

窓の大掃除には、他にも家庭にあるもので洗剤を使わずに行うことが出来ます。
それはストッキングを使った掃除です。

女性用のストッキングは、穴が開いたらすぐに処分するというケースがほとんどでしょう。
特に残しておく理由もありませんからね。

しかし、そんな使い古したストッキングで、窓の大掃除をすることが出来るのです。

ストッキングは静電気が発生しやすく、そのため細かなホコリを吸着してくれる働きがあります。
まるでモップのような働きをしてくれます。

そのまま拭き取るように掃除してもいいですし、少し手間を加えてはたきのような形を作れば、窓以外のホコリの気になる場所にも使うことが出来ます。

これからは使い古したストッキングを捨てずに、掃除の道具の仲間入りをさせてみて下さい。

窓の面倒な大掃除も道具を使えば簡単一発

使う道具によっても、窓の大掃除を簡単にしてくれるものがあります。

窓の掃除アイテム【スクイジー】

面倒な水拭きと乾拭きを同時に叶えてくれる道具です。

水や洗剤を窓に吹きかけ、あとはスクイジーを上から下に滑らせていきます。
水分と汚れを一緒に集め、スクイジーをかけた場所は水分が残っていないので乾拭きをする手間もありません。
跡が残る心配もありませんね。

窓の大掃除だけではなく、結露を除去するときにもタオルで拭くより簡単に綺麗になります。

拭き取った水分を本体の中に溜められるタイプや、吸引してくれるタイプもあるようなので、最後の拭き取りの手間も楽に出来そうです。

大掃除の窓掃除の順番と仕上げのコツ

一生懸命に窓の掃除をしても、順番が正しくなければせっかくの努力も台無しになってしまいます。
掃除の順番やコツについて見てみましょう。

まず掃除をする順番ですが、窓掃除というだけあって、先に窓から掃除をしたくなります。
しかし、それは正しい順番ではありません。

正しくは最初に網戸を掃除して、その後に窓を掃除していきます。
先に窓の掃除をすると、せっかく綺麗になった窓に網戸の汚れやホコリが付いてしまいます。

網戸を掃除するときは、使い古したストッキングやスポンジを滑らすようにして拭いていきます。
力を入れると網戸が傷んでしまうので、滑らせるような気持ちで掃除して下さい。

また掃除は一気に仕上げたくなりますが、やはり丁寧に行った方が綺麗にもなり、むしろ早く終わらせることもあります。
一気に終わらせようとして、結局またやり直す場所が出てきては意味がありません。

ですから窓を掃除するときは、一気にではなく一枚一枚拭いていきましょう。

一枚ずつ掃除をした方が、浮き出た汚れをすぐに拭き取ることが出来ますし、水滴の跡も残さずに済みます。

全ての窓を水拭きして、その後に一気に乾拭きしようとしても、そのときには水分が蒸発して跡だけが残ってしまいます。
跡になると意外と落ちなかったりもするので、手間と労力が必要になってしまうこともあります。

綺麗に窓を掃除するには、一枚一枚丁寧にを心がけましょう。

窓の掃除は定期的に。周辺の掃除も忘れずに

定期的に窓の掃除をすることが出来たら、それが理想的ですよね。
いつも綺麗な窓から陽が差し込んできて、部屋の中が明るく感じるはずです。

しかし、こまめに窓の掃除をしているという人は、どのくらいいるでしょう。
ついつい後回しにしてしまい、年に一度の大掃除のときに掃除をするという人も多いでしょう。

面倒になって後回しにしてしまう気持ちはわかります。
ですが、定期的に普段から掃除をしていた方が汚れも頑固になりにくく、むしろ毎回の掃除が楽になります。

数ヶ月に一度、年間にしたら数回の掃除の手間が大切です。

窓の掃除をするなら、窓周辺も一緒に綺麗にしておきたいですね。
カーテンレールやサッシも汚れの溜まる場所です。

窓を綺麗に掃除しても、他の場所に汚れが溜まっていると結局窓にも汚れが付いてしまいます。

カーテンや網戸など、窓との距離が近い部分も同じタイミングで掃除することが出来たらいいですよ。

夏は早く乾きますし、水仕事も無理なく出来るでしょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事