便器の黄ばみが取れない時に試してほしい簡単除去方法と予防方法

便器の黄ばみが取れない時に試してほしい簡単除去方法と予防方法

便器の黄ばみが取れない!頑固な黄ばみを除去してキレイな便器で新年を迎えたい!
そんな悩みありませんか?

いつもの掃除だけでは黄ばみが取り除けず、見て見ぬふりをしていても、どうにかして黄ばみを取り除きたいと思うのではないでしょうか。

まずは、黄ばみの正体や黄ばみができてしまうメカニズムを知りましょう。
敵を倒すには、敵を知ることが大切だということです。

なかなか取れない便器の黄ばみの原因、除去方法、予防方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋がカビ臭いときに対処する方法と予防対策でスッキリ快適に

部屋がカビ臭いとき対処するなら、まずは部屋の窓を開けて換気をするようにしましょう。 カビ臭い原因は...

オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除で困ってしまうのが、レンジ内の焦げつきです。 特に長年放置してしまった焦げはちょっとや...

下水臭いアパートをなんとかしたい!臭いの原因と対処法

結婚を機に二人で住むアパートを選びに選んだのに、いつもどこからともなく下水の臭いが漂うのはとても不快...

雨戸の掃除を簡単にする方法と注意点について徹底解説

ホコリなどによって意外と汚れている雨戸ですが、掃除するとなると面倒に感じる人も多いのではないでしょう...

階段の基本的な掃除の仕方とコツを覚えてピカピカにしましょう

毎日上り下りする階段ですが、毎日掃除するという人は少ないのではないでしょうか。 しかし、階段は...

網戸掃除に100均アイテムを使えば簡単にきれいになります

窓ガラスだけではなく、網戸も掃除した方がいいと聞いても何を使ってどのように掃除してよいのかわからない...

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか? ...

タンスへの収納数がアップする洋服のたたみ方と収納術をご紹介

洋服がどんどん増えていくと、タンスに全部収納できなくなってくることもあるでしょう。 そんな時は...

カーペット向きの掃除機って?おすすめと見分け方について

カーペット向きの掃除機って、どんなタイプなのでしょうか? おすすめはキャニスター型?それともス...

風呂の水垢を綺麗に掃除!お風呂をピカピカにする掃除方法を解説

風呂の中の代表的な汚れが「水垢」です。綺麗に掃除をして、お風呂場を衛生的に保ちたいと考えている人もた...

部屋がカビ臭いと感じた時にできる簡単な掃除方法や対策

外から帰ってきたときなど、家のリビングや自分の部屋に入ると、なんだかカビ臭い?と感じることはありませ...

風呂のブラシの収納の仕方はこれで解決。いつまでも清潔で長持ち

毎日使うお風呂の掃除ブラシ。どんな収納の仕方をしていますか? 床や棚の上にポンと置いた状態で、いつ...

窓の掃除で使う洗剤。内側と外側の汚れの違いと掃除方法について

窓の掃除にはどんな洗剤を使うとよいのでしょうか? 窓ガラスは、室内と外側で汚れが違います。 ...

照明の掃除。簡単に掃除する方法から念入りに掃除する方法まで

照明器具や電球、蛍光灯などを掃除する方法をご紹介します。 照明器具は、高いところにありますから...

【ホワイトボード掃除方法】しつこい汚れを取るコツをご紹介

ホワイトボードを使い続けていると、文字がきれいに消えなくなってまた新しく買い替えるという人も多いので...

スポンサーリンク

便器の黄ばみが取れない!黄ばみができてしまうメカニズム

家事の一貫として、便器のお掃除があります。便器の黄ばみって中々取れなくて、困っている方もいますよね。

そんなあなたの悩み、便器の黄ばみですが、もともと、どうしてそんな黄ばみができてしまうのか、そのメカニズムについてみていきたいと思います。

尿の中には、アンモニアが含まれています。そのアンモニアが増えていき、ph8以上になった時点で、カルシウムとして固まり、尿石が出来上がります。

この尿石が頑固になればなるほど、掃除が大変になってしまいます。また、この尿石を放置すればするほど、こびりついた汚れを落とす事が難しくなってきます。

便器の黄ばみを見つけ次第、すぐにとること、こまめに掃除していくことが、便器の黄ばみを上手に簡単に掃除する方法になってきます。あまりしつこい黄ばみになってしまうと、自分ではとれなくなってしまうので、黄ばみが浅い内にしっかりと掃除していきましょう。

プロも実践する、便器の黄ばみを除去する方法

便器の黄ばみは、しつこくなってしまうと、プロに頼んでとって貰うレベルになってしまいます。そこで、そんなしつこい黄ばみを、どうやって効果的にプロの方々はとっていくことができるのか、知りたいと思いませんか?

酸性の洗剤を使用して便器の黄ばみを除去

黄ばみは、元々はアルカリ性の汚れになります。このアルカリ性の汚れは、酸性の洗剤を使用すると、上手に落とすことができます。

また、お酢と重曹を合わせて使用しても、便器の黄ばみを簡単に落とすことができます。これが、プロも実践している便器の黄ばみをとる方法なので、しつこい便器の黄ばみには酸性の洗剤を使用していきましょう。

重曹とクエン酸を利用して黄ばみをとる

酸性の洗剤以外でも、重曹とクエン酸を利用して便器の黄ばみをとっていくこともできます。酸性の洗剤は苦手という方は、こちらを試してみて下さい。

なかなか取れない便器の黄ばみを掃除する際のポイントと注意点

便器の黄ばみが中々とれないものはどうやってとっていったら良いのでしょうか。

洗剤の濃度を濃くする為、掃除の前には水を止める

掃除をする前ですが、あまりトイレの中に水があると、洗剤を入れたとしても、薄くなってしまい、効果を発揮することができません。

その為、必要な作業は、止水栓を閉めることになります。止水栓を閉めて、水の出入りをなくして、水の量を調節していきましょう。

洗剤は混ぜないこと

それぞれの洗剤にも注意書きとして書かれていますが、洗剤は基本、混ぜてはいけません。そう記載されている洗剤ですが、使用したいとしても、一緒に使用することはせずに、別々の日に使用していきましょう。洗剤を混ぜることにより、場合によっては、塩素ガスが発生してしまうのに、絶対に混ぜることは避けて下さい。

黄ばみが取れないからと便器をやすりやたわしで削るのは最終手段

便器の黄ばみもしつこすぎると、どんな洗剤を使っても便器の黄ばみが取れない状態になってきます。そうすると、便器の黄ばみを取るのにやすりやたわしを使用して便器の黄ばみを取ろうとする人がいますが、それをするのは、まず避けて下さい。

その理由ですが、黄ばみが付着している部分にやすりやたわしを使用してしまうと、その部分に傷ができてしまい、その傷の部分にカビや雑菌が入ってしまい、黄ばみがよりしつこいものになってしまいます。

ただでさえしつこい汚れなのにも関わらず、よりしつこい汚れになってしまうので、便器の黄ばみですが、やすりやたわしで落とそうとはせずに、まずは別の方法で落とすことを考えましょう。

上記で説明した通り、まずは酸性の洗剤、または重曹やクエン酸の洗剤を利用して様子をみましょう。始めから便器に傷をつける方法で掃除をするのはやめましょう。

便器に黄ばみをつけさせないためには

主婦の方であったり、一人暮らしの方でも、トイレの掃除は中々気が向かなくて、後回しにしてしまい、気づいてみたら、結構便器の黄ばみがひどくなってしまうことってありますよね。

綺麗に掃除をした後、この綺麗さを維持したい、便器の黄ばみを予防して、できるだけトイレを掃除する回数を減らして、楽ができる方法があれば、知りたいですよね。

便器掃除にクエン酸を利用する

400mlの水にクエン酸を混ぜて、便器の黄ばみにスプレーしていきます。そして、ブラシで拭いていき、水で流していけば完了になります。

予防できる洗剤を選んでいく

市販品の中で、便器の黄ばみを予防できるものもあります。それらの商品を購入するのも、黄ばみを予防することになるので、あなたの便器を掃除する回数が減ってきます。「尿石防止剤」などがあるので、使用してみるのも良いかもしれませんね。

放っておくと頑固な汚れになってしまう便器の黄ばみですが、どうやってその黄ばみが出きてしまうのか、どんな洗剤を使うとより簡単に便器の掃除ができてしまうのかをみてきましたが、参考になるものはありましたか?掃除をする前に、洗剤の効果を薄くしない為にも、水の量を減らすこと、他の洗剤とは絶対に混ぜない方が良いことについても触れてきました。頑固な汚れほど、たわしなどを使って汚れを落とそうとすると思いますが、便器を傷をつけてしまい、その部分にカビが生える可能性があるので、他の手段を選んで便器の黄ばみを除去していって下さいね。適切な掃除方法を選んでいきましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事