便器の黄ばみが取れない時に試してほしい簡単除去方法と予防方法

便器の黄ばみが取れない時に試してほしい簡単除去方法と予防方法

便器の黄ばみが取れない!頑固な黄ばみを除去してキレイな便器で新年を迎えたい!
そんな悩みありませんか?

いつもの掃除だけでは黄ばみが取り除けず、見て見ぬふりをしていても、どうにかして黄ばみを取り除きたいと思うのではないでしょうか。

まずは、黄ばみの正体や黄ばみができてしまうメカニズムを知りましょう。
敵を倒すには、敵を知ることが大切だということです。

なかなか取れない便器の黄ばみの原因、除去方法、予防方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

片付けベタでもすっきり収納できる方法!キッチンの収納ルール

キッチンにはたくさんのものがあり、収納にお困りの方も多いと思います。キッチンの限られたスペースを有効...

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

デスクの整理整頓におすすめのグッズと収納のコツを教えます

毎日仕事に追われていると、デスクの上や引き出しの中を整理整頓をする時間もないという人も多いのではない...

部屋にある換気扇の掃除。キッチン以外の換気システムについて

部屋の換気扇。 換気システムや換気口・排気口、意識していなかったけれど、数えると結構な数あります。...

部屋の壁紙にカビが生えた時の掃除方法とカビの除菌・予防方法

部屋の壁紙にカビが生えてしいまったら、健康面や衛生面が気になってしまうものです。 綺麗に掃除をして...

浴槽のカビの落とし方で大切なのは?やり方と予防方法をご紹介

浴槽のカビを掃除するのは大変ですよね。しかし、一度気になってしまうとお風呂に入るたびに掃除をしていな...

レンジの掃除はセスキにおまかせ!セスキでの掃除方法とメリット

電子レンジの中の汚れを綺麗に掃除したい時は、セスキ炭酸ソーダを使った掃除がおすすめです。 電子...

壁のヤニの落とし方は?効果的な洗剤と掃除方法・ポイントを解説

壁についてしまった厄介なヤニを、綺麗に掃除したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 ヤニ汚...

掃除頻度で悩む共働き夫婦へアドバイス!平日のサッと掃除がコツ

子供が小学校へ上がったタイミングで働きに出る女性も多いですが、共働きとなった今でも夫が全く掃除を手伝...

おもちゃ収納は100均グッズを組み合わせて使うことがポイント

子供のおもちゃはいつの間にかどんどん増えていってしまい、どうやって収納した方がいいのか悩むママも多い...

シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口は掃除しないとぬめりができてしまい、触りたくないと考える人も多いでしょう。 しか...

部屋の換気時間はどのくらい?換気時間と正しい換気の方法

部屋の換気をしようと思っても、寒い冬場はあまり長い時間窓を開けておきたくないものです。 換気の効果...

部屋の臭いを消す芳香剤は置き場所がポイント!芳香剤選びのコツ

気になる部屋の臭いを今すぐ消したい!そんな時に効果的なのが「芳香剤」です。 最近は店頭に色々な...

五徳掃除に適した洗剤とは?洗剤を使い分けていつも綺麗に!

キッチン掃除で手を付けたくない箇所のひとつに「五徳」があります。 五徳を掃除する時は、汚れ具合によ...

スポンサーリンク

便器の黄ばみが取れない!黄ばみができてしまうメカニズム

家事の一貫として、便器のお掃除があります。便器の黄ばみって中々取れなくて、困っている方もいますよね。

そんなあなたの悩み、便器の黄ばみですが、もともと、どうしてそんな黄ばみができてしまうのか、そのメカニズムについてみていきたいと思います。

尿の中には、アンモニアが含まれています。そのアンモニアが増えていき、ph8以上になった時点で、カルシウムとして固まり、尿石が出来上がります。

この尿石が頑固になればなるほど、掃除が大変になってしまいます。また、この尿石を放置すればするほど、こびりついた汚れを落とす事が難しくなってきます。

便器の黄ばみを見つけ次第、すぐにとること、こまめに掃除していくことが、便器の黄ばみを上手に簡単に掃除する方法になってきます。あまりしつこい黄ばみになってしまうと、自分ではとれなくなってしまうので、黄ばみが浅い内にしっかりと掃除していきましょう。

プロも実践する、便器の黄ばみを除去する方法

便器の黄ばみは、しつこくなってしまうと、プロに頼んでとって貰うレベルになってしまいます。そこで、そんなしつこい黄ばみを、どうやって効果的にプロの方々はとっていくことができるのか、知りたいと思いませんか?

酸性の洗剤を使用して便器の黄ばみを除去

黄ばみは、元々はアルカリ性の汚れになります。このアルカリ性の汚れは、酸性の洗剤を使用すると、上手に落とすことができます。

また、お酢と重曹を合わせて使用しても、便器の黄ばみを簡単に落とすことができます。これが、プロも実践している便器の黄ばみをとる方法なので、しつこい便器の黄ばみには酸性の洗剤を使用していきましょう。

重曹とクエン酸を利用して黄ばみをとる

酸性の洗剤以外でも、重曹とクエン酸を利用して便器の黄ばみをとっていくこともできます。酸性の洗剤は苦手という方は、こちらを試してみて下さい。

なかなか取れない便器の黄ばみを掃除する際のポイントと注意点

便器の黄ばみが中々とれないものはどうやってとっていったら良いのでしょうか。

洗剤の濃度を濃くする為、掃除の前には水を止める

掃除をする前ですが、あまりトイレの中に水があると、洗剤を入れたとしても、薄くなってしまい、効果を発揮することができません。

その為、必要な作業は、止水栓を閉めることになります。止水栓を閉めて、水の出入りをなくして、水の量を調節していきましょう。

洗剤は混ぜないこと

それぞれの洗剤にも注意書きとして書かれていますが、洗剤は基本、混ぜてはいけません。そう記載されている洗剤ですが、使用したいとしても、一緒に使用することはせずに、別々の日に使用していきましょう。洗剤を混ぜることにより、場合によっては、塩素ガスが発生してしまうのに、絶対に混ぜることは避けて下さい。

黄ばみが取れないからと便器をやすりやたわしで削るのは最終手段

便器の黄ばみもしつこすぎると、どんな洗剤を使っても便器の黄ばみが取れない状態になってきます。そうすると、便器の黄ばみを取るのにやすりやたわしを使用して便器の黄ばみを取ろうとする人がいますが、それをするのは、まず避けて下さい。

その理由ですが、黄ばみが付着している部分にやすりやたわしを使用してしまうと、その部分に傷ができてしまい、その傷の部分にカビや雑菌が入ってしまい、黄ばみがよりしつこいものになってしまいます。

ただでさえしつこい汚れなのにも関わらず、よりしつこい汚れになってしまうので、便器の黄ばみですが、やすりやたわしで落とそうとはせずに、まずは別の方法で落とすことを考えましょう。

上記で説明した通り、まずは酸性の洗剤、または重曹やクエン酸の洗剤を利用して様子をみましょう。始めから便器に傷をつける方法で掃除をするのはやめましょう。

便器に黄ばみをつけさせないためには

主婦の方であったり、一人暮らしの方でも、トイレの掃除は中々気が向かなくて、後回しにしてしまい、気づいてみたら、結構便器の黄ばみがひどくなってしまうことってありますよね。

綺麗に掃除をした後、この綺麗さを維持したい、便器の黄ばみを予防して、できるだけトイレを掃除する回数を減らして、楽ができる方法があれば、知りたいですよね。

便器掃除にクエン酸を利用する

400mlの水にクエン酸を混ぜて、便器の黄ばみにスプレーしていきます。そして、ブラシで拭いていき、水で流していけば完了になります。

予防できる洗剤を選んでいく

市販品の中で、便器の黄ばみを予防できるものもあります。それらの商品を購入するのも、黄ばみを予防することになるので、あなたの便器を掃除する回数が減ってきます。「尿石防止剤」などがあるので、使用してみるのも良いかもしれませんね。

放っておくと頑固な汚れになってしまう便器の黄ばみですが、どうやってその黄ばみが出きてしまうのか、どんな洗剤を使うとより簡単に便器の掃除ができてしまうのかをみてきましたが、参考になるものはありましたか?掃除をする前に、洗剤の効果を薄くしない為にも、水の量を減らすこと、他の洗剤とは絶対に混ぜない方が良いことについても触れてきました。頑固な汚れほど、たわしなどを使って汚れを落とそうとすると思いますが、便器を傷をつけてしまい、その部分にカビが生える可能性があるので、他の手段を選んで便器の黄ばみを除去していって下さいね。適切な掃除方法を選んでいきましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事