大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除こそ普段拭かない窓やサッシを綺麗にしたいものですが、適当に拭いて終わらせている方が多いのではないでしょうか。

大掃除で窓をキレイにする時、まずは必要な物を揃える必要があります。
そして掃除する場合にもコツやポイントもあります

プロ直伝の掃除方法もありますので、これを読んで、ぜひ年末の大掃除に役立ててみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーペット向きの掃除機って?おすすめと見分け方について

カーペット向きの掃除機って、どんなタイプなのでしょうか? おすすめはキャニスター型?それともス...

オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除で困ってしまうのが、レンジ内の焦げつきです。 特に長年放置してしまった焦げはちょっとや...

玄関で掃除機を使いたいときは?ノズルを変えて掃除しましょう

玄関の掃除も掃除機を使いたいけれど室内と同じノズルでかけるのは抵抗がありますよね。 しかし、掃...

玄関にほうきとちりとりを収納すると便利!収納のアイデアを紹介

玄関にほうきとちりとりを置くと、お客様が来たときの視線が気になってしまうことがあります。 玄関...

玄関の掃除には新聞紙が使える。掃除の仕方や画期的な使い方

この前掃除したばかりなのに、もう汚れていると感じるのが玄関ではないでしょうか。 玄関はドロ汚れがあ...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

サッシの掃除は裏ワザを使って、細かい溝汚れやカビ汚れを撃退

サッシの掃除はどのくらいの頻度でやっていますか? 窓を開ける夏場などは小まめに掃除することも多いで...

掃除するならほこり取り!楽しく手作りマイホコリ取りの作り方

掃除はまず、ほこり取りから始めましょう。 一生懸命掃除機を掛けていても、どこからかふわふわと、...

床掃除はスチームクリーナーにお任せ!汚れを浮かせてピカピカに

大掃除を前に床掃除で困っていませんか?その悩みを解決するのが「スチームクリーナー」です。 スチ...

掃除の順番。掃除機をかける順番とホコリを出さない掃除方法

掃除には順番があります。 床を掃除するアイテムといえば ・掃除機 ・ホウキ ・フロアモッ...

おもちゃ収納は100均グッズを組み合わせて使うことがポイント

子供のおもちゃはいつの間にかどんどん増えていってしまい、どうやって収納した方がいいのか悩むママも多い...

部屋のカビを防止する方法。カビを知って発生させないようにする

部屋に発生するカビ。 見つけては掃除するの繰り返しではなく、カビを発生させない環境づくりをしましょ...

部屋の大掃除をするコツは、とにかく『モノを減らす』こと

部屋を大掃除するコツ。 お掃除上級者から、とんでもない汚部屋の住人まで、掃除のテクニックやレベルの...

布団に掃除機をかける方法。効果的なかけ方とは

布団に掃除機をかけて、ダニやホコリを吸い取りましょう。 布団専用クリーナーではなく、布団のケアに掃...

ゴミ箱の袋止めは手作りできる!誰でもできる手作りアイデア

ゴミ箱の袋止めを手作りできるって知っていますか? 大きなゴミ箱の場合は袋止めがついているもので...

スポンサーリンク

大掃除で窓をキレイにする時に必要な物

大掃除で窓をキレイにする場合は、まず掃除に必要なものを用意しましょう。

  • ペーパーモップ
  • メラミンスポンジ
  • マイクロファイバークロス
  • 歯ブラシ
  • ペットボトル
  • アルコール除菌スプレー

窓の大掃除は汚れが移らないよう順番を守る

最初に窓ガラスと窓枠、次に網戸、最後にサッシという順番で進めていくようにしましょう。

窓ガラスの掃除にはマイクロファイバークロスが活躍します。雑巾よりも繊維が丈夫なのでほつれることもなく、吸収性も高いため多少洗剤をかけすぎても吸い取ってくれます。そのため、窓の大掃除には必需品です。

窓に洗剤を吹き付ける時には、ガラス1枚あたりに10回くらいスプレーしましょう。たっぷりと使うことがきれいにするコツです。

サッシや網戸を掃除する時には、歯ブラシやメラミンスポンジが使えます。

大掃除で窓を掃除する時は新聞紙が最適!その手順とは

窓の内側と外側では汚れの種類が違う

例えば、窓の内側の汚れは手垢や室内のほこりなどでしょう。キッチンの近くであれば、はねたり水蒸気に含まれた油がついていることもあります。そして窓の外側の汚れは、雨や風によって飛んできた土埃などです。

しかし、その汚れも「新聞紙」さえあれば落とすことができます。まずは新聞紙を用意して下さい。

窓を新聞紙で綺麗にする方法

  1. 新聞紙一面を丸めてボールのようにします。
  2. 外気温との差で結露が出ていたら、その水分を利用して丸めた新聞紙で隅々まで拭きます。
  3. 結露の水分が多すぎる場合は窓用ワイパーで取りましょう。
  4. 反対に、水分が全くない場合は、丸めた新聞紙を水でさっと濡らして下さい。
  5. 濡らした新聞紙で窓を拭いて、その後乾いた新聞紙を丸めてそれで水分を拭きとります。

新聞紙で窓がきれいになる理由

「インク」にあります。新聞紙に使われているインクが油分や手あかの成分を分解してくれるのです。

窓だけではなく、鏡もきれいになります。ぜひ試してみて下さい。

窓の大掃除でプロが使うのは「スクイージー」

窓を本格的にきれいにしたいのであれば、「スクイージー」を使いましょう。

「スクイージー」と言ってもいろいろな種類がありますが、掃除のプロと呼ばれる人はどんなものを使っているのでしょうか?

ある人に聞いてみると、プロが選ぶスクイージーには一定の条件があるようです。まず、本体部分がステンレス製でさびにくいこと。何回も使用する上で素材も大切と言います。
また、重さもあった方がいいそうです。軽い方が掃除しやすいように思ってしまいますが、ある程度の重みがあった方が動かしやすいそうです。

長さについては、一般家庭であれば30~35cmでよいとのこと。

そして一番重要なポイントは「ゴム」。ゴムの密着性が高い方が水滴を逃さずに掃除できるといいます。さらにゴムが取り替えられるタイプのもの方がコスパ的にもおすすめとのこと。

スクイージーを買う時に参考にしたいですね。

大掃除で窓に洗剤を塗布する際のポイント

窓掃除の洗剤をスプレーしますが、その時に液垂れの後がついてしまったことはありませんか?

窓掃除の液垂れを防ぐ方法

  1. 下から上にスプレーするようにしましょう。
  2. 少し緩めに絞った雑巾で上から下に水拭きするようにします。そうすれば、洗剤の液や汚れた水を水木の水分で洗い流すことができます。
  3. この時、雑巾は二つ折りにし、指は伸ばすようにしましょう。指が曲がっていると雑巾を握りしめてしまいます。均一に拭き取るために、指は伸ばします。
  4. サッシのレール部分も掃除しましょう。ガラスを拭いた時の水が溜まっているので、それを利用してレールにたまった汚れをブラシでかき出すようにします。
  5. 汚れが取れたら、乾拭きしましょう。丁寧に乾拭きして窓の掃除は終了となります。

その状態を維持できるように、汚れがひどくならない前に掃除することをおすすめします。

窓のサッシを掃除する際のポイント

窓のサッシをよりきれいにしたいのであれば、こまかいところまで掃除するようにしましょう。

用意するもの

  • 掃除機
  • 使い古しの歯ブラシ
  • つまようじ
  • 水を入れたペットボトル
  • 雑巾
  • 食器用洗剤

掃除方法

  1. レール部分やサッシに汚れがたまっている場合は、まず掃除機で吸い取ります。固まった汚れがある場合は、歯ブラシで取りながら掃除機をかけましょう。
  2. 歯ブラシで取れない汚れは、つまようじで取って再度掃除機をかけましょう。これで大体の汚れは取れるでしょう。
  3. ペットボトルに食器用洗剤を少し入れます。それを少しずつサッシに垂らして下さい。
  4. 最後に残った汚れを雑巾で取ります。その後サッシ全体を乾拭きしましょう。
  5. 窓ガラスの掃除も一緒に行う場合は、2の後で行うようにしましょう。

大掃除のコツカテゴリの最新記事