大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除こそ普段拭かない窓やサッシを綺麗にしたいものですが、適当に拭いて終わらせている方が多いのではないでしょうか。

大掃除で窓をキレイにする時、まずは必要な物を揃える必要があります。
そして掃除する場合にもコツやポイントもあります

プロ直伝の掃除方法もありますので、これを読んで、ぜひ年末の大掃除に役立ててみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄関の床掃除のポイント、タイルの汚れを落とす方法

玄関を掃除する時、ほうきでササッと掃いて終わる事も少なくありません。 掃いて塵や埃を取り除くことは...

掃除の決定版!ホコリ取りの裏技を知れば室内がスッキリします

掃除をしているのに、たまりますよねホコリって。 床に落ちているホコリを掃除しているだけでは、ホ...

鍋の焦げは重曹で綺麗に!ステンレス鍋の焦げを綺麗にする方法

ステンレスの鍋で料理をしているとき、うっかり鍋を焦げつかせてしまった経験がある人もいるのではないでし...

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

レンジ掃除はレモン汁の力で!レモンを使ったレンジ掃除のコツ

レンジ掃除にレモン汁が効果的だって知っていますか? 料理の温めや食材の解凍など、何かと使うこと...

書類の整理術!100均アイテムを賢く使ってスッキリ収納

書類の整理術を知れば、毎日のちょっとしたストレスから開放されます! あれ、どこだっけ? あれ...

埃掃除の秀逸アイテムといえば?床の埃から隙間の埃まで

埃にもいろいろな種類があります。 ホコリの種類と存在する場所によって、掃除に使うアイテムが変わ...

便器の黄ばみの原因を理解して、効果のある方法で落としましょう

便器の掃除をしても、黄ばみが落ちなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 まずは黄ばみの...

サーキュレーター掃除でカバーが外せない時の取り方と対処法

サーキュレーターはほこりが溜まりやすいため掃除が欠かせませんが、カバーを外して掃除をしたいのに、なか...

部屋の大掃除は順番を決めることでスムーズに。掃除のコツも紹介

大掃除をしようと思っても、どこから手を付けて良いのかわからないという悩みはあると思います。 こ...

机を整理して仕事の効アップ!会社のデスクを整理整頓する方法

あなたの会社の机が散らかっているのなら、きちんと整理をしましょう。整理整頓されている机だと、仕事の効...

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

【サッシ掃除のコツ】カビがあっても簡単に取る方法があります

窓のサッシの掃除は、年末の大掃除の時に行うという人も多いでしょう。 しかし、その時にはすでにカ...

車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

久しぶりに車に乗ってみると、車内のダッシュボードの上などにホコリがたまっていて気になる人も多いのでは...

スポンサーリンク

大掃除で窓をキレイにする時に必要な物

大掃除で窓をキレイにする場合は、まず掃除に必要なものを用意しましょう。

  • ペーパーモップ
  • メラミンスポンジ
  • マイクロファイバークロス
  • 歯ブラシ
  • ペットボトル
  • アルコール除菌スプレー

窓の大掃除は汚れが移らないよう順番を守る

最初に窓ガラスと窓枠、次に網戸、最後にサッシという順番で進めていくようにしましょう。

窓ガラスの掃除にはマイクロファイバークロスが活躍します。雑巾よりも繊維が丈夫なのでほつれることもなく、吸収性も高いため多少洗剤をかけすぎても吸い取ってくれます。そのため、窓の大掃除には必需品です。

窓に洗剤を吹き付ける時には、ガラス1枚あたりに10回くらいスプレーしましょう。たっぷりと使うことがきれいにするコツです。

サッシや網戸を掃除する時には、歯ブラシやメラミンスポンジが使えます。

大掃除で窓を掃除する時は新聞紙が最適!その手順とは

窓の内側と外側では汚れの種類が違う

例えば、窓の内側の汚れは手垢や室内のほこりなどでしょう。キッチンの近くであれば、はねたり水蒸気に含まれた油がついていることもあります。そして窓の外側の汚れは、雨や風によって飛んできた土埃などです。

しかし、その汚れも「新聞紙」さえあれば落とすことができます。まずは新聞紙を用意して下さい。

窓を新聞紙で綺麗にする方法

  1. 新聞紙一面を丸めてボールのようにします。
  2. 外気温との差で結露が出ていたら、その水分を利用して丸めた新聞紙で隅々まで拭きます。
  3. 結露の水分が多すぎる場合は窓用ワイパーで取りましょう。
  4. 反対に、水分が全くない場合は、丸めた新聞紙を水でさっと濡らして下さい。
  5. 濡らした新聞紙で窓を拭いて、その後乾いた新聞紙を丸めてそれで水分を拭きとります。

新聞紙で窓がきれいになる理由

「インク」にあります。新聞紙に使われているインクが油分や手あかの成分を分解してくれるのです。

窓だけではなく、鏡もきれいになります。ぜひ試してみて下さい。

窓の大掃除でプロが使うのは「スクイージー」

窓を本格的にきれいにしたいのであれば、「スクイージー」を使いましょう。

「スクイージー」と言ってもいろいろな種類がありますが、掃除のプロと呼ばれる人はどんなものを使っているのでしょうか?

ある人に聞いてみると、プロが選ぶスクイージーには一定の条件があるようです。まず、本体部分がステンレス製でさびにくいこと。何回も使用する上で素材も大切と言います。
また、重さもあった方がいいそうです。軽い方が掃除しやすいように思ってしまいますが、ある程度の重みがあった方が動かしやすいそうです。

長さについては、一般家庭であれば30~35cmでよいとのこと。

そして一番重要なポイントは「ゴム」。ゴムの密着性が高い方が水滴を逃さずに掃除できるといいます。さらにゴムが取り替えられるタイプのもの方がコスパ的にもおすすめとのこと。

スクイージーを買う時に参考にしたいですね。

大掃除で窓に洗剤を塗布する際のポイント

窓掃除の洗剤をスプレーしますが、その時に液垂れの後がついてしまったことはありませんか?

窓掃除の液垂れを防ぐ方法

  1. 下から上にスプレーするようにしましょう。
  2. 少し緩めに絞った雑巾で上から下に水拭きするようにします。そうすれば、洗剤の液や汚れた水を水木の水分で洗い流すことができます。
  3. この時、雑巾は二つ折りにし、指は伸ばすようにしましょう。指が曲がっていると雑巾を握りしめてしまいます。均一に拭き取るために、指は伸ばします。
  4. サッシのレール部分も掃除しましょう。ガラスを拭いた時の水が溜まっているので、それを利用してレールにたまった汚れをブラシでかき出すようにします。
  5. 汚れが取れたら、乾拭きしましょう。丁寧に乾拭きして窓の掃除は終了となります。

その状態を維持できるように、汚れがひどくならない前に掃除することをおすすめします。

窓のサッシを掃除する際のポイント

窓のサッシをよりきれいにしたいのであれば、こまかいところまで掃除するようにしましょう。

用意するもの

  • 掃除機
  • 使い古しの歯ブラシ
  • つまようじ
  • 水を入れたペットボトル
  • 雑巾
  • 食器用洗剤

掃除方法

  1. レール部分やサッシに汚れがたまっている場合は、まず掃除機で吸い取ります。固まった汚れがある場合は、歯ブラシで取りながら掃除機をかけましょう。
  2. 歯ブラシで取れない汚れは、つまようじで取って再度掃除機をかけましょう。これで大体の汚れは取れるでしょう。
  3. ペットボトルに食器用洗剤を少し入れます。それを少しずつサッシに垂らして下さい。
  4. 最後に残った汚れを雑巾で取ります。その後サッシ全体を乾拭きしましょう。
  5. 窓ガラスの掃除も一緒に行う場合は、2の後で行うようにしましょう。

大掃除のコツカテゴリの最新記事