大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除こそ普段拭かない窓やサッシを綺麗にしたいものですが、適当に拭いて終わらせている方が多いのではないでしょうか。

大掃除で窓をキレイにする時、まずは必要な物を揃える必要があります。
そして掃除する場合にもコツやポイントもあります

プロ直伝の掃除方法もありますので、これを読んで、ぜひ年末の大掃除に役立ててみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おもちゃ収納は100均グッズを組み合わせて使うことがポイント

子供のおもちゃはいつの間にかどんどん増えていってしまい、どうやって収納した方がいいのか悩むママも多い...

下水の臭い。考えられる原因と自分でできる対策

下水の臭いが部屋中に充満! 不快な臭いとともに生活はできません。 そして、臭うということ...

フローリングの掃除に重曹を使用する場合には注意が必要です

いろいろな場所の掃除に使える万能洗剤「重曹」ですが、フローリングの掃除にも使用することもできます。 ...

正月に掃除や洗濯をするのはダメ?意外と知らない正月のタブー

「掃除や洗濯は正月にしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか? 特に掃除は毎日行うことが...

階段の掃除。一段一段モップで掃除する方法が一番

階段の段数だけ角がある階段。 たくさんの四隅にはホコリがしっかりとたまります。 階段をキレイ...

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

重曹を使った掃除でお風呂をもっと綺麗に!効果的な重曹の使い方

お風呂掃除には重曹がベストだという話を耳にしても、実際どのように使いこなせばいいのかわからない方も多...

片付けのコツは考え方を決めること!書類の整理は頭の整理

片付けのコツって、たくさんあります。 収納グッズも溢れかえっています。 でも、どのように書類...

玄関の掃除の仕方【タイル】ザラザラ・デコボコの汚れをキレイに

玄関の掃き掃除、毎日していますか? 玄関の掃除の仕方は意外と知らないものですよね。 ましてやタイ...

大掃除のスケジュール。自分の生活とゴミの日を照らし合わせて

大掃除のスケジュールは、掃除のことばかり考えていてもダメです。 まずは『モノの整理』そう!『片...

玄関の掃除に重曹を使ってピカピカにする方法とキレイを保つコツ

玄関の掃除には重曹がオススメです。重曹なら小さなお子さんが居る家庭でも安心して使うことができます。 ...

風呂の水垢。長年蓄積された頑固な『ウロコ』を除去する方法

風呂の水垢問題。 長年蓄積された頑固な『水垢』に悩まされている方は多いと思います。 そこで、...

サッシの掃除は意外と簡単!サッシの掃除を日常に取り入れて

サッのシ掃除をしようとする時には、凸凹している部分がありカビも生えやすいし、砂埃や土汚れなど外の汚れ...

【掃除手袋】のおすすめ。手荒れ防止だけじゃない手袋の使い方

掃除をする時に、ゴム手袋を使いますか? 最近の洗剤は洗浄力が高く、手の皮脂もすっかりキレイに落とし...

手袋を使って掃除しよう!便利な使い方とメリットについて解説

「ゴム手袋は食器洗いの時にするもの」と思っている人が多いかもしれませんが、実は掃除にも便利なグッズで...

スポンサーリンク

大掃除で窓をキレイにする時に必要な物

大掃除で窓をキレイにする場合は、まず掃除に必要なものを用意しましょう。

  • ペーパーモップ
  • メラミンスポンジ
  • マイクロファイバークロス
  • 歯ブラシ
  • ペットボトル
  • アルコール除菌スプレー

窓の大掃除は汚れが移らないよう順番を守る

最初に窓ガラスと窓枠、次に網戸、最後にサッシという順番で進めていくようにしましょう。

窓ガラスの掃除にはマイクロファイバークロスが活躍します。雑巾よりも繊維が丈夫なのでほつれることもなく、吸収性も高いため多少洗剤をかけすぎても吸い取ってくれます。そのため、窓の大掃除には必需品です。

窓に洗剤を吹き付ける時には、ガラス1枚あたりに10回くらいスプレーしましょう。たっぷりと使うことがきれいにするコツです。

サッシや網戸を掃除する時には、歯ブラシやメラミンスポンジが使えます。

大掃除で窓を掃除する時は新聞紙が最適!その手順とは

窓の内側と外側では汚れの種類が違う

例えば、窓の内側の汚れは手垢や室内のほこりなどでしょう。キッチンの近くであれば、はねたり水蒸気に含まれた油がついていることもあります。そして窓の外側の汚れは、雨や風によって飛んできた土埃などです。

しかし、その汚れも「新聞紙」さえあれば落とすことができます。まずは新聞紙を用意して下さい。

窓を新聞紙で綺麗にする方法

  1. 新聞紙一面を丸めてボールのようにします。
  2. 外気温との差で結露が出ていたら、その水分を利用して丸めた新聞紙で隅々まで拭きます。
  3. 結露の水分が多すぎる場合は窓用ワイパーで取りましょう。
  4. 反対に、水分が全くない場合は、丸めた新聞紙を水でさっと濡らして下さい。
  5. 濡らした新聞紙で窓を拭いて、その後乾いた新聞紙を丸めてそれで水分を拭きとります。

新聞紙で窓がきれいになる理由

「インク」にあります。新聞紙に使われているインクが油分や手あかの成分を分解してくれるのです。

窓だけではなく、鏡もきれいになります。ぜひ試してみて下さい。

窓の大掃除でプロが使うのは「スクイージー」

窓を本格的にきれいにしたいのであれば、「スクイージー」を使いましょう。

「スクイージー」と言ってもいろいろな種類がありますが、掃除のプロと呼ばれる人はどんなものを使っているのでしょうか?

ある人に聞いてみると、プロが選ぶスクイージーには一定の条件があるようです。まず、本体部分がステンレス製でさびにくいこと。何回も使用する上で素材も大切と言います。
また、重さもあった方がいいそうです。軽い方が掃除しやすいように思ってしまいますが、ある程度の重みがあった方が動かしやすいそうです。

長さについては、一般家庭であれば30~35cmでよいとのこと。

そして一番重要なポイントは「ゴム」。ゴムの密着性が高い方が水滴を逃さずに掃除できるといいます。さらにゴムが取り替えられるタイプのもの方がコスパ的にもおすすめとのこと。

スクイージーを買う時に参考にしたいですね。

大掃除で窓に洗剤を塗布する際のポイント

窓掃除の洗剤をスプレーしますが、その時に液垂れの後がついてしまったことはありませんか?

窓掃除の液垂れを防ぐ方法

  1. 下から上にスプレーするようにしましょう。
  2. 少し緩めに絞った雑巾で上から下に水拭きするようにします。そうすれば、洗剤の液や汚れた水を水木の水分で洗い流すことができます。
  3. この時、雑巾は二つ折りにし、指は伸ばすようにしましょう。指が曲がっていると雑巾を握りしめてしまいます。均一に拭き取るために、指は伸ばします。
  4. サッシのレール部分も掃除しましょう。ガラスを拭いた時の水が溜まっているので、それを利用してレールにたまった汚れをブラシでかき出すようにします。
  5. 汚れが取れたら、乾拭きしましょう。丁寧に乾拭きして窓の掃除は終了となります。

その状態を維持できるように、汚れがひどくならない前に掃除することをおすすめします。

窓のサッシを掃除する際のポイント

窓のサッシをよりきれいにしたいのであれば、こまかいところまで掃除するようにしましょう。

用意するもの

  • 掃除機
  • 使い古しの歯ブラシ
  • つまようじ
  • 水を入れたペットボトル
  • 雑巾
  • 食器用洗剤

掃除方法

  1. レール部分やサッシに汚れがたまっている場合は、まず掃除機で吸い取ります。固まった汚れがある場合は、歯ブラシで取りながら掃除機をかけましょう。
  2. 歯ブラシで取れない汚れは、つまようじで取って再度掃除機をかけましょう。これで大体の汚れは取れるでしょう。
  3. ペットボトルに食器用洗剤を少し入れます。それを少しずつサッシに垂らして下さい。
  4. 最後に残った汚れを雑巾で取ります。その後サッシ全体を乾拭きしましょう。
  5. 窓ガラスの掃除も一緒に行う場合は、2の後で行うようにしましょう。

大掃除のコツカテゴリの最新記事