【大掃除のコツ】窓やサッシについたカビをきれいに取る方法

【大掃除のコツ】窓やサッシについたカビをきれいに取る方法

年末の大掃除の時に、窓ガラスだけではなく窓枠やサッシを徹底的にきれいにしようとする人も多いでしょう。

しかし、しばらく掃除しないうちについてしまったカビは簡単に落とすことはできないかもしれません。

今回は、窓枠やサッシについたや厄介なカビを取る方法について説明します。カビ取りに効果的な洗剤を使用するようにしましょう。

また、カビ予防のためには結露対策が必要です。そのための方法についてもご紹介しますので、来年の大掃除を少しでも簡単にするためにも今から始めるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

神棚掃除は男性の仕事?女性が触れるのは?神棚掃除の疑問を解決

「神棚の掃除は男性がするものであり、女性がしてはいけない」という話を耳にしたことありませんか? そ...

ドアの掃除。玄関は家の顔。キレイに掃除する方法と手順について

ドアの掃除されていますか? 玄関のドア。 一日に何度、開閉しますか? 玄関ドアの外側は...

部屋の片付けを業者に依頼したい!片付け業者を選ぶポイント

部屋の片付けが思うようにできず、業者に依頼しようかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 夫婦...

大掃除は窓や網戸から始めるとやる気スイッチがONします

大掃除をしよう! 気持ちはあるけど、重い腰が上がらない。 そんな時には窓ガラスや網戸の掃除をして...

エアコンの清掃を自分でする方法。道具や手順など紹介します!

エアコンの清掃を自分でしたい! そんなチャレンジ精神旺盛のあなたへ、セルフエアコンクリーン方法...

タンスの処分で困ったら引っ越し業者に依頼するのが一番楽チン

引越しの際に不用になったタンスを処分したい場合は、利用する引っ越し業者に相談してみてはいかがでしょう...

お正月の掃除が風水でNGな理由と正しいお正月の過ごし方を解説

「お正月は掃除しない方がよい。」と風水で言われていることは聞いたことはあっても、その理由までは知らな...

大掃除を簡単に終わらせる時短テクニック!段取りも重要です

年末になると気になるのが大掃除。 大掃除こそ簡単に終わらせることができれば嬉しいですよね。 ...

【壁紙の掃除のコツ】セスキ炭酸ソーダは手垢やヤニに効果的です

キッチンの掃除などに使用できるセスキ炭酸ソーダ。実はいろいろな汚れがついている壁紙の掃除にも使えます...

大掃除の窓拭きを簡単に効率よく済ませるコツや注意点

大掃除での窓拭きを簡単に済ませたいあなた。 掃除はまめにしていても、窓拭きはタイミングの見極めによ...

冷蔵庫の掃除方法。部位別の掃除方法を徹底解説

冷蔵庫の掃除は電気代の節約にも繋がりますし、すっきりと片付いていると無駄な買い物をせずに済みます。 ...

部屋の大掃除をするコツは、とにかく『モノを減らす』こと

部屋を大掃除するコツ。 お掃除上級者から、とんでもない汚部屋の住人まで、掃除のテクニックやレベルの...

大掃除の時に窓のサッシをきれいにするための効果的な掃除方法

普段はなかなかできない窓の掃除。そのため、大掃除の時に徹底的に掃除しようと考える人も多いのではないで...

神棚の掃除とお札の取替について。方法・注意点・守るべきこと

神棚の掃除と、お札の取り替え方について。 神棚やお札など、神道についてのしきたりは諸説あります...

タイルの掃除には重曹で汚れを落とす!玄関の掃除は重曹で簡単に

玄関は掃除をしていても、タイルが黒ずんで汚れが取れないとお悩みの方も多いと思います。掃き掃除をしても...

スポンサーリンク

大掃除で窓枠のカビをきれいに取る方法とコツについて

窓付近は湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすいです。
発生したカビを放置しておくと、だんだんと奥まで菌が染み付いて、頑固な汚れになってしまいます。なかなかこまめな掃除が出来ない方も、大掃除の機会にしっかり対策をするようにしましょう。

これから窓枠、サッシ、窓ガラスと、それぞれの部分別にカビを除去する方法について説明していきます。
自宅の窓のどの部分にカビが生えているのかを確認して、掃除の参考にしていただければと思います。

まずはじめに、窓枠に発生したカビを掃除する方法について説明していきます。
【用意するもの】

  • 住宅用の中性洗剤(スプレータイプのもの)
  • カビ取り剤
  • 雑巾
  • マスクやゴム手袋

【掃除方法】

  1. マスクやゴム手袋を装着します。
  2. 窓枠に住居用洗剤をスプレーして数分間放置します。
  3. 固く絞った雑巾で拭き取ります。
  4. カビ取り剤を塗布します。
  5. 固く絞った雑巾でしっかり拭き取ったら完了です。

ポイントは、カビの除去に入る前に、窓枠に付いた黒ずみ汚れやホコリ等を、中性洗剤で落とすことです。
ホコリが残ったままだと、カビが再発しやすくなるので、まずは余計な汚れを落としてからカビの掃除に移ります。

窓のサッシに生えたカビも大掃除で簡単に取ることができます

次に、サッシに生えたカビの掃除方法について紹介します。
サッシは、湿気が水滴になって溜まりやすいので、カビが生えたまま放置していると頑固なカビになってしまいます。

頑固なカビには、カビ取り剤を使いましょう。

カビ取り剤を使った掃除方法

キッチンペーパーにカビ取り剤を染み込ませるようにしてスプレーし、サッシに生えたカビの部分に置きます。上からラップをして5分ほど放置をしたら、固く絞った雑巾で拭き取って完了です。
パックすることで、奥まで染み込んだカビの菌まで除去できますよ。

カビの程度が軽い時には、天然由来の洗剤でも簡単にカビをとることができます。

重曹を使用した掃除方法

【用意するもの】

  • スプレーボトル
  • 重曹
  • 雑巾
  • キッチンペーパー
  • サランラップ

【掃除方法】

  1. 酢50mlと水100mlをスプレーボトルに入れて混ぜます。
  2. サッシに酢水をスプレーして、その上から重曹を振りかけます。
  3. 2で発泡が起こるので、その上にキッチンペーパーを置きさらに酢水をスプレーします。
  4. ラップをしたら、30分放置します。
  5. キッチンペーパーで汚れを擦って落としたら、雑巾で拭き上げて完了です。

重曹と酢を混ぜると発泡しますが、これは体に無害なので安心して下さい。
重曹の洗浄力と、お酢の汚れを浮かせる力が重なって、洗浄力が高くなります。
天然のものを使うので、小さいお子さんがいる家庭でも安心してできる掃除方法です。

窓ガラスのカビは拭くだけで取れます

窓の掃除を頻繁にできない方は、大掃除の際に窓ガラスにカビが生えていることに気がつくことがあるかもしれません。
ガラスについたカビは、他の部分に出来たカビに比べると、奥まで入り込んでしまうことはあまりないので、簡単に取り除くことができます。

雑巾と中性洗剤、水を用意しましょう。
中性洗剤と水を混ぜた物に、雑巾を浸したら、固く絞ってカビの部分を拭きます。
カビが取れたら、水拭きをして、最後に乾拭きで拭き上げれば完了です。
ポイントは、しっかり乾拭きすること。
カビは湿気が大好きなので、再発を防ぎましょう。

窓枠についた頑固な黒カビも大掃除で撃退しましょう

窓枠についたカビの掃除方法については1番最初に紹介しましたが、長年放置されていたカビは、頑固でなかなか落とすことができないので、もしかしたらその方法では取り切れないかもしれません。

そんなときにも慌てないで下さい。
頑固になってしまった黒カビも、時間を掛けて掃除すれば綺麗に落とすことができますよ。ぜひ挑戦してみて下さい。

【用意するもの】

  • 塩素系漂白剤
  • 片栗粉
  • ボウル
  • 割り箸
  • ラップ
  • 雑巾

【掃除方法】

  1. 片栗粉大さじ2杯と、塩素系漂白剤30mlをボウルに入れ、割り箸で混ぜてペースト状にします。
  2. 1で液がゆるい場合には、片栗粉を足してドロっとした状態にしてください。
  3. 窓枠の黒カビ部分に、割り箸を使ってペーストを塗布します。
  4. ラップをしてパック状態にし、30分放置します。
  5. 乾いた雑巾で拭き取って、水拭きをしたら完了です。

液体だと取り切れなかったカビも、ペースト状にしてパックすることで、しっかり取ることができます。
白く綺麗になった窓枠は気持ちがいいですよね。

窓にカビが発生しないようにするためには結露対策をしっかりと

窓付近に発生するカビの大きな原因の一つが、結露です。
日頃から窓のカビを予防するためには、この結露対策が大切。

日頃から出来る簡単な窓の結露予防

  • こまめに換気をする
  • 料理の時には換気扇を、お風呂や洗濯の際には除湿をする
  • 窓の結露はこまめに拭き取る

一番簡単なのは、部屋の中の湿度が高くなりすぎないように注意することです。
特に、水回りやエアコン等の空調の近くでは結露が発生しやすくなるので注意しましょう。

窓にできる結露対策

  • 中性洗剤と水を混ぜた液を雑巾に含ませて窓を拭き、コーティングする
  • 市販の結露給水シートを窓に貼る
  • 結露防止スプレーを使用する

窓に直接結露対策をすることも可能です。
中性洗剤には、界面活性剤が含まれているので、雑巾に含ませて窓を拭くことによって、窓の乾燥を早める効果があります。
効果は1週間ほどなので、週に1回の窓拭きを習慣にしてみるのもいいかもしれません。
大掃除で綺麗にした窓は、カビの再発生を最小限に抑えることができるように、日頃から対策をしていきましょう。

大掃除のコツカテゴリの最新記事