ダニ対策の決定版!洗えないマットレスからダニを除去する方法

ダニ対策の決定版!洗えないマットレスからダニを除去する方法

ダニ対策。
それは『駆除』『除去』『予防』です!

マットレスは丸洗いすることができません。

ですから、ダニを寄せ付けない方法を取りつつ、駆除して除去しながら使用しましょう。

ダニは湿気を好みます。
逆を言えば、ダニは乾燥を嫌います。

ですから、できるだけ風通しのよい環境を作ることと、こまめにマットレスに掃除機を掛けて除去するように心がけるだけで、ダニの居ないマットレスで寝ることができますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

お風呂の換気扇の正しい外し方を理解して掃除を始めましょう

お風呂の換気扇を掃除しないと、ホコリなどが落ちてきたり浴室にカビが生えやすくなると言われていますが、...

仏間の掃除と仏間に配置する仏壇の掃除の仕方について

仏間の本来の意味をご存知ですか? 仏間は、仏様専用のお部屋です。 仏壇を配置するのには、...

大掃除で面倒な窓ガラスを簡単スピーディーに終わらせるコツ

大掃除で面倒な窓ガラス。簡単綺麗に終わらせることができたら嬉しいものです。 特に戸建てで窓が多いと...

壁についたヤニが原因の黄ばみの落とし方と使用する洗剤について

壁についたヤニが原因の黄ばみ。そのままにしておくと、きれいに落とせなくなってしまうと言われています。...

大理石の掃除に使える洗剤・使えない洗剤の種類と掃除手順を解説

ご自宅に大理石を使用している箇所があるご家庭では、大理石の掃除をするときにどのような洗剤を使えばいい...

クロスの掃除で厄介なのがヤニ汚れ。プロが嫌がるヤニ掃除

クロスの掃除で一番やっかいなのがヤニ汚れです。 プロでも、キレイにすることが難しいようですよ。...

大掃除は窓や網戸から始めるとやる気スイッチがONします

大掃除をしよう! 気持ちはあるけど、重い腰が上がらない。 そんな時には窓ガラスや網戸の掃除をして...

【天井掃除のコツ】頑固なヤニ汚れを落とすための洗剤と掃除方法

天井は手が届きにくい場所なので掃除をしない人も多いのですが、気がつくとヤニ汚れで黄ばんでしまうことも...

サッシの掃除に適した洗剤とは。サッシの素材別使える洗剤選

サッシの掃除してますか? 窓ガラスをピカピカにするだけで、サッシの汚れは見逃しがちに…。 ...

冷蔵庫の掃除方法。部位別の掃除方法を徹底解説

冷蔵庫の掃除は電気代の節約にも繋がりますし、すっきりと片付いていると無駄な買い物をせずに済みます。 ...

【壁紙の掃除方法】黒ずみの原因を理解して汚れを落としましょう

部屋の掃除は日常的にしていても、壁紙の掃除まではしない人の方が多いのではないでしょうか。 しか...

換気扇掃除に効果的な洗剤とつけおき洗いのコツについて解説

換気扇掃除を面倒だと感じる主婦の人も多いでしょう。さらに油汚れがひどいと、なおさらそう思ってしまうの...

大掃除を簡単に終わらせる時短テクニック!段取りも重要です

年末になると気になるのが大掃除。 大掃除こそ簡単に終わらせることができれば嬉しいですよね。 ...

外壁掃除は業者に依頼する方が安心!業者に依頼する際のポイント

外壁掃除は自分でも行うことができますが、汚れが強く広範囲であれば、業者に依頼することをおすすめします...

スポンサーリンク

ダニ対策をしたい!マットレスに潜むダニを駆除する方法

仮にアレルギーを持っていなかったり、体に痒みが出ていなくても、自分のマットレスにダニがいるなんてことになったら嫌ですよね。
そのようにダニ対策をしたいと考える方のために、マットレスに潜むダニを駆除する方法をご紹介します。

ダニは熱に弱いという特徴を持っています。
ですので、マットレスを50度以上の高温にすることが出来ればマットレスからダニを追い出すことが出来ます。
そのためにこういった事を試してみてください。

マットレスのダニ対策には、カバーを外して熱めのお湯で洗う

もしご使用のマットレスがカバーを外すことが出来て、かつ60℃の熱に耐えられるものであれば、カバーを50℃から60℃のお湯で洗って乾燥させれば、ダニを退治することが出来ます。
洗濯機で洗う場合は、洗濯機も60℃に対応することが出来るのか確認してから行うようにしましょう。

マットレスのダニ対策には布団乾燥機を使う

マットレスの種類によっては、カバーを外すことが出来ないタイプもあります。
そんな時は、布団乾燥機を使いましょう。
ただし、布団乾燥機は70℃程の熱が出ますので、マットレスに使われている素材が高温に耐えられるものなのかを確認してから使用するようにしましょう。
また、片側だけではダニが逃げてしまいますので、両面を交互に何度か布団乾燥機に当てるようにしましょう。
ちなみに部屋を暗くして、1時間ほど置いてから開始すると、ダニが表面に出てくるので、効率よく退治することが出来ます。

ダニは乾燥がキライ。マットレスの湿気を逃すだけでもダニ対策には効果絶大!

「マットレスのカバーを外すことが出来ない」「布団乾燥機も持っていない」そういった場合でも大丈夫です。
ダニは熱だけではなく、乾燥がキライです。
マットレスの湿気を逃すだけでも、ダニ対策には効果絶大なのです!

マットレスは一切動かさずに、表に掃除機をかけるだけにしていませんか?
それではダニも湿気も退治することが出来ません。

マットレスに溜まった湿気を追い出すために是非やっていただきたいのが、「マットレスを立てかける」です。

ベッドや床の上に置いたままですと、下側の湿気はいつまでも残ってしまいます。
お休みの日などに、掛け布団やシーツなどを剥がしてマットレスを壁に立てかけて干しましょう。
そして月に1度で良いので、マットレス用のダニ対策スプレーを使用することをおすすめします。
そうすれば、マットレスからダニを追い出せる上に、発生も防ぐことが出来ます。

マットレスにそのままシーツはNG!マットレスの上には必ずベッドパッドを敷いて

マットレスは寝心地が良ければ、シーツだけをかぶせて使用しても良さそうな気がしますよね。
実は、マットレスにそのままシーツはNGなんです!
マットレスの上には必ず、ベッドパッドを敷いて使用しましょう。

というのも、ベッドパッドは、温度や寝心地を良くするためだけではなく、ダニが発生するのを防いでくれる効果のあるものもありますし、汗やよだれなどでマットレスが汚れてしまうのも防いでくれますから、必ずベッドパッドを敷いてから、その上にシーツをかぶせるようにしましょう。

ベッドパッドは出来れば週に一度、洗濯するようにしましょう。
ですので、予備のものも買っておけば、乾かしている間にもベッドパッドを使用することが出来ます。
ベッドパッドやシーツを洗う時は、ダニがついている可能性もありますので、出来るだけ他の衣類とは一緒に洗わないようにしましょう。

マットレスのダニ対策には『ゆっくり掃除機』が一番!

マットレスからダニを追い出したくて、布団たたきなどでバンバン叩いている人はいませんか?
実はそれをしてしまうと、ダニの足や体などが砕けて、よりアレルギーを引き起こしてしまいます。
ですので、絶対に行わないでください。
マットレスのダニ対策には、バンバン叩きつけるよりも『ゆっくり掃除機』が一番です!
ゆっくり掃除機とは、その名の通り、掃除機をじっくりゆっくりマットレスにかけることです。
掃除機をサッとかけただけでは、ホコリと髪の毛を吸い込むだけで、ダニの根本的な解決になりません。
せっかちさんはイライラするかも知れませんが、通常のスピードの半分以下のスピードでゆっくりダニを吸い込んでください。
特に、布団乾燥機などで熱処理をした後であれば、その効果は抜群です。

ダニ対策、最後の砦。マットレスの下にダニ取りシートをしのばせて

ダニ対策、最後の砦とも言われている、ダニ取りシートを使ってみるのはいかがでしょうか。
マットレスの下にダニ取りシートをしのばせてみましょう。

ダニ対策のシートの種類は、「ダニを寄せ付けなくさせるタイプ」と「ダニを引き寄せて捕まえるタイプ」それから「ダニを引き寄せて退治するタイプ」があります。
値段との兼ね合いもありますが、ダニを退治したいのであれば、「ダニを引き寄せて捕まえるタイプ」と、「ダニを引き寄せて退治するタイプ」がおすすめです。
「ダニを寄せ付けなくさせるタイプ」は、あくまでも予防のようなものですので、すでにダニが住み着いてしまっているのであれば、追い出したり退治するのには効果は低めです。

ですので、そのマットレスが新品だったり、ダニ駆除をしているのであれば、予防として「ダニを寄せ付けなくさせるタイプ」を使ったりなど、自分に合ったダニ取りシートを使うようにしましょう。

このようにして、ダニ退治が大変そうなマットレスもさまざまな対策を講じることが出来ますので、ご自身に合った方法を行いましょう。

大掃除のコツカテゴリの最新記事