【壁紙の掃除のコツ】セスキ炭酸ソーダは手垢やヤニに効果的です

【壁紙の掃除のコツ】セスキ炭酸ソーダは手垢やヤニに効果的です

キッチンの掃除などに使用できるセスキ炭酸ソーダ。実はいろいろな汚れがついている壁紙の掃除にも使えます。

中でも酸性の汚れである手垢やヤニ汚れに効果があるので、気になっている人はさっそく掃除を始めましょう。

今回はセスキ炭酸ソーダを使用した壁紙の掃除方法について詳しく説明します。

ただ、壁紙にはいろいろな種類があるため、使用する前に注意する必要があります。その注意点についても説明しますので、壁紙を傷めないように掃除するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッシの掃除は裏ワザを使って、細かい溝汚れやカビ汚れを撃退

サッシの掃除はどのくらいの頻度でやっていますか? 窓を開ける夏場などは小まめに掃除することも多いで...

換気扇のフィルターに目詰まりする油汚れは粉の重曹をふりかけて

換気扇のフィルターを毎日洗っている人って、どのくらい居るのでしょうか? 自分のだらしなさを棚に上げ...

引っ越しの掃除はどこまでする?原状回復と場所別の掃除方法

引っ越しをすることになった場合、どこまでで掃除をすれば良いのかわかならない人もいるのではないでしょう...

大掃除がめんどくさいを楽しく簡単にするコツと掃除方法とは

大掃除はめんどくさいものだとついつい、後回しにしてしまうあなた。 ただでさえ掃除は好きじゃないのに...

部屋の大掃除で運気アップ!場所別・運気を上げる掃除のポイント

運気を上げたいという人は、部屋の大掃除をして運気をアップさせてみましょう。風水を意識しながら部屋の掃...

外壁掃除は業者に依頼する方が安心!業者に依頼する際のポイント

外壁掃除は自分でも行うことができますが、汚れが強く広範囲であれば、業者に依頼することをおすすめします...

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

大掃除は窓や網戸から始めるとやる気スイッチがONします

大掃除をしよう! 気持ちはあるけど、重い腰が上がらない。 そんな時には窓ガラスや網戸の掃除をして...

引っ越し掃除のコツはキッチンやお風呂・トイレを中心に行うこと

夫の転勤などで引っ越しが決まると、何から始めればいいのか、どこから掃除していいのかわからなくなってし...

窓専用の洗剤がなくても、代用できるものはたくさんあります

窓の掃除をしようと思った時、窓専用の洗剤がないと掃除できないと考える人も多いのではないでしょうか。 ...

PCを処分するためにかかる費用とメリット・デメリットについて

古いpcを処分する方法はいくつかあるため、どの方法が一番よいのか迷う人も多いのではないでしょうか。 ...

大掃除のスケジュール。自分の生活とゴミの日を照らし合わせて

大掃除のスケジュールは、掃除のことばかり考えていてもダメです。 まずは『モノの整理』そう!『片...

お正月の掃除が風水でNGな理由と正しいお正月の過ごし方を解説

「お正月は掃除しない方がよい。」と風水で言われていることは聞いたことはあっても、その理由までは知らな...

大晦日までに大掃除を終わらせるように!の意味について

日本では年末に大掃除をするという人がほとんどですが、実は大晦日までに大掃除を終わらせるようにすると言...

【天井掃除のコツ】頑固なヤニ汚れを落とすための洗剤と掃除方法

天井は手が届きにくい場所なので掃除をしない人も多いのですが、気がつくとヤニ汚れで黄ばんでしまうことも...

スポンサーリンク

壁紙の手垢やヤニ汚れの掃除にはセスキ炭酸ソーダが効果的です

お父さんの喫煙によるヤニ汚れ、小さな子供による皮脂汚れ、家族みんな1日複数回触れる電気のスイッチなど、主な壁の汚れは皮脂汚れ、そして家族に喫煙者がいる場合はヤニ汚れです。

マンションや賃貸住まいですと出る時の壁紙交換代など恐ろしくありませんか。
汚れた状態ですと環境的にもあまり良いとは言えませんよね。
汚れが蓄積されていくと、黒ずみ、ベタつき、掃除ではとれない黄ばみなどに汚れが変化していきます。

壁の汚れが気になったら軽い掃除で綺麗に落とせるうちにすぐに掃除をしていきましょう。

単に壁掃除と言っても、「どのように?」「道具や洗剤はなにを?」とすぐにとりかかれない方のためにオススメの壁紙の掃除方法を紹介します。

壁は水ですすげない場所でありますので、すぐに拭き取れる洗剤を使用することが適切です。
そんな壁紙掃除に適した洗剤といえば「セスキ炭酸ソーダ」です。

セスキ炭酸ソーダはすすぎがいらない拭き取りだけで十分な洗剤な上に、酸性であるヤニや皮脂汚れはアルカリ性の洗剤が汚れを落としやすくしてくれます。
そんなセスキ炭酸ソーダはアルカリ性ですので、壁紙の掃除にはとても適した洗剤といえます。

セスキ炭酸ソーダを使った壁紙の掃除方法について解説します

セスキ炭酸ソーダを使用した壁紙の掃除

準備するもの

  • 拭き取るもの(キッチンペーパーや古布、雑巾など)
  • 粉末状のセスキ炭酸ソーダ
  • スプレーボトル

掃除の仕方

  1. 粉末状のセスキ炭酸ソーダを水に溶かします。
    分量はセスキ炭酸ソーダが小さじ半分に対し水が200mlです。
    汚れが酷い時はセスキ炭酸ソーダの濃度を少し高め調節すると良いでしょう。
  2. 水に強い壁紙かチャックするために端の目立たないところでセスキ炭酸ソーダを吹き掛け少し時間をおいてください。
  3. 2で壁紙の状態に変化がなければ、いよいよ掃除開始です。
    拭き取る布にセスキ炭酸ソーダを湿らせてから壁紙を拭いてください。
    スプレーボトルをそのまま壁紙に吹きかけても良いのですが液垂れをして、それが乾いてしまうと汚れが浮いた汚い液がそのまま後になって壁紙を更に汚してしまいます。
  4. 仕上げにセスキ炭酸ソーダの成分が残らないよう綺麗に水拭きをし乾燥させたら終了です。

とてもシンプルな掃除方法でどなたでも楽に掃除をすることができるのではないでしょうか。
気がついたときにはあちらこちらと壁の汚れが…。
それを一気に掃除するとなればとても大変です。
「今日はここの壁紙」「明日はトイレの壁紙」など日を分けて小まめに掃除をしていくと効率良く掃除を行うことができます。

壁紙の種類によっても掃除方法は違います

前述の説明で壁紙の掃除といっても、壁紙の種類によってはこの方法があまり良くない場合もあります。

  • 織物
    織物の壁紙は薄めた中性洗剤を使用し、水気をよく切り固く絞ったタオルで叩くように汚れを落としてください。
  • 珪藻(けいそう)
    珪藻と呼ばれる壁紙は水や洗剤に弱いためシミや跡がのこってしまう可能性があります。洗剤を使用せずに水気をよく切り固く絞ったタオルでポンポンと叩くように汚れを落としていきます。

いずれも壁紙を傷つけないよう柔らかいタオルを使用し、こすらずにポンポンと汚れを浮き出させるようにしてください。

場合によってはメラミンスポンジや、デコボコしている表面の壁紙であれば使い捨ての歯ブラシなどの使用、そしてセスキ炭酸ソーダではなく重曹で代用するなどをオススメしますが、壁紙を傷つけないよう、壁紙に適した道具や洗剤を使用しながら掃除を行ってください。

重曹とセスキ炭酸ソーダはとても似ているアルカリ性の洗剤です。
重曹よりも汚れが落ちやすい、そして壁紙はすすぎができない分水に溶けやすいセスキ炭酸ソーダが壁紙に適した洗剤と言われておりますが、汚れや使い方しだいでは重曹でも十分に代用が可能です。

壁紙にヤニ汚れがつかないようにするためには

子供の手垢による皮脂汚れなら仕方ないと思えても、ヤニ汚れであったら家庭の中の喫煙者にどうにか禁煙をしてもらいたいと思ってしまいます。
しかし、それは誰もが簡単にできることとは限りません。

この願いが無理ならば、壁紙のヤニ汚れ対策をしっかりと行い壁を汚しにくい環境を作るしかありません。

壁紙にヤニ汚れをつきにくくする方法

  • 喫煙場所を1箇所に決める
    こうすることであちらこちらの壁紙にヤニがつきにくくなります。
    理想は外ですが、無理ならせめてキッチンの換気扇の下です。
  • 空気清浄機を使用する
    禁煙する場所の近くに空気清浄を設置する。
  • 取り外し、貼替え可能なシート
    透明や柄があるものがあります。
    部分的に簡単に貼ることができますので、喫煙する場所を決めてその付近だけに貼ると作業も楽ですね。
    シートの上は掃除が可能ですし、汚れが溜まってきたら貼替えをしてヤニ対策を行っていきましょう。
  • 普段からの掃除に壁紙掃除をいれる
    毎日の掃除、週単位の掃除、月単位の掃除によって掃除する場所が変わってくると思います。
    壁紙掃除をあまりしない方であれば月単位の掃除の壁紙掃除をいれてみてはいかがでしょうか。
    それでも気になるなら週単位にする掃除で週に1~2回も壁紙掃除をするだけでもキレイな状態を保つ事ができますよ。

セスキ炭酸ソーダを使っても壁紙の汚れが取れない場合は、業者に依頼しましょう

セスキ炭酸ソーダは壁紙掃除に適した洗剤と言っても、それでも何年もの月日によって蓄積されたヤニや皮脂の黄ばみ、黒ずみ汚れが必ずしも綺麗に落ちるとは限りません。

落ちない場合には、それほど汚れが溜まり素人の手では落ちないまでになっているということです。

それでも壁紙の汚れが気になるようでしたら思い切って業者に依頼してみましょう。

業者さんが見てプロによる掃除で綺麗になる場合と、壁紙を取り替えなければいけない場合があります。
それによっても料金がだいぶ異なってしまいますので、業者さんと相談しながら自分にあった方法を検討すると良いでしょう。

毎日汚れを見ては「嫌だな…」と思っているくらいなら、思い切ったほうが気持ち的にグンと晴れますよ。
1度綺麗にしてもらってから、なるべくキレイな状態に保てるよう努めていくと良いですね。

大掃除のコツカテゴリの最新記事