大掃除のスケジュール。自分の生活とゴミの日を照らし合わせて

大掃除のスケジュール。自分の生活とゴミの日を照らし合わせて

大掃除のスケジュールは、掃除のことばかり考えていてもダメです。

まずは『モノの整理』そう!『片付け』から始めましょう!
その場合、とにかくゴミの日の前の日に不要なものをまとめておくのです。
そうすると、すぐにゴミを回収してもらえるので、どんどん家の中がスッキリしてきます。

もちろん、一日では終わりません。
10月に入った頃から、週に一度、ゴミ回収の前夜の30分、1時間を日常のゴミとは別の『捨てるもの』をかき集める時間に当てるのです。

そうして、スッキリしてきた11月頃から、『掃除』のスケジュールを組み始めましょう。

掃除をしやすい室内空間にしてから、大掃除を始めましょう!

それでは、大掃除のスケジュールの組み方のコツと、スムーズに掃除を進めるアイディアをご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大理石の掃除に使える洗剤・使えない洗剤の種類と掃除手順を解説

ご自宅に大理石を使用している箇所があるご家庭では、大理石の掃除をするときにどのような洗剤を使えばいい...

エタノールで掃除!カビを撃退するエタノールの使用方法と注意点

エタノールで掃除と最近よく耳にするけど、どのように使ってよいのかいまいちよくわからない。 そん...

ダニ対策の決定版!洗えないマットレスからダニを除去する方法

ダニ対策。 それは『駆除』『除去』『予防』です! マットレスは丸洗いすることができません。 ...

大掃除がめんどくさいを楽しく簡単にするコツと掃除方法とは

大掃除はめんどくさいものだとついつい、後回しにしてしまうあなた。 ただでさえ掃除は好きじゃないのに...

サッシの掃除は裏ワザを使って、細かい溝汚れやカビ汚れを撃退

サッシの掃除はどのくらいの頻度でやっていますか? 窓を開ける夏場などは小まめに掃除することも多いで...

部屋の大掃除。掃いて拭く前に不用品を処分。そのやり方とコツ

部屋の大掃除と聞くと、掃いて拭いてピカピカに!と思い浮かぶかもしれませんが、その前に『整理整頓』する...

大掃除は窓や網戸から始めるとやる気スイッチがONします

大掃除をしよう! 気持ちはあるけど、重い腰が上がらない。 そんな時には窓ガラスや網戸の掃除をして...

クロスの掃除で厄介なのがヤニ汚れ。プロが嫌がるヤニ掃除

クロスの掃除で一番やっかいなのがヤニ汚れです。 プロでも、キレイにすることが難しいようですよ。...

換気扇のフィルターに目詰まりする油汚れは粉の重曹をふりかけて

換気扇のフィルターを毎日洗っている人って、どのくらい居るのでしょうか? 自分のだらしなさを棚に上げ...

大掃除の窓拭きは裏技を使って簡単に終わらせるようにしましょう

年に一度の大掃除。その時に窓拭きをするという人も多いのではないでしょうか。 しかし、窓拭きはな...

タンスの掃除。衣類が喜ぶ木製タンスの使い方とお掃除方法

タンスを掃除する方法をご説明いたします。 木製のタンスは、呼吸をします。 ですから、衣類を守...

大掃除のコツ【自分の部屋編】部屋をスッキリ綺麗にする掃除方法

散らかっている自分の部屋、大掃除のときこそ綺麗に片付けたいと思っている人もいますよね。 でも、何か...

神棚の掃除の仕方と注意点を理解してから掃除を始めましょう

年末の大掃除の時に、初めて神棚を掃除するという人も多いのではないでしょうか。 しかし、神棚は神...

壁を掃除する方法。壁の材質・場所別の壁掃除の基本について

壁を掃除する方法をレクチャーします。 リビングのクロス張りの壁から、珪藻土の壁まで、壁の掃除方...

大掃除の窓拭きを簡単に効率よく済ませるコツや注意点

大掃除での窓拭きを簡単に済ませたいあなた。 掃除はまめにしていても、窓拭きはタイミングの見極めによ...

スポンサーリンク

大掃除のスケジュールを組むなら『ゴミの日』を基準に

毎年、年末が近づいてくると気になってくるのが「家の大掃除」という人は多いのではないでしょうか。

でも、他にも仕事をしていたり、小さな子供がいると、自分が思ったように大掃除のスケジュールが組めないということもありますよね。

家の大掃除、どこから手をつけたら良いのかわからない人のために、大掃除のコツをご紹介します。

「ゴミの日」に合わせて大掃除のスケジュールを

昔とちがい、ゴミは種類ごとに出す曜日が細かく決められているところがほとんどですよね。

可燃ごみやプラスチックゴミ、不燃ゴミなど、何曜日にどのゴミを回収するのかが各自治体で決められています。

そのゴミの回収日に合わせて、前日にゴミをまとめるという作戦をおすすめします。

可燃ごみやプラスチックゴミは、回収頻度が高いことがほとんどなので、回収頻度が低い不燃ごみや資源ごみから始めてみましょう。

大掃除と言ってもまとめて年末にするというルールはありません。

余裕を持って取り組めるように、10月~11月頃から少しずつ家のゴミを減らして、12月には物がスッキリしているのが理想です。

大掃除のスケジュールを組む時には、どこをどのように掃除するのかを考える

大掃除のスケジュールを立てるのが憂鬱な人は

何事も几帳面に取り組める人は、大掃除をする時にもスケジュールを段取りを考えながら立てることができると思いますが、私の場合は行き当たりばったりで集中が続かない性格なので、スケジュールをきちんと立てるというだけで結構なプレッシャーになります。

そんな私と同じような性格の方には、次のような大掃除のスケジュールの立て方がおすすめですよ。

  • どこを重点的に掃除したいかを決める
    家の中で、「ここだけは!」と汚れが気になっているところはないでしょうか。
    キッチン周りや浴室など、年内にキレイにしたいという目標の場所を絞ることで、効率よく大掃除に取り組むことが出来ます。
    逆に、掃除しない箇所も作っておくと、掃除するところが減り、気が多少楽になります。
  • 家の大掃除は家族も巻き込む!
    家は主婦だけの物ではありません。
    家族みんなが大切に使うことで、快適な家にすることが出来ます。
    1年に1度の家の大掃除には、一緒に生活している家族にも手伝ってもらってみんなで掃除できたら良いですね。
    年齢や体力も考慮しながら、場所ごとに分担するのがおすすめです。

大掃除のスケジュール『掃除』と『片付け』を区別して

大掃除の前にする事は片付け

今の部屋の状態を確認してみましょう。
もう使っていない家電や家具、小物があちこちに転がっていませんか?
掃除する前に、不要な物を少しでも減らし、部屋をスッキリした状態にすることが重要です。
部屋の表に出ていない物の中にも捨てられる物があることが多いです。

例えば、クローゼットの中に、もう何年も着ていない洋服やいつか着ようと思って取ってある服が眠っていませんか?
服には流行りがあるので、ずいぶん前に着ていた服は思い切って処分するのがおすすめです。
ただゴミに出すのは気がひけるなら、リサイクルに出したり、フリマで売るという方法もあります。

冷蔵庫の中も、不要な物の宝庫になっている可能性があります。
使いかけの調味料や賞味期限切れの食材など、この機会にまとめて処分しましょう。
処分する際は、面倒でも、ゴミの種別ごとに分類してから捨てるようにします。

私は、以前うっかり調味料が入ったままからしチューブをゴミに出したところ、中身が入っているということで回収されずに返却された経験があります…。
各自治体によってルールは違うと思いますが、ゴミを処分する時にはきちんとルールを守って捨てると後で面倒なことにならずに済みます。

必要な物だけになってから掃除をすることによって、部屋が見違えるほどスッキリしますよ。

大掃除のスケジュールをリストアップしてスケジューリングする

仕事では、日にちや時間ごとにスケジュールを組んで取り組むことが暗黙の了解ですが、家の大掃除でも、スケジュールを組むことは大切なことです。

大掃除する場所を紙に書き出す

ポイントは、自分ができる範囲で無理なくできるスケジュールを組むことです。
頭で考えて掃除をしても、忘れてしまったり、わからなくなることもあると思いますので、まずは、家の掃除する場所を紙にザッと書き出してみましょう。

家の掃除する場所は考えていたよりも、書き出すと意外とあるということがわかります。例えば、キッチンを掃除するにしても、シンク周りの掃除や換気扇の掃除、食器棚の掃除、キッチン床の掃除など、細かく分類するとたくさんあります。

場所によっては、掃除に時間がかかるところもありますので、余裕を持って数日に分けたり、1日にまとめるなど、自分が出来そうなスケジュールを組むことがおすすめです。

大掃除のスケジュールは部屋のカレンダーに

自分のスケジュール帳に予定を書き込むのでも良いですが、家族が見るカレンダーに書き込んでおくと、家族でスケジュールを共有することが出来ますので、便利です。

いつでも目に入るので、「トイレの掃除はいつやるんだったかな」とわからなくなっても、すぐに確認することが出来ます。

スケジュールを組むことは、「予定」なので、当日になって用事が入ったり、体調が悪くなって出来ないということも出てくるかもしれません。

そんな時のために、予備の日を設けておくと、年末が近づいて慌てるということも少なくなります。

大掃除をスムーズに進めるためのコツは事前に道具を揃えること

大掃除する場所に合った掃除道具を準備する

効率よく掃除を行うためには、場所に応じた「掃除道具」を準備しておくことはとても大切です。

いざ、掃除しようと思っても洗剤やブラシがないと、買いに行ったり、代用品を探す手間が増えますので、大掃除のスケジュールが決まったら、掃除場所ごとに、必要な掃除道具が揃っているのかをいま一度確認してみましょう。

どの場所でも活躍するのが古い布です。

これは拭き掃除によく使いますので、古くなった服を捨てる時はウエス用に切って取っておくと、捨てる前に利用できるので一石二鳥ですね。

場所ごとに、おすすめの掃除道具をご紹介します。

  • キッチン周り
    キッチン周りは、おもに油汚れが多いので、油汚れに効果的な台所用洗剤や、クレンザー、重曹などの洗剤の他、スポンジや細かい部分を掃除できる歯ブラシや割り箸があると良いでしょう。
  • 浴室
    浴室は、おもに水垢汚れや黒カビ汚れがほとんどです。
    水垢や皮脂汚れには、クエン酸や重曹がおすすめです。
    カビには市販のカビ取り剤を使いましょう。
    水滴を残さないように、水切りワイパーやモップ、排水口や床の継ぎ目を掃除するのに歯ブラシなどがあると便利です。
  • トイレ
    トイレは毎日使うので汚れが溜まりやすいところです。
    普段から掃除していても、大掃除はより丁寧に行い、ピカピカのトイレで新年を迎えたいですね。
    便器についた尿石などの汚れには、クエン酸水やトイレ用の洗剤を使い、ブラシでフチの裏まで磨きましょう。
    トイレの床も、尿の飛びはねなどで汚れていますので、トイレ用のお掃除シートがあると拭きやすく、捨てやすいので便利です。

大掃除のコツカテゴリの最新記事