PCを処分するためにかかる費用とメリット・デメリットについて

PCを処分するためにかかる費用とメリット・デメリットについて

古いpcを処分する方法はいくつかあるため、どの方法が一番よいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

また、少しでも処分費用を安くしたいと思ってしまいますが、無料の回収業者は問題ないのか心配になってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、pcの処分にかかる費用とそれぞれの処分方法にメリット・デメリットについて説明します。その中から自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

さらに、自分でデータ消去を行う方法についても説明します。依頼すれば消去してくれますが、自分で行う方が安全です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

大晦日に掃除はダメ?大掃除の意味と始める日・NGな日を解説

「大晦日までに掃除を終わらせなくてはダメ!」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。...

部屋の片付けを業者に依頼したい!片付け業者を選ぶポイント

部屋の片付けが思うようにできず、業者に依頼しようかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 夫婦...

大掃除の道具は100均で揃えよう!効果的な活用術を教えます

年末といえば大掃除。でも、私のように大掃除までいかずに年越ししてしまう人も多いのではないでしょうか。...

風呂の大掃除。上から下への手順でスッキリキレイ

風呂の大掃除は数回に分けてするのが望ましいです。 でも、一気に終わらせてしまいたい! そんなあな...

大晦日までに大掃除を終わらせるように!の意味について

日本では年末に大掃除をするという人がほとんどですが、実は大晦日までに大掃除を終わらせるようにすると言...

大掃除がめんどくさいを楽しく簡単にするコツと掃除方法とは

大掃除はめんどくさいものだとついつい、後回しにしてしまうあなた。 ただでさえ掃除は好きじゃないのに...

大理石の掃除に使える洗剤・使えない洗剤の種類と掃除手順を解説

ご自宅に大理石を使用している箇所があるご家庭では、大理石の掃除をするときにどのような洗剤を使えばいい...

サッシの掃除は裏ワザを使って、細かい溝汚れやカビ汚れを撃退

サッシの掃除はどのくらいの頻度でやっていますか? 窓を開ける夏場などは小まめに掃除することも多いで...

部屋の大掃除。掃いて拭く前に不用品を処分。そのやり方とコツ

部屋の大掃除と聞くと、掃いて拭いてピカピカに!と思い浮かぶかもしれませんが、その前に『整理整頓』する...

カビの掃除をハウスクリーニング業者に依頼してみた

カビとの戦い。 お風呂場、窓サッシ、玄関、トイレ、部屋の隅、キッチン、エアコンなどなど…。 ...

天井を掃除する時に必要な道具や洗剤をご紹介

天井の掃除をする時に必要な、道具やおすすめの洗剤を紹介します。 手の届かない場所の掃除をするに...

神棚掃除は男性の仕事?女性が触れるのは?神棚掃除の疑問を解決

「神棚の掃除は男性がするものであり、女性がしてはいけない」という話を耳にしたことありませんか? そ...

部屋の大掃除で運気アップ!場所別・運気を上げる掃除のポイント

運気を上げたいという人は、部屋の大掃除をして運気をアップさせてみましょう。風水を意識しながら部屋の掃...

神棚の掃除とお札の取替について。方法・注意点・守るべきこと

神棚の掃除と、お札の取り替え方について。 神棚やお札など、神道についてのしきたりは諸説あります...

スポンサーリンク

PCを処分する場合にかかる費用について

PCを自ら業者に持ち込む場合は費用はかかりませんが、家や会社に来てもらう場合にはその分の料金が発生します。

PC内のデータやソフトを消去する費用に加えハードディスクを物理的に壊す作業、証明書発行などのために費用がかかります。

また、データを消去したパソコンをゴミ処理場に廃棄するのか、リサイクルに出すのかで値段が異なります。
処分する場合

「再資源化処理費」としてだいたい3000円程度かかります。
ただし、一般家庭で使用されるPCで「PCリサイクルマーク」にシールが貼られている場合には費用はかかりません。
このシールが貼られていても会社で使用している場合には費用はかかりますので注意してください。

PCメーカーに処分を依頼した場合の費用はいくらなのか

PCをメーカーに処分を依頼した場合にかかる費用の相場は、1台1000~4000円程度です。
これに業者が回収しに来る費用は別になりますので、この金額に加算されます。

あらかじめ見積もりを確認し、処分の作業を進めていきましょう。

リサイクルマークがついているPCは無料に処分できます。
リサイクルマークがついていないものはメーカーのPCを新しく購入するという条件で、古いPCの買取や無料で処分を行っている場合もありますのでメーカーに問い合わせしてみると良いですね。

使わなくなった古いPCとはいえ、情報漏えいに繋がり兼ねないことですので慎重にいきたいところです。

PCを直接持ち込みした場合は処分費用が安くなります

業者に依頼し家に来てもらう方法だけではなくPCを直接持ち込むと安く済んだり無料だったりします。

自治体でPCなど小型機器類のリサイクルをしている場合は安く処分してもらえることがあります。

また、PCリサイクル業者があります。業者に持ち込むとだいたい無料です。
しかし、近くにこのような業者がある場合は良いのですが、近くにない場合は梱包しなければなりませんが宅配料金は着払いであることが多いです。
自己責任の元、自分でデータ消去をするのか、業者でデータ消去を行ってくれるのかは業者によって様々です。

PCを処分する前に自分でデータ消去を行う方法

業者に依頼すると料金が発生しますがスムーズに確実に消去し処分してもらえます。
しかし、それでも「不安」という場合は自分でもPC内のデータを消去することができます。

ただ単に消去してゴミ箱に入れたり、フォーマット(ハードディスクの初期化)するだけでは完全に消去されているわけではありません。
目に見えないだけでPCに詳しい方や悪質業者の手によれば簡単に復元させてしまうことができます。
復元されると情報漏えいとなり、いつどこで何に個人情報を使われるかわかりません。
このような事件は多数起きている事が事実です。
なのでPCの処分は慎重にならなくてはいけないのです。

PCを処分するためにはハードディスクの古い情報を消すように、意味のないデータを上書きして古いデータを消去する必要があります。
データ消去ソフトなどもありますので、それらを利用すると便利ですね。

具体的なやり方はPCそれぞれ異なりますので確認して行うことをオススメします。

メリット・デメリットを理解して、PCを処分するようにしましょう

PCメーカーに依頼
PCをメーカーに送るだけで良いので手間はかかりません。
PCリサイクルシールがない場合に関しては後日請求書が届きます。
データ消去は事前に自分でしなければならなく、完全に消去されていない場合であっても自己責任になります。

不用品業者
有料でデータ消去も個人の自己責任の元行わなければなりません。
数種類の家電製品を行きに処分することができるので引っ越しの際などには便利ですね。
自治体
自治体によって仕組みや料金設定が異なりますが、料金はかかっても安く処分することができます。
PCデータ消去は個人に責任で行ってから引き渡す必要があります。

無料業者
PC本体だけでなくマウスやコードなども同時に処分することができます。
専用機器でデータを消去してもらうことができますが、中には安易な消去をしたまま処分するいい加減な業者もあります。
口コミなどの評判を確認してから利用すると良いでしょう。

家電量販店
その家電量販店で新しいものを購入予定ならば、無料または安く処分することができます。
しかし家電量販店によってデータ消去をしてくれるところとそうでないところがあるので確認してください。
また新しいPCの購入希望がないなら料金が割高もしくは処分できないこともあります。

PC処分は慎重にいきたいところです。
いくつかの処分方法がありますので自分にあった方法を検討してみてください。
家族のためにもより安全な方法で処分できると良いですね。

大掃除のコツカテゴリの最新記事