神棚掃除は男性の仕事?女性が触れるのは?神棚掃除の疑問を解決

神棚掃除は男性の仕事?女性が触れるのは?神棚掃除の疑問を解決

「神棚の掃除は男性がするものであり、女性がしてはいけない」という話を耳にしたことありませんか?
その話が本当であれば、男性がいない家庭だと神棚掃除が一生できないことになります。

色々疑問が湧いてきますが、そもそもなぜ神棚掃除は男性の仕事だと言われてきたのでしょうか。女性が触っては本当にいけないのでしょうか。

神棚掃除について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エタノールで掃除!カビを撃退するエタノールの使用方法と注意点

エタノールで掃除と最近よく耳にするけど、どのように使ってよいのかいまいちよくわからない。 そん...

換気扇掃除に効果的な洗剤とつけおき洗いのコツについて解説

換気扇掃除を面倒だと感じる主婦の人も多いでしょう。さらに油汚れがひどいと、なおさらそう思ってしまうの...

大掃除は窓や網戸から始めるとやる気スイッチがONします

大掃除をしよう! 気持ちはあるけど、重い腰が上がらない。 そんな時には窓ガラスや網戸の掃除をして...

仏間の掃除と仏間に配置する仏壇の掃除の仕方について

仏間の本来の意味をご存知ですか? 仏間は、仏様専用のお部屋です。 仏壇を配置するのには、...

大掃除の窓拭きは新聞紙が便利!新聞紙を使った窓の掃除の方法

毎年年末になると皆さんの頭を悩ませるのが大掃除です。 中でも、窓の掃除は大変な場所の一つです。 ...

下水の臭いが外からする原因は?外にある排水桝をチェック!

窓を開けると外から下水の臭いが…。 どこから臭うのかもわからないまま、ずっと不快な思いをするのは嫌...

壁を掃除する方法。壁の材質・場所別の壁掃除の基本について

壁を掃除する方法をレクチャーします。 リビングのクロス張りの壁から、珪藻土の壁まで、壁の掃除方...

カビの掃除をハウスクリーニング業者に依頼してみた

カビとの戦い。 お風呂場、窓サッシ、玄関、トイレ、部屋の隅、キッチン、エアコンなどなど…。 ...

【天井掃除のコツ】頑固なヤニ汚れを落とすための洗剤と掃除方法

天井は手が届きにくい場所なので掃除をしない人も多いのですが、気がつくとヤニ汚れで黄ばんでしまうことも...

神棚の掃除の仕方と注意点を理解してから掃除を始めましょう

年末の大掃除の時に、初めて神棚を掃除するという人も多いのではないでしょうか。 しかし、神棚は神...

大掃除を簡単に終わらせる時短テクニック!段取りも重要です

年末になると気になるのが大掃除。 大掃除こそ簡単に終わらせることができれば嬉しいですよね。 ...

【大掃除のコツ】窓やサッシについたカビをきれいに取る方法

年末の大掃除の時に、窓ガラスだけではなく窓枠やサッシを徹底的にきれいにしようとする人も多いでしょう。...

風呂の大掃除。上から下への手順でスッキリキレイ

風呂の大掃除は数回に分けてするのが望ましいです。 でも、一気に終わらせてしまいたい! そんなあな...

大掃除のコツ【自分の部屋編】部屋をスッキリ綺麗にする掃除方法

散らかっている自分の部屋、大掃除のときこそ綺麗に片付けたいと思っている人もいますよね。 でも、何か...

壁紙掃除の天敵ヤニ!壁紙に付いたヤニを簡単綺麗に落とす方法

賃貸アパートを退出する際のトラブルで多いのが、壁紙に付いた頑固なヤニです。 原状回復のためある程度...

スポンサーリンク

神棚の掃除は男性が行うべきだと言われてきた理由

神棚は家の守り神として、非常に神聖な空間に感じます。
なので掃除をするにしても、きちんと習慣に従わなければいけないと強く意識している家庭も多いはずです。

神棚は女性が触れることが良くないという話は、当然の習慣として日本では代々教えられているでしょう。
その習慣をきちんと守っている家庭も多くあります。

そもそも、なぜ神棚を女性が触れたり掃除をしてはいけないのでしょうか。
古くから言われていることでは、守り神である神棚は一家の大黒柱が管理をするもの。
神棚に祀られている神様が女性なので、同性である女性が手入れをすると神様が嫉妬をする。
ということが言われています。

しかし、女性が神棚の掃除をすべきだという地域もあるようで、女性が触れてはいけないという概念の範囲に少し疑問を感じます。
男性が家庭にいないという場合は、掃除をしないわけにはいかないので、結局女性が手を触れることになります。

男性が掃除などの手入れをすることがベストかもしれませんが、掃除をせずにいるくらいなら女性が触れてでも掃除を行った方がずっと良いことだと思います。

神棚掃除は男性だけでなく、女性が触れて構わないというのが最近の考え

以前の日本は男女の地位が平等ではなく、男性に比べると女性は低い立場に考えられていました。
なので女性は穢らわしく、神聖な神棚に触れることはいけないことだと言われていました。

しかし、時代と共に男女の地位に差はなくなり、女性が穢らわしいという考えもないように感じます。
あくまでも昔の日本の概念であって、現代の概念とは違う感じがします。

掃除をするときに大切なことは、男女という性別の違いではなく、心と手を清めてから掃除を始めるという意識ではないのでしょうか。

神棚掃除は男性の仕事というのではなく「家長が行う」というのが正しい考え方

神棚を掃除するのは、正しくは男性に限定するのではなく家長が行うべき、という考えがあります。
家系を継承して、家族を統括する存在が家長だと考えられているので、必ずしも男性の場合とは限りません。

しかし、家長が年配であることや体調の問題などで掃除をすることが難しい場合は、別の家族に代わってもらうこともあるでしょう。

神棚の掃除は重たく大変な場面もあるので、男性の方が割と簡単に掃除を行うことが出来るので、そのような面では男性の方が適しているとは言えます。

あくまでも適しているということであって、男性の仕事、男性しか行っては行けないという考えは違います。

また神道は怪我や病気を穢れだとしているので、当てはまる状態のある人間は神棚に触らない方がいいです。
これは性別問わず、健康状態の良好な人間が神棚の掃除をするという意識も大切です。

神棚の掃除方法と手順

神棚は掃除の方法や手順も非常に大切です。
無意識にしたことが、神様に非常に失礼な行為ということもあるので、掃除をする前に方法についてはしっかり覚えておきましょう。

  1. ボウルに水を溜め、そこに大さじ3~5程度の清酒を入れます。
    掃除をするための雑巾などは、この清酒を入れた水に浸します。
    しっかりと水分を絞ることも忘れないで下さい。
  2. 次は神棚に向かって、二拝礼、二拍手、一礼をして
    「只今よりお掃除をさせて頂きます。お障りなきようよろしくお願い致します。」と掃除の挨拶をします。
  3. 掃除をしていく手順は、お社の内側を丁寧に拭きます。
    仕上げに乾拭きすることも必要です。
    続いてお社の外側、棚の順番で拭いて汚れを落としていきます。
  4. お水やお米、榊などの器は洗剤で丁寧に洗います。
    新しいお水やお米、榊を入れて戻しましょう。
  5. 二拝礼、二拍手、一礼をして
    「失礼致しました。ありがとうございました。」と掃除の終わりの挨拶をします。
  6. 掃除を終えたら手を洗い、新しい御札を入れます。

掃除をしているときは邪念を捨て、清い心で行うように意識しましょう。

神棚を掃除する際の注意点

掃除についての習慣や手順を見てきましたが、注意すべき点もあります。
いくら挨拶をしても注意点を守れなければ失礼になるので、併せて覚えておきましょう。

  1. 挨拶を忘れない
    挨拶をせずに掃除を始めることは、私達にとっては無断で家に入ってこられるようなことです。
    非常に不愉快な気持ちになります。
    なので必ずこれから掃除を始めること、掃除が無事に終わったことを挨拶して伝えることを忘れないで下さい。
  2. 手を清めることを忘れない
    必ず手を洗い、清めた状態で神棚に触れるようにしましょう。
    清めていない邪気のついた手で触れると、神様にまで邪気を移してしまいます。
    守り神であるので、いつも以上に丁寧に洗ってから掃除を始めましょう。
  3. 床に置かない
    掃除をするときに、つい重たいお社を床に置いたりしていませんか。
    神様が人間より低い位置になることはNGです。
    置く必要がある場合は、机や台の上に置くようにして人間より低い位置にならないように工夫しましょう。
  4. 掃除には新しい雑巾を使う
    使用済みの雑巾を使うこともNGです。
    汚れを神様に付けることになり、非常に失礼な行為です。
  5. 息を吹きかけないようにする
    掃除のときや、新しい御札を入れるとき、神様に息がかからないようにします。

自分の人に息を吹きかけられたら、不快な気持ちになりますよね。

大掃除のコツカテゴリの最新記事