エタノールで掃除!カビを撃退するエタノールの使用方法と注意点

エタノールで掃除!カビを撃退するエタノールの使用方法と注意点

エタノールで掃除と最近よく耳にするけど、どのように使ってよいのかいまいちよくわからない。

そんなあなたに、エタノールを掃除で使う方法や、注意点についてご紹介いたします。

エタノールは『カビ』を掃除するイメージですがそれだけではありません。
除菌や抗菌効果もあります。

『エタノール』を知って、掃除に取り入れましょう。

それでは、エタノールと、エタノールの使い方についてご説明いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タイルの掃除には重曹で汚れを落とす!玄関の掃除は重曹で簡単に

玄関は掃除をしていても、タイルが黒ずんで汚れが取れないとお悩みの方も多いと思います。掃き掃除をしても...

大掃除を簡単に終わらせる時短テクニック!段取りも重要です

年末になると気になるのが大掃除。 大掃除こそ簡単に終わらせることができれば嬉しいですよね。 ...

大掃除の窓拭きは裏技を使って簡単に終わらせるようにしましょう

年に一度の大掃除。その時に窓拭きをするという人も多いのではないでしょうか。 しかし、窓拭きはな...

大掃除のコツ【自分の部屋編】部屋をスッキリ綺麗にする掃除方法

散らかっている自分の部屋、大掃除のときこそ綺麗に片付けたいと思っている人もいますよね。 でも、何か...

窓専用の洗剤がなくても、代用できるものはたくさんあります

窓の掃除をしようと思った時、窓専用の洗剤がないと掃除できないと考える人も多いのではないでしょうか。 ...

壁を掃除する方法。壁の材質・場所別の壁掃除の基本について

壁を掃除する方法をレクチャーします。 リビングのクロス張りの壁から、珪藻土の壁まで、壁の掃除方...

神棚の掃除の仕方と注意点を理解してから掃除を始めましょう

年末の大掃除の時に、初めて神棚を掃除するという人も多いのではないでしょうか。 しかし、神棚は神...

【天井掃除のコツ】頑固なヤニ汚れを落とすための洗剤と掃除方法

天井は手が届きにくい場所なので掃除をしない人も多いのですが、気がつくとヤニ汚れで黄ばんでしまうことも...

壁紙掃除の天敵ヤニ!壁紙に付いたヤニを簡単綺麗に落とす方法

賃貸アパートを退出する際のトラブルで多いのが、壁紙に付いた頑固なヤニです。 原状回復のためある程度...

部屋の片付けを業者に依頼したい!片付け業者を選ぶポイント

部屋の片付けが思うようにできず、業者に依頼しようかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 夫婦...

【大掃除のコツ】窓やサッシについたカビをきれいに取る方法

年末の大掃除の時に、窓ガラスだけではなく窓枠やサッシを徹底的にきれいにしようとする人も多いでしょう。...

【壁紙の掃除方法】黒ずみの原因を理解して汚れを落としましょう

部屋の掃除は日常的にしていても、壁紙の掃除まではしない人の方が多いのではないでしょうか。 しか...

引越しに出たゴミが当日までに間に合わない場合の対処法

予定を立てて引越しの準備をしていても、引越し当日までにゴミ処分が間に合わないということもあるでしょう...

サッシの掃除は裏ワザを使って、細かい溝汚れやカビ汚れを撃退

サッシの掃除はどのくらいの頻度でやっていますか? 窓を開ける夏場などは小まめに掃除することも多いで...

壁についたヤニが原因の黄ばみの落とし方と使用する洗剤について

壁についたヤニが原因の黄ばみ。そのままにしておくと、きれいに落とせなくなってしまうと言われています。...

スポンサーリンク

カビを掃除するのによいとされるエタノールについて

知らないうちに家の中に発生してしまったカビ。

湿気の多いところに繁殖するカビですが、放っておくとカビは胞子を撒き散らしながら繁殖を繰り返していくため、見つけたらすぐにでも正しい方法でカビを撃退することが重要です。

カビを撃退するのには、カビ専用の洗剤も市販されていますが、テレビや雑誌で「エタノール」がカビに効くということを知ったという方も多いのではないでしょうか。

「エタノール」とは

エタノールは、正式にはエチルアルコールのことで「アルコール」の一種です。

ドラッグストアに行くと置いていますが、普通の「エタノール」の他、「無水エタノール」や「消毒用エタノール」など種類があり、どれを選べば良いのか迷ってしまうこともあります。

エタノールは、含まれるアルコールの濃度により種類が分けられている

無水エタノール

アルコール濃度が一番高いのは、ほぼエタノールで出来ている「無水アルコール」です。

洗浄力が高いことが特徴で、水拭きNGの家電製品を掃除することなどに効果を発揮します。
ただアルコール濃度が高い分、空気に触れるとあっという間に蒸発してしまうので、掃除に使う時にはそのままではなく薄めて使うことが必要です。

消毒用エタノール
アルコール濃度はこの種類の中で一番薄く、手肌に触れても刺激が少ないためインフルエンザなどの予防などの用途でよく病院などの公共施設で手の消毒用として使われています。

カビには「無水エタノール」を選ぶ

家のカビを撃退するために使うのは、「無水エタノール」を水で薄めるのが正解です。

また、無水エタノールを水で薄めるなど濃度を調整することにより、消毒用エタノールや精油など他の用途としても使うことが出来るため、無水エタノールを常備しておくと便利ですね

エタノールの力でどこまでカビを落とすことができるのか

”エタノールがカビに効く”ということはよく言われていますが、具体的にカビがどのくらい落ちるのかまではよく分からない人も少なくないのでは?

私も、最近までカビは”カビキラー”などの専用のカビとり剤しか効かないと思っていたので、エタノールがカビに効くということを知ってから「本当にカビに効くの?」とちょっと半信半疑でした。

エタノールでカビを殺菌する

カビは、「菌糸」と菌糸から伸びる「胞子」によって出来ている

この菌糸と胞子にエタノールをかけることによって、2つの成分は働きを失い、除菌することができます。

カビと言えば、黒ずみなどの色汚れもありますが、エタノールではこの色素まで落とすことは出来ません。

つまり、エタノールを使うことでカビそのものを殺菌・死滅させることはできますが、「漂白」の効果はないため、付いてしまったカビの色汚れまでは落とせないということです。

しかしながら、エタノールでカビを殺菌できるということはメリットもたくさんあります。

強い洗剤を使わなくてもアルコールでカビ菌をやっつけることが出来るというのは、掃除する時に下準備をする手間が省けて便利ですよね。

でき始めのカビや、カビ予防にエタノールを使うことが効果的といえるでしょう。

エタノールを積極的に取り入れて掃除をしよう!

無水エタノールは、空気に触れると濃度の高いアルコール成分が蒸発してしまうので、カビ菌を退治しようとそのまま使っても、カビに浸透する前に成分が蒸発してしまい、効き目がないまま終わってしまいます。

無水アルコールは薄めて使う

スプレーボトルにエタノール8割に対し、水2割を入れて濃度を薄めてから使うようにしましょう。

薄めて使う場合でも、アルコールは揮発性が高いため、掃除をする時には部屋の換気を十分に行うことが大切です。

薄めたエタノールは、消毒が出来るため、家のあらゆる場所で使うことが出来ます。

例えば、ドアノブ。

ドアノブは、人の出入りの度に触れる場所なので、手垢などの汚れが付きやすいところです。

窓付近や冷蔵庫の掃除にもおすすめです。

窓に直接スプレーして乾拭きしたり、冷蔵庫の庫内の拭き掃除、冷蔵庫ドアのパッキン部分など汚れが付きやすいところにエタノールを使うことで、汚れを除去したり、事前にカビ菌を予防する効果も期待できます。

お風呂場の掃除に。ピンクカビの「ロドトルラ」にはエタノール

浴室は、水を使う場所なので湿気が多くカビ菌も発生しやすい場所です。

浴室の床に水が残っているとそこに石鹸カスなどが加わりピンク色の汚れになりますが、これは実は真菌の一種ということをご存知ですか?

「ロドトルラ」という酵母菌で、ピンク色でヌメヌメしていることが特徴です。

よく浴室の床の溝に出来ていることがあります。

このロドトルラは、シャワーで流すとヌメヌメが取れるため一見汚れが落ちたかのように見えますが、水だけでは汚れの根元を落とすことは出来ないので、ただ表面に見えていないだけで、実はその場に残っていることがほとんどです。

このロドトルラは、カビよりも繁殖スピードが圧倒的に早く、放っておくとあっという間に範囲を広げてピンク汚れだらけになってしまいます。

この真菌を殺菌するためには、「エタノール」が効果的です。

薄めたエタノールを汚れに直接吹き付け、上からラップなどで覆ってアルコール成分を菌に浸透させましょう。

10分ほど置いてラップを取ったら、汚れの部分をブラシで軽くこすり落とし、熱めのお湯で洗い流すとキレイになりますよ。

エタノールを使う時は換気をしながら掃除をする

エタノールは、家の掃除や消毒に効果があるため、掃除道具として1つ持っていると色々な活用方法が出来る優れものです。

エタノールで掃除する時の注意

インフルエンザが猛威を振るう冬には、エタノールで手や身の回りの物を消毒することも効果的です。

家電製品やパソコンに付いた汚れを拭き取る時は水拭き厳禁なことが多いので、このような掃除には、アルコール濃度が高い無水エタノールが便利です。

綿棒に無水エタノールを染み込ませてから掃除することで、細かい隙間に入った汚れもキレイに落とすことが出来ます。

エタノールは、掃除に便利な道具ですが、使用時には「換気」をしてから行うのが大切です。

エタノールは揮発性が高いので、密室でエタノールを使っていると吸い込んで気分が悪くなってしまったり、別の物に引火してしまう恐れもありますので、注意しましょう。

大掃除のコツカテゴリの最新記事