サッシの掃除は裏ワザを使って、細かい溝汚れやカビ汚れを撃退

サッシの掃除は裏ワザを使って、細かい溝汚れやカビ汚れを撃退

サッシの掃除はどのくらいの頻度でやっていますか?
窓を開ける夏場などは小まめに掃除することも多いでしょうか。
またサッシの掃除は大掃除のときにまとめてやるという人もいるでしょう。

サッシの掃除は細かい溝が多く、なかなか掃除しにくい場所でもあります。

そこで今回はサッシの掃除に役立つ裏ワザお紹介します。
まずは便利な道具とその使い方をご覧ください。

普通のスポンジも一手間加えるだけで、細かい溝の汚れも一気に掃除出来るという使い方も紹介します。

窓のサッシの部分にはいつの間にかカビが繁殖していることもあります。
気になるカビの掃除方法もお伝えします。

汚れが落ちたサッシは、見た目も気分もスッキリすること間違いなしです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除こそ普段拭かない窓やサッシを綺麗にしたいものですが、適当に拭いて終わらせている方が多いのではな...

部屋の換気扇フィルターの掃除頻度や掃除方法をご紹介

部屋に設置されてある換気扇にはフィルターが取り付けらています。 フィルターがあることで、外気の花粉...

大掃除の道具は100均で揃えよう!効果的な活用術を教えます

年末といえば大掃除。でも、私のように大掃除までいかずに年越ししてしまう人も多いのではないでしょうか。...

大掃除に便利な場所別リストの作り方と掃除のコツを徹底解説

「今年こそは大掃除しよう。」と気持ちは張り切っているものの、掃除したい場所がありすぎて手をつけられず...

サッシの掃除に適した洗剤とは。サッシの素材別使える洗剤選

サッシの掃除してますか? 窓ガラスをピカピカにするだけで、サッシの汚れは見逃しがちに…。 ...

神棚掃除は男性の仕事?女性が触れるのは?神棚掃除の疑問を解決

「神棚の掃除は男性がするものであり、女性がしてはいけない」という話を耳にしたことありませんか? そ...

クロスの掃除で厄介なのがヤニ汚れ。プロが嫌がるヤニ掃除

クロスの掃除で一番やっかいなのがヤニ汚れです。 プロでも、キレイにすることが難しいようですよ。...

引越しに出たゴミが当日までに間に合わない場合の対処法

予定を立てて引越しの準備をしていても、引越し当日までにゴミ処分が間に合わないということもあるでしょう...

お風呂の換気扇の正しい外し方を理解して掃除を始めましょう

お風呂の換気扇を掃除しないと、ホコリなどが落ちてきたり浴室にカビが生えやすくなると言われていますが、...

換気扇掃除に効果的な洗剤とつけおき洗いのコツについて解説

換気扇掃除を面倒だと感じる主婦の人も多いでしょう。さらに油汚れがひどいと、なおさらそう思ってしまうの...

大晦日に掃除はダメ?大掃除の意味と始める日・NGな日を解説

「大晦日までに掃除を終わらせなくてはダメ!」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。...

部屋の大掃除は順番を決めることでスムーズに。掃除のコツも紹介

大掃除をしようと思っても、どこから手を付けて良いのかわからないという悩みはあると思います。 こ...

神棚の掃除を女性はしてはならないと聞くけどどうなのでしょうか

神棚の掃除を女性がすることを『タブー』として扱われますよね。 私も『神様は女性だからヤキモチを...

大掃除を簡単に終わらせる時短テクニック!段取りも重要です

年末になると気になるのが大掃除。 大掃除こそ簡単に終わらせることができれば嬉しいですよね。 ...

五徳掃除にはセスキ炭酸ソーダ!セスキの効果と掃除のコツ

油汚れが気になる五徳の掃除には、セスキ炭酸ソーダが効果的! 洗剤選びで迷ったら、まずはセスキを...

スポンサーリンク

サッシの取りにくい汚れが簡単落ちる裏ワザ道具、2つを紹介

窓のサッシの黒ずみですが、汚れが気になるけど掃除がしづらく、また掃除方法もわからず目をつぶってしまう方も多いでしょう。
汚れを放っておくと、年に1度の年末大掃除の際にも苦労することが目に見えています。

掃除は汚れが気になったらその都度掃除をすること、汚れが溜まる前に毎日掃除することが大切です。

窓のサッシも掃除方法と道具をわかっていたら、掃除に取り掛かりやすく簡単に掃除することが出来るのではないでしょうか。

窓のサッシの掃除に便利な道具はブラシ系です。
ブラシといっても大きなものですと、細かな部分の汚れまで行き届きませんので、使い古しの歯ブラシやペンキを塗る時などに使う刷毛をがとても便利です。

まず、裏ワザとして刷毛はホウキ代わりになります。
乾いたゴミを取り除いていきます。
ここでの主なゴミは砂埃や砂利のようなものです。
次に裏ワザの歯ブラシや使い古しの布などで、細かな部分の汚れをかき出します。
この時の汚れの状態によっては、使い古しの布を割り箸に巻き付けて擦ったり、綿棒や爪楊枝を用いたり、洗剤を使用しても良いでしょう。
洗剤を使用する場合には洗剤が残らないよう、水を流すまたは拭き取って綺麗にしてくださね。

このような掃除を小まめにすることで、サッシの汚れがひどく溜まることはないですよ。

サッシの細かい溝の掃除には、裏ワザカットのスポンジがおすすめ

窓のサッシは細かに溝がいくつもあります。
このサッシの掃除にやりがちなのが、水気を絞ったタオルで拭くことです。
タオルにあたる部分は非常に綺麗になりますが、タオルでは行き届かない部分の汚れは残ったままです。
何度もタオルを洗い直し拭いてと、それでも行き届かない部分があり大変なことでしょう。

そんな掃除しづらい窓のサッシでも、裏ワザを使えば簡単に掃除することは可能です。

それは、スポンジに切れ目を入れて使うことです。
そうすることで、スポンジがあらゆる方面に向くことができ、細かな部分まで届きやすく綺麗に汚れを落とすことができます。

使い古しのスポンジにカッターで、1センチ角になるようさいの目に切り込みを入れて行きます。
スポンジが柔らかいので、切りづらいですがざっくりで構いません。
洗面器やバケツに水を入れてスポンジを濡らし絞ります。
水気を絞ったスポンジで汚れを擦っていくと簡単に汚れが落ちます。

使い古しのスポンジですので、使い終わったらすぐに捨てましょう。
掃除や、食器洗いに使うスポンジの替え時のタイミングで使い古しのスポンジを利用し窓のサッシの掃除を行っていくと、汚れが蓄積されることがないですよ。

サッシのカビの掃除にはキッチンにある物を使った裏ワザ

窓のサッシには窓枠が常についた状態ですよね。
窓を開け閉めする時は窓のサッシの汚れまで、一緒に引きずってしまうことがあります。
また、雨の日や湿気が多い日なんかは汚れも湿気混じり、それがカビの原因になってしまうことがあります。

窓のサッシにカビが生えてしまったら、綺麗に落とす裏ワザがあります。
それはどの家庭のキッチンにもある「片栗粉」を活用していきます。
漂白剤を直接かける時と比べ、片栗粉を混ぜることでカビに密着しやすく、カビ菌の根本まで漂白剤の力を行き届きやすくするためです。

漂白剤と他の洗剤を混ぜることは有害な物質を作り出してしまう可能性があるため、絶対にしてはけないことですが片栗粉は洗剤ではないので安心ですね。

片栗粉と漂白剤(1:1の割合)を混ぜカビの上に乗せていきます。
10分程度時間を置きます。
ここで長い時間置いてしまうと、サッシの変色の可能性がある、または漂白剤の効力がなくなってしまいますので、理想としては10分程度になります。

サッシの掃除の基本の流れを確認

サッシ掃除のやり方

  1. 窓枠をはずします。
    その方がとてもスムーズに掃除を行うことができます。
  2. 刷毛や、小さな柔らかいブラシなどで乾いた砂やゴミなどを集め、掃除機で吸い取ります。
  3. 取り残しの乾いたゴミと湿ったゴミを使い古いの歯ブラシや布、綿棒や爪楊枝を使って取り除いてかき出します。
    前述で紹介して裏ワザ、切れ目をいれたスポンジを使うことで、綺麗に汚れを落とすことができます。
  4. 綺麗に使い古しの布やスポンジでなどで、汚れを拭き取れれば乾燥させて終了です。
    汚れが酷い場合は水を流し込んで、外側へ出すかまたは布などに吸わせて水分をとっていきます。

100円均一でも売っている、ペットボトルにはめられるブラシがあります。
ペットボトルに水を入れることで、そのブラシを使用しつつ水がでる仕組みになっていますので、裏ワザアイテムとして覚えておくと便利な時がありそうですね。

サッシの掃除は全て外すと掃除がしやすい。頑固な汚れに効くのは

窓のサッシを掃除をする時は窓はそのままで掃除する方が多いですが、それでは掃除が完璧とはいえません。
窓の開閉と共にゴミまで一緒に引きずってしまったり、開閉の際に窓を引きずることで新たなゴミまで巻き込んでしまうのです。

お住まいの家の形式によっては窓の取り外しが難しいこともあるでしょうが、その時は無理せずに窓をつけたまま、窓枠に挟まったゴミも意識しながら掃除を行っていきましょう。

窓のサッシの掃除、そして頑固な汚れに効果があるのがスチーマーです。
スチーマーの高温蒸気や圧で隅々までの汚れを取り除くことが出来ます。

スチーマーは窓のサッシだけではなく、カーペットのダニ取りやシミ取り、お風呂やトイレのカビ、キッチン周りの頑固な油汚れなど様々な部分に使用することができます。

高価なものから、購入するのにとまどってしまう方も多いのですが、家の汚れが気になるかた、力もいらずに楽に掃除したい方、掃除が好きな方にとってはとても便利な商品ですので、チェックしていてくださいね。

大掃除のコツカテゴリの最新記事