【壁紙の掃除方法】黒ずみの原因を理解して汚れを落としましょう

【壁紙の掃除方法】黒ずみの原因を理解して汚れを落としましょう

部屋の掃除は日常的にしていても、壁紙の掃除まではしない人の方が多いのではないでしょうか。

しかし、壁紙にもいろいろな汚れがつくため、いつのまにか黒ずみになってしまうこともあります。

今回は、壁紙についた黒ずみの原因とその掃除方法について詳しく説明します。黒ずみを見つけたら、すぐに掃除を始めましょう。

また、黒ずみを落として壁紙をきれいにしたら、今度はそのまま維持しましょう。そのためのお手入れ方法についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

【エアコン掃除】ファンを自分で掃除する方法とコツを教えます

エアコンの掃除は自分でできると聞いたものの、ファンの掃除はどうやってするのかわからない人も多いのでは...

大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除こそ普段拭かない窓やサッシを綺麗にしたいものですが、適当に拭いて終わらせている方が多いのではな...

大掃除の窓拭きは新聞紙が便利!新聞紙を使った窓の掃除の方法

毎年年末になると皆さんの頭を悩ませるのが大掃除です。 中でも、窓の掃除は大変な場所の一つです。 ...

窓専用の洗剤がなくても、代用できるものはたくさんあります

窓の掃除をしようと思った時、窓専用の洗剤がないと掃除できないと考える人も多いのではないでしょうか。 ...

大掃除の窓拭きを簡単に効率よく済ませるコツや注意点

大掃除での窓拭きを簡単に済ませたいあなた。 掃除はまめにしていても、窓拭きはタイミングの見極めによ...

大理石の掃除に使える洗剤・使えない洗剤の種類と掃除手順を解説

ご自宅に大理石を使用している箇所があるご家庭では、大理石の掃除をするときにどのような洗剤を使えばいい...

天井を掃除する時に必要な道具や洗剤をご紹介

天井の掃除をする時に必要な、道具やおすすめの洗剤を紹介します。 手の届かない場所の掃除をするに...

サッシの掃除は裏ワザを使って、細かい溝汚れやカビ汚れを撃退

サッシの掃除はどのくらいの頻度でやっていますか? 窓を開ける夏場などは小まめに掃除することも多いで...

クロスの掃除で厄介なのがヤニ汚れ。プロが嫌がるヤニ掃除

クロスの掃除で一番やっかいなのがヤニ汚れです。 プロでも、キレイにすることが難しいようですよ。...

エタノールを使った掃除は、フローリングの床でも大丈夫なのか

アルコールの一種であるエタノールは、その消毒効果から、傷や手指の消毒だけではなく、掃除の仕上げの除菌...

冷蔵庫の掃除方法。部位別の掃除方法を徹底解説

冷蔵庫の掃除は電気代の節約にも繋がりますし、すっきりと片付いていると無駄な買い物をせずに済みます。 ...

壁についたヤニが原因の黄ばみの落とし方と使用する洗剤について

壁についたヤニが原因の黄ばみ。そのままにしておくと、きれいに落とせなくなってしまうと言われています。...

お風呂の換気扇の正しい外し方を理解して掃除を始めましょう

お風呂の換気扇を掃除しないと、ホコリなどが落ちてきたり浴室にカビが生えやすくなると言われていますが、...

外壁掃除は業者に依頼する方が安心!業者に依頼する際のポイント

外壁掃除は自分でも行うことができますが、汚れが強く広範囲であれば、業者に依頼することをおすすめします...

スポンサーリンク

壁紙にできた黒ずみの原因について理解しましょう

入居当時はキレイな部屋でも、生活をしていればどうしても汚れがついてしまうのは仕方のないことですが、白い壁に黒ずみを見つけてしまうと、言いようのないショックに襲われることもありますよね。

壁の黒ずみはホコリやカビかも

壁に付いた黒ずみの原因としては、喫煙によるヤニや手垢が付いた物など色々な事が考えられますが、居間の黒ずみの原因は、ほとんどの場合「ホコリ」や「カビ」であることが多いです。

まずは、部屋のホコリが壁に付いてそれが黒ずんで見えるというケースです。

壁にホコリというと、意外に思われる方もいるかもしれませんが、部屋は四方を壁に囲まれているので、部屋に舞うホコリは壁にもたくさん付いています。

ホコリは、軽くて舞いやすいので、ちょっとした風圧で飛んでいきますが、空気の動きがない大きな家具の裏などは、特にホコリが蓄積されやすいのです。

同様の考えで、家具の後ろは風通しが悪く、高温多湿の状態になりやすいため、黒カビが発生することがあります。

大きな家具の後ろの壁に黒ずみが見つかった場合、それは黒カビである可能性が高いです。

壁紙にできた黒ずみの原因が「油汚れ」の場合の掃除方法

真っ白だった壁紙が黒ずんでくると、部屋全体が暗く見えてしまいますので、なんとかキレイにしたいと思いますよね。

壁紙に付いた黒ずみ汚れは、「油汚れ」からきていることもあります。

油汚れの原因は、調理の油や皮脂汚れ

特に、キッチン周りの壁紙に黒ずみがある場合、油汚れである可能性が高いです。

調理の時に出た油ハネが壁に付くことが原因としては一番高いですが、皮脂による汚れということも考えられます。

一日に何度も触るスイッチ近辺の壁紙が黒ずんでいる場合は、手垢汚れかもしれません。
お菓子を食べた手で壁を触ると壁紙にお菓子の油や皮脂が付き、黒ずみ汚れに変化します。

このように、油が原因の黒ずみ汚れには、「中性洗剤」を使うことでキレイに落とすことが出来ます。

食器を洗う台所用の中性洗剤は、食器に付いた油を中和させ浮かせて落としやすくしてくれますが、その作用を他の掃除にも利用することができます。

中性洗剤を水で薄め、雑巾を絞って汚れている壁を優しく拭きます。

全体に馴染んだら、水で濡らして固く絞った雑巾で、洗剤を残さないように上からしっかり拭き上げます。

最後に、水分を拭き取るために乾いた雑巾で乾拭きすれば掃除は完了です。

黒ずみの原因は「カビ」?塩素系漂白剤を使って掃除しましょう

湿気が大好きなカビは、家の中でも風呂場などに発生しやすいですが、実は部屋の中でも条件さえ揃えばカビが出来てしまいます。

特に、高温多湿になる梅雨の時期などは、黒カビが部屋に発生しやすいと言われています。

リラックスをするための部屋の壁に、カビが出来ていると分かったら良い気分はしませんよね。

すぐにでも、カビをキレイに取り除きたいところですが、カビの厄介なところは水拭きしただけでは落ちないということです。

カビは、繁殖力が高く、胞子を散らしながら根を張って範囲を広げていくので、カビの一部を取っただけでは、すぐにカビが繁殖してしまいます。

カビの撃退方法

カビの除去には、市販のカビ取り剤を使いましょう。

塩素系漂白剤である「カビキラー」などには、カビの元である胞子に作用し、殺菌してカビを根こそぎ除去するという効果があります。

ただし、壁紙に直接カビ取り剤を塗るのは禁物です。

カビ取り剤を雑巾やブラシに付けてから、黒ずみ部分を拭き、水拭きして乾拭きという手順で仕上げましょう。

強くこすりすぎると壁紙が剥がれてしまう恐れもありますので、カビ取り剤を使う前に、壁の目立たないところで試し拭きをしてみることがおすすめです。

洗面所の近くの壁紙にできた黒ずみの落とし方について

洗面所の壁紙が黒ずんでいる場合、考えられる原因としては、カビを始めとする雑菌です。

浴室とつながっていることが多い洗面所は、浴室から流れてくる湿気や洗濯物から出る水分などから、湿気が多い空間です。

毎日身支度をする時に、洗面所を使うという人も多いのではないでしょうか。

髪をとかした時に落ちた髪の毛や、衣類から出るホコリなど、カビが好物とするホコリも多い洗面所では、浴室の次にカビが発生しやすい場所とも言えます。

カビだからと言って、すぐにカビ取り剤で掃除するのはあまりおすすめしません。

洗面所は、歯を磨いたり、顔を洗ったりする場所なので、衛生面を考えても安心できる洗剤を使いたいですよね。

カビを天然洗剤で落とす方法

洗面所の黒ずみ汚れにおすすめの洗剤は、「重曹」と「クエン酸」です。

どちらも、天然成分なので安心して使うことができますし、クエン酸には抗菌や殺菌の効果があり、重曹には消臭や汚れ落としの効果があります。

クエン酸を含ませた雑巾で、黒ずみ汚れの部分を拭きましょう。

これで落ちない汚れには、重曹を使います。

使い終わった歯ブラシなどの小さなブラシを使うと、汚れが落としやすいですよ。

ブラシに重曹をなじませたら、汚れを優しくこすって落としましょう。

汚れが落ちたら、仕上げに再度クエン酸を含ませた雑巾でしっかり拭き上げたら完了です。

壁紙をきれいなまま維持するための掃除とお手入れ方法について

壁紙の黒ずみ汚れをキレイに出来たら、この状態をずっと保ちたくなりますよね。

二度と壁紙に黒ずみ汚れを付けないためには、毎日のこまめなお手入れが必要です。

普段の掃除は「はたき」を有効に使う

床を掃除機で掃除する前に、壁に付いたホコリをはたきで払い落とすようにするだけで、黒ずみ汚れが出来る可能性が低くなります。

ホコリをはたきで落とす時は、上から下へが基本です。

掃除機でホコリを吸う時には、部屋の換気をしっかり行い、空気を新鮮なものに入れ替えましょう。

これだけで、空気中に含まれるホコリも外に出て、室内のホコリが減りますよ。

掃除機の付け替えブラシも活用

掃除機に付属している細い付け替えブラシを有効に使うと、手が届きにくい部分までホコリを吸い込むことができます。

大きくて移動が難しい家具の場合も、隙間からブラシを使うことで、ホコリを防ぐことが出来ます。

大掃除のコツカテゴリの最新記事