大掃除のコツ【自分の部屋編】部屋をスッキリ綺麗にする掃除方法

大掃除のコツ【自分の部屋編】部屋をスッキリ綺麗にする掃除方法

散らかっている自分の部屋、大掃除のときこそ綺麗に片付けたいと思っている人もいますよね。
でも、何からはじめたら良いのかわからない・掃除のコツが知りたいと思っている人もいるでしょう。

大掃除をする時は、まず最初に何から始めれば良いのでしょうか。掃除のコツは?

そこで今回は、自分の部屋の大掃除をする時のコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジ掃除で厄介な焦げ付きをしっかり綺麗に落とす方法

電子レンジ掃除で厄介なのが、なんといっても「焦げ付き」です。 布巾でこすってもなかなか落ちませんし...

ゴミ箱の袋止めは手作りできる!誰でもできる手作りアイデア

ゴミ箱の袋止めを手作りできるって知っていますか? 大きなゴミ箱の場合は袋止めがついているもので...

便器の黄ばみが取れない時に試してほしい簡単除去方法と予防方法

便器の黄ばみが取れない!頑固な黄ばみを除去してキレイな便器で新年を迎えたい! そんな悩みありません...

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

下水臭いアパートをなんとかしたい!臭いの原因と対処法

結婚を機に二人で住むアパートを選びに選んだのに、いつもどこからともなく下水の臭いが漂うのはとても不快...

まな板漂白する時は大きな袋を用意!袋を使った漂白方法とコツ

まな板全体を漂白したい時は、まな板がすっぽり入る袋1つあれば大丈夫! 大きなバケツは必要ありません...

カルキ掃除をして加湿器を綺麗に!カルキにはクエン酸が効果的

加湿器の掃除は普段していますか? 掃除をしていない加湿器の場合、おそらく白いカルキがこびりついてい...

クーラー掃除を自分で行うには?掃除方法とそのポイント

クーラーの掃除を業者に依頼するのではなく、自分で掃除をしようと考えている方も多いのではないでしょうか...

下水の臭い。考えられる原因と自分でできる対策

下水の臭いが部屋中に充満! 不快な臭いとともに生活はできません。 そして、臭うということ...

机の整理には100均グッズ!おしゃれな机に変身させましょう

追われるように仕事していると、いつの間にか机の上はごちゃごちゃになっていませんか。しかし、そのままに...

神棚の掃除は夜でもいいの?神棚掃除の時間帯と掃除ポイント

大掃除の際に神棚を綺麗にしたくても、神棚担当の旦那さんが仕事が忙しく、夜しか掃除する時間がないという...

窓の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について解説します

いろいろな場所の掃除に使用できる便利なエコ洗剤「重曹」ですが、実は窓の掃除にも使うことができます。 ...

床掃除はスチームクリーナーにお任せ!汚れを浮かせてピカピカに

大掃除を前に床掃除で困っていませんか?その悩みを解決するのが「スチームクリーナー」です。 スチ...

文房具の寄付は使いかけもできる?寄付できるものできないもの

使いかけの文房具は寄付できるものなのでしょうか?寄付できるかできないかはこのような目安で判断するとい...

タンスの掃除。衣類が喜ぶ木製タンスの使い方とお掃除方法

タンスを掃除する方法をご説明いたします。 木製のタンスは、呼吸をします。 ですから、衣類を守...

スポンサーリンク

自分の部屋を大掃除する時のコツ・まずは準備を始めよう

掃除を始める前に、掃除をする場所を決めましょう。書き出していき、終わったらチェックをしていくと達成感が味わえます。この書き出しをすることで、掃除をする場所が明確となりどのくらい時間で終わらせるかなどの大まかなスケジュールを立てることができます。

このスケジュールを立てるときには、休憩も入れておきましょう。お昼やおやつなどの時間で休憩を挟むのもいいですが、掃除をしようと思っている場所が終わったら休憩を取るなど工夫をするといいでしょう。

できるだけ、大物は先にしましょう。片付けや細々したものは、時間がかかります。その片付けが終わってから、重たいものや大きいものを動かすのは面倒になってしまいます。
まずは、ベッドの下やいらないものを外に出すなど大掛かりな事をしてしまいましょう。
掃除をするときには、まず窓を開け明るくして始めましょう。カーテンやレースはこのときに外してしまい洗濯をしながら掃除をするとよりいいでしょう。

掃除をしよう!と思うのは晴れた日とは限りません。曇った日や夜に掃除をしなくてはと思い立ったときにも、電気をつけて明るくして行いましょう。

大掃除のコツはゴミの捨て方にもあった!自分の部屋もこれでスッキリ

掃除をするときに必ず出るものがゴミです。このゴミの捨て方にもポイントがあります。二度手間とならないように、手順や決まりを決めておくとスムーズに掃除が進みます。

普段、使っているリモコンや充電器などはダンボールなどにまとめておきましょう。間違えて捨ててしまうことのないように気をつけなければいけません。

普段、使っているカバンに入れておくのもいいでしょう。

ゴミの仕分けは、まず大きいものから始めましょう。大きさに関係なくひとつひとつしてしまうと、時間がかかる上に考え込んでしまいます。

大きいものを捨てたり、片付けたりすることで掃除をしている実感が湧いてきます。

掃除をするときの基本となるのが、上から下にかけてキレイにしていくことです。

床のゴミを片付けたら、床の掃除をするのではなく次に行うのは上の部分です。蛍光灯や壁などの片付けも行ってから床の掃除となります。ホコリは上から下に落ちるので、まずは部屋全体を片付けてから掃除に取り掛かりましょう。

自分の部屋だけじゃない!大掃除のコツは物を減らして収納すること

部屋が散らかってしまう原因として、収納が少ないということが上げられますが実際は物が多すぎるのが原因です。

引き出しやクローゼットの中で、ずっと待機しているものはありませんか?いつか使うと思っているものは、ほとんど使う日が来ないことを実は知っている人は多いはずです。

クローゼットがパンパンでは、部屋が散らかるのも当たり前です。掃除の第一歩は、まず物を減らすことです。

物を減らすことができないのであれば、もっと広い場所に引っ越しましょう。しかし、そこでもまた同じ状況になりかねないので本当に必要なもの、そうではないものを日頃から判断することが大切です。

収納場所を広くしたいのであれば、ベッドの下に収納ボックスを入れたりクローゼットの中で使っていない部分はないかなどをチェックしましょう。

収納ボックスや棚、ラックは自分の好きな大きさや高さにできるものもあるので収納スペースを測り、無駄な空間がないように利用するのもいいでしょう。

大掃除のときは自分の部屋にあるものを断捨離してみよう

物を減らすときには、捨てるか捨てないかで迷ってしまいますよね。そんなときには、判断基準を自分で決めましょう。

2年着ていない服は捨てる、キツイ服は捨てるなどです。本や雑貨にしても、今の生活に必要なければ捨てましょう。

貰い物や思い入れのあるもので、捨てることが難しいものは人に譲りましょう。もしくはリサイクルショップに持っていきましょう。

これから、引っ越しをすると考えて持っていきたいもの、そうではないものを考えてみましょう。今より狭い部屋に引っ越すと考えたときにすべてのものを持っていきたいと思いますか?

必要なものは、意外と少ないものです。掃除をするときにまとめて処分するのもいいですが、何か新しいものを買ったときには古いものを捨てるとここまで大掛かりにはなりません。

普段の掃除にしても、まとめて行うととても大変です。掃除を簡単にするにはいっぺんにしないということが求められます。とくに洋服は流行りがあり、今年は着ないというものは捨てましょう。もちろん、気に入っているものや流行りに関係なく使えるものは取っておきましょう。

自分の部屋を見れば自分自身がわかる!部屋は自分を映す鏡

部屋を片付けるときには、たいてい一人だと思います。しかし、できることならお友達の力を借りましょう。家族でもいいのですが本音が言えるぶんケンカになりやすいので、なるべくならお友達のほうがいいでしょう。

自分で捨てる捨てないの判断が難しいのであれば、友達に委ねるのもひとつの方法です。このときになんでも取っておくというお友達であるともしかしたら、掃除は進まないかもしれません。

あくまでも、一般的な判断として言ってもらうといいでしょう。

物を捨てるときには、その物だけで考えずにベスト3くらいを取っておくと考えるといいでしょう。好きなものは、無限に持っていたいという気持ちもわかります。しかし、あなたが持てる数は多くてふたつです。

似たような服を何枚も持ってはいませんか?その似たような服でよく着るものとそこまで着ないものがあるかと思います。よく着ないから、そこまで汚れていないと捨てるのはもったいないと感じますよね。では、そのあまり着ない服をよく着るものとして使いよく着るものは捨てましょう。よく着るもののほうが大切ならあまり着ないほうは捨てましょう。

持てる数はふたつ、あなたの体はひとつです。いっぺんに着ることはできないのです。

大掃除のコツカテゴリの最新記事