下水詰まりを解消できる道具とは?困った時のお助け道具をご紹介

下水詰まりを解消できる道具とは?困った時のお助け道具をご紹介

トイレの水が流れないといった下水の詰まり。
一度はなんとか自力で解消できても、今後に備えて、下水詰まりに困った時に使える道具は準備したいところです。

下水詰まりを解消するには、どのような道具を備えておくと安心なのでしょうか。

一番使えるのは、皆さんもよく知っているあの道具。
でも、専用道具がなくても身近な物で代用することもできます。
備えあれば憂いなし!もしもの時のために準備しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

ガスコンロの掃除は重曹を使って油汚れも焦げ付きも落とそう

ガスコンロの掃除は苦手な人も多いと言われている箇所。そのため、油汚れなどもひどくなり、なかなか落とせ...

クローゼットの掃除をすると運気が上がる理由と掃除のコツを解説

クローゼットは収納には欠かせない便利なものですが、気がつくと洗っていない洋服もかけてしまっている人も...

流し台を掃除する時に便利な洗剤を汚れの種類別に紹介します

流し台はいつもピカピカにしていたいもの。しかし、気がつくと水垢が残ってしまって、輝きも失われてしまっ...

大掃除の窓拭きは簡単に済ませる事が出来るやり方とアイテム

大掃除する場所リストには、窓の掃除も入っていますか? 窓が何枚もあったり、大きな窓の場合はちょ...

便器の黄ばみの落とし方とトイレの黄ばみ汚れを予防する方法

便器の黄ばみ汚れが目立つようになると、不潔な感じがしてとても嫌なものです。こびりついてしまった汚れは...

箒掃除のコツ!掃除場所や箒の種類によって掃除方法も変わります

店頭には最新式の掃除機が並んでいますが、あえて箒での掃除をおすすめします。 コツさえつかめば掃...

便器の黄ばみの原因を理解して、効果のある方法で落としましょう

便器の掃除をしても、黄ばみが落ちなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 まずは黄ばみの...

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか? ...

【部屋の片付け方】どこから始めるかその決め方について徹底解説

いつの間にか汚くなってしまった自分の部屋。片付けた方が良いとわかってはいても、どこから片付ければいい...

窓掃除に新聞紙がおすすめな理由と掃除方法について解説します

大掃除の時しか窓の掃除をしないという人も多いかもしれませんが、窓はホコリなどによって意外と汚れていま...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

お風呂の水垢をクエン酸で落とす方法と落ちない場合の対処法

お風呂の汚れと言えば「水垢」が代表的ですが、掃除しても取れない場合もあります。 そんな時は「ク...

玄関で掃除機を使いたいときは?ノズルを変えて掃除しましょう

玄関の掃除も掃除機を使いたいけれど室内と同じノズルでかけるのは抵抗がありますよね。 しかし、掃...

浴槽の掃除方法は?簡単にできる浴槽掃除の方法や手順を解説

忙しい毎日を過ごしていると、お風呂の浴槽掃除を簡単に済ませたいと考えることもありますよね。浴槽掃除は...

スポンサーリンク

下水詰まりを解消できる道具は?トイレが詰まった時はラバーカップが便利

下水詰まりが起きると、アパートだと近所の方にも迷惑がかかってしまいますし、大変な作業になってしまいます。

軽い症状であれば、下水詰まりを解消できる道具があります。

下水が詰まったときはラバーカップを使用する

トイレが詰まった時に使用できる道具です。便器の内壁に触れさせて、押したり引いたりすると、下水詰まりを起こしている障害物を取ることができます。

ただ、ラバーカップを使用するデメリットは、逆にその障害物を奥に追いやってしまうこともあります。そうなった場合は、業者を呼ぶ必要があるので、ラバーカップを使用する時は、注意が必要です。

ラバーカップの使い方

排水口を防ぐようにラバーカップを置く。水が少ない時は足していく。
静かにラバーカップを押していきます。グっと引き抜いていって下さい。あまり早く引き抜きすぎると、水が飛び散ってしまいます。

コツとしては、押す時は静かに、引くときは力を入れて行うことです。このコツを取得すれば、問題が大きくならずに、プロの力を借りずに済みますね。

下水詰まりの専用道具がなくても大丈夫!ラバーカップの代用になるもの

下水詰まりの道具として、よく知られているのは、ラバーカップです。ですが、その代用になるものもあります。

専用の道具がない場合は、ペットボトルで代用できる

サイズはあなたの家のトイレの排水口に入るサイズのものを用意します。

ペットボトルの底から5cm位の所を切ります。そして、切っている方をトイレの排水口の部分にあてて、要領はラバーカップと同様で操作していきます。

ペットボトルのキャップを外して、空気圧も調整していきます。一本では効かないこともあるので、数本用意しておくと良いです。

手に水がかかるかもしれないので、手袋を着用していると更に安心してお掃除ができます。

下水に詰まっているものが水に溶けやすいものであれば対応可能

トイレの下水つまりの原因が、水に溶けやすいものであるのなら、このペットボトルを使用した方法で十分対応が可能になります。軽い症状であれば、ペットボトルで対応できてしまうんですね。あなたの身の回りにあるもので対応できるので、経済的に済みます。

トイレットペーパーが下水に詰まり、流れない時に役立つ道具はバケツ

下水が詰まるのには原因があります。その原因の一つが、トイレの水に流れにくいトイレットペッパーが下水に詰まり、流れないことです。

バケツでその問題を解決することができます。

バケツで詰まっているトイレットペッパーを溶かしていく

考え方としては、トイレットペーパーでつまっている箇所に、バケツの中にある水で流していくのです。

でも、ただ単にバケツを用意して流していけば良いという訳ではありません。一度に多量の水を入れても意味がありません。量はあくまでも高い所から少しずつというのが理想的になります。

高い場所から水を流して、トイレットペーパーの詰まりを取り除いていくことを目的としているので、もし、便器内の水の量がすでにある場合は、減らして対応していきます。

また、便器内の水の量が多い場合、増やさないようにして下さい。安易にレバーで水を流して、水の量を増やさないようにしましょう。

下水の詰まりは、重曹や酢でも解消できる

下水の詰まりは、様々な道具を使って、対応していくことができます。洗剤でも対応していくことができるのですが、重曹や酢でも、下水の詰まりを解消することができます。

洗剤の洗浄力を借りて、下水の詰まりを解消していく

下水の状態にもよります。あまりにも重度な場合はこの方法は効きません。ただ、それほどでもない場合、重曹や酢の洗浄力がトイレの汚れをとり、同時に下水が詰まっている原因も取り除いてくれることもあります。

●用意するもの

  • 重量は計量カップ1/4
  • 酢はその2倍

●方法

  1. 便器の水がある部分に重曹をふりかけていきます。
  2. 次に酢を入れます。(この時の順番は必ず守って下さい。重曹の次に酢です)
  3. お湯をいれて、そのまま1時間置きます。
  4. バケツで水を流して、そこで流れれば、下水の詰まりは解消されます。

トイレ詰まりが起こる前兆を知っておこう

下水の詰まりがある時、前兆がおきます。その前兆を知っていれば、下水が詰まり前に対応することも可能になってきます。

  • 水力に力がない
    トイレで流す時に、「水に威力がない」と感じる時、その時は注意が必要になります。
    そのままにして置いても使用はできますが、何か「変だな?」と感じたら、考えられる範囲で道具を使ったりして、早めの処置をしていきましょう。
  • 水に高さがある
    詰まっていなければ、水位が高くなることはありません。ですので、便器の中の水の高さが「あれ?高くなっている?」と目で確認することができるなら、それも前兆になります。

下水が詰まる前にはどんなことが起きるのか、また、実際に詰まってしまった時、どんな対応をすることができるのか、道具についてみてきました。ラバーカップの使い方や、ペットボトルなど、あなたの身の回りで使用することができるものを紹介してきました。「やってみよう」と思いましたか?是非参考にして、それほど重度ではない下水の詰まりを解消していって下さい。洗剤でも対応できるので、トイレ掃除をする際に、下水の詰まりを予防できるのも魅力的だと思います。お掃除も通して、問題を前もって解決していきましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事