下水詰まりを解消できる道具とは?困った時のお助け道具をご紹介

下水詰まりを解消できる道具とは?困った時のお助け道具をご紹介

トイレの水が流れないといった下水の詰まり。
一度はなんとか自力で解消できても、今後に備えて、下水詰まりに困った時に使える道具は準備したいところです。

下水詰まりを解消するには、どのような道具を備えておくと安心なのでしょうか。

一番使えるのは、皆さんもよく知っているあの道具。
でも、専用道具がなくても身近な物で代用することもできます。
備えあれば憂いなし!もしもの時のために準備しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジの掃除は「酢水」がおすすめ!その方法を徹底解説

毎日使用する電子レンジ。そのため、拭き掃除をしても汚れが完全に落とせないこともあるでしょう。 ...

マウスを掃除!手垢を簡単綺麗に落とす方法と掃除する際の注意点

パソコンのマウスにこびりついた手垢。 掃除をして綺麗にしたいものですが、マウスも精密機械ですし、ど...

居間を掃除する方法。散らからず掃除しやすい空間を作る仕組み

居間の掃除ってやってもやっても、散らかるし、汚れるんですよね。 だから、声を大にして言います。...

お風呂についた水垢を取るためのおすすめの洗剤と予防方法を解説

お風呂の浴槽などについた水垢は、放置しておけばおくほど取れにくくなってしまいます。 そのため、...

浴槽に生えたカビ取り方法!塩素系の洗剤でカビを綺麗に掃除

お風呂の浴槽にカビが生えてしまうと、不衛生な環境で入浴しなくてはなりません。健康面や衛生面を考えても...

下水詰まりの主な原因とは?水もれの原因になるため早めの対処を

トイレの水が流れにくいといった下水詰まりトラブル。 下水詰まりを解消するには、詰まりの原因を特定し...

クロスの掃除には【セスキ】正しい掃除方法について解説します

いろいろな場所の掃除に使えるエコな洗剤「セスキ」ですが、クロスについた汚れにも効果的です。 中...

車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

久しぶりに車に乗ってみると、車内のダッシュボードの上などにホコリがたまっていて気になる人も多いのでは...

浴槽掃除に必要な洗剤は、重曹を使った手作り洗剤で簡単綺麗に!

浴槽を洗う時、市販されている洗剤を使って洗っているという方が多いのではないでしょうか。ただ、汚れ落ち...

サーキュレーター掃除でカバーが外せない時の取り方と対処法

サーキュレーターはほこりが溜まりやすいため掃除が欠かせませんが、カバーを外して掃除をしたいのに、なか...

掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けはどんな違いがあるの?どちらも同じことでは?その気持ちよくわかります。どちらも部屋を綺麗...

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

部屋がカビ臭いと感じた時にできる簡単な掃除方法や対策

外から帰ってきたときなど、家のリビングや自分の部屋に入ると、なんだかカビ臭い?と感じることはありませ...

電子レンジの掃除と臭い取り。同時におこなうなら『クエン酸』

電子レンジの掃除には、やっぱり重曹なんですよね。 でも、イヤな臭いがするレンジには、掃除と臭い...

スポンサーリンク

下水詰まりを解消できる道具は?トイレが詰まった時はラバーカップが便利

下水詰まりが起きると、アパートだと近所の方にも迷惑がかかってしまいますし、大変な作業になってしまいます。

軽い症状であれば、下水詰まりを解消できる道具があります。

下水が詰まったときはラバーカップを使用する

トイレが詰まった時に使用できる道具です。便器の内壁に触れさせて、押したり引いたりすると、下水詰まりを起こしている障害物を取ることができます。

ただ、ラバーカップを使用するデメリットは、逆にその障害物を奥に追いやってしまうこともあります。そうなった場合は、業者を呼ぶ必要があるので、ラバーカップを使用する時は、注意が必要です。

ラバーカップの使い方

排水口を防ぐようにラバーカップを置く。水が少ない時は足していく。
静かにラバーカップを押していきます。グっと引き抜いていって下さい。あまり早く引き抜きすぎると、水が飛び散ってしまいます。

コツとしては、押す時は静かに、引くときは力を入れて行うことです。このコツを取得すれば、問題が大きくならずに、プロの力を借りずに済みますね。

下水詰まりの専用道具がなくても大丈夫!ラバーカップの代用になるもの

下水詰まりの道具として、よく知られているのは、ラバーカップです。ですが、その代用になるものもあります。

専用の道具がない場合は、ペットボトルで代用できる

サイズはあなたの家のトイレの排水口に入るサイズのものを用意します。

ペットボトルの底から5cm位の所を切ります。そして、切っている方をトイレの排水口の部分にあてて、要領はラバーカップと同様で操作していきます。

ペットボトルのキャップを外して、空気圧も調整していきます。一本では効かないこともあるので、数本用意しておくと良いです。

手に水がかかるかもしれないので、手袋を着用していると更に安心してお掃除ができます。

下水に詰まっているものが水に溶けやすいものであれば対応可能

トイレの下水つまりの原因が、水に溶けやすいものであるのなら、このペットボトルを使用した方法で十分対応が可能になります。軽い症状であれば、ペットボトルで対応できてしまうんですね。あなたの身の回りにあるもので対応できるので、経済的に済みます。

トイレットペーパーが下水に詰まり、流れない時に役立つ道具はバケツ

下水が詰まるのには原因があります。その原因の一つが、トイレの水に流れにくいトイレットペッパーが下水に詰まり、流れないことです。

バケツでその問題を解決することができます。

バケツで詰まっているトイレットペッパーを溶かしていく

考え方としては、トイレットペーパーでつまっている箇所に、バケツの中にある水で流していくのです。

でも、ただ単にバケツを用意して流していけば良いという訳ではありません。一度に多量の水を入れても意味がありません。量はあくまでも高い所から少しずつというのが理想的になります。

高い場所から水を流して、トイレットペーパーの詰まりを取り除いていくことを目的としているので、もし、便器内の水の量がすでにある場合は、減らして対応していきます。

また、便器内の水の量が多い場合、増やさないようにして下さい。安易にレバーで水を流して、水の量を増やさないようにしましょう。

下水の詰まりは、重曹や酢でも解消できる

下水の詰まりは、様々な道具を使って、対応していくことができます。洗剤でも対応していくことができるのですが、重曹や酢でも、下水の詰まりを解消することができます。

洗剤の洗浄力を借りて、下水の詰まりを解消していく

下水の状態にもよります。あまりにも重度な場合はこの方法は効きません。ただ、それほどでもない場合、重曹や酢の洗浄力がトイレの汚れをとり、同時に下水が詰まっている原因も取り除いてくれることもあります。

●用意するもの

  • 重量は計量カップ1/4
  • 酢はその2倍

●方法

  1. 便器の水がある部分に重曹をふりかけていきます。
  2. 次に酢を入れます。(この時の順番は必ず守って下さい。重曹の次に酢です)
  3. お湯をいれて、そのまま1時間置きます。
  4. バケツで水を流して、そこで流れれば、下水の詰まりは解消されます。

トイレ詰まりが起こる前兆を知っておこう

下水の詰まりがある時、前兆がおきます。その前兆を知っていれば、下水が詰まり前に対応することも可能になってきます。

  • 水力に力がない
    トイレで流す時に、「水に威力がない」と感じる時、その時は注意が必要になります。
    そのままにして置いても使用はできますが、何か「変だな?」と感じたら、考えられる範囲で道具を使ったりして、早めの処置をしていきましょう。
  • 水に高さがある
    詰まっていなければ、水位が高くなることはありません。ですので、便器の中の水の高さが「あれ?高くなっている?」と目で確認することができるなら、それも前兆になります。

下水が詰まる前にはどんなことが起きるのか、また、実際に詰まってしまった時、どんな対応をすることができるのか、道具についてみてきました。ラバーカップの使い方や、ペットボトルなど、あなたの身の回りで使用することができるものを紹介してきました。「やってみよう」と思いましたか?是非参考にして、それほど重度ではない下水の詰まりを解消していって下さい。洗剤でも対応できるので、トイレ掃除をする際に、下水の詰まりを予防できるのも魅力的だと思います。お掃除も通して、問題を前もって解決していきましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事