埃掃除の秀逸アイテムといえば?床の埃から隙間の埃まで

埃掃除の秀逸アイテムといえば?床の埃から隙間の埃まで

埃にもいろいろな種類があります。

ホコリの種類と存在する場所によって、掃除に使うアイテムが変わります。

最近、お気に入りなのが『刷毛』です。
100均で購入したペンキ塗り用の『刷毛』を壁の四隅や、ドア枠などに当ててこすると、びっくりするくらい埃が出てきます。

ハンディワイパーので撫で拭きしていましたが、刷毛の毛先が届く場所までは掃除しきれていなかったのですね。

できているつもりでも、できていない埃取り。

今回は、埃掃除に欠かせない秀逸アイテムをご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

デスクの整理整頓におすすめのグッズと収納のコツを教えます

毎日仕事に追われていると、デスクの上や引き出しの中を整理整頓をする時間もないという人も多いのではない...

【窓掃除のコツ】サッシは洗剤を使用しなくてもきれいになります

普段はなかなかできない窓のサッシの掃除。 しかし、サッシはホコリやゴミがたまりやすい場所であり、結...

【掃除のコツ】フローリング掃除におすすめの掃除方法と洗剤

フローリングの掃除にはワイパーが便利ですが、ドライシートだけではなかなか汚れをとることもできないでし...

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

大掃除を始める前の道具リストの作り方とコツを徹底解説

年に一度のイベント「大掃除」。今年は家族全員で行うという人も多いのではないでしょうか。 そこで...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

リモコン掃除にボンドを使用する方法と注意点について解説

家族みんなが触るリモコンは、気が付かないうちに手垢などの汚れがついてしまっています。そのため、リモコ...

片付けのコツは考え方を決めること!書類の整理は頭の整理

片付けのコツって、たくさんあります。 収納グッズも溢れかえっています。 でも、どのように書類...

布団に掃除機をかけてダニを吸い取るのは有効?ダニの駆除方法

毎日使用する布団は清潔な状態に保ちたいものです。 掃除機をかけてダニを吸い取ることで、ダニの駆除が...

【外壁の掃除方法】ブラシを使う場合のやり方と注意点について

家を建ててから数年絶つと、きれいだった外壁も汚れてきます。よく見ると、それはコケかもしれません。 ...

冷蔵庫の臭いの取り方について。掃除方法から驚きの方法まで

冷蔵庫を開けた時に臭いがすると、がっかりしてしまいますよね。 臭いの取り方として、まずは、冷蔵...

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

庭の落ち葉を効率よく掃除する方法や掃除のポイントをご紹介

庭掃除で意外と厄介なのが落ち葉。竹箒を使った掃除方法がメジャーですが、地面が砂利だったり柔らかい土の...

冷蔵庫掃除は重曹で決まり!安心安全な重曹で冷蔵庫内もピカピカ

大掃除を前に、「そろそろ冷蔵庫掃除もしないと…」という方も多いのではないでしょうか。冷蔵庫掃除で使う...

スポンサーリンク

埃って床だけじゃない。おすすめの掃除アイテムは『刷毛』

お部屋の掃除ともなると、埃の掃除が厄介になってきます。やってもやっても、どういう訳か埃が目立ってしまい、掃除に便利なアイテムはないかどうか、お店で買おうかどうか迷っている事もあるのではないでしょうか。

埃掃除の便利なアイテムは、刷毛(はけ)

刷毛というと、ペンキを塗る時に使う道具ですが、実はその道具も埃掃除に活用できる道具になってきます。プロの方でさえ利用している道具になってきます。

刷毛ですが、あなたの悩みの種である埃をしっかりと集めてとってくれます。濡れた雑巾で埃をとっていきたくなりますが、何気に刷毛の方がしっかりと役割を果たしてくれます。溝に溜まった汚れなどをとることができるので、この箇所の掃除はちょっと無理かなと感じていても、刷毛を使用して見て下さい。案外、刷毛で埃取りが楽になってきます。

刷毛を買う際には、毛が長いものを選び、毛にも弾力性があるものを選ぶようにして下さい。このアイテム一つで、埃の掃除が楽になってきます。

埃の掃除アイテム『手袋』

部屋の掃除の中でも、目立つのが埃の掃除。そんな悩みの種になる埃の掃除ですが、「手袋」というアイテムがあれば、その埃掃除も楽になり、楽しくなってきます。

使用方法は簡単で、手袋をはいて、埃をとっていくだけになります。このアイテムの良さは、手袋をはめて埃にふれるだけで簡単に埃をとることができることにあります。驚く位、埃をとることができるので、埃の掃除が楽になって、今まで以上に気軽に埃掃除を終えることができます。

手にはめてできる掃除になるので、ドアノブなど、細かい箇所の埃をとることも可能ですし、また、埃がたまりやすい所もこれで一気に埃をとることができます。

ホースやコンセントなど、「この箇所はどうやって掃除したら良いのだろう」と思われる箇所もすぐにできちゃうので、便利なアイテムになります。

目につく埃があるのなら、このアイテムを使用してその埃を全てとってしまいましょう。一回の掃除で気になっている埃を全て取ることができます。

埃を掃除する優秀なアイテムはやっぱり『ホウキ』

埃の掃除にどんなアイテムが挙げられるかと聞かれたら、「ホウキ」がすぐ思いつきませんか?ご家庭の中でも一家に一つホウキはあると思いますが、そのホウキの正しい使い方を理解して、埃を家から追い出してしまいましょう。

掃除をする時は上から下へとはいていく

埃は上から下へおりていくので、逆に下から上にホウキで履いても意味がありません。あなたがとりたい埃に段差があるのなら、ホウキも上から下へはいていって、埃を下に移動させていきましょう。

また、ホウキで履く部屋がフローリングであるのなら、その目に沿ってはくことで、その目に埃が溜まりにくくなります。はく時も上から下へと、また、フローリングの目に沿ってはいていくなど、埃が溜まりにくい掃除方法で、埃を追い出していきましょう。

プラス、水拭きをしたら、完璧になってきます。あなたの家にあるホウキを上手に使用して埃を追い出し、水拭きをして、あなたの家から埃を追っ払っていきましょう。

埃掃除のアイテムといえば『フロアワイパー』

埃を追い出すアイテムといえば、フロアワイパーもあります。

フロアワイパーは、床の埃を簡単にとることができるアイテムになります。水拭きは腰を使うから疲れるという方も、フロアワイパーの様に棒を使って掃除をすることができると、体力も消耗しませんし、お掃除が簡単になってきます。

床掃除で埃をまずとってからと考えているのなら、フロアワイパーを使ってみましょう。その後に掃除機で床を掃除すると、床にある埃が舞い上がることなく、フロアワイパーでキャッチし、次に掃除機で吸い取ることができるので、埃を無駄なく取ることができます。

特に水拭きは体力を使うから苦手、できるなら水は使用したくない、掃除にあまり体力を使いたくない方には、フロアワイパーの使用をお勧めします。簡単に埃を取ることができるので、あなたのお部屋の埃に対する悩みが解決されていきますね。

フロアワイパーで集めた埃を吸い取ってくれるアイテム

腰も痛めずにお部屋の埃を簡単にとってくれるフロアワイパーは、最後にゴミを集める必要があります。そんな最後の役目を果たしてくれるのが、電気ちりとりになります。

電気ちりとりの役目

フロアワイパーは確かに埃を集めてはくれますが、それだけではまだ埃の掃除を完璧に終えることはできません。最後は「電気ちりとり」を利用して最後の締めくくりをしていきましょう。

電気ちりとりは、埃を集めたフロアワイパーを置くと、フロアワイパーについている埃を全て吸収してくれます。細かい埃も全て吸収してくれるので、最後に何がなんでも埃を部屋から追い出してしまいたいと考えている人にはお勧めのアイテムになります。

お部屋の掃除は埃の掃除が悩みになります。便利なアイテムを数点紹介してきましたが、あなたの目に叶うものはありましたか?経済的なものだと、ホウキである程度の埃を追い出すことができますし、フロアワイパーも埃を集めてくれるので、掃除を楽にしてくれるアイテムになってきます。刷毛や手袋という手軽なものもありますので、あなたが「これは良さそうだ」と感じるアイテムを利用して、効果的に埃掃除をしていきましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事