浴槽のカビが取れないときの対処法やカビ取りのコツと予防対策

浴槽のカビが取れないときの対処法やカビ取りのコツと予防対策

浴槽のカビが取れないときは、つい洗剤をつけてはゴシゴシとこすってしまいませんか?
しかし、カビ取りをするときに最も大切なのは、カビ取り剤をしっかりとカビに密着させて浸透させることなのです。
また、カビを取り除いた後には、カビを発生させないための予防も大切です。

ここでは、そんな浴槽に発生した頑固なカビを取り除く方法として、カビ取り剤の効果がアップさせる方法やカビ取りのコツ、頑固な浴槽のカビを取り除く強力な方法や日頃からできる予防対策などお伝えしていきましょう。

これで、浴槽のカビがなかなか取れないときでもすぐに対処できますし、カビを寄せ付けない快適な浴槽を保つことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

壁のヤニ汚れには「セスキ」!その効果と掃除方法について解説

気になる壁のヤニ汚れによる黄ばみ。 元の白い壁に戻したいと掃除をしても、なかなか落ちないことに悩ん...

部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。 いろいろとありますが、やはり『行動力』と『判断力』があることに間違えはない...

掃除をして部屋を片付ける方法!まずは物を捨てる勇気をもとう

掃除が苦手で上手く片付けられないという人は、片付けの方法を知らないからです。 片付けの方法を知って...

車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

久しぶりに車に乗ってみると、車内のダッシュボードの上などにホコリがたまっていて気になる人も多いのでは...

書類の整理術!100均アイテムを賢く使ってスッキリ収納

書類の整理術を知れば、毎日のちょっとしたストレスから開放されます! あれ、どこだっけ? あれ...

レンジ掃除にはクエン酸を使おう!その効果と注意点について

いろいろな掃除に使用できるクエン酸ですが、レンジを掃除する時でも活躍します。 中でも水垢などの...

【クローゼット収納術】バッグは立てて上手に収納しよう

通勤用バッグやトートバッグなどバッグも数が増えてくると置き場所に困ることもあるでしょう。 収納...

便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

いつの間にか便器にできる黄ばみ。 この黄ばみの正体を知っていますか? この便器の黄ばみには、...

掃除の頻度。どこまでを掃除とするの?主婦の家事について

掃除の頻度とか、掃除の時間とか、掃除の工程とか… 主婦(結婚している女性)なら、掃除をしないと...

【換気扇の掃除の仕方】トイレの場合の注意点について教えます

トイレの掃除はしていても、換気扇までは掃除しない人の方が多いと言われています。 しかし、換気扇...

自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

古くなった自転車を処分する場合、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人の方が多いでしょう。 しか...

部屋の換気は何分する?冬の適切な換気時間と正しい換気方法

寒い冬は窓を開けたくないと考えがちですが、冬でも窓を開けて部屋の換気を行うことが大切です。ですが、一...

庭の草むしりをする時に必要な道具について知りたい

庭付きの一戸建てやマンションは、みんなの憧れの対象ですが、それに伴って、草むしりも必要になってきます...

浴室の掃除に重曹が効果的な理由とその掃除方法について徹底解説

毎日使う浴室とはいえ、掃除するとなるとなかなか大変。浴槽だけではなく、床や天井なども行うと時間もかか...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

スポンサーリンク

浴槽のカビが取れないときはパックで効果を高めましょう

水回りでもっともカビが繁殖しやすい場所の一つとしては、「お風呂」が定番ですよね。
いつの間にか黒っぽい部分が現れたなんて経験はありませんか?
その黒っぽい部分の正体は「黒カビ」です。

黒カビの生態

  • 繁殖温度・・・25度前後
  • 湿気・・・80%以上
  • 付着場所・・・あらゆる水分の多い場所

簡単に説明しましたが、日々掃除をしていても手の届きづらい場所やゴムなどのパッキンの隙間にも発生するのが黒カビの存在です。
では、この黒カビを撃退するにはどのような方法があるのでしょうか?

塩素系漂白剤でパック

通常の風呂専用中性洗剤でもスポンジでゴシゴシ擦り落とすことは可能ですが、手の届かない隙間などにオススメ出来るのが塩素系漂白剤の存在です。
塩素系漂白剤とは、強アルカリ性の洗剤で、衣類に関してはあらゆる物を白くさせてしまう特徴があります。
臭いがキツイというところも特徴的で、次亜塩素酸ナトリウムが主成分となっているため発生する臭いと言われています。
強力なだけに落とせない汚れは無いんじゃないだろうかという程あらゆる汚れに対応してくれるのが塩素系漂白剤の特徴でもあります。
ただ、取扱には十分注意が必要です。
強力な洗剤なだけに、人体に影響を及ぼします。
皮膚を溶かしてしまう成分が入っているので直接素手で使用することはオススメできません。あとは換気です。臭いが強烈なだけに大量にその空気を吸ってしまうことは体に良くないとも言われているためです。
使用する環境としては十分な換気の出来る場所で使用するよう心がける必要があるでしょう。

塩素系漂白剤を使用してパックする方法

  1. 黒カビ部分から15cm位離した場所から塩素系漂白スプレーを勢いよく噴射する。
  2. スプレーをかけた場所にラップをかけ放置したあと洗い流したら完了です。

一般的には、この方法で黒カビは退治できるでしょう。

浴槽のカビが取れないならこすらずに浸透させるのがコツ

ゴシゴシ擦る方が汚れは落ちるような気もしますが、なぜつけ置きする必要があるのでしょうか?

浸透させることがポイント

塩素系漂白剤スプレーを噴射したとしてすぐにゴシゴシ擦ってしまうと、黒カビに浸透する時間が足りずなかなか落ちてくれない場合があります。そのため、漬け置きするという方法が必要なのです。
放置目安時間は半日位と考えて下さい。

空気に触れさせないこともポイント

なぜラップをかぶせるのかというと、黒カビは空気に触れ続けることで生命力を維持し続けます。
そのため、ラップで漂白剤を覆うことが駆除するにはもっとも適した対応と言えるからです。

それでも取れない頑固な浴槽のカビを取り除く強力な方法とは

上記のつけ置き洗いでさえとれない場合の黒カビに対しては、どのような駆除方法があるのでしょうか?
オススメな方法を紹介したいと思います。

高温のお湯で対応

目安は50度位(お使いのシャワーの一番高温)のお湯を黒カビ自体にかけて駆除するという方法です。
黒カビは25度前後にたくさん繁殖する一方で、熱湯には非常に弱い性質なためとっても有効的な方法と言えるです。
ただ、熱湯に近い温度ですのでくれぐれも火傷には注意して使用して下さいね。
使用後は、十分に拭き取りをして完了という流れになります。

黒カビ退治には、やはり重曹

便利お掃除アイテムと言えば「重曹」を思い浮かべる人も少なくないとも思いますが、重曹は黒カビ駆除に大いに役立ちます。
通常は粉末で販売していることが多いため、自分でスプレーを作ってみましょう。

【重曹スプレーの作り方】

  • 水・・・100ml
  • 重曹(粉)・・・小さじ1程度
  • スプレーボトル・・・1本

これをよく混ぜ合わせ黒カビ部分に振りかけます。
塩素系漂白剤同様ラップでつけ置きし、3時間位経過したらラップをはがし、ゴシゴシ擦りながら洗い流して完了です。
この時浴槽が傷つかないよう十分注意する必要があります。
重曹は研磨効果が高いとも言われているため、注意しながら使用しなくてはいけません。

カビを発生させないために日頃からできる予防対策を

汚れのとれない頑固なカビ対策を含め大掃除と言えば、一般的に大仕事のイメージがありますので、大変そうですよね。
大掃除にも極力時間がかからないようにするには、やっぱり日々の予防が必要です。

では、カビを発生させない予防として、日々どのような浴室お手入れが必要なのかお伝えしたいと思います。

水分を取りきってカビを撃退

カビの大好き空間は、多湿です。
水分が多く含んでいる浴室は、勝手に増殖してしまいます。
入浴後は使用済みタオルでも構いません、浴室を拭く作業をオススメします。

高温シャワーを全体的にかける

高温に弱い黒カビの対策として、入浴後は全体的に50度前後のお湯をかけて菌が繁殖しないように予防することができます。
ただ、シャワーをかけたあとは、きれいに拭き取ることが大前提です。

日々のお手入れをまとめますと「入浴後は高温シャワーを回しかけ、全体の水分を拭き取る」ということですね。
水分を拭き取る作業は、カビの発生防止とともにカルキ(水道水の成分に含まれている成分で頑固な汚れの一つ)防止にも繋がるため一石二鳥にもなりますね。

浴槽のこまめな掃除や換気をしてカビの発生を防ぎましょう

まだまだ日頃のお手入れはあります。
それは、「換気」です。
多湿が大好き黒カビさんですので、水分は勿論のこと換気も重要な日々のお手入れポイントです。
お風呂に入った痕は極力窓を開けておく、ドアは常に開けっ放しにしておくなど、とにかく多湿の環境を作らないようにするだけでも黒カビ発生は大幅に減少します。

お風呂の黒カビについて、詳しく対策方法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
黒カビは、人体の呼吸器官に影響を及ぼすアレルギー反応が確認されています。
子供さんのいる家庭では、なおさら気をつけなくてはいけないポイントとも言えるでしょう。
毎日使用する癒やしの空間ですので、日頃の手入れを行ってさえいれば快適に使用することが出来る空間です。
日々のお手入れは手間に思うかもしれませんが、毎日こなすことで日常化して当たり前になってきますので、最初の第一歩を是非踏み出してみて下さいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事