リビングを掃除しやすい部屋に変えるためのコツを教えます

リビングを掃除しやすい部屋に変えるためのコツを教えます

家族みんなで過ごすリビングは、常にきれいにしておきたいと思っている人が多いでしょう。

しかし、リビングは物が多く、掃除しにくい部屋になってしまっているのではないでしょうか?

今回はリビングを掃除しやすい部屋にするためのコツについて説明します。
これを読んでいただければ、どうすれば掃除しやすくなるのか理解していただけるでしょう。

また、リビングの掃除には正しい手順があります。より快適に過ごすためにも、正しい方法で掃除するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。 いろいろとありますが、やはり『行動力』と『判断力』があることに間違えはない...

便器の掃除に便利なトイレブラシの種類と選び方について解説

便器を掃除する時に効果的なトイレブラシ。しかし、いろいろな種類がありすぎて、選ぶ時に迷ってしまう人も...

机を整理して仕事の効アップ!会社のデスクを整理整頓する方法

あなたの会社の机が散らかっているのなら、きちんと整理をしましょう。整理整頓されている机だと、仕事の効...

ガラス掃除に使うワイパー『スクイジー』を使うコツについて

ガラス掃除に使う、あのT字のワイパー、今『スクイジー』って呼ばれているそうです。 あなたの家に...

レンジ掃除に重曹以外のものを使って頑固な汚れを落としましょう

キッチンや洗面台などいろいろな場所に使用できる「重曹」ですが、電子レンジの掃除 には重曹以外にもおす...

掃除頻度は一人暮らしだとどのくらいが理想?お風呂編

就職を機に一人暮らしを始めて掃除をする機会も増えますが、お風呂好きな人にとって気になるのが、お風呂掃...

片付けは収納アイデアとスッキリ快適に見せるコツで苦手も克服

片付けが苦手なら収納がしやすくなるアイデアがオススメです。ただし、そのアイデアをそのまま真似をするの...

ワックスを床からはがす方法!剥離作業で仕上がりが変わります

ワックスを床に塗る時、以前塗られていたワックスをはがす作業を行っているでしょうか。 はがす作業を省...

風呂の水垢。長年蓄積された頑固な『ウロコ』を除去する方法

風呂の水垢問題。 長年蓄積された頑固な『水垢』に悩まされている方は多いと思います。 そこで、...

壁の掃除に重曹を使いたい!デイリーから大掃除まで。重曹大研究

壁の掃除も重曹におまかせ! 一般的な壁紙クロスなら、重曹スプレーで汚れを落とすことができます。...

壁のヤニ汚れには「セスキ」!その効果と掃除方法について解説

気になる壁のヤニ汚れによる黄ばみ。 元の白い壁に戻したいと掃除をしても、なかなか落ちないことに悩ん...

神棚の掃除は夜でもいいの?神棚掃除の時間帯と掃除ポイント

大掃除の際に神棚を綺麗にしたくても、神棚担当の旦那さんが仕事が忙しく、夜しか掃除する時間がないという...

シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口は掃除しないとぬめりができてしまい、触りたくないと考える人も多いでしょう。 しか...

畳の掃除に『重曹』は使えません!畳の正しい掃除方法について

畳を掃除するのに一番適しているのは『ホウキで掃く』ということです。 畳の目に沿って、ゆっくりと...

埃をためない環境づくりと埃を綺麗に掃除する方法

こまめに掃除をしても埃は溜まってしまうもの。ですが埃が発生しにくい環境を整えることができれば、掃除の...

スポンサーリンク

リビングを掃除しやすい部屋にするためのコツについて

リビングは家族が一番長く過ごす場所なので、他の部屋に比べて物が多くなったり汚れやすい場所でもあります。リビングはお客様を迎える場所でもあるので、できるだけキレイな状態にしておきたいので掃除は欠かせません。
忙しい中で掃除にそれほど時間をかけることができないという人も少なくないでしょう。

リビングを掃除がしやすい状態にすることが大切になってきます。

掃除をすぐに始めることができないのは、物が片付いていないからです。床の上に物が多いと掃除機やフロアワイパーを掛けることができませんし、テーブルの上や棚の上にあるものが多すぎると拭き掃除もスムーズにいきません。掃除を始める前に物を片付けるだけで時間がかかってしまいます。

テーブルの上ならリモコンやメガネが置いてあったり、飲み終えた後のマグカップなども置きっぱなしになっていることがあるでしょう。
床の上ならお子さんのオモチャが散乱していたり新聞紙や脱いだ衣類が置かれていることも多いかと思います。

掃除をしやすくするためには、物を出しっぱなしにしないこととです。
出しっぱなしにしている物は全て片付ける場所があるはずなので、使い終わったらすぐに本来あるべき場所に戻すようにしましょう。

また、物の置き場所を決めておくこともポイントです。新聞や雑誌、リモコンなどは置き場所を作っておくことです。
片付ける場所をハッキリさせておくと家族の誰もが片付けることができるので、ぜひ協力してもらうようにしましょう。

掃除しやすいリビングにするためには、掃除道具の収納方法もポイント

掃除をしやすくするためには、掃除用の道具の収納も重要になってきます。
掃除をするための道具があちこちにあったり、取り出しにくい場所にしまってしまうと、掃除をする前から道具を用意するだけで大変です。

掃除道具はひとまとめにして、掃除をしようと思ったときにすぐに取り出すことができるように収納しておくと良いです。
収納する場所もリビングから離れた場所ではなく、できるだけ近くに収納場所を確保すると良いです。
汚れが気になった時にすぐに取り出して掃除ができるような状態にします。

掃除道具を収納できるような場所がない場合は、見せる収納も手です。
最近の掃除道具には、出しっぱなしでも気にならないシンプルなものや、一見では掃除道具とは思えないデザインのものもあります。
ちょっとかわいいデザインの物を選び、ほうきなどを一ヶ所にまとめて吊り下げ、かわいく見せるのも収納方法も手です。

粘着テープなどの小さめの掃除道具なら、カゴなどにまとめて収納して、上からお気に入りの柄の布などを被せて隠しておくと、掃除道具が見えてしまい生活感が出てしまうこともなくなります。

リビングに書類が散らからないようにするための収納のコツ

リビングのテーブルやダイニングテーブルの上は、書類を置きっぱなしにしてしまうことも多いかと思います。
郵便物やお子さんが学校から持ってきた書類など、時間ができた時に見ようとか、片付けるまでの仮置きで出しっぱなしにしてしまう場合もありますよね。

リビングやダイニングのテーブルの上は物を置かないようにすることが一番なので、書類もしまう場所をキチンと決めておき、見たらすぐに片付けるようにしましょう。
時間がないので後で見ようと思っている場合でも、後から見る書類を置く場所を作っておきます。トレイボックスを用意しておいたり、専用の引き出しを決めておくと良いでしょう。

郵便物などの書類もためてしまうと大変です。できるだけすぐに目を通すようにしましょう。
書類に目を通したら、保管しておく書類、シュレッダーする書類、捨てる書類に分けておきます。
すぐに捨てられる書類なら雑紙用のゴミ箱や新聞ストッカーに片付け、シュレッダーしたい書類もすぐにシュレッダーにかけるようにします。

大切な書類なら紛失してしまうことがないように、収納する場所を決めておくことも重要です。書類の分類ごとにバインダーや箱などを用意しておくと便利です。

リビング掃除には掃除しやすい正しい手順があります

リビングの掃除をスムーズに済ませるためには、掃除の手順にもポイントがあります。
掃除をするときは上から下へが基本なので、まずは高い所から始めます。

リビングの掃除の手順

  1. まずは出してある物を片付けてください。要らない物は捨てて、出しっぱなしにしてある物は本来あるべき場所へ戻します。掃除を始める前にリビングに散らかっている物を全て片付けておきましょう。
  2. 高い部分のホコリを落とします。はたきやハンディモップなどを使って、家電や家具の上にたまったホコリを落としておきます。照明やエアコンの上にもホコリはたまっていますので、忘れずに落としておきましょう。
  3. フローリングワイパーでホコリや髪の毛、ゴミなどを取ります。掃除機を使う前にフローリングワイパーをかけておくと、掃除機でホコリが舞い上がってしまうことを防ぐことができます。
  4. 床の上のホコリなどを取り除いた後で、掃除機をかけます。ラグやマットの上など、フローリングワイパーを使えなかった場所もしっかりと掃除機でキレイにしておきましょう。

家族全員が過ごしやすいリビングにするために

リビングは家族が集まりやすく、いつでもお客様を招くことができる過ごしやすい場所にしておきたいものです。

ここでリビングを見渡してみてください。ごちゃごちゃしている印象があるのなら、あまり落ち着く場所とは言えないかもしれません。物が多すぎると感じたなら、不要な物を処分することから始めましょう。できるだけ物を減らしてスッキリさせて、家族が過ごすためのスペースを広くします。

物が片付かない原因のひとつに収納スペースがないというのもあります。収納場所が足りないようなら、デッドスペースを見つけてください。家具の隙間や部屋のコーナーの部分などを収納場所に活かしてみてください。
物をできるだけ形付けておくと、掃除もしやすくなります。

物を形付けてもリビングがスッキリ見えないような場合は、色使いのせいかもしれません。様々な色で溢れていると部屋にまとまりがなく、乱雑に見えてしまうことがあります。家具やファブリックの色を統一することで、まとまりが生まれてきます。
白などの淡い色は部屋を広く見せる効果があります。色使いも工夫してみてください。

なんとなく使いにくさを感じる場合は、思い切って家具の配置を変えてみましょう。家具の配置替えは気分も変わって新鮮な感じがします。

リビングは物を減らしてスッキリさせることと、物の定位置を決めて出しっぱなしにしないことで、掃除もスムーズに始めることができます。
ぜひ、家族全員が過ごしやすいキレイなリビングにしてくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事