雨戸掃除は自宅にある洗剤一滴垂らすだけで汚れ落ちがアップ

雨戸掃除は自宅にある洗剤一滴垂らすだけで汚れ落ちがアップ

雨戸を掃除する際、どんな洗剤を使おうかで悩んでしまいますが、特別な洗剤は必要ありません。自宅にある洗剤で十分です。

水洗いでも雨戸の汚れをある程度落とすことができますが、洗剤1滴垂らすだけでも効果があるので、雨戸掃除をする際は洗剤を入れた方が綺麗になるでしょう。

また、雨戸掃除はホコリを取り除くことが大切なので、掃除の手順を知っておく必要があります。

効率よく雨戸掃除ができるよう、知識を身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【引き出し整理のコツ】文房具は定位置を決めて収納しよう

オフィスのデスクの引き出しの中は、整理できていない文房具でいっぱいになっている人の方が多いのではない...

掃除頻度で悩む共働き夫婦へアドバイス!平日のサッと掃除がコツ

子供が小学校へ上がったタイミングで働きに出る女性も多いですが、共働きとなった今でも夫が全く掃除を手伝...

洋服の収納術!タンスに収納する時のコツを知って収納上手に

「たくさんある洋服をうまくタンスに収納したい!」こんなお悩みを抱えている人もいますよね。 収納術が...

リモコン掃除にボンドを使用する方法と注意点について解説

家族みんなが触るリモコンは、気が付かないうちに手垢などの汚れがついてしまっています。そのため、リモコ...

排水の匂い対策!立ち上がってくる嫌な匂いを解消する方法

排水口からなのか、ふと鼻につく嫌な匂い。 部屋中に漂う匂いがとにかく不快で、今すぐ匂いをなんとかし...

掃除をして部屋を片付ける方法!まずは物を捨てる勇気をもとう

掃除が苦手で上手く片付けられないという人は、片付けの方法を知らないからです。 片付けの方法を知って...

電子レンジの掃除はセスキ炭酸ソーダ1つで簡単キレイに!

セスキ炭酸ソーダを知っていますか? 100均でも手に入るこのセスキ炭酸ソーダですが、電子レンジを掃...

庭の落ち葉を効率よく掃除する方法や掃除のポイントをご紹介

庭掃除で意外と厄介なのが落ち葉。竹箒を使った掃除方法がメジャーですが、地面が砂利だったり柔らかい土の...

シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口は掃除しないとぬめりができてしまい、触りたくないと考える人も多いでしょう。 しか...

下水詰まりの主な原因とは?水もれの原因になるため早めの対処を

トイレの水が流れにくいといった下水詰まりトラブル。 下水詰まりを解消するには、詰まりの原因を特定し...

クーラー掃除を自分で行うには?掃除方法とそのポイント

クーラーの掃除を業者に依頼するのではなく、自分で掃除をしようと考えている方も多いのではないでしょうか...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

便器の掃除に便利なトイレブラシの種類と選び方について解説

便器を掃除する時に効果的なトイレブラシ。しかし、いろいろな種類がありすぎて、選ぶ時に迷ってしまう人も...

壁のヤニ汚れには「セスキ」!その効果と掃除方法について解説

気になる壁のヤニ汚れによる黄ばみ。 元の白い壁に戻したいと掃除をしても、なかなか落ちないことに悩ん...

便器の黄ばみが取れない時に試してほしい簡単除去方法と予防方法

便器の黄ばみが取れない!頑固な黄ばみを除去してキレイな便器で新年を迎えたい! そんな悩みありません...

スポンサーリンク

雨戸掃除は自宅にある中性洗剤でOK

日頃は中々掃除をしないけれど、たまには、奥さんのお手伝いとして、雨戸の掃除でもしてみようかな。できるだけ楽に済ませたいから、雨戸にもよく使える洗剤を知りたい。そんな風に感じている方、いらっしゃいませんか。

洗剤に関してですが、特に雨戸の掃除になるからといって、特別に買う必要はありません。ご自宅に中性洗剤があるのなら、それを使用して、雨戸掃除を済ませてしまいましょう。

その中性洗剤は、リビング用のもの、キッチン用の中性洗剤でも十分対応できるので、洗剤に関していえば、あまり深く考える必要はないと思います。

中性洗剤、水が入っているスプレーボトル、後は他の時にも使用している雑巾があれば、雨戸掃除は済んでしまいます。雑巾もあと数回使ったら捨てようかななどと考えているもので問題ありません。上記の3点を用意して、雨戸掃除にとりかかっていきましょう。

洗剤を使った雨戸の掃除方法と手順

雨戸を掃除する時は、それほど難しい手順でする訳ではありません。簡単ですので、手順にそって、あなたの家の雨戸の掃除を是非こなしてみて下さい。

  1. まず雨戸に水をかける
    軽い汚れなどはこの部分でとっていきます。
  2. スポンジや雑巾でこする
  3. 雨戸によっては、届かない部分もあると思います。そんな場合は、靴用ブラシでこすって汚れをとっていきます。
  4. シャワーして汚れを落とす
  5. 中性洗剤を雑巾につける
  6. 雑巾で拭いていく
  7. 細かい部分も拭いていく
  8. 水拭きをして終了。乾燥しているかどうか確認する

また、雨戸を掃除する際に注意したいことですが、虫がついている可能性があります。十分に注意して下さい。雨戸を掃除するときは、シャワーを使いますので、濡れても大丈夫な格好で対応していきましょう。

雨戸を掃除する際は、中性洗剤1滴入れるだけでも効果的

雨戸掃除をする時は、中性洗剤がお勧めになってきます。雨戸を掃除する時に利用する中性洗剤は、量はそれほど必要ではなく、1滴入れるだけでも十分効果があるものになってきます。

「掃除をする」となると、気合をいれて、掃除用具を準備して、洗剤も入れなくてはいけないイメージがあると思いますが、雨戸を掃除する洗剤の量は、そうでもありません。

数滴で十分効果があるので、それほど中性洗剤の量は要らないことを頭に入れながら、お掃除をすると良いと思います。

因みに、雨戸の掃除に中性洗剤を使用するのとしないのでは、綺麗さに差がハッキリと出てきます。やはり中性洗剤を利用した方が、雨戸は綺麗になりますので、どうせ雨戸を掃除するのであれば、是非中性洗剤を利用して掃除をしていきましょう。

雨戸を掃除する際のポイント

雨戸を掃除する時ですが、意外にも雨戸には何種類かあり、その種類により掃除方法が変わってきます。また、天気によっても、掃除方法が変わってくるので、その点についても紹介していきます。

雨戸の種類は2種類

雨戸には2種類あります

  • 横にスライドするタイプ
    汚れが溜まりやすいタイプなので、掃除をする時も、細かい部分に気をつけて掃除をする必要があります。
  • シャッタータイプ
    この手のタイプは掃除をする際に故障させない様に注意する必要があります。スライドタイプに比べて、掃除をする時に気を使う必要があります。

雨戸の内側の掃除は可能であれば、ゴミを掃除機で吸わせます。もしくは、モップでゴミをとっていっても良いです。

雨戸の外側はそのままモップで掃除をします。
もし、雨戸を外すことが可能であれば、雨戸を外して、水洗いするのも良いです。スライドタイプはこれが可能なので、やってみて下さい。シャッタータイプは対応できないので、シャワーを上から下へと動かして対応していきましょう。

サッシなどの細かい部分は、歯ブラシなどを利用して、汚れを落としていきます。
最後に、雑巾で乾拭きして終了になります。

水分を十分に落とすことがカビを引き起こさない予防策になります。最後の乾拭きもきちんとしていきましょう。

雨戸は普段からこまめに掃除することで綺麗を維持できる

雨戸を日頃からこまめに掃除していくと、頑固な汚れになるのを防ぐこともできるため、掃除が簡単になってきます。

家の掃除も様々な箇所があるので、中々雨戸の掃除まで手がいかない、そう感じている方もいると思います。確かに、それほどの頻度は求められないと思いますが、特に、雨が続く日の後あたりでしょうか。泥などの汚れが目立つ時は、早めにその汚れをとることで雨戸の綺麗さを保つことができます。

また、掃除をする際には、固い掃除道具は選ばない事です。拭いている対象物に傷をつけてしまう恐れがあるので、お掃除道具は、柔らかいものを選んで下さい。

いざ、「お掃除をしよう」と思っても、雨戸が開かない時もあります。そんな時は、レールの部分に潤滑剤を吹きかけることで、雨戸がスムーズに開きます。

シャッター用の雨戸でも、潤滑剤を吹きかけることによって、変な音を出す予防になってきます。一石二鳥になりますね。ただ、吹きかける前に、レールは必ず綺麗にしておきましょう。

雨戸の掃除には、中性洗剤がお勧めであり、特に雨戸用の洗剤は不要な事、また、その量も大量ではなく、1滴でも十分効果があることを説明してきました。あなたの雨戸掃除に対するイメージは、変わってきましたか?特に雨の後など、泥の汚れが目立つ時など、汚れがしつこくならないうちに、雨戸掃除を終わらせておきましょう。奥様にも喜ばれると思います。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事