シンクのぬめりはこの掃除で綺麗に!シンク掃除のコツ

シンクのぬめりはこの掃除で綺麗に!シンク掃除のコツ

シンクの掃除でできれば手を付けたくないのが、排水口のぬめりです。
臭いもするし、何よりドロドロしたあの箇所を触って掃除するのはとても嫌なものです。

では、シンクのぬめりはどのように掃除することで綺麗になるのでしょうか。

市販剤の他にもぬめりを取る方法はあります。
ぬめりを予防するアイデアもありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

毎日使うシンクは、日頃のお手入れ次第で掃除がしやすくなります。
綺麗なシンクを保つためにも頑張りましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洋服の収納術!タンスに収納する時のコツを知って収納上手に

「たくさんある洋服をうまくタンスに収納したい!」こんなお悩みを抱えている人もいますよね。 収納術が...

部屋がカビ臭いと感じた時にできる簡単な掃除方法や対策

外から帰ってきたときなど、家のリビングや自分の部屋に入ると、なんだかカビ臭い?と感じることはありませ...

電子レンジの掃除にレモンを使うとピカピカになります

電子レンジは料理には欠かせないものですが、掃除はおろそかになってしまうことも多いのではないでしょうか...

壁の掃除に重曹を使いたい!デイリーから大掃除まで。重曹大研究

壁の掃除も重曹におまかせ! 一般的な壁紙クロスなら、重曹スプレーで汚れを落とすことができます。...

拭き掃除の洗剤を手作り!いろいろな場所に使えます

家中の拭き掃除をしていると、あっという間に洗剤がなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。 ...

シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口は掃除しないとぬめりができてしまい、触りたくないと考える人も多いでしょう。 しか...

バルコニーの掃除について。マンションならではの注意点とは

バルコニーの掃除は室内の掃除よりも、大変です。 さらに、マンションなら、隣近所の住人への気遣い...

オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除で困ってしまうのが、レンジ内の焦げつきです。 特に長年放置してしまった焦げはちょっとや...

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

【掃除のコツ】フローリング掃除におすすめの掃除方法と洗剤

フローリングの掃除にはワイパーが便利ですが、ドライシートだけではなかなか汚れをとることもできないでし...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

落ち葉掃除の強い味方ブロワー!ブロワーの特徴や使用上の注意点

紅葉が終わった頃に庭を埋め尽くしてしまう落ち葉ですが、そのまま放置していては見た目が良くないし、かと...

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

玄関のインテリアの邪魔にならない!掃除道具の収納方法

玄関の掃除道具は玄関にあると、汚れに気がついた時にすぐに掃除ができて便利ですよね。 しかし掃除...

壁のヤニを落とすにはどんな洗剤を使うべき?ヤニ掃除の方法

壁のヤニを掃除するときにはどのような洗剤を使ったらいいのでしょうか? できるだけヤニを落としたいけ...

スポンサーリンク

シンクのぬめりを掃除する方法

キッチンは毎日使用する場所なので毎日清潔に保ちたいですよね。洗い物をしていると水の流れが悪くなることがあります。それは汚れが溜まっていたり、排水溝がつまっているためです。シンクは毎日綺麗に掃除をしましょう。

ぬめりを掃除する方法を紹介します。

  1. ゴム手袋を着用しシンクについているゴミ受けのゴミを捨てます。
  2. パーツを外す
    ゴミ受けの下に排水トラップカバーがついているので外します。
  3. カビ取り剤を排水溝全体に吹きかけます。
  4. 10分放置します。汚れがひどい場合は30分以上放置すると汚れが落ちやすくなります。
    放置後使い古した歯ブラシやスポンジで擦ります。
  5. 水でよく洗い流し、パーツを戻して掃除の完了です。

市販のカビ取り剤を使う場合は、換気を必ず行いながら掃除をするようにしましょう。強力な洗剤なので皮膚には付かないようにゴム手袋は必ず着用しましょう。

市販剤を使わずに、シンクのぬめりを掃除するには

シンクのお手入れが毎日しっかりと行われないとぬめりがしてしまい、カビの発生に繋がります。食品の残りカスなどに水分が加わるとカビが繁殖しやすくなります。

手間とお金をかけずに簡単に排水口を掃除する方法を紹介します。

重曹とお酢を使ったシンク掃除

  1. 重曹1カップを排水口にかけます。重曹の量が少ないと効果がみられないのでたっぷりとかけましょう。
  2. 次にお酢を重曹の半分を重曹にまんべんなくかけます。お酢は温めると更に効果があります。
  3. 泡立ち始めたら5~30分放置します。泡が隅々まで行き渡り汚れを浮き上がらせてくれます。
  4. 最後にお湯で流します。

シンクのぬめりが酷くならないためには2~3日に1回の掃除は必要

キッチンは毎日使う場所なのでいつも清潔な状態を保っておきたいです。キッチンは使っているうちに汚れがたまってしまいます。その中でも水垢やぬめりが気になりますよね。シンクや排水口のぬめりが酷くならないように2~3日に1回は掃除をすることをおすすめします。

シンクの汚れは、水垢、ぬめりがあります。

水道水にはカルキやカルシウム、マグネシウムなどが含まれています。水が蒸発した後に白く残ってしまうことがあります。それが水垢の原因になります。食べ物を扱わないシンクで、水を流しているだけでも水垢がついてしまいます。そしてぬめりの原因は細菌や酵母が原因になります。食べ残しや生ゴミが腐食すると繁殖してしまいます。特に気温が高くなると繁殖が活発になるのでこまめに掃除をしましょう。

シンクのぬめり予防に効果的なアイデア

シンクの掃除を毎日するのは大変ですよね。しかし掃除をしないとすぐに汚れてしまいます。日頃から予防することで掃除が楽になります。そこでシンクのぬめり予防に方法を紹介します。

  • アルミホイルを入れる
    アルミホイルは水に触れると化学反応をおこし、抗菌、殺菌効果のある金属イオンを発生させます。アルミホイルをまるめボールのようにしてゴミ受けに入れると水が流れるたびに反応して菌の発生を抑えてくれます。2~3個入れると効果が高いような感じがします。アルミボールの上にネットをかけるとアルミボールを残したまま生ゴミだけを捨てることができます。
  • 10円玉
    10円玉3~5枚を使用済みのストッキングに入れて、排水口にぶら下げて置きます。銅の洗浄効果でぬめりと防止してくれます。黒ずみ始めたら交換しましょう。
  • ティーバック
    麦茶や烏龍茶などお茶を煮出した後のパックを排水口の中に1晩入れて置くと嫌なぬめりが軽減します。使い終わったら入れるように習慣にするとぬめりが気にならなくなります。

シンク掃除で押さえておきたいこと

シンクの掃除をサボるとすぐに水垢がついてしまったり、ぬめりが出てしまったりしてしまいます。日頃のちょっとした心がけでシンクを綺麗に保つことが出来ます。

綺麗を保つポイントは一日の使い終わりに必ず毎回拭き上げることです。シンクや蛇口に水滴が残っていると水分だけが蒸発してしまい、白いウロコ状の汚れがこびりついてしまいます。そのためしっかりと拭くことが大切です。吸水クロスでシンクの水滴を取り除き、クロスで拭くとピカピカの仕上がりになります。

水垢がついてしまったら、メラミンスポンジやクレンザーで擦ると綺麗になります。しかしシンクによっては傷がついてしまう可能性があるので、取扱説明書をしっかり確認してから使用するようにしましょう。

そして排水口は排水カバーも取り外して綺麗にしましょう。カバーの裏側が綺麗に掃除されていないと嫌な臭いの原因になります。そのため排水カバーの裏側もしっかり掃除をしましょう。最後にアルコールスプレーをかけて終了です。

シンクなどの水回りは汚れがつきやすい場所です。一日の使い終わりに毎回掃除をするように習慣つけることでシンクの水垢やぬめりが気にならなくなりるので綺麗に保つことができます。排水口掃除にかかる時間は約2分で終わります。

シンクが綺麗だと家事も楽しくなります。是非綺麗なシンクを保ちましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事