【部屋の片付け方】どこから始めるかその決め方について徹底解説

【部屋の片付け方】どこから始めるかその決め方について徹底解説

いつの間にか汚くなってしまった自分の部屋。片付けた方が良いとわかってはいても、どこから片付ければいいのか、片付け方がわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、どこから手をつければいいのかわからない人のための部屋の片付け方について詳しく説明します。

まずは、いらない物を捨てることから始めましょう。そして、どこから始めるかについて悩む人は「小さなところ」から始めるようにしましょう。

ではこれから詳しく説明します。少しずつ進めていくようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できな...

レンジの掃除はセスキにおまかせ!セスキでの掃除方法とメリット

電子レンジの中の汚れを綺麗に掃除したい時は、セスキ炭酸ソーダを使った掃除がおすすめです。 電子...

掃除をしよう!壁のクロスを掃除すると部屋全体がスッキリ

掃除の勉強。 壁を掃除する方法をレクチャーします。 掃除したい壁の『クロス』をチェックし...

玄関の床掃除のポイント、タイルの汚れを落とす方法

玄関を掃除する時、ほうきでササッと掃いて終わる事も少なくありません。 掃いて塵や埃を取り除くことは...

机を整理して仕事の効アップ!会社のデスクを整理整頓する方法

あなたの会社の机が散らかっているのなら、きちんと整理をしましょう。整理整頓されている机だと、仕事の効...

階段の掃除。一段一段モップで掃除する方法が一番

階段の段数だけ角がある階段。 たくさんの四隅にはホコリがしっかりとたまります。 階段をキレイ...

正月に掃除や洗濯をするのはダメ?意外と知らない正月のタブー

「掃除や洗濯は正月にしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか? 特に掃除は毎日行うことが...

【便器掃除のコツ】しつこい尿石を簡単に落とす方法を教えます

掃除してもなかなか取れない便器についた尿石。特に男の子のいるママの悩みの一つではないでしょうか。 ...

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

便器の掃除は重曹の研磨作用でゴシゴシ綺麗に!トイレ掃除の方法

小さなお子さんがいるご家庭では、市販の洗浄力の強い洗剤で便器の掃除をすることが不安に感じることもある...

ワックスを床からはがす方法!剥離作業で仕上がりが変わります

ワックスを床に塗る時、以前塗られていたワックスをはがす作業を行っているでしょうか。 はがす作業を省...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

窓の掃除で使う洗剤。内側と外側の汚れの違いと掃除方法について

窓の掃除にはどんな洗剤を使うとよいのでしょうか? 窓ガラスは、室内と外側で汚れが違います。 ...

掃除のほこり取りにおすすめなのは?グッズと使い方について

掃除はほこりにはじまりほこりに終わります。 ほこり取りをしなければ、いくら掃除機を掛けても、拭...

スポンサーリンク

どこから手をつければいいのかわからない人のための部屋の片付け方

物が散乱してゴチャゴチャしている部屋は、「片付けなきゃ」と頭では分かっていても、片付けの範囲が広すぎたり、物が多すぎてどこから掃除をすれば良いのは悩むこともありますよね。

片付けが「面倒」にならないためにはシンプルな部屋づくり

片付けの手順を間違えると、部屋が片付ける物で溢れてしまい、かえって部屋が散らかってしまうこともあります。

片付けが大好きという人は少数派で、大半の人は片付けを面倒くさいものとか出来ればやりたくないものと感じているのではないでしょうか。

片付けが面倒なのは、部屋の散らかり具合が大きいことが原因です。

片付けに、大幅な時間を要するということが自分で分かっているため、片付けに対するやる気が起きないのです。

やる気を出して、朝から片付けに取り組んでも時間がかかる割に、片付けの成果があまり見えないと、「こんなに頑張ったのに…」という気持ちにもなりますよね。

こう考えると、片付けを面倒と感じないためには、物を整理して、必要なところに必要な物が置いてあるシンプルな部屋を目指すことが大切であるということが分かります。

まずは、物の「整理」から

物がたくさんある状態で片付けをしても、目先の見た目が変わるというだけで、本当の意味で部屋を「片付ける」ということにはなりません。

片付けを行う前に、まずは今ある物の整理から始めましょう。

整理とは、今の自分に必要な物と不要な物に仕分ける作業のことです。

この整理をしっかり行うことで、必要な物だけが残りますので、収納もしやすくなり、使い勝手の良い部屋にすることが出来るのです。

部屋の片付け方で大切なことは「必要なものを準備すること」

せっかく片付けを始めても、必要な道具がないと無駄な時間が増えたり、片付けが上手く進まないということもあります。

片付けに必要な道具を揃えよう

片付けを行う前に、片付けに使う必要な道具をしっかり準備しておくことは重要です。

私も、引越しを何度か経験していますが、引越しに伴う片付け作業で必要になる道具は結構多いということを実感しました。

特に、「ゴミ袋」は多めに準備しておくと良いでしょう。

片付けには、物を整理することが重要ということをご紹介しましたが、整理には、不要な物の処分も含まれます。

ゴミ袋は、不要な物を処分するためには必要不可欠です。

もし、捨てるのをためらっている物は、保留にしておくことがおすすめですが、その際にも袋に入れると、まとまるので便利です。

使うかどうしようか迷うという物は、私の経験上、結局は使わない物が大半です。

思い切って処分した方がスッキリすることが多いです。

溜まった本や新聞、ダンボール類をまとめるのに、「ビニール紐」も用意しましょう。

ビニール紐と一緒にハサミも忘れずに用意した方が良いです。

私は、大量に本を処分した時に、ハサミがどこかに行ってしまい、探す時間がかかったという経験があります。

どこから片付ければいいか迷ったら、小さなところから始めましょう

食事をしたり、テレビを見たりする時に使うテーブルの上に、食べかけの皿やお菓子、本などを置いていませんか?

テーブルやキッチン、引き出しの整理から始める

テーブルの上には、出来れば何も置いていない状態がベストです。

テーブルは、部屋に入った時に視界に入りやすいところです。

テーブルの上に物が乱雑に乗っているだけで、部屋が散らかって見えてしまうこともあるのです。

そして、キッチンも同様です。

シンク内に使い終わったお皿が溜まっていると、生活感が丸見えで良い印象を与えません。

片付けをどこから始めようか迷ったら、テーブルの上やキッチンのシンクの片付けから始めるのがおすすめです。

食器や食べかけのお菓子は、しまうべき場所にきちんと収納したり、処分するなどして片付けましょう。

これらの場所をスッキリさせるだけで、片付けの達成感が得られます。

引き出しや棚の中の整理もおすすめです。

引き出しの中の物を取り出しやすいように整頓したり、きちんと揃えて並べると、見た目がきれいになるので、気持ちもスッキリしますよ。

どこから、何から片付けるか決めたら、後は簡単です

掃除をしたいけど取り掛かるのが面倒くさいと思ってしまう人も多いのではないでしょうか?

片付けのやる気を出す秘策

私の場合、引越しが近づきそろそろ部屋の片付けに取りかからなきゃという時、なかなか重い腰が上がらずにいました。

このままじゃいけないと思いたち、片付けのやる気を出すために行っていたのが、動画サイトで汚部屋の片付けに関する動画を片っ端から見ることでした。

片付けのプロは、物で溢れかえっている手がつけられないような部屋でも、見ていて気持ちの良いくらい要領よく片付けをこなしていき、最終的には入居したてのようなピカピカの部屋にしてくれます。

こうした動画を見ることで、片付けをしないとこんな部屋になってしまうという自分に対する戒めの気持ちや、片付けの仕方も分かり、「片付け」に対してやる気が出ました。

一気に片付けしようと思わないことも大切

全体的に物がたくさん散乱している部屋では、一気に片付けてしまいたいと思うこともありますよね。

片付けが苦手な人の多くは、片付けにかかる時間もなるべく減らしたいということから、いっぺんに物を片付け始める傾向があるようです。

でも、この方法は逆に部屋を散らかしてしまうことが多いのです。

経験がある方もいるかもしれませんが、物を整理しようと、部屋に物を広げることで、収拾がつかなくなることも。

場所ごとにカテゴリー分けし、「今日はここ」と決めて小さく片付けすることがポイントです。

片付け方がわかったら、もう汚部屋にならないようにしましょう

せっかく部屋の片付けをしてきれいになっても、ダイエットのリバウンドのようにまた時間が経つと部屋に物が散乱して、元の状態に戻ってしまうということもあります。

物の定位置をしっかり決める

物は、使ったら元に戻すことが片付けの基本です。

しまってもまたすぐ使うからといって出しっぱなしにしていると、同じような考えで部屋に物が増えてしまうことになります。

片付けのリバウンドをしないためには、物をしまう定位置をしっかり決めることが重要です。

使う頻度が高い物は、自分が取り出しやすいところに収納し、あまり使わない物は場所を決めて奥側に収納するなど、使いやすさを考えた収納が大切ですよ。

物が増えたら捨てるなどのルールを決める

世の中には、どんどん新しい物や便利な物が出ていますよね。

人間ですから、欲しい物も出てくることはあります。

でも物を買うということは処分しない限り、増え続けるということです。

物が多いと、収納しきれなくなったり、部屋に置くと狭くなってしまうものです。

新しい物を1つ買ったら、何か1つ処分するなど、自分の中でルールを決めるということも、きれいな部屋をキープするためにはとても大切なことです。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事