床掃除はスチームクリーナーにお任せ!汚れを浮かせてピカピカに

床掃除はスチームクリーナーにお任せ!汚れを浮かせてピカピカに

大掃除を前に床掃除で困っていませんか?その悩みを解決するのが「スチームクリーナー」です。

スチームクリーナーは、蒸気の力でシミや汚れを浮かせて掃除ができる、大変便利なアイテムです。
足裏の皮脂がついた床も、スチームクリーナーを使えば一気に綺麗になること間違いありません。

ただ、人によっては購入しても使わなくなってしまうこともありますし、床の状態によっては使えない場合もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋を片付けるコツ!片付けが苦手な人でも上手に片付をする方法

部屋の片付けが苦手で、いつも部屋が散らかっている人もいるのではないでしょうか。そんな片付け下手の人で...

掃除のほこり取りにおすすめなのは?グッズと使い方について

掃除はほこりにはじまりほこりに終わります。 ほこり取りをしなければ、いくら掃除機を掛けても、拭...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

リビングを掃除しやすい部屋に変えるためのコツを教えます

家族みんなで過ごすリビングは、常にきれいにしておきたいと思っている人が多いでしょう。 しかし、...

お風呂についた水垢を取るためのおすすめの洗剤と予防方法を解説

お風呂の浴槽などについた水垢は、放置しておけばおくほど取れにくくなってしまいます。 そのため、...

【引き出し整理のコツ】文房具は定位置を決めて収納しよう

オフィスのデスクの引き出しの中は、整理できていない文房具でいっぱいになっている人の方が多いのではない...

便器に黒ずみが発生する理由、便器を綺麗に保つための予防方法

毎日トイレを使っているのに、気がつくといつの間にか発生しているのが便器の黒ずみですね。 新しい...

布団に掃除機を掛けたい!いろいろなノズルでダニ退治

布団に掃除機を掛け、ダニを吸い取りたい! でも、掃除機のヘッドをそのまま布団に押し付けても、ダ...

【ホワイトボード掃除方法】しつこい汚れを取るコツをご紹介

ホワイトボードを使い続けていると、文字がきれいに消えなくなってまた新しく買い替えるという人も多いので...

ゴミ箱の袋止めは手作りできる!誰でもできる手作りアイデア

ゴミ箱の袋止めを手作りできるって知っていますか? 大きなゴミ箱の場合は袋止めがついているもので...

下水臭いトイレをなんとかして!そのお悩みに答えます

トイレこそいつも清潔にしておきたい箇所なのに、そのトイレが下水臭いと、それだけで気が滅入ってしまいま...

鍋の焦げは重曹で綺麗に!ステンレス鍋の焦げを綺麗にする方法

ステンレスの鍋で料理をしているとき、うっかり鍋を焦げつかせてしまった経験がある人もいるのではないでし...

部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。 いろいろとありますが、やはり『行動力』と『判断力』があることに間違えはない...

窓の掃除【カビ】窓周辺のカビを掃除する方法とその手順

窓の掃除って億劫ですよね。 見てみないふりをしていると、どんどん汚れていって、さらにカビまで発生!...

電子レンジの掃除と臭い取り。同時におこなうなら『クエン酸』

電子レンジの掃除には、やっぱり重曹なんですよね。 でも、イヤな臭いがするレンジには、掃除と臭い...

スポンサーリンク

床掃除の強い味方スチームクリーナーは全部で3タイプ

テレビのCMなどで、スチームクリーナーが紹介されているのを見ると、つい欲しくなってしまいますよね。
床に這いつくばって雑巾をかけなくても、スチームクリーナーを床に滑らせるだけで汚れを浮かせて落としてくれるだけではなく、除菌にもなる。なんて便利な道具なんでしょう。

欲しくなると、すぐに買ってしまいたくなる気持ちはよくわかりますが、テレビで見たものを、またはホームセンターで見つけたものを、そのまま購入してしまうのはやめましょう。
実は、スチームクリーナーにはいろいろな種類の物があるのです。
購入してみたはいいものの、使い勝手が悪かった、自分のライフスタイルには合わなかったということがないように、購入を決める前にまずはその種類について知って下さい。
自分に合ったタイプのスチームクリーナーを選ぶことが出来れば、床掃除の時だけではなく、キッチン周りやソファー、カーペットの掃除など、活用できる場所が増えますよ。

スチームクリーナーの種類

ハンディタイプ

小型で持ち運びが簡単なハンディタイプのスチームクリーナーは、小回りがきくのでキッチンや浴室などの細かい場所の掃除をするのに適しています。
水を入れるタンクが持ち手の部分についているので、重量を手に感じやすいですが、中に入れる水の量も他のタイプのものに比べると少量なので、重くて作業ができないということはありません。コンパクトな分、稼働時間が短めなので、床などの広い部分の掃除にはあまり向きません。

モップタイプ

スティック掃除機と同じ様な形状をしています。先端にモップパッドが付いているので、拭き取りまでの作業が1回で完了できます。ハンディタイプのように持ち手の部分にタンクがついているので、重さを感じますが、床やカーペット等の広い場所を掃除するには適したタイプです。スチームが出るまでの時間も短いので扱いやすいですが、長時間の連続稼働には向きません。

キャニスタータイプ

ゴミが吸い込まれる部分とヘッドがホースで繋がれている、一般的な掃除機のような形状をしています。タンクには水が沢山入るので、長時間の稼働も可能ですし、ヘッドが分かれているので作業がしやすいです。ヘッドのアタッチメントを変えれば、いろいろな場所に使うことが出来ますが、大きいので、収納場所の確保が必要です。

3つのタイプがわかれば、自分に必要なスチームクリーナーの形状が自ずと見えてきますよね。
お掃除グッズを使いこなすためには、使いやすさで選ぶのが一番!
自分に合ったタイプのものを手に入れてくださいね。

床掃除におすすめのスチームクリーナーは、シミや汚れを浮かせて掃除する便利アイテム!

床掃除にスチームクリーナーをおすすめする理由はいくつかあります。

なんといっても安心して使えるということです。

普段の床掃除では、洗剤を使わなければ落とすことが出来ない汚れも、スチームクリーナーを使えば水だけで簡単に落とすことが出来ます。小さなお子さんやペットがいる家庭で気になる洗剤の拭き残しも、これを使えば全くその心配がいりません。

除菌殺菌効果がある

高温の蒸気を使って掃除をするので、殺菌ができるだけではなく、床についた皮脂や汗の嫌な臭いを取り除いてくれたり、カビを予防することもできます。

いろいろな種類の汚れに対応できる

スチームクリーナーは、床についた皮脂汚れはもちろん、油汚れ、食べ物のシミ汚れなど、いろいろな種類の汚れをきれいに落としてくれます。

床の汚れも様々。普段の床掃除は、

  • 掃除機をかける
  • 汚れを落とす
  • 水拭きをする
    と、何段階にも分けないと掃除ができないので、たくさんの時間がかかりますよね。

しかし、スチームクリーナーを使えば一度にこの作業が完了してしまうので、床掃除にかかる時間がグンと短縮できてしまうのです。
忙しい主婦には、本当にありがたいお掃除アイテムですよね。

床掃除に最適なスチームクリーナーの選び方

始めに、スチームクリーナーのタイプを大きく3つに分けて紹介しました。
それぞれのメリット、デメリットについては、そちらを見ていただければ一目瞭然かと思います。

さて、今回の議題は「床掃除」です。
床掃除にスチームクリーナーを使いたいと考えて、これを読んでくれている方はすでにおわかりかと思いますが、床掃除に向いているスチームクリーナーは「モップタイプ」か、「キャニスタータイプ」のどちらかです。

ハンディタイプのスチームクリーナーは、すでに説明したとおり、タンクの大きさが小さく、稼働時間が5分程度なので、到底床掃除はできません。
水がなくなったら、足せばいいと思うかもしれませんが、スチームクリーナーの特徴として、やけど防止のために、タンクの蓋はタンク内の冷却が終わるまでは基本的に開かないようになっています。
5分掃除をして、10分待ってまた5分掃除をして…では、いつまで経っても掃除は終わりませんよね。
そのため、床掃除のためにスチームクリーナーを使いたいという方は、ハンディタイプを買っても全く意味がありません。

では、モップタイプとキャニスタータイプのどちらを選んだら良いのでしょうか。
全体的に見て、床掃除に特化しその他の場所でも広く掃除に使えるという点からは、キャニスタータイプを選ぶことをおすすめします。タンクとノズルが離れているキャニスタータイプのスチームクリーナーは、安定感があるので長時間使用しても全く疲れません。先端のアタッチメントを変えれば、いろいろな場所の掃除にも使えますし、稼働時間がどのタイプよりも長いので、家中の床を一度に掃除することも可能です。
もしも部屋数が多くなく、稼働時間がそこまで重要でないという方、床掃除が出来ればその他の用途はあまり必要ないという方はモップタイプで十分です。モップタイプは置き場所にも困らないので収納がラクです。

スチームクリーナーでの掃除なら、床のワックスが剥げてしまう心配もない

スチームクリーナーは、床のワックスまで剥がしてしまうのではないかと心配される方も多いと思いますが、結論から言えば、スチームクリーナーでワックスが剥がれることはまずありません。スチームクリーナーから出る程度の高温蒸気であれば、フローリングのワックスは耐えてくれます。

しかし、何年も塗り直していない剥げかかったワックスや、密着不良になったワックスは、剥げてしまうこともあるようです。また、ワックスの上にコーティング剤を使用している場合にも、そのコーティングが熱に耐久性のあるものかどうかの確認が必要です。

まずは、床にワックスが正しく塗られていることを確認して下さい。
何年も塗り直していないワックスは、きちんと汚れを取ってから塗り直しましょう。

きれいにワックスがかけられた床であれば、スチームクリーナーは床掃除に最適です。
心配せずにどんどん活用しましょう。

床掃除でスチームクリーナーを使用する際の注意点

床掃除でスチームクリーナーを使用するときには、床を傷めないためにも、いくつかの注意点を守って使用しましょう。

やけどに注意すること

スチームクリーナーからは高温の蒸気が出ます。基本的には手元のスイッチを押した状態でないとスチームは噴射されないようになっていますが、小さいお子さんがいる場合には注意して使用してください。

フローリング用アタッチメントを使用すること

スチームクリーナーには、専用のアタッチメントが何種類も付属しているものがあります。床の細かい汚れを取ろうとして、ダイレクトに蒸気を噴射するアタッチメントを使用したりすると、床材を傷めてしまうことがあります。
使用するアタッチメントは、取扱説明書を確認して、床に対応したものを選ぶようにして下さい。

長時間同じ場所に使用しないこと

ピンポイントで一箇所にスチームを当て続けることは避けて下さい。
頑固な汚れを取ろうとすると、ついやってしまいがちになりますが、ワックスが剥がれてしまう可能性があるので、長時間連続で当てるのは控えましょう。

床材の確認をすること

フローリングのワックスの部分でもお話しましたが、スチームクリーナーを使用するときには必ず事前に床のワックスの状態を確認しましょう。
特に、フローリングの材質が無垢材の場合には、ワックスの状態が悪いと床が変色してしまう可能性があるので、注意しましょう。

正しく使えば、床掃除に重宝するスチームクリーナー。
ぜひ、活用してみてくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事