お風呂の水垢をクエン酸で落とす方法と落ちない場合の対処法

お風呂の水垢をクエン酸で落とす方法と落ちない場合の対処法

お風呂の汚れと言えば「水垢」が代表的ですが、掃除しても取れない場合もあります。

そんな時は「クエン酸」を使って掃除しましょう。浴槽だけではなく、鏡や床もきれいにすることができるのです。

そこで今回は、クエン酸を使ったお風呂の掃除方法とコツについて説明します。頑固な水垢汚れを落とす秘訣についてもご紹介します。

また、水垢の種類によってはクエン酸で取れないこともあります。その場合の対処法や水垢を予防するための方法についても説明しますので、ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭の書類の整理が苦手な人のために収納のコツを解説します

どんどん増えていくレシートや取扱説明書などの書類。あとでゆっくり整理して収納しようと思っていても、な...

便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

いつの間にか便器にできる黄ばみ。 この黄ばみの正体を知っていますか? この便器の黄ばみには、...

机の整理には100均グッズ!おしゃれな机に変身させましょう

追われるように仕事していると、いつの間にか机の上はごちゃごちゃになっていませんか。しかし、そのままに...

浴槽のカビの落とし方で大切なのは?やり方と予防方法をご紹介

浴槽のカビを掃除するのは大変ですよね。しかし、一度気になってしまうとお風呂に入るたびに掃除をしていな...

ゴミ箱の袋止めは手作りできる!誰でもできる手作りアイデア

ゴミ箱の袋止めを手作りできるって知っていますか? 大きなゴミ箱の場合は袋止めがついているもので...

重曹をかけて掃除機で吸うと故障の原因にもなるため注意が必要!

子供が絨毯に嘔吐してしまうと、嘔吐処理はもちろん、処理した後の臭いも気になります。 臭いの除去方法...

浴室の掃除を業者に依頼する場合の費用相場やメリットを徹底解説

仕事していると、浴室の掃除をしっかりとする時間がないという、主婦の人も多いのではないでしょうか。 ...

雨戸掃除は自宅にある洗剤一滴垂らすだけで汚れ落ちがアップ

雨戸を掃除する際、どんな洗剤を使おうかで悩んでしまいますが、特別な洗剤は必要ありません。自宅にある洗...

便器の掃除は重曹の研磨作用でゴシゴシ綺麗に!トイレ掃除の方法

小さなお子さんがいるご家庭では、市販の洗浄力の強い洗剤で便器の掃除をすることが不安に感じることもある...

お風呂の洗剤がなくても代用できるものとその掃除方法

お風呂の掃除をしようと思った時に専用の洗剤を切らしていることに気づくと、掃除することをあきらめてしま...

【クローゼット収納術】バッグは立てて上手に収納しよう

通勤用バッグやトートバッグなどバッグも数が増えてくると置き場所に困ることもあるでしょう。 収納...

埃をためない環境づくりと埃を綺麗に掃除する方法

こまめに掃除をしても埃は溜まってしまうもの。ですが埃が発生しにくい環境を整えることができれば、掃除の...

玄関にほうきを収納。生活感を出さないほうきの収納方法

玄関掃除の必須アイテム『ほうき』 玄関に出しっぱなしにするのではなく、きちんと収納したいですよ...

網戸掃除に100均アイテムを使えば簡単にきれいになります

窓ガラスだけではなく、網戸も掃除した方がいいと聞いても何を使ってどのように掃除してよいのかわからない...

畳への正しい掃除機のかけ方を理解して畳を傷めないようにしよう

畳を掃除する場合に掃除機をかけるという人も多いでしょう。 しかし、正しいかけ方をしないと畳が傷...

スポンサーリンク

お風呂の水垢はクエン酸があればきれいに落とすことができます

クエン酸は100均のお掃除グッズコーナーなどでも手に入るうえに、環境にも優しくさまざまな場所のお掃除にも使うことができることから、お掃除アイテムとしての需要が年々高まっています。
お風呂掃除をする際には、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使って中和反応を起こさせることによって、より効果的に汚れを落とすことができます。アルカリ性の汚れであるお風呂の気になる水垢に対しては、酸性であるクエン酸が有効です。クエン酸は水にも溶けやすいため、クエン酸スプレーにして使うのがオススメです。

クエン酸スプレーで水垢を落とす

水200mlに対してクエン酸小さじ1を溶かし、スプレーボトルに入れて使用します。水垢の気になる箇所にスプレーしたあと、スポンジなどで軽くこするだけで、クエン酸が水垢汚れを溶かして簡単にキレイにすることができます。
浴槽だけではなく、壁や床、鏡などのお風呂の中のあらゆる場所の水垢掃除に使うことができるので、常備してあると大変便利です。

クエン酸をお風呂掃除に使う場合に注意したいこと

塩素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生してしまうので、絶対に併用しないでください。また、クエン酸は鉄に付着したまま放置すると、錆びる原因にもなりますので、鉄を使った製品のお掃除に利用する際には、十分に洗い流すようにしましょう。

お風呂の浴槽の水垢には、クエン酸+重曹が効果的です

お風呂にはアルカリ性である水垢や石鹸カス以外にも、皮脂汚れなどの酸性の汚れも付着しています。一見しただけではどちらの汚れなのかわかりづらい浴槽の汚れに対しては、クエン酸(酸性)+重曹(アルカリ性)のWパワーで汚れを浮かせて一気に落とす方法が効果的です。

【用意するもの】

  • 重曹
  • クエン酸スプレー
  • スポンジ

クエン酸スプレーを浴槽全体に吹き掛け、粉末のままの重曹を上からまんべんなく振りかけます。こうすることでクエン酸と重曹が反応して泡が発生してきたら、スポンジでこすってから水で洗い流します。

お風呂の頑固な水垢には「クエン酸パック」をしましょう

長い期間しっかりと掃除をせずに蓄積してしまったお風呂の水垢は、そう簡単には落とせません。クエン酸をスプレーしてこすっただけでは落ちなかった頑固な水垢に対しては、クエン酸パックを試してみてください。

水垢が白く固まった場所にクエン酸スプレーを吹き掛けたあと、上からキッチンペーパーを貼り付けてパックします。その上からラップで覆うとさらに効果的です。1~2時間ほど放置したら、キッチンペーパーを剥がし、スポンジでこすって汚れを落としたら水で洗い流します。

とくに鏡やステンレスの水回りは水垢が目立つので、定期的にクエン酸パックをすることで、曇って見えなかった鏡や蛇口もピカピカになりますよ。

クエン酸で落ちない水垢もあります

「水垢ケイ素」という言葉をご存知でしょうか?クエン酸や重曹を使っても落としきれずにガッチリと固まってしまった水垢の正体が、この「水垢ケイ素」です。

この「水垢ケイ素」を落とす方法はただ一つ、ズバリ削ること!
水垢ケイ素の硬度は鏡やガラスと同じくらいなので、それを削り落とすとなると、やはりそれ以上に硬度が高いもので削る必要があります。

ただし、お風呂の蛇口に使われているステンレスや鏡を硬いものでこすってしまうと非常に傷がつきやすいため、まず最初は比較的傷がつきにくい歯磨き粉の研磨作用を使って、少しずつ削っていきましょう。水垢の固まった部分に歯磨き粉を付けたら、スポンジでくるくると円を描くようにこすっていきます。

これでも落ちない場合は、さらに硬度の高い浴室専用のダイアモンドパッドや、耐水性のサンドペーパーを使って削り落とす方法がありますが、こちらはよほど注意して行わないと、磨いた部分が細かい傷だらけになってしまう恐れがありますので、使い方をよく読んだうえで、まずは目立たない場所で試してみることをオススメします。

お風呂の水垢予防のためにやってほしい3つのこと

毎日お風呂掃除をしていても、どうしても気付けば水垢汚れが付着しているものです。頑固な水垢がこびりついてからでは掃除するのも一苦労なので、それを防ぐためにも日頃からなるべく水垢がつかないように気を付けたいポイントがいくつかあります。

こまめに掃除する

やはり頑固な水垢になってしまう前に、こまめに掃除しておくのが重要です。浴槽の掃除だけではなく、普段から水垢が気になる部分は、なるべく放置せずに掃除するようにしましょう。

換気を十分に行う

お風呂場の換気を怠ると、水分が長く留まってしまうため、どうしても水垢が発生しやすくなります。それどころか、湿度の高い状態が続くことでカビが発生する原因にもなりますので、使用後には十分に換気を行い、なるべく乾燥させた状態を保つようにしましょう。窓を開けたり換気扇を使って換気を行う際には、お風呂場のドアを少し開けておくことで、より効果的に換気をすることができます。

お風呂を使った後は水滴を残さない

お風呂に入ったあとは換気扇を回すだけでなく、水分を拭き取っておくのも効果的です。使用済みのバスタオルなどで水滴を拭き取ることで、水垢が付きづらくなります。壁などの広い範囲には、スクイージーという水切り用の道具を使うのもオススメです。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、付いてしまった水垢を掃除するよりも、やはり日頃から水垢が付かないように予防するほうがうんとラクです。ほんのひと手間で、なるべくラクしてキレイを保ちましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事