【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

子どもがいるといつの間にか学校からのプリントがたまっていたり、使うかもしれないとレシートをいつまでも保管してしまったりしていませんか?

しかし、気がつくと書類の山。見た目にも良いとは言えません。

今回は自宅の書類の整理術について説明します。まずは家にある書類を集めて、いらない書類を捨てましょう。

取扱説明書などの重要書類は見やすいようにファイリングすることがコツ。また、100均フッズを使った収納アイデアについてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

重曹をかけて掃除機で吸うと故障の原因にもなるため注意が必要!

子供が絨毯に嘔吐してしまうと、嘔吐処理はもちろん、処理した後の臭いも気になります。 臭いの除去方法...

部屋の換気扇はつけっぱなしに!電気代度外視のメリットとは

部屋の換気扇ってつけっぱなしにする方がいいってホント!? 室内の空気は循環させるほうが、建物に...

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか? ...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

畳への正しい掃除機のかけ方を理解して畳を傷めないようにしよう

畳を掃除する場合に掃除機をかけるという人も多いでしょう。 しかし、正しいかけ方をしないと畳が傷...

カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペットにいきなり掃除機をかけるのはNGなんですって! まずは、フローリングをドライシートで...

レンジ掃除に重曹以外のものを使って頑固な汚れを落としましょう

キッチンや洗面台などいろいろな場所に使用できる「重曹」ですが、電子レンジの掃除 には重曹以外にもおす...

便器に黒ずみが発生する理由、便器を綺麗に保つための予防方法

毎日トイレを使っているのに、気がつくといつの間にか発生しているのが便器の黒ずみですね。 新しい...

押入れに掃除機を収納するのもありだが一番は手に取りやすい場所

掃除機を押入れに収納しているご家庭も多いと思いますが、出し入れしづらいなど、不便なこともあるのではな...

酸性とアルカリ性を混ぜる効果とは?掃除に使う時のコツと注意点

掃除でよく使われる成分に「酸性」と「アルカリ性」がありますが、この2つの成分を混ぜるとどうなるのか、...

髪の毛の掃除。カーペットに落ちた髪の毛は掃除機では吸いにくい

髪の毛の掃除って、ホントに厄介なんですよね。 掃除をしても、必ずどこかに落ちている髪の毛。 ...

排水の匂い対策!立ち上がってくる嫌な匂いを解消する方法

排水口からなのか、ふと鼻につく嫌な匂い。 部屋中に漂う匂いがとにかく不快で、今すぐ匂いをなんとかし...

玄関掃除に使用する洗剤と運気を上げる掃除の方法をご紹介します

気の入り口とも言われている玄関。しかし、普段は掃き掃除くらいしかしないという人の方が多いのではないで...

お風呂の水垢をクエン酸で落とす方法と落ちない場合の対処法

お風呂の汚れと言えば「水垢」が代表的ですが、掃除しても取れない場合もあります。 そんな時は「ク...

布団の掃除頻度は?羽毛布団の掃除・クリーニング・打ち直し頻度

羽毛布団を使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのかわからない人もいるのでは...

スポンサーリンク

【書類整理術】まず自宅にある書類を集めて捨てることから始めましょう

自宅のあちらこちらに散らばっている書類やレシート、取扱説明書。

「一度きちんと整理したい」「必要な時にすぐに取り出せるようにしたい」そんなふうに思っているけれど溢れている書類等をどのように整理すれば良いのか分からず、なかなか行動に移せないという方、必見です!

まずは自宅に散らばっている書類等を集めることから始めましょう。

こうすることで後々「これは必要だった」「これは不要だった」などとならずに、書類整理作業を効率的に進めることができます。

次に、集めた書類等の仕分けをします。
必要な書類と不要な書類を分けて、不要な書類等はシュレッダーをかけるか、細かくちぎってゴミ袋へ。

効率的な書類整理を進める上では上記の2つが重要なポイントとなります。

また、書類は気付いた頃には山積みに…なんてことも少なくありません。
そのような状況にならないためにも、日々開封した書類はすぐにカテゴリ毎にしまう習慣をつけることも大切です。

どんどんたまっていく学校からのプリントの整理術

上記では書類整理を始める際のポイントについてご紹介しましたが、ひとつに「書類」といっても書類には様々な種類がありますよね。

家電の取扱説明書や保証書、金融や住宅関連の書類、領収証やダイレクトメール等々…。
中でも特に溜りやすいのが「学校からのプリント」
お子様のいるご家庭では、気付いた頃にはプリントが山積みになっているなんてことも少なくないのではないでしょうか。

そこで、こちらではお子様が学校から貰ってくる「学校からのプリント」の整理術についてご紹介します。

 

学校からのプリントの整理術のポイントは1つ

「お知らせ内容にある日時が過ぎた書類は処分する」

プリントを全て取って置く必要は無いのです。
不要な書類は処分することを意識して行うだけで、書類整理は大きく変えることができます。

しかし、年間スケジュールやテスト関係のプリントなど、お知らせ以外のプリントの場合もあるでしょう。

そのような場合には、予めホルダーを作っておきましょう。
ホルダー内には「テスト関係」「行事関係」「スケジュールやPTA関係」などとカテゴリをいくつか作り、お子様から貰ったプリントはカテゴリ毎に分けて入れるのがオススメです。

また、ホルダー分けをする場合には定期的に書類を見返し、不要な書類を処分することも忘れずに。

重要な書類をファイリングする場合のコツ

書類の中には、ずっと取って置かなければいけない「重要な書類」と支払期限がある「一時保管が必要な書類」があります。

これらの書類は間違って処分してしまったり支払い忘れ等を防ぐ上でも、それぞれ分けて保管するのが良いでしょう。

特に重要書類は紛失することのないように、保管方法にも気をつけなければいけません。

オススメは「ポケット付のファイル」

クリアファイルでも良いですが、失くしてはいけない重要書類はしっかりとファイリングすることをオススメします。

一方で納付書など一時保管が必要な書類は、すぐに取り出したり確認することができるように「クリアファイル」での保管がオススメです。

また、クリアファイルで保管する際には重ねて入れないようにすることも大切です。

支払い忘れや返信忘れなどを防ぐ上でも、一時保管の書類は1枚毎にクリアファイルで保管するようにしましょう。

自宅の書類の保管期間を決めましょう

「いつか使うだろう」といつまでも取っておいている、レシートやダイレクトメールはありませんか?

これらの書類は自宅にある書類の中でも溜りやすく、こまめに整理をしていないとあっというまに溜ってしまいます。

レシートやダイレクトメールがすぐに溜ってしまうという方は、それらの書類の「目的を明確にし保管期間を決める」ようにしましょう。

レシートは何のために保管していますか?
「とりあえず」なのか「返品する可能性があるから」なのか、レシートを保管している目的を明確にしましょう。

また、保管している理由が返品するかもしれないからというのであれば、返品期限が過ぎた後はすぐに処分するように心がけることも大切です。

このように書類を保管している目的を明確にし保管期間を決めることは、「とりあえず取って置く」などの無駄を省くことができ、書類整理を手間を軽くすることに繋がるのです。

100均グッズを使った自宅の書類の整理術をご紹介します

これまで書類整理術についてご紹介してきましたが、自宅の書類整理を行う上では収納グッズが欠かせません。

そこでオススメなのが100均です。

例えば、家族で共有したいお知らせや書類がある場合には、家族皆の目につく所にホワイトボードを壁掛けて、その上に書類等を貼ればいつでも家族で内容を共有することができます。
また、分類分けが多くなるような書類の場合には、ポケット付のファイルを使えば細かく分類分けをして1枚1枚保管することもできます。

一方で、収納グッズを揃える場合にはいつ購入するのか?も重要です。

収納グッズを購入するタイミングは、基本的に書類の整理やカテゴリ分けを全て終えてからがオススメです。
こうすることで、思いのほか保管書類が少なくなった場合でも買った物が無駄にならずに済みます。

書類整理は、一度整理してしまえばその後がとてもラクになります。

これまでご紹介してきた整理術と100均の収納グッズをうまく活用し、書類整理を始めてみてはいかがでしょうか。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事