窓掃除に新聞紙がおすすめな理由と掃除方法について解説します

窓掃除に新聞紙がおすすめな理由と掃除方法について解説します

大掃除の時しか窓の掃除をしないという人も多いかもしれませんが、窓はホコリなどによって意外と汚れています。

そのため、窓専用の洗剤がないと掃除できないと思ってしまいますが、実は身近にあるものを使って簡単に掃除することができます。それが「新聞紙」です。

今回は、窓掃除に新聞紙がおすすめな理由と詳しい掃除方法について説明します。新聞紙のインクが汚れを分解してくれるのです。

また、窓掃除をしているとどうしても上の部分は手が届きませんが、そんな時はフローリングワイパーを使用するようにしましょう。

最後に窓の汚れを防止するための秘訣をご紹介します。参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

排水の匂い対策!立ち上がってくる嫌な匂いを解消する方法

排水口からなのか、ふと鼻につく嫌な匂い。 部屋中に漂う匂いがとにかく不快で、今すぐ匂いをなんとかし...

仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて理解しよう

住む人のいなくなった実家を整理する時も仏壇を処分するケースも増えているようです。 しかし、どんな手...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

電子レンジの掃除は「酢水」がおすすめ!その方法を徹底解説

毎日使用する電子レンジ。そのため、拭き掃除をしても汚れが完全に落とせないこともあるでしょう。 ...

便器の掃除に便利なトイレブラシの種類と選び方について解説

便器を掃除する時に効果的なトイレブラシ。しかし、いろいろな種類がありすぎて、選ぶ時に迷ってしまう人も...

冷蔵庫の掃除に使える洗剤は?掃除の頻度と日々のお手入れ方法

冷蔵庫の掃除にはどんな洗剤を使えばいいかお悩みの方もいるのではないでしょうか。 冷蔵庫の中には...

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

クローゼットの掃除をすると運気が上がる理由と掃除のコツを解説

クローゼットは収納には欠かせない便利なものですが、気がつくと洗っていない洋服もかけてしまっている人も...

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか? ...

タンス掃除の仕方!掃除の手順と材質に合わせた掃除方法

タンスは定期的に掃除をしないと、ホコリが溜まりカビが生えてしまいます。タンスはいつも綺麗な状態にした...

布団に掃除機をかける方法。効果的なかけ方とは

布団に掃除機をかけて、ダニやホコリを吸い取りましょう。 布団専用クリーナーではなく、布団のケアに掃...

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

部屋の換気は何分する?冬の適切な換気時間と正しい換気方法

寒い冬は窓を開けたくないと考えがちですが、冬でも窓を開けて部屋の換気を行うことが大切です。ですが、一...

掃除頻度は一人暮らしだとどのくらいが理想?お風呂編

就職を機に一人暮らしを始めて掃除をする機会も増えますが、お風呂好きな人にとって気になるのが、お風呂掃...

スポンサーリンク

窓掃除に新聞紙を使うと効果的な理由について説明します

窓ガラスに付いたホコリや水滴跡は、きれいに拭き取って掃除したいですよね。

窓ガラスに汚れが付いていると、外から入る光の量も変わるので、掃除した後の窓は見た目も気持ちの良いものです。

皆さんは窓ガラスの掃除は、どのように行っていますか?

新聞紙は掃除に便利なアイテム

私は、年に1~2回の頻度ですが、窓掃除用モップと洗剤を使って汚れを落としています。
窓掃除で、気になるのが、モップの拭き跡です。

ちゃんと水気を切ったつもりでも、拭き跡が後から浮いてきてしまうこともありますし、雑巾で拭いたら、細かい繊維が窓に残ってしまうことも。

こんな悩みも解消してくれる掃除アイテムが「新聞紙」ということをご存知でしょうか。
洗剤を使う必要もなく、ただぬるま湯で濡らした新聞紙をクシャッと丸めたボール状にし、窓ガラスをこするだけという優れ物です。

新聞紙が窓掃除に良いというのは、新聞紙の”インク”が理由です。

新聞紙のインクは油性のため、インクの油が汚れを落とし、紙が水分を吸収してくれるのです。

新聞紙を使った窓ガラスの掃除方法とコツ

新聞紙を使って掃除をするということは、初めて聞く人にとっては疑問に感じることかもしれません。

私も、初めて聞いた時は「新聞紙のインクが付いて逆に汚れるんじゃないか」と、ちょっと疑っていました。

でも、実際にやってみると本当に汚れが落ちて、掃除前よりもツヤツヤしていることにびっくりしました。

新聞紙でなぜ汚れがとれる?

新聞紙のインクは、油性のため、ワックスのような効果もあるようです。

新聞紙は見終われば捨てる物なので、掃除に使えば一石二鳥にもなりますよね。

新聞紙は見終わったら、ぜひ掃除に有効に使いましょう。

新聞紙を使って掃除をするための準備

窓掃除に取り掛かる前に、新聞紙の下準備が必要です。

新聞紙は、1枚では大きいため、半分に切って使うとちょうど良いです。

半分に切った新聞紙を、クシャッとボール状に丸めます。

作った新聞紙ボールは、汚れ取り用と乾拭き用に分けて、それぞれいくつか用意しておくと便利です。

汚れ取りに使う新聞紙ボールは、洗剤を薄めたぬるま湯に浸し、汚れの部分めがけてこすります。

窓ガラスを掃除する時には、水が上から垂れてくることがあるので、上から行うことが基本です。

汚れを取り終わったら、乾いた乾拭き用の新聞紙ボールで、全体の水気を拭き取りましょう。

窓の汚れがひどい場合は、新聞紙を使う前に水洗いしましょう

窓の掃除に新聞紙を使う時にはどんなことに気をつけるべきなのでしょうか。

汚れ具合によっては予洗いも必要

新聞紙は、窓掃除に活躍するアイテムですが、ひどい汚れまではきれいに拭き取ることは難しいので、汚れの具合によっては、窓ガラスを水で予洗いしておくことがおすすめです。

汚れが多すぎると、新聞紙で拭き取っても拭き取りきれないことがあります。

拭き取れなかった汚れが、窓ガラスが乾いた時に白く残ってしまうことがあるのです。

拭き取り残しが多いと、かえって掃除前より窓が曇って汚くみえてしまうことも。

そうならないように、窓ガラスは新聞紙で掃除する前に水洗いをしておきましょう。

特に外側の窓ガラスは、外のホコリなどたくさんの汚れが付きやすいため、予洗いはしておいた方が良いかもしれません。

窓の上の部分にはフローリングワイパーを使いましょう

部屋の窓を大きめにとっている家は、窓の上まで手が伸びないということもありますよね。

手が届かない場所にはフローリングワイパーを使う

脚立を使って窓を拭くという方法もありますが、転倒する恐れもあるので、心配です。

手がとどかない時は、部屋のフローリングを掃除するフロアワイパーが便利です。

フローリングワイパーは、柄が長いので、立ったまま楽に床掃除が出来る掃除道具です。
窓掃除にフローリングワイパーを使えば、手が届かないところにも簡単に手が届き、きれいに掃除することができます。

フローリングワイパーに使用するウェットタイプシートには、汚れを落とすための洗剤が含まれているので、利用することもおすすめです。

また、フローリングシート以外でも、例えばキッチンペーパーに洗剤を含ませて拭く方法もあります。

キッチンペーパーは、ティッシュペーパーと比べて丈夫なので、破れにくく掃除にも便利なアイテムです。

窓掃除の仕上げは「柔軟剤」!これで汚れを防止することができます

窓ガラスを一生懸命に掃除してピカピカにしても、またすぐに汚れが付いてしまうのは嫌ですよね。

できれば、きれいな状態を長く保ちたいものです。

きれいな窓ガラスを保つためには「柔軟剤」

窓ガラスに付く汚れの大半は、外側は土や砂ほこり、内側は室内のほこりや油分が含まれた水蒸気、手垢などです。

中でも、細かいほこりを寄せ付けないために「柔軟剤」を使って窓掃除の仕上げをするという方法もあります。

「柔軟剤」は言わずと知れた洗濯をする時に使う物です。

柔軟剤を洗濯に使うことによって、衣類がフワフワになりますが、これは柔軟剤に含まれる陽イオン界面活性剤の働きによるものです。

陽イオン界面活性剤は、衣類がくっつく時に発生する静電気を防止する役割があります。
衣類の上に油分の膜をコーティングする状態になるため、触り心地もふんわり柔らかくなるのです。

窓掃除の仕上げに、柔軟剤を少量加えた溶液を含ませた雑巾などで拭き上げることで、ホコリが寄せ付けられず、きれいな状態を保つことができます。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事