掃除頻度は一人暮らしだとどのくらいが理想?お風呂編

掃除頻度は一人暮らしだとどのくらいが理想?お風呂編

就職を機に一人暮らしを始めて掃除をする機会も増えますが、お風呂好きな人にとって気になるのが、お風呂掃除をする頻度ではないでしょうか。
お風呂はもっともカビが生えやすい箇所ですし、排水口にも汚れが溜まってしまいます。

では、お風呂掃除はどのくらいの頻度で掃除すべきなのでしょうか。

お風呂掃除のポイントも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パソコン処分のための正しいデータ消去方法について理解しよう

古いパソコンを処分するときに必要なデータ消去。しかし、詳しい方法についてはよくわからない人も多いよう...

仏壇の掃除の仕方を知りたい。仏壇を掃除してご先祖様に感謝を

仏壇とどのように付き合えばよいのか。 急に、仏壇との暮らしが始まると、仏壇に対して抵抗感を抱いてし...

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

玄関の掃除には新聞紙が使える。掃除の仕方や画期的な使い方

この前掃除したばかりなのに、もう汚れていると感じるのが玄関ではないでしょうか。 玄関はドロ汚れがあ...

服を片付けるコツ!片付けしやすい持ち数の服にすることも大切

「服を片付けたいけどコツがわからない」「山積みの服をどうしたらいいのかわからない」そんな悩みありませ...

流し台を掃除する時に便利な洗剤を汚れの種類別に紹介します

流し台はいつもピカピカにしていたいもの。しかし、気がつくと水垢が残ってしまって、輝きも失われてしまっ...

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

壁のヤニ汚れには「セスキ」!その効果と掃除方法について解説

気になる壁のヤニ汚れによる黄ばみ。 元の白い壁に戻したいと掃除をしても、なかなか落ちないことに悩ん...

窓の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について解説します

いろいろな場所の掃除に使用できる便利なエコ洗剤「重曹」ですが、実は窓の掃除にも使うことができます。 ...

玄関にほうきとちりとりを収納すると便利!収納のアイデアを紹介

玄関にほうきとちりとりを置くと、お客様が来たときの視線が気になってしまうことがあります。 玄関...

リビングの掃除道具は使いやすく、見せない収納がベスト

仕事をしていると、なかなか掃除する時間もないという人も多いのではないでしょうか。 そのため、時間が...

【引き出し整理のコツ】文房具は定位置を決めて収納しよう

オフィスのデスクの引き出しの中は、整理できていない文房具でいっぱいになっている人の方が多いのではない...

拭き掃除の洗剤を手作り!いろいろな場所に使えます

家中の拭き掃除をしていると、あっという間に洗剤がなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。 ...

掃除が苦手な主婦に朗報!苦手な掃除もこれで克服できる

主婦なら掃除が得意、とは限りません。 当然掃除が苦手で、いつもしようしようとは思っているのになかな...

レンジ掃除にみかんの皮が効果的な理由とそのやり方をご紹介

レンジ庫内についた頑固な油汚れ。なかなか取れないと悩む人が多いのではないでしょうか。 そんな時...

スポンサーリンク

お風呂は一人暮らしの場合どのくらいの頻度で掃除すべきか

実家から離れて一人暮らしを始めた方々、掃除はどの位の頻度でしていますか?お仕事をしていると、なかなか掃除まで手が届かなくて、わかってはいるけどできない方もいますよね。

お風呂は水も使うので、ヌメリもできます。また、湿気も出やすい場所なので、週に1回掃除をすることをお勧めします。

シャワーを使用のみでも、週1回の掃除を勧める

シャワーのみでも、お風呂を使用していることには変わりません。体からの垢も出てるので、お湯に浸かってないにしても週に1回、掃除をします。シャワーのみにしても、床には水気があり、カビが生える可能性もあります。実際、「あれ?赤いカビが生えている」ということもあると思うので、シャワー使用の場合でも、週に1回は掃除をしましょう。

 

お風呂掃除は一人暮らしでも最低週一回くらいの頻度で掃除すべき

一人暮らしでのお風呂掃除ですが、あまりやりたくないと感じることもあると思います。

ストレス発散という意味でも、お風呂掃除をしてみるのも良いと思います。

お風呂は湿気を伴うので、カビの発生率がどうしても高まります。
そのカビですが、45度以上のお湯でカビの繁殖率が減ります。

週1回位の割合で掃除をしていると、45度以上のお湯でカビの発生率を下げる効果も同じですが、面倒なカビの被害から逃れることができます。

またカビは見つけ次第掃除した方が、掃除も簡単になります。
楽に掃除をしたいのであれば、週に1回が掃除をするのに良い目安になります。

髪の毛も排水口にたまると面倒な問題になってきます。髪の毛もその都度、取り除くようにすることで掃除が楽になりますよ。

掃除の頻度で迷うお風呂掃除、一人暮らしが掃除する際のポイント

一人暮らしでお掃除をする際に、ポイントになる箇所があります。

汚れはできるだけ落としていく

汚れはカビの原因になります。一生懸命掃除をしたとしても、汚れが残っているのであれば、後々、「あれ?掃除をしているはずなのにカビが残ってしまっている」なんて状態になりますよね。

掃除をする際は、できるだけ汚れを落としていきましょう。

水分をしっかり拭きとる

カビは湿気のある所で成長します。お風呂でカビが発生するなんて面倒ですよね。
予防対策として、掃除をする際は、水分をしっかりと拭きとりましょう。

お風呂専用洗剤を使用する

掃除をする時はお風呂用専用洗剤を使用して、汚れをやっつけていきましょう。
汚れをしっかり取る為にも、重曹やクエン酸もお勧めになります。適切なスポンジも利用していきましょう。

お風呂掃除をする際は、ボトル容器の底や排水口も忘れずに!

お風呂掃除をする際ですが、「この箇所掃除するの忘れてた」なんて、忘れられる箇所があります。どこかというと、毎日使用している、シャンプーやボディーソープのボトル容器の底や、排水口です。

容器の底

「わかってはいるけれど、なかなかそこまで掃除ができない」と感じている人もいると思います。お掃除をする際も、いつも使用しているシャンプーの容器も動かして、その部分や容器の底も洗って、ヌメリを掃除していきましょう。油断していると、お掃除がまた難しくなってしまいます。

排水口

排水口のお掃除って難しいですよね。自分では洗っているつもりなのに、実は外せる部分があり、外してみるとゴミがたっぷり詰まっていることもあります。

排水口もスポンジではなく、歯ブラシなどで、念入りに週に1回位は洗っておいた方が良いと思います。

一人暮らしでもお風呂掃除はマメに行うことが大切

一人暮らしでもお風呂掃除は手を抜かずに、コマメにした方がカビの発生を防ぐことができます。

理想的には毎日した方が良いと思います。ですが、フルタイムで働いていたり、一人暮らしともなると、お風呂掃除だけにそれだけの時間を割くことができないという人もいると思います。

できるだけ毎日掃除はした方が良いのですが、多分あなたが想像する以上に簡単にお風呂掃除は済むと思います。いつも使用する箇所など、入浴後にスポンジと洗剤で軽く洗うだけで、その汚れは落ちていきます。

CMなどやプロの例をみると、どうしてもしっかりと掃除をしなくてはいけないイメージがありますよね。でも、あなたなりの方法でお風呂掃除を済ませても良いと思います。タイミングも「私にはこのタイミングがフィットしている」というものを自分に適用していくと良いと思います。

ただ、しつこい汚れになると、掃除も大変になってしまうので、なるべくコマメにお掃除はしていって下さいね。

一人暮らしを夢見ている方にとっては、掃除の頻度が気になります。初めは気合を入れてできていても、仕事などで疲れてしまうとなかなか手が届かない事もあります。時間がある時にでも浴室のお掃除を済ませてしまいましょう。一人暮らしの中でも、浴室は湿気があるので、カビの発生率は高まります。お風呂に入った後でも、スポンジと浴槽用の洗剤を使用して、お掃除を済ませてしまえば、汚れがしつこくならずに済みます。シャワーやお風呂に入った後に、お風呂掃除を済ませて、カビや湿気の問題からおさらばしてみてはいかがですか。気分も楽になると思います。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事