片付けベタでもすっきり収納できる方法!キッチンの収納ルール

片付けベタでもすっきり収納できる方法!キッチンの収納ルール

キッチンにはたくさんのものがあり、収納にお困りの方も多いと思います。キッチンの限られたスペースを有効に使うには、片付け方にもコツがあります。
そこで、ごちゃごちゃしたキッチンの、上手な収納方法をご紹介します。

キッチンにはデッドスペースになりやすい場所がいくつかあります。その空間をムダなく収納スペースに変える方法です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

床の拭き掃除で役立つグッズやおすすめ掃除方法を紹介

床を拭き掃除するときにはどんなグッズがあれば、楽にできるのでしょうか?床を拭き掃除となると、とても大...

正月に掃除や洗濯をするのはダメ?意外と知らない正月のタブー

「掃除や洗濯は正月にしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか? 特に掃除は毎日行うことが...

風呂の水垢を綺麗に掃除!お風呂をピカピカにする掃除方法を解説

風呂の中の代表的な汚れが「水垢」です。綺麗に掃除をして、お風呂場を衛生的に保ちたいと考えている人もた...

重曹をかけて掃除機で吸うと故障の原因にもなるため注意が必要!

子供が絨毯に嘔吐してしまうと、嘔吐処理はもちろん、処理した後の臭いも気になります。 臭いの除去方法...

掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けはどんな違いがあるの?どちらも同じことでは?その気持ちよくわかります。どちらも部屋を綺麗...

冷蔵庫掃除は重曹で決まり!安心安全な重曹で冷蔵庫内もピカピカ

大掃除を前に、「そろそろ冷蔵庫掃除もしないと…」という方も多いのではないでしょうか。冷蔵庫掃除で使う...

【部屋の片付け方】どこから始めるかその決め方について徹底解説

いつの間にか汚くなってしまった自分の部屋。片付けた方が良いとわかってはいても、どこから片付ければいい...

押入れの掃除。最低年に1度は行いましょう。カビ対策と片付け

押入れの掃除、してますか? 押し入れにモノを収納しっぱなしにしておくと、いつの間にやらカビが発生し...

【換気扇の掃除の仕方】トイレの場合の注意点について教えます

トイレの掃除はしていても、換気扇までは掃除しない人の方が多いと言われています。 しかし、換気扇...

掃除頻度で悩む共働き夫婦へアドバイス!平日のサッと掃除がコツ

子供が小学校へ上がったタイミングで働きに出る女性も多いですが、共働きとなった今でも夫が全く掃除を手伝...

掃除をして部屋を片付ける方法!まずは物を捨てる勇気をもとう

掃除が苦手で上手く片付けられないという人は、片付けの方法を知らないからです。 片付けの方法を知って...

お風呂の水垢に重曹が効果的な理由と具体的な掃除方法について

お風呂の水垢はアルカリ性の汚れですが、実は同じアルカリ性の重曹を使って掃除することができます。それは...

便器の掃除は重曹の研磨作用でゴシゴシ綺麗に!トイレ掃除の方法

小さなお子さんがいるご家庭では、市販の洗浄力の強い洗剤で便器の掃除をすることが不安に感じることもある...

髪の毛の掃除。カーペットに落ちた髪の毛は掃除機では吸いにくい

髪の毛の掃除って、ホントに厄介なんですよね。 掃除をしても、必ずどこかに落ちている髪の毛。 ...

部屋のカビを除去したい!エタノール・重曹・クエン酸で綺麗に

部屋の中にカビが生えてしまったら、見た目も悪い上に体にも良くありません。しっかりと除去をして、お部屋...

スポンサーリンク

キッチンにたくさんあるお皿の片付け方法

キッチンには食器や調理器具、調味料やお茶のティーバッグなど、様々なものを収納する必要があります。
使用用途や形状の違うものをたくさん収納しなければならないキッチンは、片付けにくい場所の一つでもあります。

綺麗に片付けることが出来て、なおかつ使うときに出しやすい収納の方法は、特に主婦の方は知りたいことでしょう。

お皿の片付け方法

お皿の中には、普段からよく使うお皿、来客時などたまに使うお皿があると思います。

日常使いしているお皿は、より出しやすい場所に収納する

といってもただ積み重ねるだけでは、取り出しにくく片付けにくいです。

コの字ラックなどを使うと、重ねるお皿の枚数が少なくなるので、出すときも片付けるときも楽に家事が進みます。

ラックを使うことで、限らせたスペースを無駄なく使うことが出来るので、ただ積み重ねるよりもたくさんのお皿を片付けることも出来ます。

お皿はラックを使うと簡単に使いやすい片付けが出来ますが、小皿やグラスのような小物には難しいかもしれません。このような小物食器の片付けには、かごなどを使ってまとめる片付けをしましょう。

実際に我が家でもこの方法で片付けていますが、同じ用途のものがまとまっていると、子供でも簡単に小皿などを出すことも出来るほど便利です。

収納する個数に合わせてかごの大きさを変えると、スペースを無駄にせずに済みます。統一感のあるかごを選ぶと、見た目にもスッキリとした片付けに仕上がります。

デッドスペースの多いキッチンのシンク下の片付け方法

先ほどのように食器の片付けも難しいですが、シンク下のスペースを片付けるのもなかなか大変ではないでしょうか。

シンク下は排水管があるのでデッドスペースも多く、湿度もあるので片付けられるものが限られてきます。

シンク下の限られたスペースを上手に活用するために、ラックを使います

ラックを使うと縦の片付けスペースも広がるので、お皿同様に出しやすく片付けやすくなります。

ラックと併用してかごを使用すると、奥にあるものも取り出しに困りません。

似たようなスペースとして、コンロ下の収納にも悩んでいる方は多いと思います。奥の片付けたものは、出すときに手前のものを避けなければならず、いちいち出し入れするときに面倒を感じます。

ここでも手前にスライド出来るように、かごやトレーを使用すると他のものを避けずに片付けが出来るので、奥のスペースも抵抗なく最大限に使用することが出来ます。

キッチンのごちゃごちゃしがちな小物を片付ける方法

キッチンに片付けるものは、食器や調理器具、調味料だけとは限りません。

使用頻度は少ない、でもないと困るものの片付けかた

割り箸や紙皿、ストロー、お掃除グッズがその例でしょう。

割り箸や紙皿、ストローのように厚みの少ないもの

ジッパーバッグに入れて片付けると、狭いスペースにも収めることが出来て、一つ一つがバラバラにならずに済みます。
使いたいときに一まとめに集まっていると、探す手間も削減出来ます。

お掃除グッズ

片付けるときは、プラスチックのケースに入れておくと、中身が見えるので探しやすく、重ねて片付けることも出来るのでまとめて置いておくことが出来ます。

使用する用途が同じものはまとめて片付ける、というのも家事の効率を良くするためのポイントです。

狭いキッチンに便利なアイテム

持ち家の一戸建てではキッチンを好きに設計出来たと思いますが、賃貸住宅に住んでいる方はそうはいきません。
一戸建てに比べるとキッチン全体が狭く、もちろん収納場所にも限りがあります。

狭いキッチンの限られたスペースを上手に活用するには、便利なアイテムを取り入れましょう。

例えばポールとフックを使って、片付ける収納から吊るす収納に変えるだけで、スペースを有効活用出来るようになります。
おたまや泡立て器のような調理器具は、吊るす収納に最適です。

吊るす収納は目線より高い位置にあっても不便ではないので、上の無駄になっているスペースを生かすことが出来る

また、収納場所の扉に取り付けできるラックもあるので、まな板や蓋のような厚みのないものを片付けるには便利です。
扉の裏も片付け場所として生かすとは、さすがに盲点でした。

手の届きにくい場所には取っ手付きのカゴが便利

高い位置の収納スペースは、手が届きにくく探しにくいという理由から、上手に生かすことが出来ないという方も少なくないでしょう。
確かに目線から上の場所だと、いざというときに取り出しにくく、何を片付けているのかさえわからなくなることもあります。

キッチンの高い位置の収納方法

取っ手のあるかごを使ってみてはどうでしょう。
取っ手があるだけで、出し入れが格段にしやすくなります。

一目で中身がわかるように、収納カゴにはラベリングをすること

いちいち出して確認しなくても中身がわかれば、無駄な動きや時間を短縮出来ます。

かごやトレーなど使うものが決まったら、購入前に必ずサイズを測りましょう。
サイズを測らずに目見当で購入しても、実際は入らない、使い勝手が良くないということになってしまい、片付けることすら出来ません。

スペースを最大に生かし、使いやすいキッチンを作るためにも、サイズを測る一手間は重要です。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事