片付けベタでもすっきり収納できる方法!キッチンの収納ルール

片付けベタでもすっきり収納できる方法!キッチンの収納ルール

キッチンにはたくさんのものがあり、収納にお困りの方も多いと思います。キッチンの限られたスペースを有効に使うには、片付け方にもコツがあります。
そこで、ごちゃごちゃしたキッチンの、上手な収納方法をご紹介します。

キッチンにはデッドスペースになりやすい場所がいくつかあります。その空間をムダなく収納スペースに変える方法です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガスコンロの掃除は重曹を使って油汚れも焦げ付きも落とそう

ガスコンロの掃除は苦手な人も多いと言われている箇所。そのため、油汚れなどもひどくなり、なかなか落とせ...

車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

久しぶりに車に乗ってみると、車内のダッシュボードの上などにホコリがたまっていて気になる人も多いのでは...

レンジ掃除にみかんの皮が効果的な理由とそのやり方をご紹介

レンジ庫内についた頑固な油汚れ。なかなか取れないと悩む人が多いのではないでしょうか。 そんな時...

自転車の処分を無料でしたい!お金をかけないで処分する方法

自転車を処分したい!できれば無料で。 自転車を処分するのに、お金を掛けたくない場合、 1...

布団の掃除の仕方を解説!コツを理解して清潔な布団をキープ

人間は寝ている時にコップ一杯分の汗をかいていると言われています。そのため、布団も掃除する必要がありま...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

部屋のカビを防止する方法。カビを知って発生させないようにする

部屋に発生するカビ。 見つけては掃除するの繰り返しではなく、カビを発生させない環境づくりをしましょ...

落ち葉掃除に便利な道具とその使い方のコツについて解説します

庭に落ちている落ち葉。掃除することを面倒に感じる人も多いでしょう。 しかし、落ち葉掃除に便利な...

箒掃除のコツ!掃除場所や箒の種類によって掃除方法も変わります

店頭には最新式の掃除機が並んでいますが、あえて箒での掃除をおすすめします。 コツさえつかめば掃...

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

庭木の手入れを業者へ依頼する場合の費用や注意点について解説

お庭が自慢の一軒家に住んでいても、庭木の手入れを自分で行うことは大変です。仕事をしている人であればな...

掃除の頻度の平均が知りたい。気になる回数と場所別の掃除の頻度

最近忙しくてなかなか掃除の時間がとれないと感じることはありませんか? 他の人はどの位の頻度で掃除を...

【掃除のコツ】フローリング掃除におすすめの掃除方法と洗剤

フローリングの掃除にはワイパーが便利ですが、ドライシートだけではなかなか汚れをとることもできないでし...

サーキュレーター掃除でカバーが外せない時の取り方と対処法

サーキュレーターはほこりが溜まりやすいため掃除が欠かせませんが、カバーを外して掃除をしたいのに、なか...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

スポンサーリンク

キッチンにたくさんあるお皿の片付け方法

キッチンには食器や調理器具、調味料やお茶のティーバッグなど、様々なものを収納する必要があります。
使用用途や形状の違うものをたくさん収納しなければならないキッチンは、片付けにくい場所の一つでもあります。

綺麗に片付けることが出来て、なおかつ使うときに出しやすい収納の方法は、特に主婦の方は知りたいことでしょう。

お皿の片付け方法

お皿の中には、普段からよく使うお皿、来客時などたまに使うお皿があると思います。

日常使いしているお皿は、より出しやすい場所に収納する

といってもただ積み重ねるだけでは、取り出しにくく片付けにくいです。

コの字ラックなどを使うと、重ねるお皿の枚数が少なくなるので、出すときも片付けるときも楽に家事が進みます。

ラックを使うことで、限らせたスペースを無駄なく使うことが出来るので、ただ積み重ねるよりもたくさんのお皿を片付けることも出来ます。

お皿はラックを使うと簡単に使いやすい片付けが出来ますが、小皿やグラスのような小物には難しいかもしれません。このような小物食器の片付けには、かごなどを使ってまとめる片付けをしましょう。

実際に我が家でもこの方法で片付けていますが、同じ用途のものがまとまっていると、子供でも簡単に小皿などを出すことも出来るほど便利です。

収納する個数に合わせてかごの大きさを変えると、スペースを無駄にせずに済みます。統一感のあるかごを選ぶと、見た目にもスッキリとした片付けに仕上がります。

デッドスペースの多いキッチンのシンク下の片付け方法

先ほどのように食器の片付けも難しいですが、シンク下のスペースを片付けるのもなかなか大変ではないでしょうか。

シンク下は排水管があるのでデッドスペースも多く、湿度もあるので片付けられるものが限られてきます。

シンク下の限られたスペースを上手に活用するために、ラックを使います

ラックを使うと縦の片付けスペースも広がるので、お皿同様に出しやすく片付けやすくなります。

ラックと併用してかごを使用すると、奥にあるものも取り出しに困りません。

似たようなスペースとして、コンロ下の収納にも悩んでいる方は多いと思います。奥の片付けたものは、出すときに手前のものを避けなければならず、いちいち出し入れするときに面倒を感じます。

ここでも手前にスライド出来るように、かごやトレーを使用すると他のものを避けずに片付けが出来るので、奥のスペースも抵抗なく最大限に使用することが出来ます。

キッチンのごちゃごちゃしがちな小物を片付ける方法

キッチンに片付けるものは、食器や調理器具、調味料だけとは限りません。

使用頻度は少ない、でもないと困るものの片付けかた

割り箸や紙皿、ストロー、お掃除グッズがその例でしょう。

割り箸や紙皿、ストローのように厚みの少ないもの

ジッパーバッグに入れて片付けると、狭いスペースにも収めることが出来て、一つ一つがバラバラにならずに済みます。
使いたいときに一まとめに集まっていると、探す手間も削減出来ます。

お掃除グッズ

片付けるときは、プラスチックのケースに入れておくと、中身が見えるので探しやすく、重ねて片付けることも出来るのでまとめて置いておくことが出来ます。

使用する用途が同じものはまとめて片付ける、というのも家事の効率を良くするためのポイントです。

狭いキッチンに便利なアイテム

持ち家の一戸建てではキッチンを好きに設計出来たと思いますが、賃貸住宅に住んでいる方はそうはいきません。
一戸建てに比べるとキッチン全体が狭く、もちろん収納場所にも限りがあります。

狭いキッチンの限られたスペースを上手に活用するには、便利なアイテムを取り入れましょう。

例えばポールとフックを使って、片付ける収納から吊るす収納に変えるだけで、スペースを有効活用出来るようになります。
おたまや泡立て器のような調理器具は、吊るす収納に最適です。

吊るす収納は目線より高い位置にあっても不便ではないので、上の無駄になっているスペースを生かすことが出来る

また、収納場所の扉に取り付けできるラックもあるので、まな板や蓋のような厚みのないものを片付けるには便利です。
扉の裏も片付け場所として生かすとは、さすがに盲点でした。

手の届きにくい場所には取っ手付きのカゴが便利

高い位置の収納スペースは、手が届きにくく探しにくいという理由から、上手に生かすことが出来ないという方も少なくないでしょう。
確かに目線から上の場所だと、いざというときに取り出しにくく、何を片付けているのかさえわからなくなることもあります。

キッチンの高い位置の収納方法

取っ手のあるかごを使ってみてはどうでしょう。
取っ手があるだけで、出し入れが格段にしやすくなります。

一目で中身がわかるように、収納カゴにはラベリングをすること

いちいち出して確認しなくても中身がわかれば、無駄な動きや時間を短縮出来ます。

かごやトレーなど使うものが決まったら、購入前に必ずサイズを測りましょう。
サイズを測らずに目見当で購入しても、実際は入らない、使い勝手が良くないということになってしまい、片付けることすら出来ません。

スペースを最大に生かし、使いやすいキッチンを作るためにも、サイズを測る一手間は重要です。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事