家庭の書類の整理が苦手な人のために収納のコツを解説します

家庭の書類の整理が苦手な人のために収納のコツを解説します

どんどん増えていくレシートや取扱説明書などの書類。あとでゆっくり整理して収納しようと思っていても、なかなか実行に移せない人の方が多いのではないでしょうか。そしていつの間にか書類を紛失してしまうということもあるでしょう。

そこでおすすめなのは、いったん仮の場所に収納して整理する方法です。この方法であれば失くすこともありません。

今回は家庭の書類の整理が苦手な人のための収納方法や書類別の整理方法について説明します。取扱説明書や保険証券など重要な書類の整理・収納方法についてもご紹介しますので、さっそく家庭にある書類を集めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジの掃除は「酢水」がおすすめ!その方法を徹底解説

毎日使用する電子レンジ。そのため、拭き掃除をしても汚れが完全に落とせないこともあるでしょう。 ...

風呂の水垢掃除【床編】お風呂の床の水垢はクエン酸で綺麗に掃除

お風呂の床の水垢汚れがなかなか綺麗にならないことにお悩みの方もいるのではないでしょうか。お風呂の床に...

掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けはどんな違いがあるの?どちらも同じことでは?その気持ちよくわかります。どちらも部屋を綺麗...

外壁掃除!コケがついて緑色になった外壁をキレイにする方法

家の外壁にコケが生えてしまい、外壁の一部が緑色になってしまうことがあります。 見た目も悪いです...

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

掃除するならほこり取り!楽しく手作りマイホコリ取りの作り方

掃除はまず、ほこり取りから始めましょう。 一生懸命掃除機を掛けていても、どこからかふわふわと、...

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

フローリングの掃除に重曹を使用する場合には注意が必要です

いろいろな場所の掃除に使える万能洗剤「重曹」ですが、フローリングの掃除にも使用することもできます。 ...

布団に掃除機をかけてダニを吸い取るのは有効?ダニの駆除方法

毎日使用する布団は清潔な状態に保ちたいものです。 掃除機をかけてダニを吸い取ることで、ダニの駆除が...

掃除の決定版!ホコリ取りの裏技を知れば室内がスッキリします

掃除をしているのに、たまりますよねホコリって。 床に落ちているホコリを掃除しているだけでは、ホ...

掃除が楽になるホコリ対策!ホコリを減らす方法と掃除のコツ

毎日部屋を掃除しているのに、なぜだか減らないホコリ。 ホコリを減らすためには、どのような対策が効果...

重曹をかけて掃除機で吸うと故障の原因にもなるため注意が必要!

子供が絨毯に嘔吐してしまうと、嘔吐処理はもちろん、処理した後の臭いも気になります。 臭いの除去方法...

正月に掃除や洗濯をするのはダメ?意外と知らない正月のタブー

「掃除や洗濯は正月にしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか? 特に掃除は毎日行うことが...

片付けが苦手でも大丈夫!収納のコツについて解説します

一人暮らしで物が少ないはずなのに、部屋を片付けることが苦手だと言う人は意外に多いのではないでしょうか...

浴槽のカビは掃除のコツと使い方の工夫や予防で快適キレイを保つ

浴槽のカビは簡単に掃除をするだけでは落としきれないことがあります。カビをきれいに落とすためには掃除に...

スポンサーリンク

書類の整理をすぐにできない人は、仮収納しましょう

主婦の中でも、仕事をしている人など、忙しい時間の中で、中々書類整理をするのが億劫になってきたり、得意ではない人もいますよね。

でも、整理をするというより、仮収納するという手順を踏んでみたらどうでしょうか。

中々踏み出せないのなら、仮収納の場所を作っておく

収納が苦手な人もいますよね。苦手なので、後回しにすることもあると思いますが、そんな時に役立つのは、「仮収納」の場所を作っておくことだと思います。

そうすることにより、何を防ぐことができるかというと、大切な書類を紛失せずに済みます。箱でも良いですし、プリントスタンドを使用しても良いと思います。一時的にあなたの手元にある書類をどこかに置いておく必要がある訳ですから、大切な書類をなくさずに済みますよね。

また、置き場を決めておけば、お子さんなどもそこに収納することが可能になってきます。家族で、「まずはここに置いてみよう」と考えてみてはいかがでしょうか。

書類は横置きに整理・収納すると使いやすくなります

書類は日常生活の中で、どこに収納すると、なくしやすいのか、収納しやすいのか、知っておくと、役立つ知識があります。

収納するのに、ボックスを購入して、利用する方もいると思いますが、その際、書類を置く向きは、ボックスなども、縦ではなく、横に収納すると引き出すのがより簡単になってきます。

向きを同じ方向にすることによって、見た目も統一感が生まれますし、なんせ、部屋も綺麗になりますよね。「いや、これは整理整頓されているいいお部屋だ」とお部屋を訪れた人にも良い印象を持ってもらえると思います。

その際のボックスは、色も統一させましょう。ラベルも使用すると、どこに何があるのかわかるので、自分が取り出しやすいものをより簡単に取り出すことができますよね。

家電などの取扱説明書の整理方法と収納アイデアをご紹介します

書類の中でも、家電などの取扱説明書の整理方法は中々難しいと思います。どうやって収納していったら良いのか、戸惑いますよね。

インデックスとフォルダーを使用していく

いつもは使わないけれど、いざという時に使用するのに必要な家電などの取扱説明書は、インデックスホルダーとファイルボックスを組み合わせたものを利用して、収納していくと良いと思います。

家電などの取扱説明書だけではなく、レシートなども入れることができるので、便利な方法になってきます。

「この書類、どうやって収納していけば良いのかわからない」と感じている方は、上記のような方法で、収納していくと、普段は使わないもの、また、どこに置いたら良いのかわからないものも、適切に収納していくことができます。

保険証券などの重要書類の整理・収納方法について

保険証券などは、普段はあまり使用しない書類ですが、いざとなったら必要になる書類ですよね。

どうやったら、効率よく収納できるのか、その方法について、学んでいきましょう。

大切な書類はファイリングする

特に、保険証券など、大切な書類は日頃からきちんと整理整頓をしておく必要が出てきます。保険証券など、紛失すると大変なものは、一箇所に「重要なファイリング」というものを作って、まとめて置いておくと良いと思います。

そうすることで、「ここに重要なものをまとめたものがある」ということで、見つけやすく、また、家族の方にもわかりやすいと思います。

重要な書類はファイルにいれてラベリングしましょう

ただ、ファイリングだけでは、どこに何があるのか、わからないと思います。どこに何があるのか、わかるようにするには、ラベリングをする必要があります。

重要な書類はこのファイルに入れ、ラベリングをして、どこに何があるのか、わかるようにしておきましょう。これが、効率の良い整理整頓になってきます。

家庭の書類は保管期間を決めて整理するようにしましょう

どんなに効率的な書類の収納方法を知っても書類の量が多いようでは、中々書類の収納もはかどりません。

新聞紙などは、1週間もあれば、すぐに捨ててしまう事も可能かと思いますが、公共機関の領収書であったり、「これいつ捨てたらいいんだろう」と考えこんでしまうものも書類の中ではあります。そういうものが積み重なると、整理整頓する書類が増えてしまいますよね。

解決法は、保管期間を決めて、処分してしまうと良いと思います。

買い物のレシートは、返品に対応する期間、医療費の領収書は申告期間から5年間など、決められた保存期間があります。その期間を過ぎたら、不要な書類になりますから、それぞれの保険期間を過ぎたら、処分してしまいましょう。

公共料金については、異議申し出ができる期間があります。その期間を守るか、または、その必要がないのであれば、捨ててしまっても良いと思います。

その他の書類も、記録が確認できるのであれば、捨ててしまっても問題はないと思います。

家庭にある書類を収納するのに、良い方法はないかと模索している方は、まずは仮の場所に収納すること、重要な書類はファイリングして、ラベリングをしていくことで、特に重要な書類はどこに何があるのかがハッキリしてきます。また、レシートなども、確認ができたら、処分することも可能です。書類をできるだけ少なくして、収納する書類の量も減らして効率よく収納していきましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事