電子レンジの掃除と臭い取り。同時におこなうなら『クエン酸』

電子レンジの掃除と臭い取り。同時におこなうなら『クエン酸』

電子レンジの掃除には、やっぱり重曹なんですよね。

でも、イヤな臭いがするレンジには、掃除と臭い取りの両方に効果がある『クエン酸』を使って、掃除するのがおすすめです。

電子レンジを使って、温めようとした食材、加熱しすぎて爆発させたこと、ありませんか?
そのままにしておくと、いやな臭いの原因となってしまいます。

こまめに拭き掃除することが一番ですが、それでも、毎日使う電子レンジ。
汚れが蓄積されてしまうものです。

今回は、電子レンジの掃除方法と、臭い、さらに電子レンジを臭わせないコツなどをご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

排水の匂い対策!立ち上がってくる嫌な匂いを解消する方法

排水口からなのか、ふと鼻につく嫌な匂い。 部屋中に漂う匂いがとにかく不快で、今すぐ匂いをなんとかし...

掃除頻度で悩む共働き夫婦へアドバイス!平日のサッと掃除がコツ

子供が小学校へ上がったタイミングで働きに出る女性も多いですが、共働きとなった今でも夫が全く掃除を手伝...

押入れに掃除機を収納するのもありだが一番は手に取りやすい場所

掃除機を押入れに収納しているご家庭も多いと思いますが、出し入れしづらいなど、不便なこともあるのではな...

部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。 いろいろとありますが、やはり『行動力』と『判断力』があることに間違えはない...

サーキュレーター掃除で分解できない時の掃除方法とそのポイント

サーキュレーターを分解して掃除をしようと思ってもなかなか分解できないし、どこまで分解していいのかわか...

掃除の決定版!ホコリ取りの裏技を知れば室内がスッキリします

掃除をしているのに、たまりますよねホコリって。 床に落ちているホコリを掃除しているだけでは、ホ...

【バルコニー掃除のコツ】一戸建ての場合の掃除方法を徹底解説

バルコニー付きの一戸建てに住み始めたものの、いつの間にかバルコニーが汚れてしまっていませんか。 ...

【サッシ掃除のコツ】カビがあっても簡単に取る方法があります

窓のサッシの掃除は、年末の大掃除の時に行うという人も多いでしょう。 しかし、その時にはすでにカ...

サッシの掃除は意外と簡単!サッシの掃除を日常に取り入れて

サッのシ掃除をしようとする時には、凸凹している部分がありカビも生えやすいし、砂埃や土汚れなど外の汚れ...

箒掃除のコツ!掃除場所や箒の種類によって掃除方法も変わります

店頭には最新式の掃除機が並んでいますが、あえて箒での掃除をおすすめします。 コツさえつかめば掃...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

鏡掃除は洗剤選びが大切!お風呂の鏡を綺麗にする方法とコツ

お風呂掃除の中でも苦戦するのが鏡。家にある洗剤を使ってもなかなか曇りが取れず、スッキリしない!という...

スポンジにつけた洗剤はそのままでOK?スポンジの除菌方法

食器用洗剤の中には、スポンジの除菌もできるという洗剤もあります。それを聞くと、食器を洗ったあとのスポ...

大掃除のコツ【自分の部屋編】部屋をスッキリ綺麗にする掃除方法

散らかっている自分の部屋、大掃除のときこそ綺麗に片付けたいと思っている人もいますよね。 でも、何か...

掃除するならほこり取り!楽しく手作りマイホコリ取りの作り方

掃除はまず、ほこり取りから始めましょう。 一生懸命掃除機を掛けていても、どこからかふわふわと、...

スポンサーリンク

電子レンジがなんか臭い!電子レンジが臭う原因とは

電子レンジを長年使用しているとどうしても臭ってきます。
電子レンジ内の汚れが蓄積されてしまっている汚れの臭いでしょう。

料理が温められ熱によって蒸発した油汚れや、吹きこぼれによる汚れ、食べ物のカスや焦げ汚れです。

目に見える大きな汚れから、あまり目立たない汚れまであり、定期的に掃除していても掃除漏れがあればその汚れはどんどん蓄積されてしまいます。

それに長年使用すると掃除をしていてもどうしても臭いや汚れのシミなどはついてしまうものです。

しかし、電子レンジはまだ使えそうなのに、汚いから、汚れが落ちないからと言ってもう寿命かなと勘違いしてしまう方が多いです。

新しいものに憧れは誰でもありますが、節約のためにも使えるだけ使いたいというところが主婦の本音です。

電子レンジの臭い取りや掃除をして見違えるほどキレイな電子レンジに生まれ変えさせ、買い替えのタイミングを遅らせることで節約にもなりますね。

汚れや臭いが気になったら、買い替えと考える前に掃除をしてみましょう。

電子レンジ。掃除と臭い取りにはやっぱり『重曹』

電子レンジの掃除と言えば「重曹」です。
主婦の間で話題の重曹は、メディアにも取り上げられることが多くなっていますね。
粉末状を用途に合わせ、粉末状のまま、ペースト状、重曹水にと作り分けることが可能ですし、薄めて使用することが多いので専用洗剤のようにコストもかかりません。
重曹粉末1つ常備してある家庭も多いのではないでしょうか。

重曹は汚れも落ちやすく、消臭効果もありますので一石二鳥です。
その掃除方法も難しいことはありません。

重曹を使った電子レンジの掃除と臭い取り

  1. 水400ml、重曹大2を耐熱容器に入れ電子レンジで5分ほど温めます
  2. 電子レンジの扉をそのままにして10分、時間を置きます。
  3. 10分たったら時間をタオルやキッチンペーパーなどで拭きとります。

温められた重曹水の水蒸気が電子レンジ庫内にいきわたり汚れを分解してくれます。
耐熱容器の重曹水をつけながら拭き取るとより汚れが落ちやすくなります。
拭き取りのないようしっかりと拭き上げてください。

このような掃除方法で電子レンジの汚れを落とし臭い取りを同時に行うことができます。

電子レンジの掃除と臭い取りを同時に行えるのは『クエン酸』

電子レンジの臭い取りや水垢の汚れには「クエン酸」もオススメです。

重曹は油や焦げといった汚れを落としやすくすると同時に臭い取りも行ってくれます。
クエン酸は水垢と消臭効果があります。

電子レンジ内の掃除でなかなか水垢が落ちない場合は「クエン酸」を用いて掃除すると良いでしょう。
掃除方法は重曹と同じです。
クエン酸にも除菌、消臭効果があるので臭い取りにもなります。

クエン酸は調味料である酢に含まれる成分で作られています。
クエン酸がなければ水垢は酢で簡単に落とすことができますが、掃除後の臭いがきつくてあまり使いたくないという声をよく耳にします。

そのような場合は掃除後1日電子レンジの扉を開けっ放しにしておくと良いでしょう。
汚れに対して臭い取り効果というより、酢の独特の臭いがしばらくついてしうことがありますので、苦手な方はクエン酸を利用してくださいね。

電子レンジの掃除は汚れの性質も様々ですので、汚れにあった洗剤を使い分けしていくと、より綺麗に掃除ができますよ。

電子レンジを掃除して臭い取りが完了した後に

電子レンジの臭い取りは洗剤を用いて除去することができます。
その臭い取りに効果のある重曹やクエン酸を紹介してきましたが、これらの洗剤はエコでナチュラルだということでも話題です。
しかし、それを超すエコでナチュラルと言えば食材の残りカスなどを使用することですね。
捨てる部分の食材の一部を再利用することで最も環境に良いと言えるでしょう。

お茶っ葉のかすやコーヒーかす、柑橘系の皮(小さく刻む)を2分ほど温めるだけに臭い取り効果があります。

毎日お茶やコーヒーを飲んでいるとかすは出ますよね。
たまにレモンを料理に使ったり、みかんやオレンジを食べたりしますよね。

そのかすや皮を掃除に役立ててみてください。
どうせ捨てるものです。
捨てるだけなら最後にかすや皮に一仕事をしてもらいましょう。

拭き取りもいらないので楽に電子レンジの臭い取りができますね。

キレイになった電子レンジ。もう臭わせない

これ以上電子レンジを臭わせたくない、綺麗に長く使いたい時の対策としてできることを紹介します。

電子レンジを臭わせないための対策

ラップやタッパーを使用する

電子レンジは使用頻度も多く、ついついラップをせずにそのまま食材を温めてしまいませんか。
これが電子レンジが臭ったり汚れる原因でもあります。
食材の破裂や飛び散り、蒸気による油汚れを少しでも抑えるために密閉して温めましょう。

小まめな掃除

目立った汚れが無くても電子レンジ内や外側を小まめに掃除をして綺麗に保ちましょう。
外側の排気口のホコリを意識してとることで電力も無駄にしないですし、汚れが蓄積されることもありませんね。

電子レンジの扉をあける

使い終わったらしばらく電子レンジの扉を開けっ放しにして臭いがこもらないようにしましょう。
半開きの状態にしておくと邪魔にもならないし常に開けっ放しにしておくことができますね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事