カーペット向きの掃除機って?おすすめと見分け方について

カーペット向きの掃除機って?おすすめと見分け方について

カーペット向きの掃除機って、どんなタイプなのでしょうか?

おすすめはキャニスター型?それともスティック型?

サイクロン?はたまた紙パック?

どんな掃除機でも、メリット・デメリットがあります。

自分の生活環境と性格に合った掃除機を選びましょう。

イロイロなタイプの掃除機のメリット・デメリットについてご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

風呂の換気扇が寒い!24時間換気のもどかしさについて

風呂の換気扇をつけて入浴すると寒い! でも、24時間換気なので切ることができない…。 温...

レンジ掃除に重曹以外のものを使って頑固な汚れを落としましょう

キッチンや洗面台などいろいろな場所に使用できる「重曹」ですが、電子レンジの掃除 には重曹以外にもおす...

タイルの掃除方法。お風呂場のタイル目地を掃除する手順と道具

タイルの掃除方法をご紹介します。 お風呂場のタイル目地って、掃除が面倒なんですよね。 タ...

【絨毯の掃除方法】からまった髪の毛にはゴム手袋を使おう

ロングヘアだと、絨毯に落ちている髪の毛が気になるという人も多いでしょう。そして、掃除機を使って掃除し...

玄関のインテリアの邪魔にならない!掃除道具の収納方法

玄関の掃除道具は玄関にあると、汚れに気がついた時にすぐに掃除ができて便利ですよね。 しかし掃除...

壁のヤニを掃除する方法。しつこいヤニ汚れをキレイにするには

壁のヤニ掃除についてご紹介します。 ヤニの元を断つことが一番ですが、今すぐにやめても、壁につい...

大掃除を始める前の道具リストの作り方とコツを徹底解説

年に一度のイベント「大掃除」。今年は家族全員で行うという人も多いのではないでしょうか。 そこで...

髪の毛の掃除を簡単したい!工夫・アイディア・グッズを紹介

髪の毛の掃除を簡単にしたい! 一番オススメなのは、家族全員『短髪』生活です! 髪の毛が長...

【絨毯の掃除方法】汚れが気になる場合は洗剤を使って掃除しよう

絨毯に掃除機をかけても汚れが取れない時、どうすればいいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。...

掃除をしよう!壁のクロスを掃除すると部屋全体がスッキリ

掃除の勉強。 壁を掃除する方法をレクチャーします。 掃除したい壁の『クロス』をチェックし...

掃除で面倒な床はモップで解決!モップの選び方、使い方のコツ

フローリングの床を掃除する時に役立つのが「モップ」です。 立ったまま床掃除ができますし、最近は様々...

ダニ対策のためのスプレーの効果と正しい使い方を理解しよう

ダニ対策にはいろいろな方法がありますが、スプレーは手軽に使用できるものとして人気があります。 ...

箒掃除のコツ!掃除場所や箒の種類によって掃除方法も変わります

店頭には最新式の掃除機が並んでいますが、あえて箒での掃除をおすすめします。 コツさえつかめば掃...

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

畳を掃除する時は洗剤に注意!使ってよいものと掃除方法を解説

畳を拭き掃除する場合、どんな洗剤を使えばよいのか迷う人も多いのではないでしょうか。 洗剤にはい...

スポンサーリンク

カーペットならやっぱり紙パック式掃除機?メリット・デメリット

掃除機と一言で言っても、本当にいろいろな種類や機能があります。
目的や用途によって、選択の幅も広がっていると思います。

いろいろあるからこそ、どの掃除機が合っているのか悩むポイントでもありますよね。

まずここでは、紙パック式の掃除機について紹介していきます。
紙パック式掃除機は、その名の通りに吸引したゴミを紙パック内に集めるタイプの掃除機です。

そんな紙パック式掃除機のメリット、デメリットについて見てみましょう。

メリット

  1. ゴミを紙パックのまま捨てることが出来るので、ゴミの舞い上げを防ぐことが出来る
  2. 紙パックがフィルターも兼ねているので、フィルター掃除をする必要がない
  3. ゴミが溜まるまで、ゴミ捨ての必要がない
  4. 吸引力が高い

 

デメリット

  1. 紙パックのコストがかかる
  2. 排気される空気が、一度ゴミの中を通っているので臭いが気になる場合がある

 

紙パック式の掃除機の特徴については、このような感じです。
フィルターの掃除が手間に感じる場合は紙パック式が合っていると言えますし、コストや臭いが気になるなら紙パック式以外で検討する必要もありますね。

紙パック式の特徴を踏まえて、次はサイクロン式掃除機について紹介していきます。

カーペットだけどサイクロン掃除機が欲しい!おすすめは

ではサイクロン式掃除機についても、メリットとデメリットを含めて特徴を見てみましょう。

サイクロン式掃除機は、吸引したゴミを本体内のダストカップに集めます。
遠心力を利用して、ゴミと空気に分けるので排気される空気は衛生的です。

メリット

  1. 紙パックを使わないので、コストがかからない
  2. 排気される空気がゴミの中を通らないので衛生的
  3. ゴミを捨てるたびに、吸引力が復活する
  4. 吸引する持続力が高い

 

デメリット

  1. 掃除のたびにゴミ捨ての必要がある
  2. ゴミを捨てるときに、ホコリが舞い上がることが多い
  3. 定期的なフィルター掃除が必要

 

紙パックのコストや空気の綺麗さを考えるなら、サイクロン式掃除機がいいですね。

また、サイクロン式だからということではなく、掃除機を選ぶときは吸引力や本体の重量、ノズルが合っているかどうかということが大切です。

カーペットにおすすめの掃除機はどんなタイプ

掃除機の種類は紙パック式やサイクロン式という以外にも、キャニスター型掃除機やスティック型掃除機もあります。

 

キャニスター型掃除機は、コンセントから電源を取って運転する掃除機です。
メリット

  1. コンセントから電源を取るので、長時間の運転が可能
  2. 電源を取ることで、強い吸引力を維持出来る
  3. 平面な場所を掃除するときは、本体を置いて掃除が出来るので重さを感じることは少ない

 

デメリット

 

  1. 階段のような場所は本体を持ちながらの掃除になるため、重さがあるタイプだと大変
  2. 掃除の部屋を変えるたびに、コンセントを抜き差しする手間がかかる

 

一方スティック型掃除機は、充電して使用するタイプになります。

メリット

 

  1. 充電して運転するので、電源コードが邪魔にならない
  2. 軽量なタイプが多いので、場所を問わず掃除が楽に出来る
  3. 電源が必要ないので、車内など場所を問わずに使用出来る

 

デメリット

  1. 充電が切れるまでの時間しか使用出来ないので、一度に長時間の使用は難しい
  2. 商品によっては、充電にかなり時間がかかることもある
  3. 吸引力に物足りなさを感じる場合もある

 

このように、それぞれの長所と短所だと考えられるポイントをまとめてみました。

カーペットの掃除には吸引力の高さが欲しいですし、でも運転時間を気にせずに綺麗にしたいという意見があると思います。

カーペットを掃除するときには、吸引力だけが高くても力を最大に発揮することが出来ません。
カーペットに合ったノズルで掃除することが重要なのです。

カーペットならやっぱりキャニスター型の掃除機?おすすめは?

運転時間を気にせずにカーペットを掃除したい、という方にはキャニスター型掃除機がおすすめです。

紙パック式やサイクロン式、重さが軽減された小型のタイプなど、商品によってそれぞれ特徴が違います。
たくさん種類があるのは嬉しいですが、迷ってなかなか決めるのも大変ですよね。

このように店頭でわける特徴だけではなく、実際の吸引力や音の大きさなど使ってみないと判断出来ないこともあるので、疑問に感じる点はどんどん担当の方に聞いてみましょう。

場合によっては実際にデモンストレーション用で、使い心地を試すことが出来るのでとても参考になりますね。

カーペット専用の掃除機ヘッドもあります!手持ちの掃除機に付けるだけ!

掃除機は今使用しているもので十分だけど、カーペットの掃除のときがイマイチ…なんて場合はヘッドを変えてみてはどうですか。

専用のヘッドを使うと、今までと同じ掃除機とは思えない効果を見せてくれることがあります。

カーペットの掃除に特化したヘッドなので、こんな嬉しい役割を担ってくれます。

  1. カーペットの奥に入り込んだゴミやホコリを絡め取ってくれる
  2. 振動でカーペットを叩きながら掃除をして、奥に入り込んだゴミを浮き上がらせて吸い取ってくれる
  3. カーペットに絡んだ長い髪の毛も、逃さずに吸引する
  4. ダニやダニの糞などの細かい汚れもキャッチしてくれる

 

カーペットは床に比べるとどうしてもゴミが絡みやすく、綺麗に取り除くのは難しいので奥のゴミや汚れを取ってくれるのは嬉しいですね。

また絡んだゴミはヘッドにも付着しやすく、不衛生になりがちですが、ヘッドを丸洗い出来るタイプもあるので、いつも清潔なヘッドで掃除することが出来ます。

特にお子さんがいる家庭だと、衛生面も気になると思うので清潔な掃除というのはさらに家を綺麗にしてくれますね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事