掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けはどんな違いがあるの?どちらも同じことでは?その気持ちよくわかります。どちらも部屋を綺麗にするためには欠かせない作業ですし、同じ意味のように感じます。
では、掃除と片付けにはどのような違いがあるのでしょうか。

掃除と片付けでは、向き合う「相手」が違いますが、部屋を綺麗にするためには切っても切れない深い繋がりがあります。
掃除や片付けが習慣化するよう、一緒に頑張ってみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

便器の黒ずみはナゼできる?原因と対処方法をご紹介します

いつの間にかついてしまう便器の黒ずみ・・この黒ずみの原因はいったいなんでしょうか? 気になるこ...

浴槽に生えたカビ取り方法!塩素系の洗剤でカビを綺麗に掃除

お風呂の浴槽にカビが生えてしまうと、不衛生な環境で入浴しなくてはなりません。健康面や衛生面を考えても...

部屋の臭いを消す芳香剤は置き場所がポイント!芳香剤選びのコツ

気になる部屋の臭いを今すぐ消したい!そんな時に効果的なのが「芳香剤」です。 最近は店頭に色々な...

No Image

掃除を毎日することで運気アップ!そのためのコツを教えます

「毎日掃除すると運気が上がる。」ということは一度は耳にしたことはあるでしょう。 しかし、本当に...

部屋のカビを除去したい!エタノール・重曹・クエン酸で綺麗に

部屋の中にカビが生えてしまったら、見た目も悪い上に体にも良くありません。しっかりと除去をして、お部屋...

便器の黒ずみはクエン酸パワーで綺麗に!消臭除菌効果も

便器にできた黒ずみ。 目にするだけで嫌な気分になりますが、黒ずみはクエン酸で綺麗に取り除くことがで...

シューズクロークの掃除方法と上手な使い方をご紹介

シューズクロークがお家についていると、靴をおくスペースが広いゆえに、沢山の靴を置いたままになってはい...

布団の掃除頻度は?羽毛布団の掃除・クリーニング・打ち直し頻度

羽毛布団を使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのかわからない人もいるのでは...

自転車の処分を無料でしたい!お金をかけないで処分する方法

自転車を処分したい!できれば無料で。 自転車を処分するのに、お金を掛けたくない場合、 1...

オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除で困ってしまうのが、レンジ内の焦げつきです。 特に長年放置してしまった焦げはちょっとや...

重曹を使った掃除でお風呂をもっと綺麗に!効果的な重曹の使い方

お風呂掃除には重曹がベストだという話を耳にしても、実際どのように使いこなせばいいのかわからない方も多...

網戸掃除に100均アイテムを使えば簡単にきれいになります

窓ガラスだけではなく、網戸も掃除した方がいいと聞いても何を使ってどのように掃除してよいのかわからない...

カーペットには掃除機&スチームクリーナー!ニオイ汚れダニ対策

カーペットの掃除には、正直掃除機だけでは不十分な面があります。 じゃぶじゃぶ洗うことができない...

【掃除のコツ】壁紙についた喫煙による黄ばみを落とすための方法

壁紙についてしまった黄ばみ。その原因は喫煙によるものが多いと言われています。 しかし、賃貸マン...

壁紙掃除は重曹を上手く使うことで簡単に汚れを落とせる!

年末の大掃除やアパートやマンションの退去時など、壁紙の掃除をして綺麗にしたいなら、重曹を使ってみては...

スポンサーリンク

掃除と片付け、2つの違いは対象にしているものが違うから

小さなお子さんがいる家庭では、子供のおもちゃやその他の物を片付けても片付けても子供が部屋を汚してキリがないですよね。
掃除が嫌いなわけではないのに、毎日の片付けや掃除に嫌気がさしてしまう方も多いでしょう。

そこで、部屋の片付けのコツについて調べてみると、「掃除」「片付け」とワードがでてくることが多く掃除と片づけの違いがいまいちわからず、むしろ一緒ではないのかと更に混乱してしまう方がいるのではないかと思いまして、このような記事を書いてみることにしました。

結論から言いますと掃除と片付けは別物です。
それぞれ対象としているものが異なります。

  • 掃除→ホコリやゴミ、染みなど主に汚れ
  • 片付け→汚れではない物、空間

環境という大きな括りでは似ているかもしれませんが対象になるものが違うため、掃除と片付けは違うと言えます。

ホコリやゴミを掃除することは誰かがやったと特定できない、人間が移動し空気がある以上、ホコリやゴミの存在は仕方はないものが多く、片付けに関しては誰かが散らかさないと部屋が散らかることはありませんよね。

この2つの違いを理解して、日々の掃除、片付けを行っていきましょう。

掃除と片付けの違いを理解して行動すれば、あなたの部屋は生まれ変わる

掃除や片付けが苦手な方はこの2つの違いがわからないのが原因で掃除や片づけが苦手で家の中が汚く散らかってしまっているのかもしれません。

掃除と片づけはそれぞれ異なる作業ですが、環境を良くするためという意味ではとても似ています。

子供がいて部屋が散らかったり、子供の飲食による汚れがベタつき、フローリングや壁、窓ガラスに手垢など汚れてしまうのは仕方がありません。
小さな子供がいる家庭では散らかりと汚れはつきものです。
片付けをしたからといって掃除はできていませんし、掃除をしたからって家の中が片付くわけでもありません。
ですが、どちらかをして「掃除をした」「片付けをした」と勘違いしてしまう方が多くいます。

環境をより良くするためには掃除と片付けはどちらも必要なことです。
掃除と片づけの違いを理解すると部屋の中をもっと綺麗に保てるのではないでしょうか。
まず、掃除をするためには片付けから始めなければなりまません。
必ず、片付け→掃除の順です。
綺麗な部屋に生まれ変わらせるためにはこの順番が大切です。
そして2つの意味の違いを理解して綺麗な部屋を目指していきましょう。

掃除と片付けは違いますが、両者はとても深い繋がりがある

掃除と片付けの意味は違いますが、部屋を綺麗にするにはこの2つはとても深い繋がりがあります。

掃除をしても部屋が片付いてなければ綺麗な部屋とは言えませんし、部屋が片付いていても掃除をしていない場合も綺麗な部屋とは言えません。

掃除と片づけ、この2つが合わさってこそ綺麗な部屋に生まれ変わるのです。

掃除と片付けはよく1色にされてしまいがちなため理解していない人こそ掃除や片付けが苦手で部屋が汚い傾向があります。
これは小さな子供がいようがいまいが関係がありません。
それによって散らかりや汚れの差は多少関係してきますが、掃除が苦手な方は子供がいなくても部屋が乱れがちであります。

掃除と片づけの違いを理解していると子供がいても綺麗な部屋にすることも十分可能ですよ。
小さい子供がいると諦めてしまっている方は多いですが、今からでも遅くはありません。
子供はお母さんのやっていることを必ず見ています。
お母さんが日々の片付けと掃除を習慣づけると子供もそのような習慣を身につけることができやすくなります。

子育てに大変な時期ではありますが、片付けと掃除に関しても子育ての一環として頑張っていきましょう。

整理→収納→片付けができて掃除ができる

それでは部屋を綺麗にするためには、整理→収納(整頓)をして片付けてから初めて掃除が始められます。

片付けはこの整理整頓ができてこそ片付けができていると言えます。
ものが多いと片付けをするのにも大変ではありませんか。
整頓してもすぐにグチャグチャになり、特定の捜し物をしててもすぐに探し出せない上にグチャグチャな物をさらにグチャグチャにしてしまうでしょう。
そのためにはものを減らすことが大切です。
これを整理といいます。
そして安易に増やさないこと。
ものを減らすことで、収納ができ管理が楽になります。
これを整頓と言います。

このような整理整頓ができてこそ片付けができたとことになります。

片付けができたら、掃除を初めていきます。
掃除の対象は部屋のホコリ、ゴミ、染みなどの汚れです。
掃除機や拭き掃除で綺麗にしていきましょう。

掃除や片付けが苦手な人におすすめしたい、1日1個捨てる習慣

掃除や片付けが苦手な人にオススメすることがあります。

掃除や片付けが苦手な人は、1日1個不要なものを捨てる

小さな子供の子育て中の方は特になかなか掃除や片付けに時間を費やせない人が多いです。
1日1個不要なものを捨てる習慣をつけましょう。
毎日過ごしているだけでものは増えます。
意識をして1日1個捨てることでものが増えていく一方ということはありません。
最初のうちは実感できないかもしれませんが、その習慣付けがいつの間にかもので溢れかえらないスッキリした部屋を作り上げることになります。
1日1個とは言わず気持ち的にも2個3個と不要なものをどんどん捨てやすくなりますよ。

ものを捨て、部屋をすっきりさせることで、掃除がしやすくなるという良い循環を作り出します。

子供がいても綺麗な部屋を保っている方はたくさんいます。
最初は意識をして綺麗にしようとしていた方でも、このように掃除片付けの違いを理解すること、ものを減らし片付けをしやすく、掃除しやすく、このようなことを習慣付けしていることで気を張らなくても綺麗な部屋になっています。

部屋が綺麗にならないことでお悩みのあなたもこのようなことを実践するだけできっと悩みを解決することができますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事