シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口は掃除しないとぬめりができてしまい、触りたくないと考える人も多いでしょう。

しかし、そのまま放置してしまうと、ぬめりで排水口が詰まってしまう可能性があります。

今回はシンクの排水口のぬめりを取るための簡単な方法を説明します。使うものは重曹とクエン酸です。この2つがあれば、きれいにぬめりを取ることができます。

そしてきれいにした後は、ぬめりを再度発生させないように気をつけましょう。そのためのコツについてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【掃除のコツ】壁紙についた喫煙による黄ばみを落とすための方法

壁紙についてしまった黄ばみ。その原因は喫煙によるものが多いと言われています。 しかし、賃貸マン...

畳の掃除方法。正しい掃除でダニを発生させないようにするには

畳の掃除方法は、フローリングとは異なります。 掃除機の掛け方や、拭き掃除の方法をフローリングと...

部屋の掃除を代行サービスに依頼する。単身でも家庭でも気軽に

部屋の掃除を代行してもらいたい! 現在、富裕層に限らず一般的な家庭でも家事代行サービスを利用す...

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できな...

便器の黒ずみを重曹で落とす!エコ洗剤を活用したトイレ掃除方法

便器に黒ずみ汚れができてしまうと、見た目も良くない上にとても不衛生なトイレの印象になってしまいます。...

畳掃除にはクエン酸が効果的!その掃除方法と注意点について

エコな掃除洗剤として人気のクエン酸ですが、実はカビ防止にもなるため畳の掃除にも使えます。 しか...

酸性とアルカリ性を混ぜる効果とは?掃除に使う時のコツと注意点

掃除でよく使われる成分に「酸性」と「アルカリ性」がありますが、この2つの成分を混ぜるとどうなるのか、...

玄関の床掃除のポイント、タイルの汚れを落とす方法

玄関を掃除する時、ほうきでササッと掃いて終わる事も少なくありません。 掃いて塵や埃を取り除くことは...

書類の整理術を身につけ仕事をスムーズに。できるオトコの整理術

書類の整理術を身につければ、頭の中がスッキリします。 そうすると、やるべき仕事が見えてきて、よ...

五徳掃除に適した洗剤とは?洗剤を使い分けていつも綺麗に!

キッチン掃除で手を付けたくない箇所のひとつに「五徳」があります。 五徳を掃除する時は、汚れ具合によ...

部屋の換気は何分する?冬の適切な換気時間と正しい換気方法

寒い冬は窓を開けたくないと考えがちですが、冬でも窓を開けて部屋の換気を行うことが大切です。ですが、一...

落ち葉掃除に便利な道具とその使い方のコツについて解説します

庭に落ちている落ち葉。掃除することを面倒に感じる人も多いでしょう。 しかし、落ち葉掃除に便利な...

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

下水臭いアパートをなんとかしたい!臭いの原因と対処法

結婚を機に二人で住むアパートを選びに選んだのに、いつもどこからともなく下水の臭いが漂うのはとても不快...

スポンサーリンク

シンクの排水口のぬめりを取るための重曹の使い方

シンクの排水口は、直ぐにぬめりが出来てしまいますよね。
触りたくないと放置していると、どんどんと溜まってしまうので、最悪の場合には詰まってしまうこともあります。

排水口の掃除におすすめなのは、「重曹+酢」です。
最近ではお掃除アイテムとして注目を浴びている重曹ですが、排水口のぬめり取りにも使うことが出来ますよ。
ぬめりの原因である油汚れは、重曹が得意とする汚れです。

【準備するもの】

  • 重曹
  • お湯(40~50度くらい)
  • 古い歯ブラシやスポンジ

【手順】

  1. シンクを洗って、排水口のゴミ受けを外します。
  2. 外したゴミ受けと排水口に重曹を満遍なくたっぷりと振りかけます。
  3. ゴミ受けと排水口に、重曹の半分程度の酢をふりかけます。
  4. シュワシュワと泡立って来たら、そのまま30分~1時間ほど放置しましょう。
  5. ゴミ受けや排水口の見えている部分は、古い歯ブラシやスポンジなどを使って洗います。
  6. お湯で洗い流したら、終了です。

酢の臭いが苦手という方は、クエン酸水を使うのがおすすめです。

重曹がない場合は「酢」と「塩」を使ってぬめりを取りましょう

シンクのぬめりを取りたいけれど、 「重曹がない!」「切らしている!」という場合もありますよね。
そんな時には、「酢」を主役にして掃除しましょう。

しかし、酢には油汚れを分解する力はありません。
そこで、少量の食器用洗剤と、塩の力を借りましょう。

塩は酢の半分の量、食器用洗剤は塩の半分程度用意しましょう。
「酢2:塩1:食器用洗剤0.5」の比率です。

塩や食器用洗剤の量が多いと酢の効果が半減してしまうので、注意してくださいね。
また、酢は温めると洗浄効果が高まります。

使い方は先程と一緒で、塩と食器用洗剤をふりかけてから、酢をかけます。
30分~1時間程度放置して、汚れと馴染ませてからお湯で洗い流してくださいね。

重曹はシンクのニオイ取りにも使えます

お掃除アイテムとして大活躍の重曹ですが、シンクでも大活躍です。

先程ご紹介したように排水口のぬめり取りに効果的ですし、シンクを洗う時には研磨作用で水垢を落とすことも出来ます。

また、重曹には消臭作用もあるので、シンクの生ゴミの消臭にも使えますよ。
生ゴミにの消臭のために使う時は、直接重曹をふりかけて使います。

重曹は小さな穴がいくつか空いた容器に移しておくと、気になった時にいつでも使えるので便利ですよ。

重曹は安全なお掃除アイテムですから、キッチンの様々な場所の消臭にもおすすめです。
冷蔵庫なら、重曹を容器にいれて蓋をせずにしまっておくと良いでしょう。
電子レンジも臭いが気になるところですが、重曹水で拭きとると油汚れと一緒に臭いもとれますよ。

ぬめりが詰まってしまった場合の対処法について

シンクの排水口の汚れをを放置していると、ぬめりが詰まってしまうことがあります。
完全に詰まるまで行かなくても、水の流れが悪くなったら要注意です。

詰まってしまった時は、市販のジェル状洗剤を試してみましょう。
パイプの臭いや詰まりを取る洗剤です。
詰まっているので、4~5目盛りほどたっぷりと注いで、15~30分ほど放置します。
その後、水を一気に流します。

必ず「水」を使ってくださいね。
塩素系の洗剤の場合、熱湯を注ぐとガスを発生させる可能性があるからです。

洗剤ではない方法をお探しなら、ペットボトルを使う方法を試してみてください。

空のペットボトルを用意して、排水口の排水トラップを外します。
細い筒の部分にペットボトルを指して、ペットボトルを押して空気を送り込みます。
ペコペコと何度か行っていると、パイプに詰まったものが取れるはずです。

シンクをきれいに使うためのコツを教えます

シンクのぬめりは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。
できれば触りたくないものです。

しかし、どんなに綺麗にしても少し放置すると直ぐにぬめりがついてしまいます。
できるだけ綺麗な状態をキープしたいなら、アルミホイルがおすすめです。

方法はとっても簡単です。
アルミホイルを2~3cm程度に丸めたものを、排水口のゴミ受けに入れておくだけです。
アルミホイルから発生する金属イオンには抗菌効果や消臭効果があるのです!

身近な材料で綺麗を長持ちさせることが出来ますが、1つだけ注意が必要です。

アルミホイルを排水口に流してしまうと、詰まりの原因となることです。
間違って流れないサイズのアルミボールを使ってくださいね。

シンクは食事に関する物を扱う場所ですから、いつでも綺麗にしておきたい場所ですよね。
ぬめりはできれば触れたくないものですが、綺麗に掃除して清潔なシンクにしましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事