【レンジ掃除のコツ】頑固な焦げを簡単に落とす方法をご紹介

【レンジ掃除のコツ】頑固な焦げを簡単に落とす方法をご紹介

レンジは主婦にとっては欠かせないものの一つですが、しっかりと掃除する時間がない人の方が多いのではないでしょうか。

しかし、気がつくと焦げがついてしまって、拭いただけでは落とすことができなくなってしまいます。

そこで今回は、レンジについた焦げをきれいに落とす掃除方法をご紹介します。
簡単にすることができるので、時間があるときにぜひ試してみて下さい。

また、焦げがついているということは臭いがついている可能性もあります。
レンジの焦げも臭いもきれいに落とすようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除をしよう!壁のクロスを掃除すると部屋全体がスッキリ

掃除の勉強。 壁を掃除する方法をレクチャーします。 掃除したい壁の『クロス』をチェックし...

【サッシ掃除のコツ】カビがあっても簡単に取る方法があります

窓のサッシの掃除は、年末の大掃除の時に行うという人も多いでしょう。 しかし、その時にはすでにカ...

【換気扇の掃除の仕方】トイレの場合の注意点について教えます

トイレの掃除はしていても、換気扇までは掃除しない人の方が多いと言われています。 しかし、換気扇...

リビングを掃除しやすい部屋に変えるためのコツを教えます

家族みんなで過ごすリビングは、常にきれいにしておきたいと思っている人が多いでしょう。 しかし、...

おもちゃの収納ボックス。蓋付き?蓋なし?片付けやすいのは

おもちゃって、どんどん増えていきますよね。 キチンと、キレイに、しっかり分別して片付けられれば良い...

クロスの掃除には【セスキ】正しい掃除方法について解説します

いろいろな場所の掃除に使えるエコな洗剤「セスキ」ですが、クロスについた汚れにも効果的です。 中...

便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

いつの間にか便器にできる黄ばみ。 この黄ばみの正体を知っていますか? この便器の黄ばみには、...

階段の掃除。一段一段モップで掃除する方法が一番

階段の段数だけ角がある階段。 たくさんの四隅にはホコリがしっかりとたまります。 階段をキレイ...

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

掃除で面倒な床はモップで解決!モップの選び方、使い方のコツ

フローリングの床を掃除する時に役立つのが「モップ」です。 立ったまま床掃除ができますし、最近は様々...

雨戸掃除は自宅にある洗剤一滴垂らすだけで汚れ落ちがアップ

雨戸を掃除する際、どんな洗剤を使おうかで悩んでしまいますが、特別な洗剤は必要ありません。自宅にある洗...

エタノールで掃除。専用スプレーボトルを使ってスッキリ掃除

エタノールで除菌。 聞いたことありますよね? アルコールとエタノールの違いや、掃除で使う...

シンクのぬめりはこの掃除で綺麗に!シンク掃除のコツ

シンクの掃除でできれば手を付けたくないのが、排水口のぬめりです。 臭いもするし、何よりドロドロした...

タンス掃除の仕方!掃除の手順と材質に合わせた掃除方法

タンスは定期的に掃除をしないと、ホコリが溜まりカビが生えてしまいます。タンスはいつも綺麗な状態にした...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

スポンサーリンク

レンジについた焦げは「重曹」を使って掃除すれば、簡単に落とすことができます

電子レンジは、食材を温めるのに便利な家電ですよね。

家電の中でも、頻繁に使うことも多い電子レンジは、どうしても汚れが付きやすい物でもあります。

電子レンジで食材を温めた時に、食材から出る水分が蒸発したり、温めた時に食材が飛び散ったりすることによって、汚れが溜まりやすいのです。

電子レンジについた焦げ付きは油汚れ

汚れをそのまま付けた状態で調理を繰り返すと、汚れが何度も高温にさらされ、頑固な焦げ付き汚れになってしまうということも。

焦げ付きは、おもに油汚れです。

油汚れには、「重曹」を使うことで、頑固な汚れもきれいに落とすことができます。

重曹は、アルカリ性の洗剤なので、酸性の油汚れに使うことによって汚れを中和させ、落とすことができるのです。

電子レンジの中の油汚れをきれいにするためには、電子レンジの加熱機能を利用して、内部に重曹を充満させる方法がおすすめです。

  1. 耐熱容器の中に重曹(大さじ2)と水(1カップ程度)を入れ、混ぜた物をレンジの中央に置いてラップなしで加熱します。
  2. 600Wで4~5分加熱したら、扉を閉めた状態でそのまま30分程度置いてさらに電子レンジ内に蒸気を充満させましょう。
    この高温状態で放置することにより、汚れがふやけて落ちやすくなります。
  3. キッチンペーパーなどで、電子レンジ内の汚れをキレイに拭き取ったら完了です。
    重曹水で拭き取ると、乾いた跡が白く残ってしまいます。
    仕上げにしっかり水拭きをすることで、白い跡も残らずキレイになりますよ。

また、重曹には、消臭の効果もありますので、汚れと一緒にレンジ内部にこもった臭いまで取り除いてくれます。

頑固な焦げには「重曹ペースト」を使って掃除しましょう

油汚れが重曹で落ちやすいと言っても、汚れの程度によっては落ちない場合もあります。

濃度の濃い「重曹ペースト」が汚れに効く!

油汚れが何層にも地層のように重なって、頑固な汚れに変化した汚れには、重曹の濃度が濃い「重曹ペースト」で落とすことがおすすめです。

重曹ペーストの作り方はとても簡単です。

重曹に、ほんの少しの水を加え、まったりとなるくらいの濃度になるまで混ぜるだけです。

この重曹ペーストを、落ちにくい汚れに直接塗り、30分ほど時間を置いてからこするように落とします。

この時、金属タワシなどを使ってしまうと、素材に傷が付いてしまうことがありますので、注意が必要です。

要らなくなったポイントカードやヘラなどは、汚れをきれいにこすり落とすのに活躍しますので、捨てずに掃除用として取っておくこともおすすめです。

重曹でも落とせないレンジの焦げには「セスキ」

重曹は、万能な洗剤として知られていますが、いくら重曹でも取れない汚れというものもあります。

特にレンジの中の焦げ付き汚れは、何度も加熱を繰り返すことで強固な汚れへと変化してしまいます。

レンジ内の頑固な焦げ付きには、よりアルカリ性の強い洗剤を

重曹水や重曹ペーストを使っても取れない汚れには、重曹よりアルカリ性の強い「セスキ」を使うことがおすすめです。

重曹では落とせなかった頑固な油汚れも、セスキを使えば落ちるということもあります。
重曹もセスキも油汚れに強いので、効果を実感するのは難しいかもしれませんが、電子レンジの扉は、透明なので一番分かりやすいかもしれません。

セスキで扉を磨くことで、輝きが出てピカピカになります。

重曹のように、白い拭き跡が残ることもありません。

汚れの程度によって、洗剤を使い分けてきれいに落とし、毎日使う電子レンジをキレイに保ちたいですね。

レンジの臭いを取るための掃除方法

電子レンジは、使う度に扉を閉めるので、温めた食材の臭いがこもりがちです。

何度も使っている内に、レンジ内の嫌な臭いが気になりだすこともありますよね。

レンジ内の臭いには、臭い消しに効果のある物を使うことで、すっきり消すことができますよ。

レンジ内のこもった臭いにはコーヒーの出がらし

まず、おすすめは淹れ終わったコーヒーの粉です。

我が家の場合、喫煙する家族がいるので、灰皿からでる嫌な臭いがずっと気になっていましたが、コーヒーの出がらしが消臭に効果があるということで、灰皿にコーヒー粉を入れるようにしたところ、嘘のようにあの嫌な臭いが気にならなくなりました。

コーヒーの出がらしを消臭に使うには、コーヒー粉を乾燥させる必要がありますが、電子レンジを使うことで、コーヒー粉の乾燥もでき、同時に電子レンジ内の消臭も出来ます。
飲み終わったコーヒーの粉は、耐熱皿に広げ、電子レンジで加熱します。

調べてみたところ、コーヒーの出がらしの構造は、同様に消臭剤としても知られる活性炭と同じような多孔質なつくりになっています。

この構造により、臭いを吸着させて封じ込めることが出来るため、コーヒーの出がらしには活性炭の5倍もの消臭効果があると言われています。

レンジに焦げがつかないようにするために

食材を加熱する電子レンジは、衛生面から見ても常に清潔な状態で使いたいものですよね。

でも、毎日電子レンジの掃除に時間を取るのは難しい…そんな人も多いのではないでしょうか。

でも掃除に時間がかかるというのは、それだけ汚れが付いているからです。

毎日のちょっとしたお手入れでキレイをキープ

汚れをすべてキレイに取り除きさえすれば、その後は簡単なお手入れで、電子レンジを清潔な状態にキープすることができます。

一番のおすすめは、電子レンジを使い終わったタイミングで庫内をさっと水拭きすることです。

市販の電子レンジ掃除シートには、汚れ落としにも効果のある洗剤が含まれているので、汚れがある場合には、このようなグッズを使うことも良いでしょう。

このようなちょっとしたお手入れを取り入れることで、汚れが付いても頑固な汚れになる前に取ることができます。

掃除と聞くと、面倒だとか一瞬身構えてしまうこともありますが、日々の料理と同じように、日常的なお手入れとして取り入れることによって、電子レンジばかりではなくキッチン全体もピカピカにすることもできます。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事